普段目にするインターネットサイトをデザインしているのがWebデザイナーです。

人を魅了するWebサイト作りに興味がありWebデザイナーに転職したいという女性もいるのではないでしょうか。

今回はそんなWebデザイナーに未経験で転職する方法やポートフォリオの作り方についてご紹介します。

Webデザイナーに未経験でなる方法を解説!

初心者の女性

インターネット上で魅力的なWebサイトを目にするという女性は多いのではないでしょうか。

それを作り上げるWebデザイナーは女性にも人気の職種の1つです。

今回は未経験でWebデザイナーになる方法を詳しく解説していきます。

必要な資格

WebデザイナーはWebの知識やデザインの技術など多くのことを必要とします。

そんなWebデザイナーに必要な資格はあるのか気になる女性もいるでしょう。

まず未経験で転職を目指す女性に知っておいてほしいのが「必須の資格はない」ということです。

つまり資格を取得しなくても未経験でWebデザイナーに転職できるのです。

しかしWebデザインについて勉強して資格を取得したいという人もいるでしょう。

Webデザインに関する資格をご紹介するので参考にしてください。

  • Webデザイナー検定
  • ウェブデザイン技能検定
  • HTML5プロフェッショナル認定資格

これらの資格があれば転職に有利となるわけではありません。

自分の知識を試すために受験してみるといいでしょう。

必要な経験

Webデザイナーの転職は実力重視とする企業が多いです。

しかしだからといって未経験者がWebデザイナーへの転職を諦める必要はありません。

Webデザインに興味があるということは自分で作成した経験がある女性もいるのではないでしょうか。

企業で業務にあたるだけでなく自作のWebデザインも経験の1つとなります。

他にはクラウドソーシングを使って仕事をするという方法もあるでしょう。

Webデザイナーへの転職はWebデザインの経験がアピールポイントです。

そのため未経験者もまずは自作のWebデザインを経験しておくことが大切です。

Webデザイナーに必要なスキル

はてなマークとスーツ姿の女性

未経験者がWebデザイナーへの転職を目指すなら必要なスキルを知っておくといいでしょう。

ここではWebデザイナーに必要なスキルをご紹介します。

マネジメントスキル

手帳、カレンダー、スケジュール

Webデザイナーに必要なスキルの1つにマネジメント力があります。

マネジメント力というと管理職や経営者のような印象をもつ女性も多いのではないでしょうか。

しかしWebデザイナーは自分でスケジュールやタスクを管理する必要があります。

そのため自分を管理するという意味でマネジメント力が必要となるのです。

デザインについての知識

WebサイトのデザインをするのがWebデザイナーの仕事です。

そのためデザインについての知識が必要となるでしょう。

Webデザイナーに必要なデザインの知識で代表的なものはこちらです。

  • IllustratorやPhotoshopのようなデザイングラフィックツール
  • JavaScriptやHTMLのようなコーディング
  • PHPやRubyなどのプログラミング言語
  • UI/UXデザイン

これらの知識があることでWebデザイナーとして魅力的なサイトを作りあげることにつながるでしょう。

知識や技術を駆使することで他のWebサイトとは違った魅力を引き出すことができるのです。

 

ワンポイント
 Webデザイナーにはデザインの知識だけでなく自分を管理する能力も必要。

Webデザイナーになるための勉強方法

勉強をする女性

Webデザイナーには知識や技術が必要です。

これらは転職してから覚えるというより転職前に勉強しておくことが成功のカギとなるでしょう。

それでは未経験者がWebデザイナーの勉強をするにはどのような方法があるのでしょうか。

通信講座を利用する

Webデザイナーになるための勉強方法の1つに通信講座があります。

通信講座は自分の好きな時間で勉強ができるのがメリットといえるでしょう。

仕事をしていて忙しい女性も通勤時間や隙間時間を使って効率よく勉強ができます。

Webデザイナーの通信講座は紙教材だけでなくDVDやオンライン講座を行うところもあります。

自分で計画を立てて勉強ができる人、モチベーションを保てる人に向いているといえるでしょう。

それでも一方通行の講座ではわからないことが出てくることもあります。

そのため質問を受け付けたりスキルチェックをしたりするなどサポート体制が整っている通信講座がおすすめです。

スクールに通う

デザインの専門学校は多くあるのでWebデザインを学べるスクールに通うという方法もあります。

スクールのメリットは実践を意識して学べるということです。

その反面で時間の拘束や金銭的な面でデメリットに感じる人もいます。

しかし決められた時間で学ぶことでWebデザイナーに必要な知識や技術を効率よく身に付けることができるでしょう。

また授業で取り組んだ作品は自分のポートフォリオとして転職時にアピールすることも可能です。

そしてスクールに通うと周囲の人と情報交換をしてモチベーションを高められることも。

今後Webデザイナーとして仕事をするならスクールで人脈を広げるのもいいですね。

スクールによっては就職のサポートをしてくれるところもあります。

独学

パソコンで勉強をする女性

Webデザインの知識や技術は独学でも習得が可能です。

インターネットが普及して多くの人がWebサービスを利用するようになりました。

それに伴いWeb業界で活躍したいという人も増えています。

そういった人たちが勉強できるようにWebデザインに関する書籍もたくさんあるのです。

書籍で読むだけでなく自分で実際にWebデザインの実践をすることでスキルを身に付けることもできるでしょう。

しかしスクールのようにわからないことを質問できるわけではありません。

そのためわからないところは自分で調べるなどして解決していくことも必要です。

独学はモチベーションや自己管理能力が高い人に向いている勉強法といえるでしょう。

また最近ではオンライン学習を提供するところも増えているのでそちらを利用するという方法もあります。

動画配信でWebデザインを学ぶことができるのです。

無料配信や月額料金など様々なタイプのオンライン講座があります。

独学と併用すれば効率よく勉強することができるでしょう。

 

ワンポイント
 Webデザイナーの勉強をするなら通信講座・スクール・独学で自分に合った方法を見つけよう。

Webデザイナーの志望動機

説明する女性

Webデザイナーへの転職を目指す時にどのように志望動機を伝えたらいいのでしょうか。

未経験者だからこそ志望動機でしっかりとアピールする必要があります。

Webデザイナーの志望動機のポイントはこちらを参考にしてください。

  • なぜその企業なのか
  • なぜWebデザイナーなのか
  • これまでの経験をどう活かすか
  • 入社後はどのように企業に貢献するか

どの職種でも同じですが経験者・未経験者に関わらずなぜその企業なのかを説明しましょう。

企業のWebサイトを確認しどのような特徴があるのかを知っておくことも大切です。

その際にWebサイトのデザインにも着目しましょう。

そして特に未経験者の場合はWebデザイナーを目指す理由を採用担当者に伝えます。

Webデザイナーは未経験であってもこれまでの経験やスキルを活かすチャンスはあります。

そのため自分の経験やスキルをWebデザイナーとしてどう活かすかをアピールすることを心がけてください。

ポートフォリオの作り方

資料を読む女性

Webデザイナーの転職ではポートフォリオの提出を求められることが多いです。

ポートフォリオとは自分が作成したものを紹介するためのものですが単なる作品集ではありません。

自分の技術やスキルをアピールするための「名刺」のような存在だと思ってください。

そのため作品集ではなく自分のスキルを売り込むポートフォリオの作成が必要です。

まずはポートフォリオの基本的な作り方をご紹介します。

  • Webサイトのキャプチャ(メインビジュアル)
  • Webサイト名やURL(サイトが閉鎖している場合はその旨を記載)
  • 使用したツール(PhotoshopやHTMLなど)
  • 自分が担当した部分(複数名で制作した場合)
  • デザインのコンセプト
  • 工夫点やアピールポイントなど

これらがポートフォリオの基本的な作り方です。

まず大切なのがメインビジュアルであるWebサイトのキャプチャです。

そしてそのキャプチャについての説明をしていきましょう。

使用したツールを書いておくことで得意なスキルをアピールできます。

またデザインのコンセプトや工夫点をしっかりと伝えるようにしてください。

 

ワンポイント
 基本的なポートフォリオの作り方を押させて転職活動で作品をアピールしよう。

未経験者がポートフォリオを作る時のポイント

紙を持って説明をする女性

未経験者でも自分が制作したWebサイトでポートフォリオを作ることは可能です。

ここでは未経験者がポートフォリオを作る時のポイントをチェックしていきましょう。

デザインの説明をできるようにする

ポートフォリオのポイントはデザインの説明をすることです。

いくら魅力的なWebサイトであっても説明できなければポートフォリオとしては不十分と見られることもあるでしょう。

そのWebデザインを制作した時に何らかのこだわりや工夫があったはず。

そこをしっかりと伝えられるように説明することがポートフォリオを作る時のポイントです。

デザイナーとして働きたい気持ちをアピールする

前向きに考える女性

未経験者がポートフォリオを作る時はデザイナーとして働きたい気持ちをアピールすることも大切です。

Webデザインのポートフォリオを作るのは単なる趣味ではありません。

職業として働くための努力の成果なのです。

未経験だけどここまでのものを作成できるのだということをアピールしてください。

そうすればポテンシャルが期待されて未経験でも採用される可能性が高まるでしょう。

 

ワンポイント
 ポートフォリオではデザインの説明だけでなく自分の熱意も伝えよう。

実際のポートフォリオ例

ノートパソコンと女性

ここまではWebデザイナーのポートフォリオの作り方やポイントをご紹介しました。

それでは実際にどのようなポートフォリオがあるのか例をあげて見ていきましょう。

ポートフォリオサイトを活用する

実際のポートフォリオの作成にはポートフォリオサイトを活用するという例があります。

ポートフォリオサイトとはその名の通り自分で制作したWebサイトのビジュアルを集めたものです。

このポートフォリオサイト上で10~20例ほど制作します。

ここでも先ほどお伝えしたようなデザインの説明を行うというもの。

ただしポートフォリオサイト上で閲覧できるので各サイトのURLは必要ありません。

ポートフォリオサイトを活用するメリットは、Webサイト上で見たイメージのまま相手に説明できるということです。

印刷してファイリングする

ポートフォリオを作るのには印刷してファイリングするという例もあります。

先ほどポートフォリオの作り方のところでお伝えしたように作成しましょう。

1枚のWebデザインにつきそれぞれの説明を加えます。

ポートフォリオなので10~20枚ほどあるといいでしょう。

こちらのメリットは持ち運びができてそれぞれのデザインを比較しやすいことです。

未経験からの転職事例

頑張る女性

未経験でWebデザイナーへの転職は可能です。

そうはいっても「実際に転職した人はいる?」「どんな職種から転職したの?」と疑問に思う女性もいるのではないでしょうか。

ここでは未経験でWebデザイナーに転職した事例をご紹介します。

広告業界の営業からの転職事例

広告業界の営業からWebデザイナーに転職した女性の事例をご紹介します。

仕事上デザインについて考える機会が多くデザイナーに興味をもつようになりました。

広告代理店ではクライアントとの商談やデザイナーとの打ち合わせなどでデザインをチェックすることもあります。

そのため広告のデザイン性や見やすい広告作りを考えるスキルを転職でアピールしました。

前職では実際に制作したことはないものの転職活動の傍ら通信講座で基本的なデザインスキルを身に付けたのです。

アパレル販売からの転職事例

アパレル販売からWebデザイナーに転職した女性の事例です。

もともとアパレルなどおしゃれが好きでECサイトも利用していました。

そこで服を売るために魅力的なWebサイト作りに興味を持つように。

商品をより魅力的に見せるためのWebサイト作りをしたいと思いWebデザイナーに転職したのです。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

悩む女性

Webデザイナーに転職したくても未経験だと不安に思う女性も多いでしょう。

ポートフォリオの作り方や志望動機の書き方、自己アピール方法など転職は悩みがつきものです。

そんな転職の悩みは転職エージェントに相談することをおすすめします。

未経験でも転職可能な求人を紹介したり面接対策を行ったりすることもできます。

転職エージェントに相談しながら転職を成功させましょう。

まとめ

仕事をする女性

今回はWebデザイナーに未経験で転職する方法をご紹介しました。

Webデザイナーには必ず必要な資格はなく未経験者でも転職が可能です。

しかし未経験で転職を目指すならWebデザインの勉強をしておく必要があります。

また転職の際に提出を求められるポートフォリオの作成もしなければなりません。

転職活動では悩みや不安も出てくるでしょう。

そんな時は転職相談に登録をして転職エージェントに相談してください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら