面接で友人関係に関する質問をされることがあります。一見仕事とは関係ない質問なので混乱するかもしれません。

しかし、この質問ももちろん面接官の狙いがあるのです。

その狙いと、実際に質問されたらどのように回答すれば良いのかについて解説します。

Contents

面接で友人関係の質問をされた時の回答方法を解説

面接の質問

少子高齢化が叫ばれる現代において、企業は優秀で適応能力の高い人材を確保したいと思うものです。

そのため履歴書などの書類上では見極めることができない部分を面接で補い情報を得ようとします。

社会に出て円滑に仕事を進めるためには、良好な人間関係を構築することが必要です。

そこで企業は面接で友人関係を質問することにより、人間関係に対する価値観を探ろうとします。

ここでは、面接で友人関係の質問をされた時の対応について見ていきましょう。

面接でよくある友人関係の質問「友人は何人いますか?」の質問意図

疑問を持つ女性

友人が多ければ良いというものではありません。

面接で友人関係の質問をされるのは、採用した際の社内での適応力を見極めたいという意図があります。

友人関係から応募者の価値観や人柄などの理解を深めるための質問なのです。

なぜ面接で友人関係を質問されるのかを理解して準備をしておく必要があります。

面接場面の質問の流れや雰囲気にもよりますが、「〇〇人です」と単に人数だけを答えるのは避けてください。

これに続けて友人との関係やどういった付き合いをしているのかなど、自分自身をアピールすることを考えてください。

人間性を知りたい

友人と問われれば誰しも何人かの親しい友人の顔が思い浮かぶものです。

面接官は友人との関係を聞くことによって、応募者がどのような人間性なのかを知ろうとしています。

たとえばよく食事に行く友人です。と答えた場合、面接官はどう受け取るでしょう。

これだけでは単に食べることが趣味なグルメな友人なのか、食事をしながら会話を楽しむことを目的にしているのか分かりません。

さらに深掘りするため質問にするか、この応募者は質問の意図を理解していないと判断し次の質問に移るかを考える筈です。

そうしたつっこみどころをつくらないためにはこのように答えましょう。

「よく食事に行く友人ですが、決まって食事をしながら相談を持ちかけられ、私が聞く側となり助言をすることになります。」

このように答えると、聞き上手で頼りにされているという印象になります。

対人関係に対する価値観

女子会

友人との関係性を知ることにより、応募者が社内で周りの人とどう関わって仕事を進めていくのか会社の社風に合うのか

こうしたことなどを見極めようとしているのです。

例えば金融系の仕事に就いている人と、アパレル系の仕事に就いている人では見た目で違いがあるのではないでしょうか。

金融系の面接に茶髪でピアスをして行く応募者はいないはずです。

面接では一般的にスーツ着用であれば見た目での判断はできません。

面接官は友人との関係性を、応募者が話す内容で見極めようとしているのです。

従って面接にあたっては、コーポレートサイトや先輩などから会社の社風や仕事内容などの情報を事前に集めておくようにしましょう。

対人関係に対する価値観の会社のスタンスは変わってきます。

チームワークを重視する仕事の進め方か、個人が責任を持って一定のノルマを達成する仕事の進め方かは業種や企業で違うのです。

自分の価値観を曲げてまでその会社を選ぶのか、自分の価値観に合った会社を選ぶのかもポイントになります。

素の応募者を見たい

面接でいきなり「友人は何人いますか?」と質問されれば戸惑うものです。

面接の準備を十分行ってきた応募者に対し、友人という変化球を投げることによって素の反応を見たいと思っているのです。

履歴書などの自己PRとズレがないかを確認して、面接官は採用後、存分に会社に貢献する人材を採用したいと思っているのです。

 

ワンポイント

友人関係は応募者の人間性や社会性が現れます。

面接官はそれを知りたいので、友人とどんな付き合いをしているのかを具体的に伝えるようにしましょう。

「友人は何人いますか?」の回答のポイント

人差し指を立てる女性

面接官は純粋に応募者の友人の数を知りたくて質問をしている訳ではありません。

どのような交友関係を築いているのか、友人はどのような存在なのかを伝えることで人間関係においての価値観を明確に示す必要があります。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

「友人は何人いますか?」の答え方

スーツを着た女性

自分がこの会社に就職した場合、周りの人との良好な人間関係を構築することができるかどうか。

会社に貢献することを「友人関係は何人いますか?」の回答をもって、アピールすることを意識しておきましょう。

友人の人数を伝えよう

友人の数を質問された場合、大勢や少ないと答えずに具体的な人数で答えることが大切です。

面接官は友人との関係性を通じて応募者の人間性を知ろうとしています。

友人は大勢いると答えると、表面的な友人しかいないのかとマイナスイメージとなってしまいます。

また、「少ない」という言い方では大小の基準が曖昧になってしまうでしょう。

自分は3人では少ないと思っていても、面接官は3人も信頼できる友人がいるのかと思うかもしれません。

人によって価値基準が違うので、少ないという回答も避けましょう。

自分の中で思い浮かぶ友人の数で構いませんので、明確に人数を示すことが必要です。

交友関係の築き方を具体的に伝えよう

笑顔のビジネスウーマン

交友関係の築き方は面接官にとって、会社内の人間関係の築き方のイメージになります。

社内で周りの人とどのように接していくのかは、特にチームで仕事を進める会社ではとても重要なポイントです。

思いやりを持って相手とコミュニケーションをとることは、社会人にとって必要な能力といえます。

具体的に伝えるとは面接官に理解してもらうことを目的に、分かりやすく簡潔に伝えることを意識することが大事です。

 

ワンポイント
あくまで「友人は何人いるのか」という質問なので、まず最初に人数を具体的な数字で答えるようにしましょう。

「友人は何人いますか?」の回答時の注意点

面接時

面接官は「友人は何人いますか?」の質問を通じて、会社内での円滑な人間関係の構築適応力を評価しようと考えています。

そのためそれに反する回答は避けなければなりません。

「友人はいない」はNG

「友人はいない」と回答すると社会性がないと判断されてしまいます。会社内において自分1人で完結する仕事はありません。

周りの人と良好な人間関係を築いて仕事を進めていくことが苦手なタイプと思われてしまうのです。

「1人が好き」はNG

「1人が好き」も協調性がないと判断されてしまいます。会社内で仕事を進める上で社員同士の協力は必要不可欠です。

仕事を迅速に進めるためには意思決定のためのコンセンサスを得ることが必要ですが、期待できないと思われてしまうのです。

 

ワンポイント

とはいえ、実際友人をつくるのがかなり苦手でほとんどいなかったり本当に1人が好きだったりする人もいるでしょう。

その場合は周囲で本当に信頼できる人のことを話し、どのような付き合い方をしているのかを話すという手もあります。

面接官は人とのかかわり方を知りたいと思っているため、必ずしも友人のことを話す必要はありません。

「友人は何人いますか?」の質問への回答例

面接

ゼミやサークルで知り合った友人は100名程いますが、信頼できる友人は4人です。

知り合ったきっかけはさまざまで、それぞれ個性も違います。

しかし共通していえることは皆、相手を思いやることができることです。

今では本音で話すことができ、本気で叱ることができる最も信頼し合える友人です。

「友人は何人いますか?」の質問へのNG回答例

NGを出す女性

友人は少ないです。

休日なども1人ウィンドショッピングをするのが好きで、いろんなショップを見ていますので、お店づくりやディスプレイなどの知識は豊富です。

御社のお店づくりなどにも活かせると思います。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

その他友人関係の質問はどんなもの?

ジム仲間

友人からどう思われているかを質問されることがあります。

これは自分を客観視できているか、エントリーシートの自己PRとズレがないかなどを確認しようとするのが目的です。

友人からの印象は?

短い面接時間で見た目だけで応募者の人間性を決めつけるのは危険です。人は見かけによりません。

客観的な事実を知るために、友人からの印象を問うのは見た目通りの人間なのか、そうではないのかを知りたいと思っています。

応募者の「素の姿」を面接官は知ろうとしているのです。

回答のポイント

自分で自分の印象を定義つけるのはとても難しいでしょう。

実際に友人や家族・知り合いなどから自分の印象について聞いておくことをおすすめします。

また、自己分析を行い周りの人が思っている印象と乖離があるのかを知っておくことも有用です。

周りからあまり良い印象をもたれていないところがあるなら、普段から直すことを意識するようにしましょう。

社会人として好印象を与えることはマイナスにはなりません。

回答例

友人からは大人しそうな雰囲気、声をかけづらいと良く言われます。

実際は小学校の頃から学級委員に立候補するなど活発な方でしたし、最近まではサークルの副部長でした。

あなたは友人からどんな人だと言われますか?

スマホを見て談笑する女性たち

印象は見た目や雰囲気など直接的な感じを捉えたものです。

しかしどんな人だと言われるのかというのは、内面や性格的なものになります。

具体例としては「諦めない」「几帳面」「強情」「優しい」などです。

面接官は友人からの意見を通じて、履歴書や自己PRとズレがないか確認し「素の姿」を知ろうとしています。

回答のポイント

自己分析を行い、自分の強みや弱みを把握しておく必要があります。

友人や家族・知り合いなどから自分の評価を聞き、応募した会社がどんな人材を求めているかも踏まえて回答を準備しましょう。

会社の求める人材が何の回答を求めているのか掴んでおかなければなりません。

活発で多少のミスより積極性を重要視するのか、多少時間がかかっても正確で確実な成果を求めるのかでは回答は違ってきます。

会社に採用されることのみを意識して、会社の求める人物像を作り上げて無理やり回答を準備するのは避けましょう。

自分の性格はこの会社に合っているのかを考えることも必要です。

自己分析を行うと同時に、面接を受けようとする会社の内容を調べることも大事なことといえます。

回答例

友人からは協調性があり気配りができる反面、諦めの悪い性格と言われます。

サークルでは副部長をしておりました。

部長の方針に従えないなどの意見があったときは、みんなの意見を聞き取りまとめる調整役としての立場も経験しています。

一旦方針が決まれば最後までやり抜くことに拘ることから、そう言われたのではないかと思います。

 

ワンポイント

相手からどんな印象を持たれているか、どう思われているかというのは自分では分かりにくいものです。

しかし自分で思っている自分の性格と相手が思っている自分の性格がズレがあることはよくあります。

相手から抱かれている自分の印象を知ることは自己分析にもつながるので、是非把握しておきましょう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

握手する女性

転職を考える場合、手っ取り早く転職サイトを閲覧して給与面や各種条件を調べることは大切なことです。

しかし転職サイトで希望の転職先を見つけた場合、会社への問い合わせから手続きなどを全て自分自身で行わなければなりません。

転職を考えるということは、現在、職に就いていて転職先を探すというパターンが多いものです。

仕事の合間に転職先の情報を調べたり、応募先の会社と打合せをしたりすることは手間と時間がかかります。

思い通りに進めることも難しいでしょう。

転職エージェントでは人材紹介サービスとして、転職相談から一連の手続きなどを代行してくれるメリットがあります。

しかもそのサービスを登録すれば無料で受けられるのが魅力です。

転職エージェントは企業などから信頼を得ているため、企業情報も詳しく知っているので面接対策などのサポートも行ってくれます。

非公開求人の紹介などもありますので大いに活用したいものです。

転職エージェントも数多く存在しますので、得意としている分野やサービス内容を確認しておきましょう。

自分が求めている職種に強みをもっているのか、サービスは充実しているのかなど調べるようにしてください。

まとめ

面接

企業などで面接を担当する面接官は、数多くの応募者と面接しているいわばプロです。

応募者は面接に備えてさまざまな対策を行って面接に望んでくることも前提として考えています。

その上で会社の方針に適応する人材かどうかを見極めるため「素の姿」を知ろうとさまざまな質問を準備しています。

自分のことを嘘で固めるような準備をして面接に挑んでも、どこかでズレが生じてしまうと辻褄が合わなくなるものです。

そうなれば当然面接官に見抜かれてしまいます。

会社名やブランドで就職先を決めるのではなく、自分の性格に合った会社かどうかを調べて決めるようにしましょう。

嘘をつかなくても良い準備をしておけば、思わぬ質問でパニックになってしまっても回答にズレが生じることはありません。

あとは回答の引き出しをどれだけ多く準備できるかです。

会社に採用されることのみを目的として、会社に気に入られようと準備をしても後でぼろが出てしまいます。

就職した後の会社勤めで、採用の際の履歴書や自己アピールは人事評価などで付きまとうのです。

会社に採用された後も着飾った自分を維持しなければならなくなります。

その面を考えれば、嘘をつく必要のない職場を選んだ方が得策でしょう。

自分の性格に合った会社、自分がやりたいと思う職種に就くことができれば、多少の苦難も乗り越えられるものです。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら