事業のオンライン化が加速するとともにエンジニアなどへの転職を希望する人も増えました。

今回は人気のエンジニアの中でもマークアップエンジニアという職業について解説します。

マークアップエンジニアに必要なスキルを身につけて転職の成功を目指しましょう。

Contents

マークアップエンジニアの仕事内容

ディレクター

まずマークアップエンジニアとはどのような仕事をするのでしょうか。

HTMLやCSSなどのマークアップ言語を使用してより良いWebサイトの作成を目指すのがマークアップエンジニアの仕事です。

以下の項目を参考にマークアップエンジニアの仕事理解を深めましょう。

コーディングの仕事

パソコン手元

コーディングはマークアップエンジニアの基本的な業務の1つです。

マークアップエンジニアにはHTMLやCSSそしてJavaScriptなどを使用してWebページの実装を行うことがメインの仕事となります。

そのためコーディングのの知識は必須です。

特にHTMLはマークアップエンジニアが頻繁に使用するマークアップ言語の代表ですので習得しておきましょう。

クライアントに指示された通りにコーディングをするのではなくWebページを最適化を自分で考えてコーディングをするスキルも必要です。

バグや不具合の修正の仕事

女性とパソコン

バグや不具合の修正もマークアップエンジニアの仕事です。

Webページをより使いやすいものにするためにバグや不具合が発生したら速やかに修正を行います。

コーディング作業のあとは必ずバグや不具合のチェックを行い高品質なWebページを維持することが大切です。

CMSの設計・構築の仕事

ガッツポーズ、仕事をする女性

WebページのCMSの設計や構築もマークアップエンジニアが担います。

CMSとはコンテンツ・マネジメント・システムの略称でWebサイトの構築を簡易化できるシステムのことです。

マークアップエンジニアはユーザーの使い勝手を考慮してWebサイト作成することを求められるため高度な知識とスキルが必要となります。

SEO(検索エンジン最適化)の仕事

女性

マークアップエンジニアにはSEOの知識も求められます。

Webサイトを多くの人に見てもらえるようSEO対策も視野に入れた作業をすることが大切です。

SEOを考慮した上でWebサイトの見やすさや使い勝手も考えながら作業する必要があります。

さまざまな側面から知識を集約してより良いWebサイトを作成するため柔軟性も求められる仕事です。

 

ワンポイント

マークアップエンジニアはクライアントが求めるWebサイトを自分で考えてより良いものにするスキルが求められます。

コーディングだけでなくSEOやCMSなどの幅広い知識を求められることが特徴です。

マークアップエンジニアの役割

スーツの女性

マークアップエンジニアはWebサイト作成においてフロントエンド側の最後の工程を担当する重要な役割を担っています。

クライアントに指示されたとおりに作成するだけでなくSEOやユーザビリティを配慮したコーディングスキルが必要です。

Webサイトのクオリティに重点をおいたエンジニアスキルを求められる重要なポジションであるといえるでしょう。

マークアップエンジニアのやりがい

パソコン、人差し指をたてる女性

マークアップエンジニアは専門性を求められる職種なため以下のような人にはやりがいを感じやすい仕事といえます。

  • 専門性を追求して極めたい人
  • 自分のコーディングしたWebサイトを多くのユーザーに使ってもらいたい人
  • 最先端の技術に触れていたい人
  • 自分で考えてより良いものを作ることが好きな人

上記の内容にやりがいを感じる人はマークアップエンジニアに向いているといえるでしょう。

やりがいの感じ方は人それぞれですが常にスキルアップを目指せる職種であるため魅力的な職種です。

Webコーダー・フロントエンドエンジニアとの関連性

マークアップエンジニアの業務内容と類似した職種にWebコーダーやフロントエンドエンジニアという職種もあります。

以下の項目を参考にそれぞれの関連性を理解し各職種を区別できるようになりましょう。

Webコーダーとの関連性

えんぴつをもつ女性

コーディング業務でWebサイトを作成という意味ではWebコーダーとマークアップエンジニアは非常に混同しやすい職種です。

クライアントの指示書にしたがって作業を進めるWebコーダーとは違いマークアップエンジニアはSEO等を考慮したコーディングを行います。

マークアップエンジニアの方がWebコーダーよりスキルの高い立ち位置だといえるでしょう。

Webコーダーはマークアップエンジニアへのキャリアアップも目指せるため非常に関連性の強い職種です。

フロントエンドエンジニアとの関連性

女性

フロントエンドエンジニアもマークアップエンジニアと類似した職種の1つです。

マークアップエンジニアが主にHTMLにてWebサイトの実装を行うのに対しフロントエンドエンジニアはJavaScriptなどの知識も豊富です。

フロントエンドエンジニア―はコーダー上位職であるためマークアップエンジニアよりも幅広い知識が求められます。

マークアップエンジニアがHTMLのプロだとしたらフロントエンドエンジニアはWebサイト広域のプロといえるでしょう。

 

ワンポイント

マークアップエンジニア以外にもエンジニアには様々な職種があります。

各職種の特徴を把握して自分に向いているエンジニア職からスタートすることが大切です。

マークアップエンジニアに必要なスキルは

次にマークアップエンジニアに必要なスキルについて紹介します。

必要なスキルは転職面接でのアピールポイントとして活用することが可能です。

以下の項目を参考にマークアップエンジニアに必要なスキルを身につけましょう。

HTMLやCSSコーディングのスキル

パソコン作業する女性の手

まず前提としてマークアップエンジニアになるためにはHTMLやCSSコーディングの知識とスキルが必要です。

マークアップエンジニアになるとこの2つのマークアップ言語を使用してWebサイトの作成を行います。

コーディングスキルのない人はまずはコーディングの勉強から始めましょう。

未経験可のWebコーダーの求人から応募して将来的にマークアップエンジニアを目指すことも可能です。

プログラミングの基礎的な知識

人差し指を指す女性

プログラミングの基礎知識もマークアップエンジニアに求められるスキルの1つです。

高度なプログラミングの知識はまだ必要ありませんがWebサイトのニーズの向上とともにエンジニアに求められるスキルも向上しています。

最近はJavaScriptを使用したWebサイトが増えていることもありよく使う機能についてはプログラミングの知識も必要です。

ユーザビリティ・アクセシビリティの知識

指をさす女性

ユーザビリティやアクセシビリティの知識も欠かせないスキルです。

より良いWebサイトの構築にはSEOやユーザビリティを考慮したコーディングスキルが求められます。

どんな工夫でWebサイトが見やすくなるかやどんなキーワードで閲覧数が増えるかを分析しながら作業する必要があります。

コミュニケーション力

相談

コミュニケーション力も求められるスキルの1つです。

マークアップエンジニアの作業自体は1人で行える作業も多いですが、マークアップエンジニアは他職種との連携も求められます

例えばWebデザイナーやWebディレクターの人とは作業をする上での打ち合わせをしたりコミュニケーションをとる機会が多いです。

社内で円滑に仕事を行うためにもコミュニケーションスキルも身につけておきましょう。

マークアップエンジニアになる方法

では実際にマークアップエンジニアになるにはどうすればよいのでしょうか。

以下の項目を参考に自分にあった方法でマークアップエンジニアを目指しましょう。

コーダーからのステップアップ

キャリアアップ積み木

マークアップエンジニアになる方法の1つはWebコーダーからのステップアップを目指すことです。

マークアップエンジニアはコーディングスキルだけでなくSEOやCMSのスキルも求められるため幅広い知識と経験が必要です。

しかしコーディングスキルのみを使用するWebコーダーからスタートすることで働きながらステップアップすることが出来ます。

またWebコーダーの採用はマークアップエンジニアよりも比較的採用されやすい職種なためすぐに転職を考えている人にはおすすめです。

未経験でも応募できる求人に応募する

初心者マークを持つ女性

未経験可の求人からマークアップエンジニアへ応募することも可能です。

しかしマークアップエンジニアの求人は未経験可の採用が比較的少ないため採用に至るまでは至難の業でもあります。

未経験の場合は資格などを取得して自分がマークアップエンジニアとして即戦力となるスキルをもっていることを証明すると有利です。

また未経験でも実際に自分でWebサイトの作成をしたことがあると転職に有利に働きます。

余裕のある人は自分でWebサイトの作成にチャレンジしてみましょう。

 

ワンポイント

転職活動にはタイミングと運もあります。

まずはマークアップエンジニアの求人情報を集めて自分に合った企業を探してみましょう。

マークアップエンジニアの年収

エンジニア系の仕事は高収入であることも魅力です。

マークアップエンジニアの年収も気になるポイントではないでしょうか。

以下の項目を参考に年収チェックをしましょう。

平均年収

手のひらの円マーク

マークアップエンジニアの平均年収の相場は400万円程度といわれています。

しかしエンジニアのレベルによって年収にも差があるのが特徴です。

未経験の人はアシスタントレベルから入社することが多いため年収は300万円前後からのスタートが多いでしょう。

しかし経験を積んで企画立案などができるプロデューサーレベルのスキルを身につけていたら年収800万円以上も目指せます

まずは自分のスキルレベルを把握して相場に見合った収入からスタートしましょう。

年収を上げるには

キャリアアップ

年収を上げるということはその分求められる能力も広範囲になります。

マークアップエンジニアで年収アップを望むのであれば実績をつくることが大切です。

デザインやユーザビリティの知識を活かして結果と実績をつくる努力をしましょう。

またリーダーシップを発揮してプロジェクト管理ができるマネージャーを目指すことも年収アップにつながります。

役職をあげられるようにマネジメント力を身につけるのも1つの方法です。

技術者として大成したいのであれば、特定の分野での専門性を高めてより専門性を求められる企業へ転職するのもよいでしょう。

 

ワンポイント

マークアップエンジニア業務の他に企業のメリットとなるスキルを発揮することが年収アップの秘訣です。

高収入を得たい人は貪欲に幅広い知識とスキルを身につけましょう。

マークアップエンジニアの将来性

ポイントを持つ女性

技術の進歩により将来的にはコーディングスキルも自動化が可能といわれています。

コーディングの自動化によってコーダーやマークアップエンジニアの必要性が減少傾向です。

しかしマークアップエンジニアの将来性がないということではありません。

多少自動化を取り入れた業務内容に変化したとしてもマークアップエンジニアは将来的にも必要な職業です。

Webサイトの見やすさや使い勝手の良さはITでは対応しきれない領域でもあります。

人にしか対応できない業務の知識やスキルを身につけておくことが将来的にも需要のあるマークアップエンジニアになる秘訣です。

 

ワンポイント
時代の流れを上手く取り入れながら将来的に活用できるスキルをどんどん身につけましょう。

転職相談は転職エージェントを活用しよう

笑顔

転職の悩みや相談は転職エージェントを活用することをおすすめします。

転職エージェントに登録すると幅広いサービスを受けられるため効率的な転職活動が可能です。

またエンジニアなどのスキルが求められる職業への転職ではスキルレベルに合わせた企業を紹介してもらえます。

採用見込みの低い企業に応募することがなくなるため転職準備の無駄が省けるのもメリットです。

また提出書類の添削や面接対策までアドバイスをもらうこともできます。

まだ転職エージェントを利用したことがない人もこの機会に是非登録してみましょう。

まとめ

ノートパソコンの前でガッツポーズする女性

マークアップエンジニアの仕事内容や必要なスキルについて明確になりましたか。

エンジニアにも幅広い職種が存在します。

詳しく業務内容を把握することで自分に1番合った職種を選ぶことが大切です。

転職の目的は人によってさまざまですが、マークアップエンジニアに興味のある人は上記項目を参考に準備を進めましょう。

エンジニア経験のない人はまずはコーディング業務を中心としたWebコーダーの職種もおすすめです。

エンジニア業界は専門知識が求められる業界ですので少しずつステップアップするようにしましょう。

転職はその後の人生を左右する大切な活動ですので準備は入念に行うことが大切です。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら