飛び込み営業はアポイントをとらずに訪問する営業手法の1つです。

営業職の中でもきつく大変な仕事という印象を持っている人は多いかもしれません。

しかしコツを掴むことで成功率を上げることができ、他の営業職とは違うメリットもたくさんあるのです。

今回は飛び込み営業の仕事内容や、向いている人の特徴などを解説します。

飛び込み営業の仕事内容を解説

女性

飛び込み営業は企業や個人宅をアポイントなしで訪問し、営業活動を行います。

相手が自社製品に興味があるかどうかも分からない上、門前払いをされるのではと思う人も多いでしょう。

アポイントをとらずにいきなり訪問するため、タイミングが悪ければ何も成果につながらないこともあります。

しかし、コツを押さえて好印象を持ってもらうことで成功につなげられるでしょう。

飛び込み営業の成功のコツや活かせるスキルとはなにかを解説します。

飛び込み営業はきつい?

悩む女性

飛び込み営業はきつく、大変な仕事だと考えている人は多いことでしょう。

実際、アポイントを取らずに多くの企業や個人宅に訪問するため、相手から迷惑がられてしまうこともあります。

場合によっては何件も門前払いで断られ続けることもありえるでしょう。

また相手によっては非常に冷たい対応をされたり、怒られたりすることもあります。

それでも飛び込み営業は成約のために何件も回らないといけません。

そのため、体力だけでなく精神的にもタフでなければ辛く感じてしまうでしょう。

一方で成功した時の達成感は大きく、それがやりがいにつながります。

また直接訪問する飛び込み営業だからこそ、互いにその場で人柄が分かり信頼関係を築けるというメリットもあるのです。

そうした飛び込み営業のメリットを知っておくと、自信をもって仕事に取り組めるでしょう。

 

ワンポイント
大変なことが多い分、得られるやりがいは大きい。

飛び込み営業を成功させるコツ

飛び込み営業を成功させるにはいくつかのコツを押さえることが大切です。どのようコツがあるのか解説します。

第一印象に注意

ファイルを持つ女性

アポイントなしで訪問する飛び込み営業は、相手にとっては予定外の来客です。

誰かも分からない訪問者に対し、警戒心を抱く人は多いでしょう。

その警戒心を少しでも軽減するには、第一印象を良くすることが大切です。

髪型や服装といった身だしなみはもちろん、話し方などにも注意しましょう。

訪問先によっては、最初はインターフォンの画面越しに会話をする場合もあります。

その際、聞き取りにくい小さな声や、わざとらしいほど明るい声は相手に不信感を与えてしまうでしょう。

相手に不審がられず、好印象を持ってもらえるトーンと表情で話すことが大切です。

雑談を用意しておく

飛び込み営業では基本的に初対面の相手と会話をしなければなりません。

初対面なのにいきなり商談をするとどうしても警戒されてしまいます。まずは雑談をして相手との距離を縮めましょう。

しかし相手の情報が何もない状態で雑談をするというのは難しいものです。

どんな人とも雑談できるよう普段から新聞やニュースをチェックして天気や時事的な話題を把握し、会話の糸口としましょう。

ただし、雑談では家族などプライベートなことを聞いてしまわないように注意が必要です。

あまり踏みいった話をすると気を悪くする可能性があります。

そういった話題を話す場合は自分から振るのではなく、相手が話してからにしましょう。

落ち着いてゆっくり話す

女性、仕事

飛び込み営業では落ち着いてゆっくり話すことも成功につなげるポイントです。

話を聞いてもらえることになったら、何としても契約や購入につなげたいと意気込んでしまうかもしれません。

しかしその意気込みのまま勢いよく説明しては、相手は圧倒されてしまいます。

押しが強すぎると相手が感じれば、結局契約などにはつながらなくなってしまうでしょう。

どれだけ心の中ではチャンスだと思っても、あくまでも冷静に、落ち着いて話すことが大切です。

また、話す際には相手が聞き取りやすいよう、声のトーンや大きさを常に意識しましょう。

 
無料キャリア相談はこちら  

飛び込み営業の大変なところ

飛び込み営業はその営業手法の性質上大変なこともあるものです。どんなところが大変なのか解説します。

体力面の疲労

落ち込む女性

飛び込み営業は天気や季節などに関係なく、とにかく多くの企業や個人宅を訪問します。

1日に何件も訪問しなければならないため、かなりの時間を移動に費やすことになるでしょう。

さらに話を聞いてもらえたり、資料だけでも受け取ってくれる場合に備えて多くの資料を持ち歩かなければなりません。

また、営業として訪問時には身だしなみをきっちりとしていなければ成功から遠ざかってしまうでしょう。

そのため常に身なりを整えるためにパンプスで歩き回ることも考えられます。

資料をもって何時間も外回りを続けるため、体力面での疲労は相当なものになるでしょう。

精神面の苦労

飛び込み営業はアポイントなしで訪問するため、門前払いされることも多くあります。

訪問された側は、事前に連絡もなく訪れるなんて非常識だと感じる人もいるでしょう。

インターフォン越しに断られることもあるでしょうし、相手によっては怒られる場合もあります。

冷たい対応をされ続けると、自分が否定されているように感じてストレスとなってしまうでしょう。

特に最初の頃は相手から受けた言葉全てをそのまま受け止め、抱え込んでしまうことも考えられます。

経験を積んでいくことで断られても仕方ないと割り切れるかもしれません。

しかし慣れるまでは断れる度に落ち込んでしまうという人は多いでしょう。

 

ワンポイント
体力・精神力のどちらもタフさが必要。

飛び込み営業のやりがい

飛び込み営業は体力的にも精神的にも大変な仕事です。しかしだからこそ成功したときのやりがいは大きいでしょう。

飛び込み営業のやりがいとはどのようなものがあるのか解説します。

自分の力で仕事を動かす喜び

面談

飛び込み営業は自分の力で仕事を動かす場面の多い仕事です。

飛び込み営業がまず話を聞いてもらうには営業マン自身の印象が大きく左右します。

会社の商品やサービスを販売するとはいえ、成功するかどうかは営業マン自身の力量にかかっているのです。

どれだけ名前の通っている企業でも、知らない人が突然訪ねてくれば誰しも最初は警戒するでしょう。

その状態から警戒を解いてもらえるかどうかは、営業マン自身の人柄やトーク力が重要なカギを握っています。

自分自身の責任が大きな分、自分の力で仕事を動かしているという実感を得やすいでしょう。

努力が報われるインセンティブ

先述した通り飛び込み営業は大変なことの多い仕事です。

もともと初対面で信頼もなにもない状態から契約に結び付けるため、他の営業とは違う苦労を最初に経験します。

マイナスイメージを持たれている場合も多く、そこから良好な関係を築く努力が必要です。

その努力が報われて成功した時の達成感は非常に大きくなります。

さらに営業職のため成約数によってはインセンティブを受けられる場合が多いでしょう。

自分の努力が目に見えるインセンティブという形でかえってくるため、それがやりがいにつながります。

お客様の心を掴んだ時

パソコンと女性

何件も訪問しても、その中で話をきいてくれる人は少数です。

話を聞いてもらえるとしても最初から信用して話を聞いてもらえることはさらに少なくなるでしょう。

相手は突然訪れた来客に警戒心を抱いています。

その状況から会話をし、相手の興味を引きつけることができた時にやりがいを感じられるでしょう。

相手の心を掴むことができれば自分の話をより聞いてもらいやすくなり、成約に結びつく可能性も高められます。

相手と心の距離を縮められ、信頼関係を一から築けることのやりがいを感じられるでしょう。

飛び込み営業に向いている人の特徴

飛び込み営業は大変な仕事で、特にネガティブに考えてしまいがちな人にはきつい仕事です。

続いて飛び込み営業に向いている人の特徴を解説します。

やわらかい第一印象

ビジネスウーマン

飛び込み営業は第一印象が非常に重要です。

相手が萎縮してしまったり、不審な印象を与えてしまうとどれだけ訪問しても商談ができません。

契約をとろうと意気込みすぎて前のめりになりがちな人も、相手が気圧されて成約に至らない場合が多いでしょう。

そのためやわらかい第一印象を与えられる人の方が飛び込み営業には向いているのです。

印象がやわらかいことで話しやすさや親しみやすさも大きく変わります。

まずは顔を覚えてもらうことを目標にすることで、相手の警戒心を軽くできるでしょう。

第一印象をやわらかくするには、清潔感のある身だしなみ明るい表情が大切です。

細かな気配り

営業職では相手の考えを汲み取り、それにあわせた提案を行うことが求められます。

飛び込み営業においてもそれは同様であり、相手の考え意図を汲み取ることが大切です。

特に飛び込み営業は相手に警戒されやすく、その警戒をといてもらうところからのスタートになります。

そのためには自分が誠実であることを示す必要があるでしょう。

突然訪れたことへのお詫びを一言添える、社内ですれ違った人へ挨拶や会釈をするなども大切です。

さらに商談が始まれば相手が警戒していることを念頭におき、信頼してもらえるような話し方を意識しましょう。

さらに商談を進めながら相手のニーズを汲み取り、それに応える提案ができればより信頼を得ることができます。

こうした細かな気配りができる人は飛び込み営業に向いているといえるでしょう。

簡単にへこたれない精神

女性

先述した通り、飛び込み営業は突然と訪れた来客であり、場合によっては迷惑に思われてしまいます。

1日中訪問し続けて、話を聞いてもらえたのは1、2件だけということもあるでしょう。

1ヶ月に訪問した数の数パーセントしか契約がとれていないという場合も考えられます。

しかし断られる度に落ち込んでいては、大きなストレスを抱えることになってしまうでしょう。

飛び込み営業は「断られても仕方がない」と割り切れる、へこたれない精神が必要です。

失敗してもへこたれずに気持ちを切り替えることができる人は飛び込み営業に向いているでしょう。

 
無料キャリア相談はこちら  

女性は飛び込み営業に向いている?

女性

女性は男性よりもやわらかい印象をもってもらいやすい傾向にあります。

特に明るくハキハキとした印象の女性であれば、第一印象も良い方にとらえられがちです。

飛び込み営業を成功させるには営業自身が好印象をもってもらうことが非常に重要になります。

そのため女性は飛び込み営業に向いているといえるでしょう。

ただし1日中訪問し続ける飛び込み営業は相当な体力と精神力が必要です。

特に女性であれば毎日パンプスで歩き続けることになる場合もあります。

また、女性だからと相手から非常に高圧的な態度を取られることもありえる仕事です。

こうした大変な面を乗り越えることができれば、女性も活躍できるでしょう。

 

ワンポイント
女性らしさがメリットになる反面、女性だからこそ大変なこともある。

飛び込み営業への転職に活かせるスキル

これから飛び込み営業を目指す人にとっては、どんなスキルが活かせるのかは知りたいものでしょう。

続いて飛び込み営業への転職に活かせるスキルを解説します。

礼儀正しいマナー

分析データ、説明する女性

飛び込み営業は営業職のため、ビジネスマナーがきちんと身についていることが求められます。

さらに飛び込み営業の場合、相手にとっては突然訪れた得体のしれない人物です。

信頼できる人物かどうかわからない状態から、まず受け入れてもらうにはマナーが非常に重要になります。

礼儀がなっていないと思われれば、そのまま話を聞いてもらうことができなくなるでしょう。

警戒を完全にとかれないとしても、まずは少しでも受け入れてもらうために礼儀正しいマナーが大切です。

マナーは自分ではできていると思っても、実際にはできていなかったり間違っていることもあります。

転職時にマナーの良さをアピールするならば、本当にできているのか事前に確認しましょう。

すぐに打ち解けるトーク力

飛び込み営業の場合、アポイントをとっていないため相手に話す時間があるかどうか分かりません。

訪問先の担当者が忙しくて話を聞く暇がない場合もあります。

時間があっても突然来た相手の話を聞こうとは考えない人もいるでしょう。

そのため時間をかけて打ち解け、商談を進めることはまずできません。

一度話を聞いてもらえることになれば、なるべく早い段階で相手の心を引きつける必要があります。

そのためには相手とすぐに打ち解けられるトーク力が必要です。

最初相手は突然訪れた営業マンへの警戒心や不信感を持っています。

営業マンはそのアウェイな空気の中で商談を始めなければならず、やりづらさを感じてしまうでしょう。

会話の序盤で相手と打ち解けることで、その後の商談も進めやすくなります。

 

ワンポイント
ゼロから人間関係を築くために必要なスキルが重要。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

面接

営業職への転職を考えている人の中には、飛び込み営業を目指す人・避けたい人どちらもいるでしょう。

目指す場合はどのようなアピールが良いのか悩む人もいるかもしれません。

できれば避けたいけれど、転職先で飛び込み営業を求められるかもしれないという不安を抱えている人もいるでしょう。

こうした転職に関わる悩みや不安を抱えているなら、転職エージェントへの相談をおすすめします。

転職エージェントは転職に関わる悩みや不安に応え、サポートしてくれる存在です。

飛び込み営業を目指す人なら自己PRのポイントや面接対策などを相談できます。

逆に飛び込み営業を避けたい場合は、飛び込み営業の少ない求人を紹介してもらえるでしょう。

転職希望者の要望にそった求人の紹介やサポートをしてくれるため、ぜひ利用を検討してみてください。

まとめ

メリット

今回は飛び込み営業の仕事内容について解説しました。

一般的に大変な面の多そうな印象のある飛び込み営業ですが、その分やりがいも多い仕事です。

営業マン自身の力量によって左右される場面も多く、続けていくと自分の成長をより実感できるでしょう。

営業としては大変な部類に入るからこそ、身につくスキルや経験は他でも活かせるものばかりです。

飛び込み営業で得たスキルや経験を活かして、キャリアアップを目指すこともできるでしょう。

 
無料キャリア相談はこちら  

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら