住まいやオフィスなどの空間演出を行なうインテリアコーディネーターの仕事の特集です。

インテリアコーディネーターの志望動機の書き方を中心に、面接官へ好印象を残すためコツを解説します。

また、志望動機の回答例や注意点も併せて紹介します。

インテリアコーディネーターの志望動機の書き方を解説

キッチンの画像

住まいの環境をアレンジし快適な空間を提案するのがインテリアコーディネーターの役目です。

女性を中心に人気がある花形職業ともいえるでしょう。

しかし現実的には、建築業界の厳しい側面を垣間見ることがあります。

インテリアコーディネーターは生半可な気持ちでは務まらない仕事とされているのです。

今回はインテリアコーディネーターになりたい時の志望動機の書き方全般についてを解説していきます。

インテリアコーディネーターの主な仕事内容

ソファの画像

インテリアコーディネーターの業務は戸建住宅に限っていません。

オフィス・店舗・公共施設などの家具や照明・内装についても演出やデザインをします。

顧客が理想とする住環境を聞き出して、具体的な提案をします。

家具や照明などのインテリアの知識を駆使し実現化に向けるスペシャリストといえるでしょう。

インテリアコーディネーターの職場は、主に建築事務所・デザイン事務所・不動産会社など多義にわたります。

また、数は少ないほうですが画廊での絵画展示・ドラマの室内セット作成を手掛けることもあります。

 

無料転職相談をして好きな仕事ができる企業に転職しよう

 

インテリアコーディネーターに求められるスキルは?

キッチンの画像

インテリアコーディネーターは建築業界の中の一部として機能しています。

とくに顧客と建設業者との間で働く機会が多い職業だと解釈すればよいでしょう。そのための専門的スキルが重要です。

ここでは、インテリアコーディネーターになるための必要なスキルについて解説していきましょう。

コミュニケーション能力

インテリアコーディネーターへ最初に求めるスキルはコミュニケーション能力です。

専門知識よりも先にこのスキルがあるかを判断されます。

いくら知識があっても接客が上手にできなければ失格となってしまうでしょう。

インテリア系の仕事とは顧客の要望を聞き出し適した提案をする能力こそ問われるからです。

さまざまに個性のある人々とコミュニケーションできる人物が望ましいでしょう。

イメージ力

イメージする画像

インテリアコーディネーターにはイメージ力があると有利です。

確かに顧客が望んでいるインテリアに合致させることは大切な仕事でもあります。

しかし想像力を膨らませると、顧客の要望の一歩先へ進んだ提案ができるのでかえって喜ばれるのです。

単に顧客の意見を鵜呑みにするコーディネートでは通用しません。

使う側の立場に立って快適さを追求する発想力が大切といえるでしょう。

イメージが鮮明にできる人こそインテリアコーディネーターとして相応しい素質です。

インテリアと建築に関する知識

インテリアコーディネーターとは専門性の高い職種です。

そのためインテリアの専門家としてスキルを所持していないと最適な提案などできません。

当然ですがインテリア関連の豊富な知識を常に磨きあげ、的確に商品アドバイスをこなせる能力が問われます。

インテリアは実に幅広く、家具・照明・壁紙・内装材・塗料の種類や特徴、価格帯も把握しておく必要があるでしょう。

こればかりは一夜漬けで確立できることではないので、いつでも意識しながら知識を増やす努力をするしかありません。

他にも、建築に関する法律・設計や製図などの知識があれば役立ちます。

 

ワンポイント
インテリアコーディネーターは専門スキル以外にコミュニケーション力などのビジネススキルが必須である
 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


インテリアコーディネーターの志望動機で好印象を与えるポイント

流しの画像

インテリアコーディネーターになるには、志望動機の作り方に工夫をするようにしましょう。

職務経歴書内や採用面接の際に志望した動機を分かりやすく説明することが大切です。

中でも面接官へのアピールにつながり好印象を持ってもらうためには、いくつかコツやポイントがあります。

では、インテリアコーディネーターの志望動機での好印象を与えるポイントを解説しましょう。

結論から話そう

志望動機を話す上で最初の発言こそインパクトを与えることになります。

印象に残る話し方をしないとしっかり最後まで聞いてくれないかもしれません。

そのためには結論から話すという癖をつけるようにしましょう。

どうしても前置きの長い人が一定数存在します。大概そのような人の話は伝わりにくいものです。

物語や小説ではないので、自分の考えている結論を先に言ってから、その肉付けとして捕捉をするのが流れです。

なぜ志望するのかという問いに対し、即答を心掛けていきましょう。

なぜインテリアコーディネーターを目指すのか

ルーペを持つ女性の画像

当然ながら面接の現場で志望理由を聞かれることになるでしょう。

その際には、なぜインテリアコーディネーターでなければならないのかを説明する必要があります。

なぜなら、他の仕事に就こうとしてもよいわけです。

世の中にはたくさん仕事があり、その中からインテリアコーディネーターを選んだきっかけが必ず潜んでいます。

あなたがインテリアコーディネーターにならなければいけない事情・根拠はどんなことなのでしょうか?

その気持ちを面接官へ伝えることで印象がよくなります。

入社後どう活躍したいのか

志望動機で高評価を得るには、入社後にどのような活躍をしたいのかという展望を伝えることが大切です。

入社後の展望を説明するには、応募企業の事業内容・経営方針などを事前に確認しないと具体的に説明できないはずです。

つまり、入社後の展望を話すことで、新権威その企業で活躍したい熱意があるのだとアピールできます。

 

無料転職相談をして内定を確実にしよう

 

インテリアコーディネーターの志望動機の回答例をご紹介

朝食シーンの画像

インテリアコーディネーターの活躍の場は、戸建て住宅だけではありません。

店舗の内装デザインやショールーム、モデルルームなどでの活躍も用意されています。

常に安定した需要があるといえるでしょう。

そこで、インテリアコーディネーターへの志望動機をどのように作成すればよいのかを例文にて紹介します。

働く女性の画像

前職は住宅メーカーのモデルルームで、インテリアコーディネーターとして5年間勤務していました。

その中で芽生えたビジョンが、住宅だけではなく公共施設など大掛かりな建築物での案件を手掛けてみたいというものです。

そこで、住宅だけではなくあらゆる施設のコーディネートを取り扱う貴社の求人案件に着目しました。

中でも、サッカーもスタジアムのインテリアデザインを貴社が施したことを知り、益々自分の夢が広がったのです。

人々が交流する大きな場所を手掛けたいと考えております。

前職にてビルの設計を続けていました。

その仕事を通じる中でインテリアコーディネーターの方と会う機会が頻繁にあったのです。

常にアクティブに活躍する様子を伺っているうちに、自分もあのように活動範囲を広げる仕事をしたいと思い始めました。

設計の専門性を生かしながら、空間演出のプロであるインテリアコーディネーターの知識も得るのが課題です。

いつか自分のコンセプトを中心にした建物ができるのではという夢が広がっていきました。

入社後のビジョンは、ビル設計に携わった経験と知識を役立てるようなコーディネートをしてみたいです。

現在は営業職なので全くの異業種からの志望です。

インテリアについてはDIYの趣味があり、子供のころからモノ作りが好きで続けています。

今までには机・椅子・照明器具などをハンドメイドで製作してきました。

自宅のほとんどの調度品がオリジナルという状態です。

近年では、私の作品を譲ってほしいという方も増えていて、時折受注を受けています。

そこで考えたのが、自分の創作した家具で空間演出できるキャリアパスを描くことでした。

そのためにもインテリアコーディネートの業務を実践してみたいと興味が湧いたのがきっかけです。

既に空間デザイン資格を通信講座で学び始めています。

 

ワンポイント
インテリアコーディネーターとして入社後の姿を連想させる回答をする。

インテリアコーディネーターの志望動機の注意点

ピアノの画像

インテリアコーディネーターの仕事は、中途採用に限らず新卒者の中でも人気があります。

基本的には実務経験者やそれに準じたスキルのある人物が採用されるのが現状です。

インテリアコーディネーターはとても狭き門でもあるといえます。

そこで、インテリアコーディネーターとして内定が取れるための志望動機の注意点を解説していきましょう。

インテリアへの関心だけで終わってしまう

インテリアコーディネーターの志望動機で失敗するパターンは、インテリア好きであることだけで終わってしまう事例です。

ただ単にきれいで可愛らしいインテリアが好きなことをアピールする人が多いと聞きます。

その企業向けの志望動機から逸脱している内容が見受けられるようです。

なぜその会社を選んだのかを説明できるでしょうか?

インテリアコーディネーターはインテリア好きだけで務まる業務ではありません。

顧客や施工業者などさまざまな人々の愛を取り持つ器量が必要です。むしろ営業職経験者のほうが受け入れられています。

インテリア好きという以前に仕事を通じて人との折衝ができるスキルを認められているからです。

話に具体性がない

インテリアコーディネーターの職種に限っていることではないのですが、志望動機が漠然としていてはNGです。

なぜインテリアコーディネーターという職に惹かれているのかを、具体的に第三者が分かるレベルで説明できるでしょうか?

先述したように、世の中にはたくさんの仕事があります。

その中で自分はなぜインテリアコーディネーターをやろうとしているのかを、納得させる志望動機を作り上げることです。

 

無料転職相談をして好きと思える企業に転職成功しよう

 

インテリアコーディネーターの志望動機のNG例

ベッドルームの画像

インテリアコーディネーターの志望動機の中でNGになってしまう理由はいくつかあります。

中でも多いのが、本来の志望する理由を突き詰めていないケースです。

人気がある花形な職業というイメージに惹かれているだけの印象で終わらせているからでしょう。

なぜ多くの会社がある中、その会社の面接を受けようと応募に踏み切ったのでしょうか?

とにかく具体的な展開で、その企業でなくてはならない訳を伝えましょう。

では、インテリアコーディネーターの志望動機のNG例を見ていきましょう。

前職では百貨店のインテリア部門で販売員をしていました。

来店されるお客様へインテリアのアドバイスをすることが多い職場でした。

そこで本格的なインテリアコーディネートを学びたいと考えるようになりました。

販売業のコミュニケーションスキルを活かしながら貴社に貢献できる仕事をしたいと考えています。

インテリアコーディネーターを志望する理由は、インテリアへの強い興味があるからです。

部屋の模様替えが好きで定期的に行っています。

自分のセンスにも自信があるので、御社でその力を発揮できたらと思い志望しました。

私のコーディネートが広く行きわたることを何よりも期待し望んでいます。

 

ワンポイント
 ただインテリアが好きというだけでは志望動機として通用しない。
 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


志望動機が思いつかない場合は?

頭をかかえる女性の画像インテリアコーディネーターの志望動機を考えても、自分らしい強みやアピールポイントが分からない人もいるはずです。

あるいは一通り作ってみたが自信がないので、応募してもきっと時間の無駄になってしまうのではと悩んでいませんか?

まずは作った内容を誰かに見せて評価をしてもらうのがよいでしょう。

多少の辛らつな意見も覚悟して、率直に感想を聞き改善すべきところは素直に応じることが大切です。

他にも転職エージェントへ登録して相談するのも方法です。

 

ワンポイント
まずは自分なりに作ってみて他者に見てもらいアドバイスを素直に受けてみよう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

アドバイザーの画像

転職活動での最適な志望動機作成について詳しく知りたい場合、転職エージェントに登録し聞くことをおすすめします。

転職エージェントは転職活動の専門家です。

採用試験の流れや書類作成ポイント・面接でのコツ・その後の注意点に至るまで、転職活動の相談に応じてくれます。

まとめ

喜ぶ女性の画像

インテリアコーディネーターの志望動機を作成する際、インテリアについての造詣の深さの他にも伝えるべき点があります。

まずは、なぜその職種でなくてはならないのかを考えておきましょう。

その上で、応募先企業でなくてはならない理由を明確にして、入社後の何をしたいのかを決めることです。

つまり、インテリアコーディネーターも組織の中の一員であり、そこにどう貢献するのかが問われます。

実務は意外と厳しい場面も多いので、インテリア業界への深い愛情を持って臨むことが大切です。

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために以下のサポートを全て無料で実施いたします。

  • 非公開求人紹介
  • 職務経歴書のフルオーダー作成
  • 応募企業への推薦
  • 面接のフィードバック
  • 模擬面接の実施
  • 内定後の労働条件確認

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!

 

非公開求人紹介

転職エージェントに相談すると、一般に公開されていない非公開求人への紹介が可能です。

非公開求人には大手企業優良企業が多いと言われています。

条件が良い仕事だったり募集人数が少ない場合があるので、一般募集で応募が殺到しないように非公開としているのです。

この非公開求人はエージェントの紹介でしか応募することが出来ません。

キャリアアドバイザーによるヒアリングであなたにピッタリの求人をご紹介いたします。

職務経歴書のフルオーダー作成

応募したい企業が見つかったら先方に提出する職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい職務経歴書の作成を目指しています。

応募企業への推薦

フルオーダーの職務経歴書とともに応募企業への推薦状を作成いたします。

応募推薦状はエージェントに相談した人にしか受けられないサポートです。

模擬面接の実施

コールセンター

ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。

面接のフィードバック

面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

また内定した場合でもフィードバックいたしますので自分がどこを評価されたのかが分かり、入社後のモチベーションにも繋がります。

内定後の労働条件確認

事務

 

企業内定後には労働条件の確認給与の交渉をさせていただきます。

内定承諾書を提出する前に確認しておきたい雇用形態の調整を代わりに行います。

納得して仕事を始めていただけるように最後まで徹底サポートさせていただきます。

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!