情報技術に一番必要な存在、ITエンジニアの種類は多種にわたり、その仕事内容も様々。

女性のITエンジニアも増えてきていて、とても興味を感じる分野です。

転職する場合にはどのようなことが必要なのでしょうか?

ITエンジニアに未経験で転職する方法を解説

パソコン

ITエンジニアにどのようなイメージを持っていますか?

1日中パソコン画面と向き合って、休む暇もなく働いているようなイメージなどがあるかもしれません。

機械設計や電子デバイス開発などのエキスパートで、未経験などは入り込めない分野のイメージもないでしょうか?

確かに機械設計や電子デバイス開発などは全くの知識がなくてはできないと思いますが、未経験では無理ということはないはずです。

未経験の方がITエンジニアになるために必要な資格やスキル、女性でもITエンジニアへの就職を成功させるポイントや様々な情報をご説明いたします。

ITエンジニアの種類をチェック

アイデアを巡らせる女性

ITエンジニアといってもその種類は多様です。

情報技術に伴うものから、こんなものまでITエンジニア?というものまであります。

種類と仕事内容をチェックしてみましょう。

自分が憧れる仕事が意外な名前だったりするかもしれません。

  • システムエンジニア…システム開発全般に関わる、統括的存在
  • プログラマー…仕様書を元にプログラミングを行う、システムや言語によって細分化したプログラマーが存在する
  • アプリケーションエンジニア…ゲーム・スマートフォンアプリなどのソフトウェア設計・開発
  • フロントエンジニア…ユーザーが操作する画面の設計・開発
  • バックエンドエンジニア…ユーザーの操作に応じた処理を設計・開発
  • インフラエンジニア…インフラ(基盤・下部構造)、サーバー構築やクライアント端末などの設定をする、問題なく稼働するために支える存在
  • ネットワークエンジニア…インフラエンジニアでも特に運用や保守を専門に行う
  • サーバーエンジニア…サーバー、仮想環境の設計・構築・運用保守を行う
  • データベースエンジニア…データベースの設計・構築・運用保守を行う
  • セールスエンジニア…専門知識を生かして営業を行う
  • Webエンジニア…Webに特化した知識が必要で、ユーザー視線を持つことが大事

ご紹介した以外にも細かな種類のエンジニアが存在しますが、すべてにおいて「インターネット技術を持ち、経験を積んだ人材」であることには変わりはなく、それぞれのスペシャリストということになります。

ITエンジニアの未経験求人から仕事内容をチェック

女性

ITエンジニアにも色々な種類があることが分かりました。

実際の仕事内容などはどのようなものがあるのでしょうか?

未経験でも応募可能なものがあるかも含めてチェックしてみましょう。

例1.開発エンジニア

  • 仕事内容:業務システムやアプリなどの設計に携わることができます
  • 対象:未経験者・第二新卒歓迎!(自社ITスクールでの研修あり)
  • 事業内容:アプリ開発、業務システム開発など

例2.開発エンジニア

  • 仕事内容:VR開発など
  • 対象:未経験・経験の浅い方・経験者共に大歓迎
  • 事業概要:Webサービスの開発、サイト運営など

例3.ITエンジニア

  • 仕事内容:自社サービスを用いたSE・プログラミング・保守管理・テスト
  • 対象:開発未経験・スキルチェンジ希望の方歓迎(研修制度あります)
  • 事業概要:次世代型システム開発など

 

未経験・第二新卒・スキルチェンジなどでも募集はあり、未経験であっても応募は可能です。

入社後には研修制度などがある企業も数多くありました。

資格やスキルなどに不安がある場合は、このような研修制度のある企業に問い合わせをしてみましょう。

ご紹介したような求人以外にもたくさんの求人がありますので、チェックをしてみて希望に合った求人を探してみてください。

ITエンジニア未経験者がアピールできることは?

モバイルを見せる女性

ITエンジニアには専門的な知識などが必要になりますが、未経験では難しいということはありません。

専門的な知識を勉強してから目指したり、未経験でも研修制度の整った会社に入社して研修をすれば十分習得することが可能となります。

現在資格取得などの勉強中であれば、きちんとそのことを伝えることが必要です。

研修制度で習得を目指すのであれば、研修中に習得し会社に貢献するなどと伝えることも大切になります。

どのような場合でもITエンジニアを目指すには勉強が必要です。

勉強をする姿勢や意欲を見せ、今後会社に貢献することをアピールすることが重要となるでしょう。

ワンポイント
未経験であることはマイナスではなくプラスととらえてアピールしましょう

未経験者がITエンジニアを目指すには?

勉強

ITエンジニアを目指す場合の手段としてはどうすれば良いのでしょうか?

未経験者がITエンジニアを目指すのであれば、まずはエンジニアの勉強をすることが必要になります。

勉強をして知識を得て、希望のITエンジニアを目指します。

勉強を必要とするのは分かりましたが、勉強をする場所や種類はどのようなものがあるのでしょうか?確認していきましょう。

専門学校へ通う

ITエンジニアを目指す人が増えたことにより専門学校の数も増えています。

専門学校を選ぶ場合は、どのような内容が学べる学校であるかを確認してから選ぶようにしましょう。

そして選ぶ際には、卒業後の進路も考えて選ぶようにしてください。

目指す分野があるのであれば、その分野について学ぶことができて、就職などにも有利な学校であれば尚良いでしょう。

HPやパンフレットでも分かりますが、時間があるようであれば実際に足を運んでみるのもおおすすめです。

大学などにてITエンジニアの知識を得るよりも時間もお金も少なくて済みます。

オンライン学習をする

オンラインでもITを学ぶことができます。

大手のプログラミングスクールなどではオンライン授業などを開いているところも多く、カリキュラムも学校に通うのと変わらぬ内容になっています。

オンラインと通学を併用することもできる学校などもあるので、自分に合った形での勉強を進めることができそうです。

学校に通うのとは違って、自分のペースで授業を受けることも可能なので、働きながらの勉強も不可能ではありません

独学で目指す

周りに合わせず自分のペースで学習をしてITエンジニアのスキルを取得することもできますが、専門学校やオンライン学習などよりは習得まで時間がかかってしまう事が多いです。

オンライン学習をするよりも自由に自分のペースで学習を進めることができますし、費用面もかかりません。

ある程度の基礎知識がある人であれば問題なく進めることができますが、未経験の場合は時間がかかるのを覚悟したうえで取り組むようになるでしょう。

ワンポイント
専門学校・オンライン・独学、自分に合った勉強方法でITスキルを習得しよう

ITエンジニアに求められる人物像は

青空 ビジネスウーマン

専門知識を必要とし、様々なスキルも必要なITエンジニアですが、専門知識以外の部分ではどのような人が求められているのでしょうか?

学習意欲のある人

ガッツポーズをする女性

クライアントによって様々に変化するシステムやプログラミングに合わせて、学習することがITエンジニアには必要です。

予期せぬ問題などに直面することも少なくはありません。

それに対応するためには常に新しい情報を勉強することが必要です。

学習意欲のある人は成長します

そのような人を会社は求めています。

変化に順応できる人

女性分析

「システム障害にて〇〇が現在停止中です。復旧まで今しばらくお待ちください」

1度は見たり聞いたりしたことがあるのではないでしょうか?

世の中は様々なシステムにより動いています。

そのシステム内の小さなトラブルによって、広範囲に影響を及ぼしてしまうこともあります。

そのようにならないために常日頃からの保守管理をすることが必要であり、保守管理を専門とするエンジニがトラブルを阻止するべく奮闘しています。

それでも予想しないような不具合は起きてしまうものです。

冷静な判断でトラブルを解決できることが重要になります。

そのような時に臨機応変に順応し、対応できる人をITエンジニアとして求めています。

ワンポイント
新しい変化を取り入れ、様々な変化に対応できる人材を求めています

ITエンジニアへの未経験転職の対策

相談する女性

ITエンジニアについて色々ご説明してきましたが、未経験では難しいのではないかと不安に思われたかもしれません。

ITエンジニアへの就職・転職は未経験でも可能です。

先にご説明しましたが、IT業界やプログラミングの知識を勉強することは必要です。

それ以外のことで未経験の人が出来ることは何かを確認していきましょう。

応募書類対策

応募書類はあなたの合否に影響を与える大きな存在です。

資格・経験・実績などは必ず記載してください。

必要であれば補足書類を作ってみても良いでしょう。

履歴書でポイントとなるのは希望条件とのマッチ経歴志望動機職務経歴書などきちんと記入することが大事です。

面接対策

面接というのは何回行っても緊張するものだと思いますが、面接時に失敗や後悔などをしないように事前に準備をしておくと良いでしょう。

準備といっても「志望動機」「長所・短所」基本的な質問に対する答えをあらかじめ準備しておきましょう。

もちろん、応募会社への志望理由ITエンジニアを目指す理由などは自分の気持ちをしっかりと伝えたいのでまとめておきます。

準備しすぎてしまうのも良くありませんので、簡潔にポイントを押さえた内容にしましょう。

箇条書きを読むような受け答えをしてしまったのでは、採用担当者もあなたに興味を持ちにくくなります。

あくまで自然体での受け答えをしてください。

転職エージェントを活用しよう

未経験でITエンジニアを目指す際に何をして良いのかと悩むかもしれません。

悩んでしまった時は「転職エージェント」など専門の人からアドバイスをもらってみるのも1つの方法になります。

自分では考えもしなかったような方法を提案してくれるはずです。

ITエンジニアへの未経験転職を成功させるポイント

人差し指を立てる女性

未経験からのITエンジニア転職は自分には難しいと思ってしまってはいないでしょうか?

ITエンジニアとしての実績はないかもしれませんが、未経験転職を成功させるポイントはいくつかあります。

自己分析をして強みを把握しよう

データ分析の仕事

ITエンジニアとしての経験はないかもしれませんが、それ以上の魅力があなたにはあるはずです。

自分の魅力を自己分析し、上手にアピールしましょう。

魅力のある人間であれば会社もそれだけで興味を持ってくれます

会社に有益になる部分があればその部分をアピールするのも良いでしょうし、自分の強みを把握して上手にアピールすることが一番です。

業界研究や情報収集を徹底しよう

データ分析をするビジネスウーマン

ITエンジニアを目指しているのですからIT業界の研究や情報収集をしっかりとしましょう。

詳しくなくても良いので、最低限でも応募企業についての情報は調べてから就職活動を行いましょう。

これはIT業界だからではなく、一般的にも言えることです。

何も分からないままでは興味をもって就職・転職活動をしているようには見えません。

せっかく頑張って勉強したことや資格が無駄になってしまいます。

情報収集は必ず行ってください。

ワンポイント
自分の強みを把握して、業界研究・情報収集をすることで未経験就職をより有利にしよう

転職の不安は転職エージェントに相談しよう

女性,スーツ,ビジネス

未経験の就職は難しいものです。1人で頑張るのも限界があるでしょう。

その時に相談してほしいのが「転職エージェント」です。

様々な分野の知識が豊富な転職エージェントが、あなたの希望している業界への知識や経験を生かして、様々な方法でサポートしていきます。

求人の紹介や履歴書作成、模擬面接なども行ってくれますので、転職の強い味方になります。

未経験での転職に不安を感じたら転職エージェントに気軽にご相談してみてください。

まとめ

ビルの前の女性

IT業界で中心的な役割を果たすITエンジニア。

そのITエンジニアに未経験で就職・転職する際に必要な対策やポイントはおわかりいただけましたでしょうか?

勉強を必要とする分野ではありますが、未経験でも目指せる方法はあります

転職エージェントという未経験の人に強い味方もおりますで、憧れのITエンジニアになれるよう頑張りましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する