転職を検討する時にお世話になる人材コーディネーターですが、転職希望の人の中には人材コーディネーターを目指す人もいます。

人材コーディネーターは未経験でも就職することが可能な仕事のため女性にも人気の職種です。

今回は未経験から人材コーディネーターを目指す女性のために求められるスキルや向いている人の特徴を紹介します。

Contents

人材コーディネーターに未経験で転職する方法

パソコン、女性、面談

未経験から人材コーディネーターを目指す人はまずは未経験可の求人情報を押さえましょう。

求人情報で「未経験可」と記載のある職種は基本的に未経験でも採用の見込みがある求人です。

もちろん「未経験可」の記載がなくても求人条件にある程度当てはまれば応募はできます。

しかし未経験募集のある企業の方が転職成功の確立が高く研修制度も整っているためおすすめです。

人材コーディネーターの未経験求人から仕事内容をチェック

人材コーディネーターを目指すのであれば仕事内容を把握しておくことも大切です。

企業によって多少仕事内容に差もあります。

では実際に人材コーディネーターの未経験求人の例から仕事内容を確認してみましょう。

営業開拓を求める求人例

前向き

<職種>人材コーディネーター

<給与>月給20万~35万+賞与年2回

<仕事内容>

  • 人材紹介
  • 求職者の仕事のサポート
  • 人と企業をつなぐ人材コーディネート
  • 新規クライアントと人材の営業開拓

<応募資格>

  • 未経験歓迎
  • 人と接することが好きな人
  • チームワークを大切にできる人

企業によっては上記のようにクライアントの仕事はマッチング作業だけでなく人材の双方への営業開拓も業務の一部です。

テレアポやノルマがある場合もあるので事前にチェックするようにしましょう。

求人提案や企業の新人教育サポートをする求人例

研修をする女性

<職種>人材コーディネーター

<給与>月給30万円以上

<仕事内容>

  • キャリアカウンセリング
  • 職業紹介
  • 教育サポート

<応募資格>

  • 未経験可
  • 研修があるので異業種、経験問いません
  • 業界経験者優遇

企業によっては人材の教育サポートも人材コーディネーターの仕事です。

上記企業の場合はクライアントの新人研修まで対応している特徴があります。

営業は苦手だけど教育なら興味があるという人はこのような求人がおすすめです。

外国人向け人材コーディネーター求人例

ルーペを持つ女性

<職種>人材コーディネーター

<給与>月給25万~30万(※インセンティブあり)

<仕事内容>

  • 日本在住外国人の人材紹介
  • 外国人の就業サポート
  • 外国人求職者と企業をつなぐ人材コーディネート

<応募資格>

  • 未経験歓迎
  • 英語力(TOEIC800程度)
  • 人と接することが好きな人

上記のように企業によっては「外国人専門」や「IT業界専門」など取り扱い求人を限定している場合があります。

語学スキルや専門性を高めたい人は上記のような求人をチェックしておきましょう。

 

ワンポイント

業務内容から応募先企業を選定するのも転職を成功させるための秘訣です。

まずは人材コーディネーターとしてどのような業務に携わりたいかを明確にしましょう。

人材コーディネーターに必要なスキル

人材コーディネーターにはいくつかの必要なスキルがあります。

以下の項目を参考に人材コーディネーターに必要なスキルを身につけましょう。

コミュニケーションスキル

仕事をする女性

人材コーディネーターに1番必要なスキルはコミュニケーションスキルです。

仕事では求職者と面談したり求人募集企業のヒアリングをしたりします。

相手とのコミュニケーションを上手くとれなければ仕事をスムーズに進めることができません。

企業と求職者の架け橋となり双方の満足度を上げることも人材コーディネーターの仕事です。

コミュニケーションスキルを磨いてお互いに利益のでる結果を作り出しましょう。

交渉スキル

笑顔のビジネスウーマン

交渉スキルも人材コーディネーターには欠かせないスキルの1つです。

求職者やクライアントの条件や要望に100%当てはまる人材コーディネートを実現するのは非常に難しいことです。

時には人材コーディネートをするにあたって求職者やクライアントに交渉することも必要となります。

求職者の希望に100%一致しない企業であっても求職者の適性を素早く判断し、転職が成功しやすい企業を提案することも大切です。

営業スキル

ファイルを持って歩く女性

企業によっては営業スキルも人材コーディネーターに求めるスキルとなります。

新規クライアントや人材を開拓営業するのも人材コーディネーターの業務の1つです。

新規クライアントから自社企業だけで紹介できる未公開求人情報を得られると企業にとって非常にメリットがあります。

転職相談に登録した人や転職を検討中の人にテレアポをして積極的に転職のサポートをすることも大切です。

事務作業スキル

パソコンで作業する女性

事務作業スキルも人材コーディネーターに求められる重要なスキルです。

人材紹介の現場では求職者の履歴書や職務経歴書などの個人情報書類を取り扱うことも多いです。

またクライアントとの契約書や請求書などを作成する必要もあります。

人材コーディネートの結果や報告をデータ化し報告することも仕事の一貫です。

複数の人材やクライアントを相手に対応しなければならない職種なため高度な事務作業スキルを求められます。

 

ワンポイント

人材コーディネーターの経験がなくても上記スキルをアピールすることで転職の成功に近づきます。

これから人材コーディネーターを目指す人は求められるスキルをしっかりと把握し準備しましょう。

人材コーディネーターとリクルーティングアドバイザーの関係性

スーツ女性

人材コーディネーターと似たような職種でリクルーティングアドバイザーがあります。

リクルーティングアドバイザーは企業の採用活動をサポートする営業職に近い業務です。

しかしこれらの職種は業務内容は非常に似ているため具体的な線引きが難しい関係性でもあります。

何故なら人材コーディネーターがリクルーティングアドバイザーの業務を担当する場合もあるからです。

法人営業に近い業務を人材コーディネーターとして行いたい人はリクルーティングアドバイザーも検討してみましょう。

人材コーディネーターとキャリアコンサルタントの関係性

指を差す女性

キャリアコンサルタントも人材コーディネーターと非常に似ている職種です。

キャリアコンサルタントは上記のリクルーティングアドバイザーとは逆で求職者の面談や面接対策を行う職種となります。

こちらの職種も上記と同様人材コーディネーターとの線引きが難しい職種です。

求職者よりのサポートに徹底して人材コーディネーター業務を希望する人はキャリアコンサルタントも検討してみてください。

人材コーディネーターへの未経験転職は難しい?

初心者マークを持つ女性

人材コーディネーターの求人は未経験可の求人もたくさんあるため未経験からの転職がしやすい仕事です。

特に過去に営業経験や接客経験そして事務経験のある人は人材コーディネーターに求められるスキルに当てはまります。

人のサポートをするのが好きな人や臨機応変に柔軟に対応することができる人にも向いている仕事です。

未経験の人も過去の経験やスキルを活かして人材コーディネーターを目指しましょう。

 

ワンポイント

転職活動において未経験であることは必ずしもデメリットになるわけではありません。

未経験だからこそ企業が育成しやすいというメリットもあります。

未経験可の求人は転職の成功につながりやすいので経験に左右されず積極的に応募してみましょう。

人材コーディネーターの年収や将来性は

人材コーディネーターを目指す人にとって年収や将来性も気になるポイントではないでしょうか。

以下の項目を参考に自分の考える転職の条件と一致するかどうかを確認しましょう。

まずはキャリアプランをしっかり考えて、キャリアプランに合った転職先を探すことが大切です。

年収

首をかしげる女性

人材コーディネーターの年収は平均年収が380万円程度といわれています。

初任給は23万円程度が相場で経験を積むと月給30~35万円程度の収入が相場です。

もちろん企業によって差があるため月収35万円以上の高収入を目指すこともできます。

業務内容によっては正社員ではなくパートやアルバイトでもできる職種です。

パートやアルバイトの場合の時給は1200円~1500円程度が相場なため女性の副業にもおすすめします。

将来性

女性のビジネスパーソン

人材コーディネーターが多く担当する案件は派遣業務がメインです。

昨今業務の多角化により派遣の需要も非常に増えてきました。

IT技術の進歩によりオンライン化で人材の必要性が減少している企業もありますが人材コーディネーターの仕事の需要は高いです。

多くの人材会社が事業を拡大する傾向にあることも影響しているでしょう。

今まで人材派遣しか行っていなかった企業も人材紹介や採用支援、そして採用後教育などの領域に事業を拡大する傾向にあります。

事業の多角化により多少業務内容の変化は想定されますが、人材コーディネーターの仕事は将来性のある仕事です。

【無料】dodaに転職相談する

人材コーディネーターに向いている女性の特徴

では人材コーディネーターに向いている女性の特徴について紹介します。

以下の項目に当てはまる人は人材コーディネーターを転職の選択肢に入れてみてください。

コミュニケーションスキルが高い人

パソコンとスマホ

人材コーディネーターを目指すにあたりコミュニケーションスキルが高いことは強みとなります。

人材コーディネーターの仕事は人との関わりがあって成り立つ仕事です。

求職者やクライアント双方と上手くバランスをとってコミュニケーションをとることが求められます。

コミュニケーションは多くの職場で活かせるスキルの1つですので常日頃からスキルアップを心がけましょう。

比較的メンタルが強い人

ガッツポーズ、女性

メンタルの強さも人材コーディネーターに役立つ特徴です。

人材コーディネーターは時には新規開拓営業やクライアントとの交渉をしなければなりません。

自分に不利な状況でもメンタルを強くもち前向きに行動することが求められます。

クライアントや求職者に難しい条件を提示された場合でも落ち着いて対応できることが大切です。

メンタルに自信がない人はメンタルトレーニングも意識して転職活動に望みましょう。

粘り強く交渉できる人

営業

人材とクライアントのコーディネート成功の秘訣は粘り強く交渉することでもあります。

粘り強い交渉ができる人は仕事を途中で投げ出さないため企業に非常に求められる人材です。

1度断られても諦めず交渉することで新規開拓ができたりマッチングの成功率が高まります。

粘り強さに自信のある人はそれを強みに転職活動をしてみましょう。

事務作業が苦手ではない人

パソコンを使う女性

事務作業が得意な人はもちろん事務作業に抵抗がない人も人材コーディネーターに向いています。

人材コーディネーターの仕事は対面する人の数だけ事務作業も発生する業務です。

書類の管理やデータ処理が得意な人はスキルを活かして働くことができます。

事務作業プラスアルファのスキルで応募先企業にアピールできると転職の成功率が上がるでしょう。

 

ワンポイント

上記のスキルは転職面接で自己PRできるようになると転職に有利です。

まずは企業の求める人材像に自分のスキルを近づけるように努力しましょう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

オフィスにいる女性

転職の悩みや相談は転職エージェントに相談しましょう。

特に人材コーディネーターを目指す人にとって転職エージェントに登録することにはメリットがあります。

自分の応募先企業への転職をサポートしてもらえるだけでなく実際に人材コーディネーターの業務を垣間見ることが出来るからです。

人材コーディネーターは転職エージェントで活躍できる職種なの職場の雰囲気をつかむためにも転職エージェントを利用しましょう。

また転職エージェントの担当者の目に留まればその転職エージェントにて採用のチャンスがあります。

まずは転職エージェントに相談して最善の転職活動を目指しましょう。

【無料】dodaに転職相談する

まとめ

人差し指を指す女性

人材コーディネーターの仕事や活かせるスキルは明確になりましたか。

この職種は未経験可の求人が非常に多く応募しやすいのが特徴です。

特に女性はコミュニケーションや事務作業が得意な人が多いので向いている職種といえるでしょう。

人材業界には他にもキャリアコンサルタントやリクルーティングアドバイザーなど様々な職種があります。

まずは自分がどんな仕事をしたいかを明確にして転職活動をすることが大切です。

これから転職を考えている人は是非人材コーディネーターの仕事も視野にいれてみてください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら