駅や店頭などで旅行のパンフレットが置かれているのを目にしたことがありませんか。

どれも素敵な写真とともに観光スポットやグルメが楽しめる旅程が組まれています。

実は、旅行を存分に満喫するためのカギとなるのがプランニングのプロセスといえるのです。

時間や費用も考慮し、お客様が満足するような旅行を綿密に計画するのが旅行企画の役割となります。

この記事では旅行企画の仕事内容向いている人の特徴とともに転職を成功させるポイントを解説します!

旅行企画の仕事内容を解説

OKマーク 女性

旅行企画とはその名前の通り旅行を企画する仕事のことを指します。

旅行会社や旅行代理店が扱う商品そのものの立案計画をする非常に重要な仕事です。

営業やカウンターセールスを経験して知識を蓄えてから旅行企画に異動するのが一般的でしょう。

価格競争などもある中で魅力的な旅行を企画するのは苦労もありますが、大きなやりがいになります。

さっそく旅行業界の花形ともいわれる旅行企画の仕事内容について一緒に見ていきましょう。

旅行企画はどんな業務があるの?

説明する女性

旅行企画という仕事は具体的にどのような業務を担当しているのでしょうか。

企業によって担当範囲は異なる場合もあるのですが、主な業務を4つご紹介します。

さっそく業務内容を見ていきましょう!

旅行地やイベントの設定

前年の企画を参考にしたりトレンド情報を収集したりして旅行の行き先を選定します。

季節行事や特産グルメ・観光などのイベントもあわせて設定する事がほとんどです。

パッケージツアーなどの商品企画をしたり、お客様個人の要望に合わせた旅行を企画していきます。

多くの旅行会社では旅行プランの立案とそれらにともなう各種手配の両方を旅行企画が担当するのです。

なお小規模な旅行会社では旅行企画だけでなく、カウンターセールスや添乗員も兼任することがあります。

お客様のニーズをつかみながら、訴求力のある行き先やイベントを設定することがキーとなるでしょう。

ルートや滞在時間の確認

行き先が決まったら利用ルート所要時間を確認していきます。

さらに立ち寄る観光スポットやイベントでの滞在時間も計算するのです。

お客様にあわてたり間延びしたりせずに旅行を楽しんでいただくための大切な確認になります。

採算性のチェック

ビジネス マネー

お客様目線での満足度とともに企業として採算がとれていることも重要です。

いくら面白い旅行プランであっても赤字になってしまっては旅行会社が運営していけません。

そのため、きちんと採算が取れたプランニングができているかもチェックします。

宿泊施設や交通機関の手配

旅行企画は鉄道会社やバス会社でも行うため、利用する交通機関は様々です。

近年は車内で快適に過ごせる列車やバスも多く登場しています。

また新しいホテルや高級旅館など、宿泊施設が旅行の目玉となる場合もあるでしょう。

旅行企画の仕事では旅行プランに合わせた交通機関宿泊施設の手配も行っていきます。

どうしても利用したい宿泊施設があれば交渉を行ったり下見したりすることもゼロではありません。

 

ワンポイント
採算性を考慮して、最適な旅行プランを組み立てるのが旅行企画の仕事!

旅行企画は大変?

疲れた表情

旅行企画は商品そのものを生み出すため、旅行会社の命といわれることもあるほど大切な仕事です。

そのためやりがいの大きさと同じくらい大変なこともあるのが事実といえるでしょう。

いくら素敵な旅行プランが完成しても、お客様が集まり利益が出なければ意味がありません。

採算性や他社との価格競争も踏まえて、宿泊施設や交通機関各社に価格交渉を重ねることもあります。

お客様の声やトレンドにもアンテナを常に張り、既存のプラン変更や新規企画に活かすのです。

繁忙期には遅くまで残業する日が続くことももちろんあります。

とはいえ、自分が企画した旅行プランがお客様に人気となった時の喜びは格別です。

お客様から見えない所での苦労もありますが、喜んでもらえた時の達成感も大きいといえるでしょう。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

旅行企画の転職に有利な資格は?

勉強 ノート

旅行企画への転職で持っていると有利な資格としては、大きく2つ挙げられます。

旅行業界への転職に必須の資格はないため、転職後の必要に応じて資格取得を目指してもかまいません。

もし取得できるようであれば旅行会社への関心度の高さをアピールする材料になるでしょう。

旅行業務取扱管理者

旅行業界唯一の国家資格で、営業所ごとに1人以上の有資格者の設置が法律で定められています。

この資格には3つの種類があり、それぞれ取り扱える旅行商品の範囲が以下のように異なっています。

総合旅行業務取扱管理者:海外旅行業務と国内旅行業務両方の取り扱いが可能です。

国内旅行業務取扱管理者:国内旅行業務のみを取り扱うことができます。

地域限定旅行業務取扱管理者:営業所の拠点区域内に限定した旅行業務を取り扱いが可能です。

旅行企画に特化した資格ではありませんが、旅行関連の総合的な知識が身に付けられます。

旅行業法や約款の内容や、旅行実務や観光資源など幅広い事柄について問われる試験です。

試験の主催機関や難易度も種類ごとに異なるため転職先に合わせて選択しても良いかもしれません。

なお企業によっては転職後に資格手当がついて収入アップにも繋がる場合があります。

旅程管理主任者

スケジュール パスポート

「旅程管理主任者」資格は添乗業務(ツアーコンダクター)に必要とされる知識が身に付く資格です。

団体旅行等の添乗業務の際は、有資格者が1名以上同行することが法律で定められています。

この資格では2つの種類があり、取り扱うことができる旅行の範囲の違いは以下の通りです。

総合旅程管理主任者:国内旅行と海外旅行の両方に添乗できます

国内旅程管理主任者:国内旅行のみ添乗可能です

旅行企画の仕事には直接必要な資格ではありませんが、取得しても損はない資格といえます。

入社後はセールスや添乗業務を経験してから、企画に携わるケースもよくあるのです。

ただしこの資格を取得するには観光庁長官の登録機関による所定の研修の修了と実務経験が求められます。

また受験資格でも添乗員派遣会社や旅行会社への内定していること等が必要です。

そのため転職後に企業からの指示などに基づいて、この資格の取得を目指すケースがほとんどでしょう。

 

ワンポイント
「旅行業務取扱管理者」資格は取得すればアピール材料になる

旅行企画に向いている女性の特徴は?

マル 電話 女性

ここまでは、旅行企画という仕事の業務内容などについてご紹介してきました。

ではこの仕事に向いているのはどのような特徴を持つ女性なのでしょうか。

コミュニケーションスキルが高い人

旅行業界は全体的に人とのコミュニケーションたくさん発生する傾向があります。

特に旅行企画はお客様や宿泊施設・交通機関など様々な人とコミュニケーションを取るのです。

時にはコストや条件など難しい交渉が必要な場面も出てくるかもしれません。

そのためコミュニケーションスキルが高いほどスムーズに仕事が進む可能性があります。

様々なことに興味関心を持てる人

旅行企画の仕事上、日頃から様々な方面にアンテナを高く張っておくことが必要です。

世間の流行やお客様のニーズ、他社の動向などを敏感に察知し企画のヒントとしていきます。

歴史や芸術などあらゆること興味関心がある人は情報が集まりやすく、旅行企画に向いているでしょう。

旅行が好きな人

旅する女性

旅行業界は全体的に給与が高くなくハードワークな傾向があります。

旅行に関わる仕事をする場合、「旅行が好き」という気持ちが最低条件ではないでしょうか。

もちろん好きな気持ちだけで仕事は続きませんが、やりがいを感じるためには大きな要素となります。

 

ワンポイント
旅行好きで興味の幅が広く、コミュニケーションが得意な人は旅行企画に向いている

旅行企画に必要なスキル

ビジネス 女性

旅行業界への転職では必須となる資格はないものの、あったほうがよいスキルはあります。

必要とされるスキルを2つご紹介しますので、ぜひアピールの際は参考にしてください。

コミュニケーションスキル

どんな企業でもコミュニケーション力は必要です。

旅行企画でも高いコミュニケーションスキルがあるほうが仕事がスムーズに進みます。

交通機関や宿泊施設との交渉や添乗員への伝達などこのスキルが求められる場面は数多くあるのです。

また転職してすぐに旅行企画をするとは限らず、カウンターセールスなどを経て異動する場合もあります。

そうしたケースでもお客様との会話や対応にはコミュニケーションスキルが不可欠でしょう。

物事を柔軟に考える力

旅行企画の仕事では、物事を柔軟に考えられる力があるほうが活躍が期待できます。

お客様に喜ばれる旅行プランの企画をするためには、
旅行内容と共に費用面のバランスも重要です。

旅行を企画するうえで課題があれば、柔軟な考え方であるほうが解決策が見つかりやすくなります。

また旅行業界は状況の変化が激しいため、そうした変化も臨機応変に乗り切る力も求められるでしょう。

 

ワンポイント
旅行企画では高いコミュニケーションスキルと柔軟さが必要とされる

旅行企画に転職を成功させるポイント

青空 ビジネスウーマン

旅行企画に転職を考えている場合、以下の2点をしっかり考えておくことが成功のカギになります。

まずは自分が旅行企画に転職することで何を実現したいのかを明確にしておきましょう。

選考では「なぜこの仕事に転職したいのか」は必ず問われるポイントです。

また転職先の候補となる企業についても研究を行い、応募する理由を説明できるようにしましょう。

「旅行が好きだから旅行会社」だけでなく、なぜその企業を選んだかをハッキリさせるのです。

これらが明確になっていることで応募書類や面接での説得力がぐんとアップします。

あわせて語学力や精神的にも身体的にもタフなことなどをアピールすると有効です。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

旅行企画の将来性とキャリアパス

オフィス街

旅行業界や旅行企画という仕事の将来性やキャリアの展望はどのようになっているのでしょうか。

将来性とキャリアパスについて順に見ていきましょう。

将来性

高齢化が進み高齢世代の方が海外旅行に行くことも多くなってきています。

また若い世代の海外旅行や中高生が修学旅行で海外に行くケースも珍しくなくなってきました。

また国内旅行は団体向けマーケットは縮小傾向ですが、地方の特色を活かしたツアー等は活発です。

訪日外国人も依然として多くインターネット窓口や多言語に対応したプランもニーズが高いといえます。

そのため旅行を企画する際は、これまで以上にお客様ごとの希望に沿ったプランが求められるでしょう。

キャリアパス

ステップアップ

旅行企画を担当する場合、旅行会社や旅行代理店に正社員として勤務しているケースが多いです。

入社すぐに旅行企画に就くよりは、まずカウンターセールスや添乗業務などで経験を積むことになります。

実際の業務を通じて企画に活きる観光スポットの知識や時間管理を身に付けていくのです。

また旅行企画として経験を積んだ後にはマネジメント側へキャリアアップする道もあります。

あるいは旅行企画力を活かし旅行会社を自分で開業する人もいるようです。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

面談 女性

旅行企画を含め旅行業界への転職に興味がある場合、転職エージェントの利用をおすすめします。

業界や企業の事情に詳しいプロのキャリアアドバイザーに無料で相談が可能です。

自分では気付かなかった強みやスキルと効果的なアピール方法も知ることができます。

また面談をしたうえで希望に沿った非公開求人も応募でき、転職も成功しやすくなるでしょう。

応募書類の添削や面接対策、面接後のフィードバックまでフルサポートも可能です。

プロのサポートがあれば安心して転職活動をスタートできますので、まずは気軽に相談してみてください!

まとめ

トラベル

旅行企画とは、旅行会社が扱う商品そのものを計画・立案して形にしていく仕事です。

行き先やイベントの設定やルート等の確認など旅行のプランニングに関する事がメイン業務になります。

あわせて宿泊施設や交通機関の手配業務や採算性のチェックも実行していくのです。

旅行企画の仕事をするにあたっては、やはり旅行が好きという気持ちは最低限必要とされます。

そのうえで様々な事に興味を持てる人や高いコミュニケーションスキルがある人は活躍しやすいでしょう。

またお客様のニーズや市場の変化も大きい点が旅行業界全体の特徴ともいえます。

旅行企画の仕事でも変化にアンテナを張り、柔軟に乗りきっていく力が必要なのです。

企画を形にしていく過程は苦労も多いですが、お客様から反響があった時の喜びは格別といえます。

旅行業界でのキャリアを積んでいきたい方は、ぜひ旅行企画の仕事にチャレンジしてみてください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら