IT情報を用いて企業が抱える課題を見出すのがITコンサルタントの仕事です。

発展し続けるIT業界の仕事の1つであるITコンサルタントに転職したい女性も多いのではないでしょうか。

今回はそんなITコンサルタントの仕事内容や求められるスキルなど転職に必要な情報をご紹介します。

ITコンサルタントの仕事内容を解説!

パソコンで仕事をする女性

 

ITコンサルタントはIT業界の中でも高い知識が求められるという印象をもつ女性も多いのではないでしょうか。

情報を分析することにより企業の課題や解決策を見出すのがITコンサルタントです。

そんなITコンサルタントの仕事内容を見ていきましょう。

顧客からのヒアリングと分析

ITコンサルタントはまず顧客からヒアリングを行います。

クライアントである企業の経営層やIT部門の責任者からヒアリングすることが多いでしょう。

そこで経営戦略や導入しているIT機器・システムといったことの情報収集をします。

集めた情報だけでは課題を見出すことはできません。

ITコンサルタントはヒアリングした内容や情報を整理・分析することで課題を抽出するのです。

またその課題を解決するための方法を提案するのもITコンサルタントの重要な仕事ですね。

どのようなシステムを導入すべきか、現状の改善点は何かなどをクライアントに提案します。

プロジェクトのマネジメント

ミーティングをする女性たち

企業の課題や解決策がわかったら解決に向けて行動しなければなりません。

ITコンサルタントは解決のためのプロジェクトのマネジメントを任されることが多いでしょう。

解決策を提案したITコンサルタントがマネジメントをすることで一貫した方向性を保つことができます。

新しいシステムの導入やクオリティ管理のためには人材確保が必要です。

ITコンサルタントは必要な人材を集めてチームのまとめ役となるでしょう。

プロジェクトの中にはシステムエンジニアやプログラマーといったIT職種が関わることが多いです。

 

ワンポイント
 ITコンサルタントの仕事はITを活用して企業の課題と解決策をクライアントに提案すること。

ITコンサルタントのやりがい

オフィスで働く女性

ITコンサルタントの仕事内容を見ていくと「やりがいがありそう」と感じる人も多いでしょう。

それではITコンサルタントにはどのようなやりがいがあるのでしょうか。

  • 企業の経営課題を解決するという達成感
  • IT知識を最大限に活用できる
  • 高収入を狙うことができる
  • チームで成し遂げる達成感

ITコンサルタントのクライアントは企業です。

企業の課題解決という責任ある仕事なので成果が出た時の達成感をやりがいとする人が多いでしょう。

成果を上げるためにはもっている知識を最大限に活用する必要があります。

そのためには1人ではなくチームで行うことも多いのです。

IT知識の活用やチームで成し遂げるという面でもやりがいを感じるでしょう。

ITコンサルタントの大変なところ

悩むビジネスウーマン

どのような仕事でもいい面があれば大変な面もあるものです。

ITコンサルタントの仕事は達成感がある分、それまでの過程で大変さを感じる人もいます。

そんなITコンサルタントの大変なところを見ていきましょう。

  • 高度なIT知識が必要
  • 企業の経営層とのやり取りの責任の重さ
  • 忙しく残業が多いこともある

IT知識や情報を最大限に活用するということはそれだけ高度な知識が必要ということです。

それだけでなくクライアントである企業に関する知識を深めなければなりません。

成果を上げるためには自分自身が勉強して高い知識を身に付ける必要があるでしょう。

また企業の経営課題を見出すため経営層とのやり取りをすることが多いです。

企業の経営戦略に関わるというやりがいはあるものの責任の重さを大変と思う人もいます。

そしてITコンサルタントの大変なところには忙しさや残業の多さもあるでしょう。

クライアントとの会議やエンジニアとのミーティングなど時間を割くことが多いです。

ITコンサルタントは相手がいてこその仕事なのでスケジュールの都合で残業となることもあります。

ITコンサルタントの年収

通帳を見てガッツポーズする女性

転職を考える時に年収が気になるという人も多いのではないでしょうか。

大変だけどやりがいがあるITコンサルタントの仕事の年収はどうなっているのでしょう。

ここではITコンサルタントの年収に関する情報をご紹介します。

平均年収

ITコンサルタントの平均年収はどれくらいなのでしょうか。

まず20代の平均年収は約500万円、30代では約730万円とされています。

他職種の同年代の平均年収よりも高いのがITコンサルタントのポイントといえるでしょう。

ITコンサルタントの年収が高い理由はそれだけ高度なIT知識が必要かつ責任が重いからです。

また同じIT業界の中でも上流工程といわれる仕事なので高い年収設定といえます。

年収を上げるには?

ITコンサルタントとして経験を積んでさらに年収を上げたいという女性もいるのではないでしょうか。

もともと平均年収が高いITコンサルタントですが1000万円を超える人もいます。

それでは年収を上げるにはどうすればいいのでしょうか。

ITコンサルタントが年収を上げる方法はこちらです。

  • より年収の高い企業(コンサルティングファーム)へ転職する
  • スキルアップしてITコンサルタントとしての価値を高める

年収を上げるには転職という選択肢もあります。

ITコンサルタントが活躍するコンサルティングファームの中でも外資系は高い年収設定のことが多いです。

その分深いIT知識や問題解決能力が求められることになるでしょう。

そして自分のITコンサルタントとしての価値を高めるのも年収を上げる方法の1つ。

成果を出すことができるITコンサルタントはコンサルタント料を高く設定することもできるからです。

 

ワンポイント
転職やITコンサルタントとしての価値を高めることで年収アップを目指そう。

ITコンサルタントに必要なスキルは

ITコンサルタントの女性

ITに関する知識が必要なITコンサルタントですがどのようなスキルが求められるのでしょうか。

成果を上げるためには知識以外のスキルも必要なのです。

ここではITコンサルタントに必要なスキルをご紹介します。

コミュニケーション能力

コミュニケーション能力はITコンサルタントに必要なスキルの1つです。

ITコンサルタントの仕事内容を見るとクライアントとのコミュニケーションが不可欠だということがわかるでしょう。

クライアントからヒアリングした内容や情報を元に課題を見出し問題解決策を提案するのがITコンサルタントです。

そのため相手が求めるものを聞き出すヒアリング力が重要といえます。

また提案する時にも相手がどの程度理解しているのかを確認しながら進めなければなりません。

クライアントが納得してこそより成果を上げることができるでしょう。

論理的思考能力

考える女性

ITコンサルタントはクライアントから聞き出したことや情報から課題を見つけ出します。

バラバラの情報を個々に扱うと本来の課題を見つけられないことになりかねません。

多くの情報をつなぎ合わせて考えるために論理的思考力が必要なのです。

問題解決力

企業の課題を見出したら問題解決策を考えなければなりません。

ただ企業の課題を提示しても解決に導く方法がわからなければ意味がないからです。

問題を解決して初めてITコンサルタントの仕事が成功したといってもいいでしょう。

そのためITコンサルタントは自分がもつIT知識を使い解決策を導きます。

コンサルティングファームではチームを組んで取り組むことが多いので仲間と協力して解決策を考えることもできます。

企業の課題に対する解決策はクライアントが納得できるものでなければなりません。

そのためには納得のいく説明ができることも重要といえるでしょう。

ITコンサルタントに向いている女性の特徴

笑顔のビジネスウーマン

高いIT知識で企業課題を解説するITコンサルタントは人気の仕事の1つです。

ITコンサルタントに憧れて転職したいという女性も多いのではないでしょうか。

そんなITコンサルタントに向いている女性の特徴をご紹介します。

情報への感度が高い

耳に手を当てる女性

情報への感度が高い女性はITコンサルタントに向いているでしょう。

ITコンサルタントはIT知識だけでなくクライアントとなる企業の情報も知っておく必要があります。

情報は日々新しいものが発信されます。

それらを自分の知識にするには常にアンテナを張って情報を集めておかなければなりません。

課題を見出し解決策を導くには多くの情報を知っておく必要があるということです。

忍耐力がある

ITコンサルタントには忍耐力も必要です。

ヒアリングした内容と情報からすぐに分析結果を出せるとは限りません。

より成果を上げるためには正確な分析が求められるからです。

またプロジェクトを立ち上げてから結果が出るまでに時間がかかることも多いでしょう。

すぐに結果が出ない仕事だからこそ忍耐力がある女性が向いているのです。

 

ワンポイント
 ITコンサルタントには情報への感度が高く忍耐力がある女性が向いている。

ITコンサルタントへの転職事例

笑顔で指をさす女性

ITコンサルタントに転職するにはどうすればいいのでしょうか。

ここではITコンサルタントへの転職事例をご紹介します。

システムエンジニアからの転職

ITコンサルタントへのキャリアップとして多いのがシステムエンジニアです。

システムエンジニアとして経験を積むことでIT技術・知識が大いに高まるでしょう。

そのためキャリアアップとしてシステムエンジニアからITコンサルタントに転職をするのです。

システムエンジニアの経験やスキルをアピールすることが転職成功のカギとなります。

未経験からの転職

ITコンサルタントは高度な知識やIT業界での経験が必要な場面が多いです。

しかし、だからといって未経験から転職できないというわけではありません。

ITコンサルタントは需要に対し人材不足ともいわれています。

そのため未経験者を募集するコンサルティングファームもあるのです。

コンサルティングファームは大勢のコンサルタントがいるので未経験者の育成もできるでしょう。

未経験での転職はIT業界での経験をアピールすることはできません。

志望動機や自分の強み、これまでの経験の活かし方といったアピールでポテンシャル採用を目指しましょう。

 

ワンポイント
 ITコンサルタントへの転職はシステムエンジニアからが有利だが未経験でも転職を目指すことはできる。

ITコンサルタントの将来性やキャリアパス

女性

日々進化するIT業界ですがITコンサルタントの将来性はどうなるのでしょうか。

またどのようなキャリアパスがあるのかも気になるところですね。

ITコンサルタントの将来性やキャリアパスについてご紹介します。

将来性

IT業界は廃れることなく今後も発展していくことが期待されます。

また新しくシステム導入をする企業が増えたことからITコンサルタントの需要は高まるでしょう。

一旦システムを導入したらそれで終わりというわけではありません。

その時の企業の状況によって見直しが必要な場合もあるのです。

今後も高度な知識をもったITコンサルタントの活躍が期待されるでしょう。

キャリアパス

ITコンサルタントはIT業界の上流工程と呼ばれるポジションです。

そのためITコンサルタントを目標とする人も多いでしょう。

ITコンサルタントになるまでのキャリアパスとしてはシステムエンジニアやプロジェクトマネージャーがあります。

これらの経験でIT知識・技術や管理に関することを学びITコンサルタントにキャリアアップするのです。

ITコンサルタントからのキャリアパスとしてはよりスキルを磨いたコンサルタントになるという方法も。

またコンサルティングファームから独立するという人もいます。

ITコンサルタントとして経営戦略を学び企業の経営に関わるというキャリアパスもあるでしょう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

口に手を当てて呼びかける女性

経験を積むため・年収を上げるためなどの理由で転職するITコンサルタントは多いです。

他にはITコンサルタントになるために他職種から転職する女性もいるでしょう。

システムエンジニアからの転職だけでなく未経験でITコンサルタントを目指す場合も。

転職活動で不安や悩みがあれば転職相談への登録がおすすめです。

転職エージェントが求人の紹介・応募書類の作成・面接対策などあなたの転職活動をサポートします。

まとめ

ノートパソコンとスーツ姿の女性

今回はITコンサルタントの仕事内容や向いている女性の特徴などをご紹介しました。

ITコンサルタントはその仕事内容から達成感などのやりがいを感じる人も多いです。

そんなITコンサルタントの転職を考えるなら転職相談に登録しましょう。

転職のプロがあなたの転職が成功するようにサポートします。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する