住まいやオフィスなどの空間演出を行なうインテリアコーディネーターの仕事の特集です。

インテリアコーディネーターの志望動機の書き方を中心に、面接官へ好印象を残すためコツを解説します。

また、志望動機の回答例や注意点も併せて紹介します。

Contents

インテリアコーディネーターの志望動機の書き方を解説

キッチンの画像

住まいの環境をアレンジし快適な空間を提案するのがインテリアコーディネーターの役目です。

女性を中心に人気がある花形職業ともいえるでしょう。

しかし現実的には、建築業界の厳しい側面を垣間見ることがあります。

インテリアコーディネーターは生半可な気持ちでは務まらない仕事とされているのです。

今回はインテリアコーディネーターになりたい時の志望動機の書き方全般についてを解説していきます。

インテリアコーディネーターの主な仕事内容

ソファの画像

インテリアコーディネーターの業務は戸建住宅に限っていません。

オフィス・店舗・公共施設などの家具や照明・内装についても演出やデザインをします。

顧客が理想とする住環境を聞き出して、具体的な提案をします。

家具や照明などのインテリアの知識を駆使し実現化に向けるスペシャリストといえるでしょう。

インテリアコーディネーターの職場は、主に建築事務所・デザイン事務所・不動産会社など多義にわたります。

また、数は少ないほうですが画廊での絵画展示・ドラマの室内セット作成を手掛けることもあります。

インテリアコーディネーターに求められるスキルは?

キッチンの画像

インテリアコーディネーターは建築業界の中の一部として機能しています。

とくに顧客と建設業者との間で働く機会が多い職業だと解釈すればよいでしょう。そのための専門的スキルが重要です。

ここでは、インテリアコーディネーターになるための必要なスキルについて解説していきましょう。

コミュニケーション能力

インテリアコーディネーターへ最初に求めるスキルはコミュニケーション能力です。

専門知識よりも先にこのスキルがあるかを判断されます。

いくら知識があっても接客が上手にできなければ失格となってしまうでしょう。

インテリア系の仕事とは顧客の要望を聞き出し適した提案をする能力こそ問われるからです。

さまざまに個性のある人々とコミュニケーションできる人物が望ましいでしょう。

イメージ力

イメージする画像

インテリアコーディネーターにはイメージ力があると有利です。

確かに顧客が望んでいるインテリアに合致させることは大切な仕事でもあります。

しかし想像力を膨らませると、顧客の要望の一歩先へ進んだ提案ができるのでかえって喜ばれるのです。

単に顧客の意見を鵜呑みにするコーディネートでは通用しません。

使う側の立場に立って快適さを追求する発想力が大切といえるでしょう。

イメージが鮮明にできる人こそインテリアコーディネーターとして相応しい素質です。

インテリアと建築に関する知識

インテリアコーディネーターとは専門性の高い職種です。

そのためインテリアの専門家としてスキルを所持していないと最適な提案などできません。

当然ですがインテリア関連の豊富な知識を常に磨きあげ、的確に商品アドバイスをこなせる能力が問われます。

インテリアは実に幅広く、家具・照明・壁紙・内装材・塗料の種類や特徴、価格帯も把握しておく必要があるでしょう。

こればかりは一夜漬けで確立できることではないので、いつでも意識しながら知識を増やす努力をするしかありません。

他にも、建築に関する法律・設計や製図などの知識があれば役立ちます。

 

ワンポイント
インテリアコーディネーターは専門スキル以外にコミュニケーション力などのビジネススキルが必須である

インテリアコーディネーターの志望動機で好印象を与えるポイント

流しの画像

インテリアコーディネーターになるには、志望動機の作り方に工夫をするようにしましょう。

職務経歴書内や採用面接の際に志望した動機を分かりやすく説明することが大切です。

中でも面接官へのアピールにつながり好印象を持ってもらうためには、いくつかコツやポイントがあります。

では、インテリアコーディネーターの志望動機での好印象を与えるポイントを解説しましょう。

結論から話そう

志望動機を話す上で最初の発言こそインパクトを与えることになります。

印象に残る話し方をしないとしっかり最後まで聞いてくれないかもしれません。

そのためには結論から話すという癖をつけるようにしましょう。

どうしても前置きの長い人が一定数存在します。大概そのような人の話は伝わりにくいものです。

物語や小説ではないので、自分の考えている結論を先に言ってから、その肉付けとして捕捉をするのが流れです。

なぜ志望するのかという問いに対し、即答を心掛けていきましょう。

なぜインテリアコーディネーターを目指すのか

ルーペを持つ女性の画像

当然ながら面接の現場で志望理由を聞かれることになるでしょう。

その際には、なぜインテリアコーディネーターでなければならないのかを説明する必要があります。

なぜなら、他の仕事に就こうとしてもよいわけです。

世の中にはたくさん仕事があり、その中からインテリアコーディネーターを選んだきっかけが必ず潜んでいます。

あなたがインテリアコーディネーターにならなければいけない事情・根拠はどんなことなのでしょうか?

その気持ちを面接官へ伝えることで印象がよくなります。

入社後どう活躍したいのか

志望動機で高評価を得るには、入社後にどのような活躍をしたいのかという展望を伝えることが大切です。

入社後の展望を説明するには、応募企業の事業内容・経営方針などを事前に確認しないと具体的に説明できないはずです。

つまり、入社後の展望を話すことで、新権威その企業で活躍したい熱意があるのだとアピールできます。

インテリアコーディネーターの志望動機の回答例をご紹介

朝食シーンの画像

インテリアコーディネーターの活躍の場は、戸建て住宅だけではありません。

店舗の内装デザインやショールーム、モデルルームなどでの活躍も用意されています。

常に安定した需要があるといえるでしょう。

そこで、インテリアコーディネーターへの志望動機をどのように作成すればよいのかを例文にて紹介します。

働く女性の画像

前職は住宅メーカーのモデルルームで、インテリアコーディネーターとして5年間勤務していました。

その中で芽生えたビジョンが、住宅だけではなく公共施設など大掛かりな建築物での案件を手掛けてみたいというものです。

そこで、住宅だけではなくあらゆる施設のコーディネートを取り扱う貴社の求人案件に着目しました。

中でも、サッカーもスタジアムのインテリアデザインを貴社が施したことを知り、益々自分の夢が広がったのです。

人々が交流する大きな場所を手掛けたいと考えております。

前職にてビルの設計を続けていました。

その仕事を通じる中でインテリアコーディネーターの方と会う機会が頻繁にあったのです。

常にアクティブに活躍する様子を伺っているうちに、自分もあのように活動範囲を広げる仕事をしたいと思い始めました。

設計の専門性を生かしながら、空間演出のプロであるインテリアコーディネーターの知識も得るのが課題です。

いつか自分のコンセプトを中心にした建物ができるのではという夢が広がっていきました。

入社後のビジョンは、ビル設計に携わった経験と知識を役立てるようなコーディネートをしてみたいです。

現在は営業職なので全くの異業種からの志望です。

インテリアについてはDIYの趣味があり、子供のころからモノ作りが好きで続けています。

今までには机・椅子・照明器具などをハンドメイドで製作してきました。

自宅のほとんどの調度品がオリジナルという状態です。

近年では、私の作品を譲ってほしいという方も増えていて、時折受注を受けています。

そこで考えたのが、自分の創作した家具で空間演出できるキャリアパスを描くことでした。

そのためにもインテリアコーディネートの業務を実践してみたいと興味が湧いたのがきっかけです。

既に空間デザイン資格を通信講座で学び始めています。

 

ワンポイント
インテリアコーディネーターとして入社後の姿を連想させる回答をする。

インテリアコーディネーターの志望動機の注意点

ピアノの画像

インテリアコーディネーターの仕事は、中途採用に限らず新卒者の中でも人気があります。

基本的には実務経験者やそれに準じたスキルのある人物が採用されるのが現状です。

インテリアコーディネーターはとても狭き門でもあるといえます。

そこで、インテリアコーディネーターとして内定が取れるための志望動機の注意点を解説していきましょう。

インテリアへの関心だけで終わってしまう

インテリアコーディネーターの志望動機で失敗するパターンは、インテリア好きであることだけで終わってしまう事例です。

ただ単にきれいで可愛らしいインテリアが好きなことをアピールする人が多いと聞きます。

その企業向けの志望動機から逸脱している内容が見受けられるようです。

なぜその会社を選んだのかを説明できるでしょうか?

インテリアコーディネーターはインテリア好きだけで務まる業務ではありません。

顧客や施工業者などさまざまな人々の愛を取り持つ器量が必要です。むしろ営業職経験者のほうが受け入れられています。

インテリア好きという以前に仕事を通じて人との折衝ができるスキルを認められているからです。

話に具体性がない

インテリアコーディネーターの職種に限っていることではないのですが、志望動機が漠然としていてはNGです。

なぜインテリアコーディネーターという職に惹かれているのかを、具体的に第三者が分かるレベルで説明できるでしょうか?

先述したように、世の中にはたくさんの仕事があります。

その中で自分はなぜインテリアコーディネーターをやろうとしているのかを、納得させる志望動機を作り上げることです。

インテリアコーディネーターの志望動機のNG例

ベッドルームの画像

インテリアコーディネーターの志望動機の中でNGになってしまう理由はいくつかあります。

中でも多いのが、本来の志望する理由を突き詰めていないケースです。

人気がある花形な職業というイメージに惹かれているだけの印象で終わらせているからでしょう。

なぜ多くの会社がある中、その会社の面接を受けようと応募に踏み切ったのでしょうか?

とにかく具体的な展開で、その企業でなくてはならない訳を伝えましょう。

では、インテリアコーディネーターの志望動機のNG例を見ていきましょう。

前職では百貨店のインテリア部門で販売員をしていました。

来店されるお客様へインテリアのアドバイスをすることが多い職場でした。

そこで本格的なインテリアコーディネートを学びたいと考えるようになりました。

販売業のコミュニケーションスキルを活かしながら貴社に貢献できる仕事をしたいと考えています。

インテリアコーディネーターを志望する理由は、インテリアへの強い興味があるからです。

部屋の模様替えが好きで定期的に行っています。

自分のセンスにも自信があるので、御社でその力を発揮できたらと思い志望しました。

私のコーディネートが広く行きわたることを何よりも期待し望んでいます。

 

ワンポイント
 ただインテリアが好きというだけでは志望動機として通用しない。

志望動機が思いつかない場合は?

頭をかかえる女性の画像インテリアコーディネーターの志望動機を考えても、自分らしい強みやアピールポイントが分からない人もいるはずです。

あるいは一通り作ってみたが自信がないので、応募してもきっと時間の無駄になってしまうのではと悩んでいませんか?

まずは作った内容を誰かに見せて評価をしてもらうのがよいでしょう。

多少の辛らつな意見も覚悟して、率直に感想を聞き改善すべきところは素直に応じることが大切です。

他にも転職エージェントへ登録して相談するのも方法です。

 

ワンポイント
まずは自分なりに作ってみて他者に見てもらいアドバイスを素直に受けてみよう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

アドバイザーの画像

転職活動での最適な志望動機作成について詳しく知りたい場合、転職エージェントに登録し聞くことをおすすめします。

転職エージェントは転職活動の専門家です。

採用試験の流れや書類作成ポイント・面接でのコツ・その後の注意点に至るまで、転職活動の相談に応じてくれます。

まとめ

喜ぶ女性の画像

インテリアコーディネーターの志望動機を作成する際、インテリアについての造詣の深さの他にも伝えるべき点があります。

まずは、なぜその職種でなくてはならないのかを考えておきましょう。

その上で、応募先企業でなくてはならない理由を明確にして、入社後の何をしたいのかを決めることです。

つまり、インテリアコーディネーターも組織の中の一員であり、そこにどう貢献するのかが問われます。

実務は意外と厳しい場面も多いので、インテリア業界への深い愛情を持って臨むことが大切です。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら