キャリアコンサルタントは就職・転職の助言やキャリアアップの相談に応じる専門職です。2016年に国家資格となりました。

すでに就職を経験したことのある方の中には、キャリアコンサルタントのお世話になったという方も多いのではないでしょうか。

今回の記事では、そんなキャリアコンサルタントの資格について難易度や合格率、採点基準や学習方法など多方面から解説します。

キャリアコンサルタントの活躍の場や資格を取ることのメリットにも触れますので、転職を希望する方は参考にしてください。

キャリアコンサルタントの資格を解説

街中

キャリアコンサルタントは職業能力開発促進法に定められた国家資格の1つです。

同法第30条の3には「キャリアコンサルタントの名称を用いて、キャリアコンサルティングを行うことを業とする」とあります。

いわゆる名称独占資格で、キャリアコンサルタントでない人はキャリアコンサルタントやそれに紛らわしい名称を使えません。

また試験に合格してキャリアコンサルタント名簿に登録した後も、5年ごとに講習を受けて登録を更新する必要があります。

キャリアコンサルタントの資格内容

前向き

キャリアコンサルタントという国家資格が大きく2つに分類されることをご存知でしょうか。

国家技能検定職種であり1級と2級があるキャリアコンサルティング技能士と、その他の民間資格です。

さらにキャリアコンサルタントに関わる人は導入レベル・標準レベル・熟練レベル・指導者レベルの4つのレベルに分けられます。

この項目ではどの資格がどのレベルに相当するか、またそれが初心者向けか経験者向けかなどについて詳しく解説します。

初心者向け

初心者マークを持つ女性

キャリアコンサルタント関連の資格で初心者向けなのは導入レベル・標準レベルまでです。

導入レベルは50~60時間の短時間講習の修了者を指していて、国家資格の設定はありません。

標準レベルは「CDA」などの厚生労働大臣が認定する民間資格がこれに相当し、国家資格と認められるのはここからです。

どちらも熟練・指導者レベルよりは難易度が低く、当該分野での就業経験についても、問われないか3年以上と短くて済みます。

未経験からキャリアコンサルタントの資格取得を目指す場合は導入・標準レベルへの挑戦から始めることになるでしょう。

経験者向け

キャリアウーマン

キャリアコンサルタント関連の資格で経験者向けなのは熟練レベル・指導者レベルです。

キャリアコンサルティング技能士という国家技能検定職種をレベル分けしたもので、前者は2級、後者は1級に相当します。

規定の年数以上の実務経験や大学・大学院での検定職種の単位取得などの条件を満たさなければ受験することができません。

キャリアコンサルタントに携わる者の技能レベルを問う、難易度が高めの国家資格です。

自分に適しているのはどの資格?

女性

キャリアコンサルタントには低い方から順に導入・標準・熟練・指導者の4つのレベルがあります。

国家資格と認められるのは標準レベルからで、上に行くほどキャリアコンサルタントとしての技能が高いことを公証できます。

ただ、キャリアコンサルタントの活躍の場のすべてで常に高いレベルの資格者が求められているというわけではありません。

必ずしも国家資格を必要としない団体や企業もあるので、転職を希望する場合はその点についてもよく確認しておきましょう。

 

悩んだ時は迷わず無料転職相談

 

キャリアコンサルタント資格の難易度や合格率

鉛筆を持つ女性

キャリアコンサルタントの試験は厚生労働大臣が認定した試験機関で受験することができます。

試験機関は2つ。「日本キャリア開発協会(JCDA)」と「キャリアコンサルティング協議会(CC協議会)」です。

2つの試験機関の試験には内容に違いがあり、毎年、どちらで受験するかによって合格率も違うので注意しなければなりません。

この項目では、2つの試験機関それぞれの試験の合格率や難易度について掘り下げて解説します。

難易度

キャリアコンサルタントの資格試験は、数ある国家資格の試験の中でも比較的難易度が低い方に分類されます。

この後に紹介する合格率の高さからもその傾向が見て取れることでしょう。

2つの試験機関が出題する問題のうちどちらがより簡単か、あるいは難しいか、一概にはいえません。

公開されている過去の試験問題に挑戦してみて、自分と相性の良い方を選ぶなどの対策をすると良いでしょう。

合格率

キャリアコンサルタントの資格の合格率には、試験を実施している2つの団体によってそれぞれ違いがあります。

直近3回(第13回~15回)の試験結果を見ると、学科試験で合格率が高いのはキャリアコンサルティング協議会でした。

一方、実技試験で合格率が高いのは日本キャリア開発協会の方でした。

とはいえその合格率の違いはわずかです。数値そのものも、多くは60%~70%という高いものでした。

キャリアコンサルタントは国家資格の中では比較的難易度が低いと言われています。

合格率の高さがその事実を裏付けているということができるでしょう。

 

ワンポイント
キャリアコンサルタントの試験機関には「JCDAと「CC協議会」がある。
 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


キャリアコンサルタント資格の採点基準

ポイント

キャリアコンサルタントの資格試験は学科試験実技試験で構成されています。

一方に合格して片方が不合格だった場合、不合格だった方の試験だけを次の機会に改めて受け、合格することで資格が取れます。

この項目では、学科試験と実技試験それぞれの出題のされ方や採点基準について確認してみましょう。

学科試験

キャリアコンサルタントの資格試験のうち学科試験は選択式です。4択問題から正解を1つ選んでマークシートを埋めます。

問題の数は全部で50問あって、試験時間は100分ちょうど。100点満点で、1問あたり2点という配点になっています。

合格基準は70点と設定されており、採点した結果がもしもこの点数を下回ると不合格です。

JCDAもCC協議会も過去に出した問題をウェブサイトで公開しているので、試験の感覚を身に付けるためにもぜひ目を通しましょう。

実技試験

キャリアコンサルタントの資格試験のうち実技試験は論述試験とロールプレイの2つで構成されています。

論述試験では相談者との面談の内容が記された記録を読んで設問に答えます。試験時間は50分。配点は50点、合格基準40点です。

ロールプレイでは、キャリアコンサルタント役になった受験者が実際に相談者役との面談を行います。

ロールプレイで出題される内容は転職の悩みやキャリア形成、職場の人間関係と様々なので対応力を身に付けておきましょう。

配点は100点満点。論述試験との合計で90点以上、しかもすべての審査項目で40%以上の得点を取らなければなりません。

またロールプレイ後には口頭試問もあります。試験官の質問に答えなければならないので最後まで気を抜かずにいましょう。

 

無料転職相談で理想の転職先を見つけよう

 

キャリアコンサルタント資格の学習方法

笑顔でこちらを見る女性

キャリアコンサルタントの資格を取得するための勉強方法には独学養成講座の利用という2つのパターンがあります。

独学は過去問などを参考にして自分で勉強を進めます。高額な受講料を支払う必要がないことがメリットといえるでしょう。

ただし独学はロールプレイや口頭試問といった実技試験の面で対策が不十分になる場合が多く、不安が残ります。

一方、養成講座に通うと、お金はかかりますが同じ受験生同士で繋がりができ、互いにロールプレイの試験対策もできます。

どちらがより自分に合っているかよく考えて選択しましょう。

学習時間

キャリアコンサルタントの資格を取得するためには、おおよそどれくらいの学習時間が必要なのでしょうか。

養成講座の場合、多くはトータルで150時間前後のカリキュラムとなっています。

すでに実務経験がある方が独学する場合は、ポイントを押さえた勉強ができれば50時間程度でも十分でしょう。

まったくの未経験でしかも独学という場合には、合計100〜200時間の勉強時間を確保して万全の態勢でのぞみたいものです。

スケジュール

キャリアコンサルタントの資格試験は年に3回実施されます。

学科試験と実技の論述試験が行われた後、数日置いてから実技の面接試験が行われるというパターンになっています。

学科試験と論述試験の日程はJCDAとCC協議会で共通ですが、面接試験の日程は2つの試験機関で違うので気を付けましょう。

何月何日の試験を受けるかきちんと予定を立て、無理のない学習スケジュールで効果的な勉強をしたいものです。

 

ワンポイント
学習には無理のないスケジュールを立てて計画的にのぞもう。

キャリアコンサルタント資格を活かせる仕事は?

指を差す女性

キャリアコンサルタントの資格を活かせる仕事はたくさんあります。

近年、とりわけ需要が高まっているのが人材紹介・人材派遣会社のキャリアアドバイザーの仕事です。

多様な働き方が可能になった現代、派遣という選択をする人が増えたことが大きな要因といえるでしょう。

先に触れた通り、キャリアコンサルタントは2016年の4月から国家資格となりました。

キャリアコンサルタントの仕事の重要性と需要の高まりが国を動かしたと言っても過言ではありません。

 

ワンポイント
キャリアアドバイザーとしての需要の高まりにはめざましいものがある。

キャリアコンサルタントはどこで活躍している?

面接

実際の所、キャリアコンサルタントの資格を持つ人はどのような職場で活躍しているのでしょうか。

転職や就職といった機会がない限りなかなか会うタイミングがないので、今一つ分からないという方も多いことでしょう。

この項目ではキャリアコンサルタントの主な活躍の場を4つ挙げました。それぞれを詳しくご紹介します。

在籍する会社内

キャリアコンサルタントの活躍の場、1つ目は在籍する会社内です。

主に人事や人材教育を司る部署に配置されて、社内の人事や社員ひとり一人のキャリア形成について相談に乗っています。

キャリアのステップアップについて相談できる相手が同じ社内にいることは、社員にとってとても心強いことでしょう。

会社としても、社員ひとり一人の適性を適切に判断して人事に反映させられるのでキャリアコンサルタントの存在は貴重です。

公共職業安定所

キャリアコンサルタントの活躍の場、2つ目は公共職業安定所、いわゆるハローワークです。

求職者に対して適切な職業情報を提示したり、求職活動を援助したり、活動方法について助言をしたりします。

公共職業安定所の種類は1つではありません。わかものハローワーク、マザーズハローワークなど求職者別の支援もあります。

大学

キャリアコンサルタントの活躍の場、3つ目は大学のキャリアセンターです。

大学生ひとり一人の生き方を大切にして、社会との関わりを上手く持てるよう導きます。

学生の就職支援をするだけでなく、企業に対して学生たちを売り込む活動をすることもあることは大きな特徴でしょう。

キャリアコンサルタントに関する資格を持っていれば未経験者でも可、とする求人が多いことも特徴的です。

また近年、同じ教育機関で、高校の進路指導室にも専任のキャリアコンサルタントを置くという動きが増えています。

自分の会社

キャリアコンサルタントの活躍の場、4つ目は自分の会社です。

自分がキャリアコンサルタントの資格を持っていれば、自社の社員にキャリア形成のためのアドバイスをすることができます。

人材派遣や人材紹介の会社を経営している場合などは、キャリアコンサルタントの資格がいっそう活きてくることでしょう。

アドバイザーを務める社員にキャリアコンサルタントとして適切な教育を施し、アドバイザーとしての質を高めることも可能です。

 

悩んだ時は迷わず無料転職相談をしてみよう

 

 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


キャリアコンサルタント資格のメリット

指

キャリアコンサルタントの資格を取ることのメリットはいくつもありますが、代表的なものをここでご紹介します。

1つ目はキャリアコンサルタントを名乗れることそのものです。

キャリアコンサルタントは名称独占資格で、取得した人以外はキャリアコンサルタントやそれに紛らわしい名称を名乗れません。

堂々とキャリアコンサルタントを名乗れることは、相談相手に信頼感を与え、顧客からもより信頼を得やすくなります。

2つ目はキャリアコンサルト同士を繋ぐネットワークにアクセスできることです。

オールキャリアコンサルタントネットワーク(ACCN)」というキャリアコンサルタントのネットワークをご存知でしょうか。

研究活動や学習支援サービスなどを行っている、キャリアコンサルタントによるキャリアコンサルタントのための団体です。

このACCNにアクセスすることができるようになると、人脈作りや同業者との深い交流などが可能となります。

 

ワンポイント
「ACCN」にアクセスできることはキャリアコンサルタントにとって大きな強み。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

ファイルを持つ女性

キャリアコンサルタントの資格を取得したは良いけれど、その後の就職のことなどを考えると悩みが尽きない。

または、人気があるキャリアコンサルタントの資格を取ろうと思うけれどその後の活かし方がよく分からない。

そんな時はぜひ転職エージェントに相談してみてください。

転職エージェントは転職のプロです。キャリアコンサルタントの資格の活かし方についても適切なアドバイスをもらえます。

転職について悩んだり迷ったりした時は、まず転職エージェントに話をしてみましょう。

まとめ

女性 

いかがだったでしょうか。

今回の記事ではキャリアコンサルタントの資格についてそのメリットや勉強法・試験の合格率などを詳しく紹介しました。

興味を持たれた方はぜひ今回の記事を参考にして取得を目指してみてください。

取得してもその後の活かし方が不安だという方は、転職エージェントにそのことを相談してみましょう。

転職エージェントにはキャリアコンサルタントの資格をすでに持っている人も多くいます。

きっと適切なアドバイスをしてくれることでしょう。

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために以下のサポートを全て無料で実施いたします。

  • 非公開求人紹介
  • 職務経歴書のフルオーダー作成
  • 応募企業への推薦
  • 面接のフィードバック
  • 模擬面接の実施
  • 内定後の労働条件確認

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!

 

非公開求人紹介

転職エージェントに相談すると、一般に公開されていない非公開求人への紹介が可能です。

非公開求人には大手企業優良企業が多いと言われています。

条件が良い仕事だったり募集人数が少ない場合があるので、一般募集で応募が殺到しないように非公開としているのです。

この非公開求人はエージェントの紹介でしか応募することが出来ません。

キャリアアドバイザーによるヒアリングであなたにピッタリの求人をご紹介いたします。

職務経歴書のフルオーダー作成

応募したい企業が見つかったら先方に提出する職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい職務経歴書の作成を目指しています。

応募企業への推薦

フルオーダーの職務経歴書とともに応募企業への推薦状を作成いたします。

応募推薦状はエージェントに相談した人にしか受けられないサポートです。

模擬面接の実施

コールセンター

ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。

面接のフィードバック

面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

また内定した場合でもフィードバックいたしますので自分がどこを評価されたのかが分かり、入社後のモチベーションにも繋がります。

内定後の労働条件確認

事務

 

企業内定後には労働条件の確認給与の交渉をさせていただきます。

内定承諾書を提出する前に確認しておきたい雇用形態の調整を代わりに行います。

納得して仕事を始めていただけるように最後まで徹底サポートさせていただきます。

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!