育休中である方は以前とは違った観点で自分と将来の人生設計を考えていることでしょう。

また育休中は今まで勤務していた会社であっても今の自分には適していないと考え転職を検討し始める時期でもあります。

自分の生活環境が変われば職場に求める条件も変化するのです。

少しでも好条件の会社に転職したいという思いは、仕事と育児の両立を試みる女性にとって共通な願いです。

今回は育休中の転職を成功させるための要点と注意点を解説していきます。

Contents

育休中の転職を成功させる方法を解説

司書

出産に伴う家族構成と生活の変化で、より現在の状況に合う条件の職場に転職を考えるのは当然の成り行きです。

しかし、転職にリスクは付き物であるため、注意する必要があります。

転職するに当たり自分は何を求めているか、何を最優先とするかを自分に問い、転職が唯一の解決策か否かを判断することが大切です。

また、どの様に転職活動をするか、退職届をいつ提出するか、保育園の確保とそれに必要な就労照明の有無なども考慮しましょう。

しっかりとした計画と対策を行い、転職を成功させることができるでしょう。

育休中の転職を取り巻く現実

電話をする女性

前述の通り、育休中に転職願望を持つ女性は多くいます。

ここで強調したいのは転職活動に入る前に何故転職したいかを把握する必要性です。

転職は将来のキャリア形成や資産形成に大きく影響します。

どうして転職をしたいのか、転職は必要なのか、転職は解決策かということを改めて考えておきましょう。

特に育休中は毎日子供と向き合うこととなるため、過酷に感じる方もいるでしょう。

もしそんな現状の変化を求めて転職を考えているのであれば、違った解決方法もあるかもしれません。

転職という大切な判断を下す前に、自分を客観的に検証してみることが必要です。

育休中に転職を考える理由

育休中に転職を思い立つ理由は人によって様々です。

育児に理解のある職場で働きたいなどといった前向きな理由もあれば、出産前のように仕事をこなせるかという不安感もあるでしょう。

あるいは育休中の方が転職活動をする時間が取れるという現実的な理由も考えられます。

職場復帰してすぐに転職を行うと職場に迷惑をかけるため避けたいという感情的な要因も考えられるでしょう。

育休中の転職のリスク

ストップのジェスチャーをする女性

しかし育休中に様々な理由で転職を検討せざるを得ない状況になった場合、本人に不利益が発生する場合もあります。

例えば再就職にあたり不可欠な保育園の確保です。

認可保育園は自分が現在働いていない場合、審査に通りにくくなってしまうことがあります。

そのため育休中の転職は子供の世話をどうするかという問題が発生する可能性があるでしょう。

保育園に関してはいずれにしても申し込みをする自治体に問い合わせる事をおすすめします。

また、いつの時点で退職するかは育児休業給付金の支給に影響を及ぼすため、事前に確認しておきましょう。

無理なく転職するには

どの職場にも自分にとってのメリットとデメリットがあるため、それを意識しておきましょう。

通勤を短縮しようと転職した会社の人間関係で悩んだり上司との折り合いが良くなかったりなど思わぬ落とし穴が潜んでいることがあります。

転職した事であなたが最優先にしたいことを手に入れたのなら、その転職は成功と考える姿勢が無理なく転職する秘訣です。

 

ワンポイント
・転職する理由は人それぞれ
・保育園に申し込みできるかは自治体に問い合わせる
・育休中の転職では自分にとって最優先にしたいことを手に入れたら成功とする姿勢が大事

育休中の転職を成功させるには

考え事をする女性

小さいお子さんの世話に時間と気をとられる育休中の転職活動には計画性が求められます。

しかし転職をすると決めたのなら成功に向けての準備に取り掛かりましょう。

まず始めに保育園探し・就活・退職届提出などの必要事項を洗い出し一覧表を作成することをお薦めします。

各事項の作業内容と手順や時期、注意点や重要点も書き出してみると良いでしょう。

興味のある会社を洗い出しそれぞれの長所と欠点を書き出すこともおすすめです。

また、転職の面接で質問されると思われる事項を書き出すと対策がしやすくなるでしょう。

子どもを預ける保育園を見つける

保育園を選ぶ際に重要視する事項として家からの距離・施設の良さ・園児と保育士さんの雰囲気・教育方針などが挙げられます。

すべて大切な点ですが、お子さんを毎日預ける保育園ですので家からの距離を最重ポイントとする方が多いでしょう。

家から近ければご近所の園児も通っているため送り迎えを協力し合えるママ友ができるかもしれません。

親の参加やお手伝いを求められるイベントの数や縦横の大きさが決められた通園バッグを手作りするかなどは保育園によって方針が様々です。

多忙な日常をこなすワーママは負担が少ない保育園を選びましょう。

退職届のタイミング

ノートパソコンを操作する女性

育休中の退職届を提出するタイミングですが保育園を探す際に就労証明が必要なため、転職先の内定が出てからが理想です。

しかし、就労証明があっても保育園の申請時に無職な場合内定に不利になる可能性があるのでご注意ください。

民法では社員は退職する14日前に退職届けを提出することが求められています。

しかし業務の引き継ぎを考慮し1ヶ月前に退職届を提出するという考えが一般的です。

円満退社には後任者へのスムーズな引き継ぎが不可欠です。

そのためにも退職届は1ヶ月前に提出することをお勧めします。

女性支援をする転職エージェントを選ぶ

転職をしようと決めたなら、次は転職への準備を行っていきましょう。

効率的に転職活動を行いたい場合は、様々な業界に幅広いネットワークを持つ転職エージェントの活用がおすすめです。

子育てに理解のある職場を選ぶ

子供が朝から調子が悪い、保育中に急に熱を出し保育園からお迎えの要請が来たなどの理由で、欠勤や早退を余儀なくされることがあります。

そのため転職活動の際に育児に理解を示す職場を選ぶのは非常に大切です。

面接時にその会社の育児に対する方針を問うことで、どの程度の支援を得られるかのヒントを得られます。

また、育児をしながら働く女性が定着している職場であれば、育児に協力的な姿勢を持つ可能性が高いといえます。

面接で育休中であることを言わない

面接で育休中であることを言うか言わないか、意見は賛否両論あります。

もし面接時に育休中かと問われた場合は、嘘をつかず正直に答えた方が良いでしょう。

しかし、自分から育休中であることを告げる必要はありません。

育児休業は復帰を前提とした制度です。

その最中の転職活動は良い印象を与えません。

聞かれたら答えるという姿勢でいると良いでしょう。

育休中の転職活動のリスク

悩む女性

前述しましたが育休中の転職活動は保育園の内定が下りなかったり内定が取り消しになったりするなど不利益が発生する可能性があります。

自分が勤務中に子供を預ける保育園の確保は復職にあたっての最重要ポイントです。

そのため転職を考えた時点で申し込む保育園がある自治体に問い合わせて園児受け入れの条件を事前に把握することが大切になります。

また、現在の職場を退職する時期は育児休業給付金の額にも影響するため、事前に確認しておくと良いでしょう。

保育園の入園で不利になる可能性

子供を保育園に入園させたい場合、その保育園がある自治体に就労証明書を提出します。

育休中にそれまで勤務した会社を退職し、転職先からの内定がない場合は無職と見なされるため、入園許可が下りる可能性が低くなります。

転職先からの内定があっても申込時点で就業していない場合、就労証明書がないので、無職と見なされるでしょう。

保育園は一般的に就業中の家庭の受け入れを優先するのです。

中には育休中に在職のまま転職先の内定をもらい保育園に申し込む方もいます。

しかし申込時に勤めていた会社と転職先の勤務条件に相違点があると保育時間が短縮されたり内定を取り消されたりする場合もあります。

保育園の園児受け入れの条件や対応は自治体によって異なります。

事前調査を怠らないことが大切です。

育児休業給付金の額が異なる

育休中に転職した場合、いつの時点で退職するかは育児休業給付金を支給申請できる期間に影響を与えます。

給付金は産休後、育休が開始した日から1ヶ月単位で支給されます。

退職日によってはまる1ヶ月分の給付金が支払われない可能性があるのです。

詳細に関しては現在在籍している会社がハローワークに問い合わせると良いでしょう。

育休中の転職でするべき自己アピール

スーツの女性

自己アピールは自分を売り込むためのチャンスです。

転職活動における自己アピールの目的は自分を採用すべき理由と自分はどのように会社に貢献できるかを理解してもらうことです。

専門性や語学力はもちろん、自分の職歴や経歴を振り返り実績と経験を分析しましょう。

転職活動において自分を知ったり、自分のセールスポイントを把握したりすることは大変重要です。

また、育休中の就職活動では自分は何故その会社に転職したいかということを誠実に伝えると良いでしょう。

いま転職したい理由とは

「あなたが転職したいと思う理由は何ですか?」というのは面接で聞かれる可能性が高い質問です。

そう聞かれた場合、育児をするようになって自分の環境が変わり仕事へ求めるものも変わったことを伝えるようにしましょう。

育休中に転職を考えたのは何故かを明確にするために自己分析を行い、自分の気持ちと向き合うことが大切です。

回答するにあたり、面接官には自分の気持ちを正直に話しましょう。

自己開示のメリット

自己開示とは「ありのままの自分を語る」という意味です。

就職活動においての自己開示とは自分の強み・弱み・不安・夢・経験などを面接時の会話に取り入れて自分を表現するということです。

自己開示をすれば、採用担当者に自分について詳しく伝えることができます。

転職活動では採用担当者に自分の気持ちを正直に伝えることで好感を持ってもらえるでしょう。

 

ワンポイント
・転職したい理由を明確にするために自己分析を行う
・自己開示することで採用担当者に好感を持ってもらえる

元の職場に復帰するという選択肢もある

悩む女性

元の職場に復帰するメリットは無視できません。

初めてママになった、あるいは子供が1人増えたことに喜びを感じたとしても必ずストレスも存在しています。

転職を行えばそれに加えて人間関係や新しい業務からの新たなストレスも抱えることとなります。

一方で元の職場に復職するのであれば、新しい人間関係や業務に感じるストレスは少なくなります。

就労証明があり元の会社に戻るのですから保育園を確保するにあたっての心配もありません。

復帰直後の転職は社内の批判を買う可能性があります。

しかし子供が少し成長してから転職を行えば社内の風当たりも少なく、自分が職場に求める要因が明確になります。

その時期を待って転職を始めても遅くはありません。

 

ワンポイント
元の職場に復帰すれば仕事で感じるストレスが少なくなるため選択肢の1つとして考えておくと良いでしょう。

育休中の転職でママたちが考えていること

パソコンと女性

子供が生まれると様々な面で生活が変化します。

今までは満足していた職場が子供を持った自分の現状に沿わないのではないかと疑問に思い転職を思い立つのはよくある話です。

また職場への復帰を心待ちにしながらも仕事と育児をどのように両立しようかと頭を悩ます女性も多いことでしょう。

育休中に転職を考えている女性は多い

育休中に多くの女性が感じるのは、仕事と育児の両立の難しさです。

多くの女性がその難しさを実感して、元の職場の勤務時間や業務をこなせるだろうかという不安を抱えることとなります。

その不安をきっかけに自分にとって条件の良い職場への転職を考え始める人が多いでしょう。

また、いずれ転職するのなら元の職場に復帰してしまうと、転職の際に社内の批判を誘発しかねないという理由も育休中の転職活動の動機です。

育休中に転職を考えるというのは決して珍しいケースではないのです。

むしろ一般的だといえるでしょう。

育児の大変さ

育児には経験しなければ分からない大変さがあります。

育休明けに希望の会社に転職できたとしても、育児の苦労に変わりはありません。

育児面で頼れる実母が近くにいればラッキーという訳でもありません。

実母が近くにいるために発生する問題もあります。

社会の変化とともに育児の環境や常識も変わり、世代の違う実母や義母とは意見がぶつかることもあります。

そんな時に頼りになるのは同世代の先輩ママたちです。

育児の悩みがあれば相談してみると良いでしょう。

先輩ママの経験談には学びが詰まっています。

育休後の現実

女性とパソコン

朝はお弁当を作って子供を保育園に送ることとなります。

その後急いで職場へ向かい、夕方慌ただしく帰宅し家の片付けと夕食の用意に追われるでしょう。

自分の希望の会社に転職したとしても、子育て・家事・仕事の3つをこなすのは容易ではありません。

しかし、その状況は一生続くわけではありません。

子供は必ず成長し、成長すれば自分でできることも増えていきます。

自立心も芽生え手伝いもできるようになるでしょう。

それまでは多忙になりますが、無理せず仕事と育児を両立していける環境を整えることが大切です。

育休中の転職で考えなければならないこととは

紹介

育休中の転職で考えなくてはならないことは数多くあります。

しかし先述してきた通り最も重要なのは保育園の確保です。

子供を預けられる場所がなければ家の外で働くという行動自体が難しくなります。

保育園は働く親にとって欠かせないものです。

政府や自治体は待機児童ゼロを目指しているにも関わらず、日本の保育園は買い手市場となっています。

正社員で働いていながらも応募した保育園から落選し、キャンセル待ちを余儀なくされるご家庭が多いのも事実です。

転職したために保育園の確保が難しくならないように注意しましょう。

保育園内定後の転職活動の注意点とは

ポイント

保育園での保育時間はそのお子さんの保護者の勤務状況によって決まります。

保育園申込時に勤めていた会社と転職先の勤務条件に相違点があると、保育時間に影響します。

保育園の内定が出た時点で週5日のフルタイムの勤務なら保育標準時間の1日11時間までを確保できますが、転職先がパートタイムや勤務時間が短い場合は子供を預けられる時間は短くなります。

状況によってはせっかく手にした内定を取り消されたり、退園させられたりする場合もあります。

保育園の園児受け入れの条件や対応は自治体によって異なるため、転職を決める前に事前調査を怠らないことが大切です。

 

ワンポイント
保育園内定後に転職活動を行う場合、勤務時間が変わると子供を預けられる時間が変動する可能性があります。

まとめ

パソコンと女性

仕事と育児の両立を試みる方にとって、転職先の企業が自分にとって好条件かどうかというのは大変重要なポイントです。

家族構成や毎日のルーティンの変化を含め、新しいライフスタイルに合った職場を見つけられるように転職活動を行っていきましょう。

もし転職活動で悩んでいる場合は、転職エージェントを活用してみてはいかがでしょうか。

転職エージェントは転職のプロフェッショナルとして、あなたのことをサポートしてくれます。

忙しい方でも転職エージェントを利用すれば、スムーズに転職活動を行っていけるはずです。

この機会に是非利用を検討してみてください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する