「ファッションに関係する仕事に就きたい」と思われる方が目指す職業に挙げられることが多いスタイリスト。

漠然とスタイリストと言ってもどのようなことをするのでしょうか?

未経験でも目指すことは可能なのでしょうか?

スタイリストに未経験で転職する方法を解説

婦人服

スタイリスト、この言葉を聞いて真っ先に思い浮かぶのは、芸能人や著名人、雑誌などでのモデルなどのスタイリストではないでしょうか?

華やかな世界でたくさんの芸能人と触れ合え、大好きなファッションを仕事にする、オシャレなどが好きな人には理想ともいえる仕事ではないでしょうか?

年齢や学歴・職歴もさほど問われないと言われるスタイリストではありますが、未経験の人が飛び込むことは可能なのでしょうか?

スタイリストを目指す際に必要な経験・スキル・資格などをご紹介します。

スタイリストを目指す人はどんな人?

人差し指を出す女性

あなたはどのような理由でスタイリストになりたいと思いました。

洋服などが大好き、オシャレをするのが好き、一定のブランドを好んでいる、憧れるモデルがいる、テレビや雑誌でみかるスタイリストという仕事に興味を覚えた。

理由はそれぞれあるかと思います。

華やかな世界で色々な人をファッションによって変身させる、時にはその人の人生も変えてしまうくらいの影響を与えてしまうくらいの存在です。

みなさんの憧れであるスタイリストを目指す人にはどのような人が多いのでしょうか?

特徴などがあるのかなどをチェックしてみましょう。

販売員やアパレル企業出身者

ファッションに興味がある人であれば販売員やアパレル企業に勤めていることが多く、1度はスタイリストとして活躍してみたいと思うのではないでしょうか?

きっとスタイリストの前にファッションに関わる仕事に就きたいと考えると、真っ先に販売員やアパレル企業が思い浮かぶことだと思います。

そして勤める人は多いでしょう。

実際にスタイリストの中には販売員やアパレル企業出身の人もいますので、販売するだけではなく自分のセンスを生かしたくなり、スタイリストの道を志望する人も多いのだと思います。

他業種からの転身も増えている

最近はファッション業界以外からの転身も増えています。

ファッションが好きであれば特に資格などは不要なスタイリストですので、他業種から転身することも不思議ではありません。

ファッション業界での経験も重要ですが、ファッションセンスやその他の要素も重要なので職業は特に関係ないといえます。

ワンポイント
様々な業種からスタイリストを目指す人が増えてきている

スタイリストの転職に役立つ経験は?

書き物をする女性

ファッションセンスと様々な知識が必要とされるスタイリストですが、今までに経験してきたことで転職の際に役に立つようなことはあるのでしょうか?

スタイリストとして役に立つ経験にはどのようなものが挙げられるのか確認しましょう。

アパレル企業の社員経験

ファッションセンスが必要となるスタイリストですので、アパレル企業での経験は様々な分野で役に立ってくれるでしょう。

持っているセンスも大事ではあるかと思いますが、常に新しい情報に敏感であることが必要なスタイリストなので、アパレル企業という最先端の情報が常に入る最高の環境です。

勉強の場としてはとても良いでしょう。

アパレル関係の人脈などは将来スタイリストになった際に役に色々と力になってくれる存在になります。

接客経験

アパレルであれ、それ以外の業種であれ、接客経験はスタイリストに役に立つ経験です。

スタイリストはメディアに出る人の服装や、ファッションショーなどでの衣装のスタイリングが大きな仕事になります。

そのための打ち合わせであったり衣装の準備や管理、様々な人と関わることとなりますので、人と関わる機会はたくさんあります。

接客のような経験をすることで周りとの関わり方などが勉強できます。

スタイリストに必要な経験となります。

営業経験

衣装のスタイリング以外にも仕事に合わせて打ち合わせをします。

場合によってはブランドの担当者に連絡してリースするための交渉を行ったりします

大切な商品であるので直接出向くことも多いので、営業経験などがあるとスタイリストにとっては有利になります。

様々なスタイルを提案し、どのようにクライアントの要求を生かしたものへと変えてくか、季節やタレントの印象と合うかなど様々なことを話し合い決定していきます。

営業経験のなかでも特に交渉術を知っていると、様々な面で役に立つでしょう。

ワンポイント
 アパレル企業での実績、接客と営業経験はスタイリストの役に立ちます

 

スタイリストの転職に役立つ資格は?

カラー

これがなくてはスタイリストになれないという資格はありませんが、持っていると有利となる資格がいくつかあります。

チェックをして、転職を有利にするために資格を取得してみるのも良いでしょう。

色彩検定

社団法人全国服飾教育者連合会が主催する検定です。

色に注目し、あらゆる物の色の役割や効果について倫理的実践的に習得できるようになっている検定です。

アパレルやデザイン、スタイリストはもちろんですが、IT、印刷、住宅関係など、色彩の知識が必要な専門職種などの人が受験をされています。

カラーコディネートの知識を深ることができます。

ファッションビジネス能力検定

一般財団日本ファッション振興協会が主催する検定です。

ファッションビジネス知識とファッション造形知識を必要とし、3級から1級まであります。

1級になると専門学校を卒業後に、アパレル・リテール企業での実務経験を6年ほど必要とするなど難しくなります。

ファッションについての幅広い知識を必要とするもので、受験資格などもありませんので、受験してみるとよい検定です。

ファッションビジネス検定

カラーコーディネーター検定試験

東京商工会議所が実施する試験です。

ファッションコンサルタントや商品パッケージデザイン、スタイリストや広告デザインなどを目指す人が多く受験しています。

色の性質・特性など色の知識を身につけ、その効果をビジネスシーンに活かすことができる資格です。

スタイリストだけではなくビジネスシーンにおいて様々な分野での活用ができます。
カラーコーディネート検定試験

ワンポイント
様々な資格と取得することでスタイリストだけではなく色々な分野で活用できます

未経験者がスタイリストになるには?

女性

スタイリストになるために必要な資格や学歴などはありません

未経験者がスタイリストになることは可能ですが、求人も多くはありませんので勉強をしてスタイリストを目指すのが最善の方法となるようです。

スタイリストになるための勉強にはどのような方法があるのでしょうか?

専門学校へ通う

専門学校などが必須ではありませんが、服飾系の専門学校であればさまざまな知識を得ることができます。

スタイリストになるための知識を十分に得ることができます。

スタイリストを目指すための服飾系の専門学校も色々とありますので、学校選びは重要になります。

それぞれの学校の特色や様々なカリキュラムを比べてみることや、自分が求めている資格取得に有利な学科などのある専門学校を選ぶようにしてみてください。

授業については座学のみならず研修なども用意されているところもあり、現役のスタイリストであったり、スタイリスト事務所などで勉強できるチャンスもありますので、確認するようにしましょう。

現役のスタイリストが講師を務めていたりすることが多いので、業界の人脈を作ることも可能となります。

またスタイリスト事務所やフリーのスタイリストなどには「服飾専門学校卒業あるいは在籍中」を必要条件にしていることもあります。

求人があまりないので、専門学校からの紹介などが占める部分が大きくなってしまいます。

スタイリスト事務所へ応募する

スタイリスト事務所に入社してスタイリストを目指すことも可能ですが、募集自体が非常に少ないのが現状です。

求人などはほとんどないと思ったほうが良いでしょう。

専門学校を卒業後に自分でスタイリスト事務所などに連絡して、応募することもあるようです。

もちろん未経験でも同じようになるのでスタートラインは同じです。

大変かもしれませんが、自分が志望するスタイリスト、頑張ってみる価値は十分にあります。

スタイリストに求められるスキルは?

考える女性

スタイリストは華やかな職業、そう思われるかもしれませんが、それだけではありません。

表には見えない部分での苦労などもたくさんありそうです。

どのようなことがスタイリストには求められるのかチェックしてみましょう。

体力

ビジネスイメージ

スタイリストはファッションに関わる仕事ですが、仕事内容はとてもハードです。

1日中立ちっぱなしであったり、拘束時間もとても長くなります。

時間も休みも不規則です。

重たい洋服や小物を持ち歩くことや無理な体勢をすることも多いので、体力のない人には難しいかもしれません。

演出力

女性、本

モデルやタレント自分が担当した人をコーディネート1つで、様々な印象に変えていくのがスタイリストです。

自分のセンスが重要ではありますが、クライアントや現場の人たちの要求に合わせて色々な演出することが必要とされます。

時には難しい要求をあるでしょうが、それも様々なテクニックなどで乗り越えていきます。

センスや経験と共に磨かれていくものですが、演出力は持つべきスキルです。

コミュニケーション力

女性 集まる

どの職業でも持つべきスキルである、最低限のスキルといえますコミュニケーション力。

スタイリストの周りにはたくさんの人たちが集まります。

たくさんの人が協力して仕事を行うためにはコミュニケーション能力は必要です。

スタイリストは一般的な仕事の人の何十倍の人と接することになる仕事なので、人と接することが苦手な人は向いていません

ワンポイント
体力・演出力・コミュニケーション力を最低限に身につけておきましょう

スタイリストの適応年齢について

Web制作

最近ではスタイリストという言葉も耳にする機会も多くなりましたが、スタイリストはまだまだ歴史が浅く1960年代以降にできた職業なのだそうです。

一般化したのはここ20年ほどではないでしょうか?

スタイリストはファッションの最先端をリードする存在だから若い人が就く仕事、なんとなくそんなイメージを持ってしまう部分もあるかもしれません。

それは歴史が浅いだけであり、年齢制限などはないようです。

センスとやる気があれば何歳からでも始めることが可能な職業だと言えます。

スタイリストのキャリアパスは?

女性、本

アシスタントの下積みを経て、プロのスタイリストになった後のキャリアスパは人それぞれです。

アシスタント時代から所属している事務所でずっと頑張る人もいれば、独立してフリーランスになる人もいます。

個人の専属スタイリストになることもありますし、ブランド専属のスタイリストも存在します。

専門学校の講師などをする傍らで、パーソナルスタイリストになる人もいます。

プロになった後は独立も可能となる職業であると言うことも覚えておいてください。

 

転職の不安は転職エージェントに相談しよう

電話をするビジネスウーマン

スタイリストを目指したいけど経験がない、どのように転職活動をすれば良いのか分からない、このような時にぜひご相談いただきたいのが「転職エージェント」です。

聞きなれない言葉かもしれませんが、あなたの転職を手助けしあなたの味方となる存在、それが「転職エージェント」になります。

自分に合った仕事探しの方法などのアドバイスや履歴書・職務経歴書の作成、面接対策を行います。

専門の担当者が親身になり、あなたの希望を叶えるお手伝いをします。

スタイリストなどはなかなか1人では求人を探すことが難しと思います。

そのような場合でも転職エージェントが企業のご紹介をすることも可能です。

悩んでしまうような時は、転職エージェントを使ってみるのも一つの手となります。

まとめ

パソコンを持つ女性スタッフ

スタイリストについてご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?

未経験からのスタイリストへの転職は、スタイリストとしての勉強が必要不可欠になります。

やる気と根気強さがあれば年齢や性別は関係なくチャレンジすることが出来ます

体力勝負な一面もありますが、それも乗り越えられるだけの魅力がある仕事なので、転職エージェントに相談してチャンスを掴んでほしいと思います。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら