未経験からIT業界へ転職を考える人は多いですが、仕事内容が分からず立ち止まってしまいがちです。

また、IT業界は難しいというイメージが強いです。そのため人手不足になりやすい職種でもあります。

しかし、内容を知れば挑戦したいと思う人も多くなるくらい魅力的な職種です。

今回は、IT業界の魅力を紹介していきます。仕事内容や年収・将来性についても紹介していくので、ぜひチェックしてみてください。

IT業界の魅力を解説

パソコンと女性

IT業界へ転職する人は増えていて自分もIT業界に転職したいと思う人もいるでしょう。

しかし、IT業界がどんな仕事をしているのか具体的に分からず、一歩踏み出せない人もいます。

また、IT業界といってもその業務内容は幅広く、自分がどれを選ぶべきか迷ってしまうこともあるでしょう。

では、IT業界の魅力を一つずつ解説していきます。年収が高いと言われているIT業界の内部が気になる人はぜひチェックしてみてください。

IT業界の業種を紹介

楽しそうに仕事をする女性

まず、IT業界には大きく分けて「インターネット業界」「ソフトウェア業界」「ハードウェア業界」の3つの業種があります。

IT業界に詳しい人であれば、業種による仕事内容の違いを知っていることでしょう。

しかし、未経験の人にはなんのことかさっぱり分からないなんてこともあります。それぞれの業界について詳しく紹介していきます。

インターネット業界

インターネット業界は、インターネットを活用して様々なサービスを提供する仕事を行っています。

その中でも企業に向けたサービスを行っている会社と、個人に向けたサービスを行っている会社に分けることができます。

会社によって内容が異なるため自分に合った職場を見つけることが大切です。

また、インターネット業界は一つの事業を行うのではなく複数の事業を行っていることが多いです。

そのため、利用したことのあるサービスがあるなど多くの人が名前を知る企業が多く人気の高い業界です。

ソフトウェア業界

仕事をする女性

ソフトウェア業界では、オペレーションシステムやアプリの設計・開発の仕事をしています。

皆さんが利用しているWindowsやMacのOSはソフトウェア業界の企業によって開発されています。

また、スマホアプリを制作しているのもソフトウェア業界です。

ソフトウェア業界も2種類に分けることができ、一つは企業の要望に沿ったシステムを開発するBtoB企業です。

もう一つは市場のニーズにあった商品を開発するBtoC企業です。それぞれターゲットとする相手が違うため仕事内容も異なります。

向き不向きが分かれるポイントでもあるので注意しましょう。

ハードウェア業界

家電製品やゲーム機、PCなどのハード製品を企画・販売を行っているのがハードウェア業界です。

いわゆるメーカーと呼ばれる存在です。「NEC」「富士通」「Apple」が代表的なハードウェア業界です。

ハードウェアがなければソフトウェアを利用することはできず、ハードウェアの技術はとても重要です。

私たちが普段利用しているスマホアプリが便利に利用できるのは、スマホ本体の能力が高いからでもあるのです。

 

ワンポイント
身近にあるサービスはIT企業によって作られていて、名の売れている会社がたくさんある。

IT業界の魅力を紹介

考える仕草をする人

IT化している社会の中で、IT業界は今後も発展していくことでしょう。

では、そんなIT業界にはどんな魅力があるのでしょうか。たくさんある魅力の中から厳選した3つを紹介します。

IT企業の魅力を知ることで前向きな気持ちで転職ができます。ぜひチェックしてみましょう。

常に変化し続けている

IT業界は常に変化し続けています。そのため、同じ職場にいても仕事内容が変化していきます。

新しいことにチャレンジしたいという人に向いている業界となるでしょう。

時代に合わせて変化している業界でもあることから、働き方にも変化があります。

個人に合った働き方を認めている企業も多く自由な働き方が実現する業界です。

今後の成長も期待でき常に新たな気持ちを持って仕事をすることができるでしょう。

社会に新しい価値を提案できる

会議

IT業界では社会全体の利便性が高くなるためのサービスを提供することが基本となっています。

そのため、自分の仕事が社会に新しい価値を提案できることになるのです。

多くの企業から求められるIT技術の開発は、新しい社会そのものでもあります。

自分の仕事が社会に影響を与えるため、自信アップにもなるでしょう。

スキルが身につく

IT業界で使用するプログラミング言語は世界共通です。

世界で通用するスキルを身に付けることができるだけでも、IT業界に入るメリットとなるでしょう。

また、ITは今後様々な業界に導入されていきます。ITスキルを持った人はこれから重宝されるため今後のキャリアに役立ちます。

将来の選択肢を広げていくという面でもIT業界で働くことはメリットとなります。

 

ワンポイント
・時代に合わせた働き方ができる
・社会に新しい価値を提供できる
・ITスキルが身につく

職種別の仕事内容

仕事をする女性

IT業界は将来性もありキャリアアップを目指す人にとって、魅力的な仕事です。

では、具体的にIT業界ではどのような業務を行っているのでしょうか?

ここでは、システムエンジニア・プログラマー・営業の仕事内容を紹介していきます。

この仕事はIT業界ならどの職場でも存在する職種ですのでぜひチェックしてみてください。

システムエンジニア

システムエンジニアはクライアントの依頼を受けてシステムを設計し、開発から運用まで幅広い業務を行っています。

システムを制作するために必要な予算や人員・進捗管理などもシステムエンジニアの仕事の一つです。

クライアントの要望をきちんとヒアリングしなければ、満足してもらえるシステムを設計することはできません。

また、プログラミングをする能力だけあってもシステムエンジニアになることはできません。

プログラミング能力に加えて論理的思考力やコミュニケーション能力が必要となります。

プログラマー

プログラマー

プログラマーはシステムエンジニアの設計をもとにプログラムを組んでいきます。

プログラムを組む際にはプログラミング言語が使用されます。

そして、そのプログラミング言語にはたくさんの種類があります。分野によってプログラミング言語が異なるのが特徴です。

プログラミングスキルはもちろん必要ですが、システムのバグを修正するデバッグというスキルも求められます。

臨機応変にその場にあった対応ができるかどうかが重要です。

営業

IT業界の営業の仕事は、製品さサービスを販売することです。

営業の経験があったとしても、ITの知識がなければIT業界の営業の仕事はできません。

IT業界は日々成長しています。学ぶことがたくさんあるため、仕事をしながら学ぶことができる人がIT営業には向いています。

自社製品やサービスについての知識を身に付けるだけでなく、システム的な考え方をすることが重要です。

そして、それは顧客の求めていることを把握することに繋がるでしょう。

IT業界の年収をチェック

ガッツポーズをする女性

年収が高いと言われているIT業界です。転職を考えている人はどれくらいの年収になるのか気になりますよね。

ITエンジニアの平均年収は500万円です。日本の平均年収と比較すると高くなるため、高収入といえます。

また、IT業界は職種によって年収に差があります。システムエンジニア・プログラマーはIT業界の平均年収とほぼ同額です。

一方の営業は600万円以上となっています。歩合制を取り入れている会社も多いため、やる気次第で年収アップが期待できる職種です。

 

ワンポイント
IT業界は高収入である。

IT業界の将来性は?

ITエンジニア

IT業界に転職する場合はIT業界の将来性についても知る必要があります。

ITは進化し続けていますが、他の業界と比べるとまだまだ発展途上の段階です。

そのため、新しい技術を取り入れる企業が多いのが特徴です。では、IT業界の将来性について詳しく紹介していきます。

クラウド化が進む

IT業界は今後クラウド化が進んでいきます。クラウド化というのは、ITサービスやシステムをクラウドサービスに移行することです。

クラウド化を進めることによって自社でサービスの管理や運営の手間を省くことができ経費の削減となります。

しかし、新しい技術であるためトラブルに関しては個別対応となります。

担当者の負担になる場合があるので注意しておきましょう。

人材不足になる可能性もある

外を歩く女性

IT技術は日々進化しています。エンジニアは常にその技術についていかなくてはなりません。

しかし、実際は新しい技術に対応できるエンジニアが少なく人材不足になりつつあります。

今後IT技術は進化し続けます。そのため、人材不足は今後も続く可能性が高いです。

人材不足によって残業が多くなり、一人のエンジニアへの負担は大きくなってしまうでしょう。

 

ワンポイント
IT業界は今後クラウド化し、人材不足が心配されている。

IT業界に向いている人の特徴は?

パソコンと女性

転職をする際に気になるのが向き不向きです。どんな仕事であっても向いている人と向いていない人がいます。

ここでは、IT業界に向いている人の特徴を3つ紹介していきます。IT業界への転職を目指している人はチェックしてみましょう。

地道に努力できる人

IT業界の仕事は学習することが求められます。そのため、地道に努力できる人はIT業界に向いています。

IT業界の進化についていくためにも専門知識の学習を続けていかなくてはなりません。

一度覚えたら終了ではなく、IT業界の流れに合わせて新しい知識を身につけていきます。

努力することが苦手な人はIT業界で仕事をすることを辛いと感じてしまうことでしょう。

協力して仕事ができる人

協力

協力して仕事ができる人もIT業界に向いています。IT業界の仕事は基本的にチームで行います。

プロジェクトごとにチームが作成されて仕事をします。チームとして評価されるため個人の能力よりも、チーム力が重要となってきます。

他人と協力して仕事をできる人はIT業界に向いていますし、一匹狼のように一人でなんでもしてしまう人はIT業界に向いていません。

チームのことを理解して自分の役割をきちんと果たすことができる人は、IT業界でうまく生きていくことができるでしょう。

理論的に考えることができる人

IT業界の基本であるシステムは論理的に構築されています。そのため、論理的に考えることが求められるのです。

システムエンジニアやプログラマーで論理的思考が求められることはもちろん、営業でも必要とされています。

IT業界において論理的に物事を考えることができる人は必要とされています。

IT業界に転職するコツは?

ノートパソコンを操作する女性

IT業界は企業によって仕事内容や待遇が大きく異なります。そのため、自分が目指す場所を決めてから転職をすることが重要です。

未経験からIT業界に転職する場合は、予備知識をつけておくといいでしょう。

また、IT業界での転職の場合は勉強会や交流会に参加して視野を広げることが大切です。

IT業界では人脈を広げることがキャリアアップに繋がるため、日頃からコミュニケーションは大切にしていきましょう。

転職の疑問は転職エージェントに相談しよう

頑張る女性

IT業界にはたくさんの会社があり、転職先に悩むことが多くなります。

また、設立されて間もない会社も多いため転職での不安は他の業種よりも大きくなりがちです。

未経験者・経験者ともにIT業界の転職で悩むことはあるでしょう。

転職で悩んだり疑問を抱いたときは、転職のプロである転職エージェントに相談してみましょう。

転職エージェントは転職に関する悩みを聞いてくれるだけではなく転職先の紹介もしてくれるため、転職が成功しやすくなります。

まとめ

ポジティブな女性

IT業界は今後発展が期待できる業界です。まだまだ人手不足なこともあり求人件数も多くなっています。

求人が多いからこそ迷うこともたくさんあるため、転職エージェントを活用しつつ自分に合った企業を見つけることが重要です。

未経験からでも挑戦できるIT業界にはたくさんの魅力があり高収入を期待できます。

不安なことは転職エージェントに聞きつつ、IT業界への転職を成功させましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら