住宅営業はハウスメーカーなどの住宅を売買する企業にとって欠かすことのできない存在だといえます。

住宅業界を支える存在である住宅営業への転職を考えている方にとって、まず考えなければいけないのが志望動機です。

今回は住宅営業の志望動機の書き方をご紹介します。

Contents

住宅営業の志望動機の書き方を解説!

アポを取る女性

住宅営業というのは顧客の要望に合わせた住宅を提案することが主な仕事です。

営業職であるためコミュニケーションが大切となる職種だといえます。

そんな職種への転職を考えている方にとって大きなポイントとなるのが志望動機の書き方です。

人事担当者に自身の想いが伝わりやすい志望動機の書き方を習得して、転職活動を有利に進めていきましょう。

住宅営業の主な仕事内容

意欲的な女性

住宅営業は顧客と商談を行い、自社住宅の契約を獲得するのが主な業務です。

主に広告を見て問い合わせてきたりモデルハウスを訪れたりした個人の顧客に対して商談を行うこととなります。

商談では相手がどういった住宅を建てたいのか・買いたいのかといった要望をヒアリングし、それに合わせた提案を行います。

もし提案を行い、それが気に入ってもらえた場合は契約を締結することができるでしょう。

契約したからといって住宅営業の仕事は終わりではありません。

契約後も住宅を引き渡すまで、この職種は顧客のサポートを行います。

また、住宅引き渡し後も住宅のアフターケアを行うこととなるため、長期的に顧客と関係を維持していくこととなるのです。

そのため、顧客との信頼関係の構築が重要となる職種だといえます。

 

ワンポイント
住宅営業は顧客に対して住宅を提案し、商談から契約、その後のアフターケアまでをトータルで担当する職種です。

住宅営業の志望動機のポイント

打ち合わせをする女性

次は住宅営業を志望する動機を考える際のポイントについて解説していきます。

以下のポイントを押さえることによって企業から興味を持ってもらえる志望動機を書くことができるでしょう。

なぜその企業なのかを明確にする

志望動機を書く際に明確にすべきなのが、なぜその企業を志望したのかという点です。

例えば住宅営業になりたいからその企業を志望したというだけでは志望動機とはいえません。

企業の人事担当者は「それならば同業他社でも良いのではないか」と考える可能性があります。

このように考えられると「なんとなく自社を受けた人材」であると見なされてしまうでしょう。

企業は自社で仕事をしたい人材を求めているため、こうした人材は採用されません。

企業のどういった部分に惹かれて入社したいと考えたのかを明確にしましょう。

自身の入社への意欲をアピールするためにもその会社を選んだ明確な理由が必要です。

入社後にしたいことを書く

ポイント

また、企業を志望した理由と併せて入社後にしたいことについても言及すると良いでしょう。

例えば入社後にどのように仕事に取り組みたいか、入社後には何に力を入れたいかなどを明確に伝えると高評価に繋がります。

入社後の具体的な話をすることで人事担当者もあなたが実際に入社した後の姿を想像するはずです。

その姿が企業の求める人物像と合致していた場合には興味を持ってもらうことができるでしょう。

 

ワンポイント
・その企業に入社したい理由を具体的に書く
・入社後に何をしたいのかを明確に伝えると高評価に繋がる

志望動機を書く時の注意点

腕組

次は志望動機を書く際に注意すべき点について解説していきます。

以下のようなことを行って志望動機でマイナスな評価を受けないように気をつけておきましょう。

他社の批判はしない

志望動機で同業他社を批判することはしない方が良いでしょう。

例えば「他の企業は規模が小さいため貴社を希望しました」などと書くと、消去法で自社を選んだと思われかねません。

他者を批判することで自分まで悪く見えてしまう可能性もあります。

志望動機というのはあくまで何故その会社を志望したかを具体的に伝えるものです。

他社批判をするためのものではないことを心に留め、入社に対しての想いを前向きに伝えるようにしましょう。

ありがちな内容にしない

ありがちな内容になってしまうと「それだったら同業他社で良いのではないか」と思われてしまう可能性があります。

人事担当者は自社で働きたいという人材を探しているため、その会社への志望度の高さが感じられる内容にしましょう。

ありがちな内容だと志望動機を使い回していると思われる可能性もあります。

志望する会社の価値観や理念などと自分の志望動機を結び付けるなどすると、オリジナルな文章になりやすいでしょう。

企業の人事担当者というのは採用活動で多くの応募者の選考を行っているためよくある内容では興味を持ってもらえません。

入社への熱意をしっかりと伝えるために、ありがちな内容にならないよう注意が必要です。

 

ワンポイント
・他社への批判はマイナス評価になるので避ける
・「同業他社でも良いのでは」と思われるようなありがちな内容は避ける

住宅営業の志望動機の例文

資料を見る女性

次は住宅営業の志望動機の例文をご紹介していきます。

具体的にどういった形で志望動機をアピールすれば良いのかを例文の形でご紹介するので参考にしていただければ嬉しいです。

企業理念や社風と志望理由を関連付ける

企業側が気になっている自社を志望した理由に対してフォーカスをあてた例文です。

以下のように企業理念や社風などに言及する形で志望動機を記述することによって、同業他社ではダメな理由を伝えることができます。

以下、例文です。

「私は以前から建築に興味があり特に人々の生活に直結する住宅に対して強い思い入れがあったため、住宅営業を志望しました。

私は貴社の企業理念である、新たな挑戦を続ける姿勢や時代に合った住宅を提供する姿勢にとても感銘を受けました。

貴社の時代のニーズに合ったものを提供する力や斬新でありながらも必要とされるものを作り出す力を吸収できればと思っております。

私がこれまで培ってきた営業経験を活かし、貴社が住宅業界で時代の最先端を作っていくお手伝いをしたいです。」

安全な住宅を提供したい

スーツの女性

災害の多い日本では、住宅に対して安全性の高さが求められます。

そのため以下のように安全な住宅を提供したいという想いを伝えることで、企業からもプラスの評価を得られるでしょう。

「私はこの日本において安全性が高く、安心して生活していける住宅を提供したいと考え貴社に応募させていただきました。

貴社では安全性の高く災害に強い住宅に力を入れているとお聞きしました。

災害の多い日本で安心して生活をしていけるように多くの人に対して貴社の住宅を提供したいと考えております。

前職ではアパレルの販売職に就いており、そこで様々な方の接客を経験してきました。

その職場で培ったコミュニケーション能力を活かし、貴社の住宅を広げるお手伝いをできればと思っております。」

顧客の幸せに貢献したい

住宅営業というのは顧客の人生で最大の買い物といっても過言ではない住宅の購入をサポートする仕事です。

そのため顧客の幸せを願う姿勢は志望動機においてプラスの評価に繋がることでしょう。

以下、例文となります。

「私はお客様が住宅を購入をサポートすることで、人生における幸せに貢献できる仕事をしたいと考えております。

住宅の購入というのは人生で最大の買い物であるため、何よりもお客様の満足度が大切となります。

貴社はお客様の満足度を重視した住宅設計を行っているとお聞きしました。

私も貴社の満足度の高い住宅をお客様に提供するサポートを行っていければと思っております。」

住宅営業の志望動機のNG例

注意喚起をする女性

次は住宅営業の志望動機としてNGな例をご紹介します。

以下のような志望動機は、不十分であったりマイナスな評価に繋がったりするため避けた方が良いでしょう。

企業を志望する理由が明確でない場合のNG例

自分がどういった理由で住宅営業を志望しているのかに終始してしまうと、企業はそこから自社でなければいけない理由を見出せません。

そのため以下のような志望動機はNGとなるので注意しましょう。

「私は住宅を提供することによって、多くの人の生活に貢献したいという想いで貴社を志望しました。

住宅というのは生活をする上で欠かすことのできないものであり、人々の生活の拠点ともいえる場所です。

私はそんなお客様にとって大切な住宅を提供することによって、生活をサポートしていきたいと思っております。

以前まではIT業界で営業を行っておりましたので、コミュニケーション能力や提案力には自信があります。

前職の経験で手に入れたスキル・能力を活かして住宅営業として貴社に貢献したいです。」

業界への志望度が低いと思われてしまうNG例

志望動機では業界を志望した理由についても必ず明記する必要があります。

以下のように何故この業界を志望したのかが語られていない場合はマイナス評価となってしまうでしょう。

また、以下の文章は企業の志望理由についても実績に終始しており、具体的に企業のどういった部分に惹かれたのかがわかりません。

実績だけでなく企業の業務や社風についても言及するようにしましょう。

「私は住宅業界で強い存在感を放つ貴社で働きたいと考えております。

貴社は住宅業界において様々な賞を獲得しており、高い実績がある会社だとお聞きしました。

そうしたレベルの高い会社で自身も働くことができれば住宅業界で必要な知識やスキルを身に付けられ、成長できると考え志望しました。」

住宅営業の面接時のポイント

パソコンを使う女性

面接選考では話し方アピールの仕方などにも気をつける必要があります。

住宅営業へ転職を考えている方は面接選考で以下のポイントを意識しましょう。

過去に成果を出したことをアピールする

面接

住宅営業は成果主義の職種であるため、過去にどういった成果を出したかをアピールすると効果的です。

例えば前職も営業職であった場合には、1日に何件成約できたかなどの数字を出すと良いでしょう。

そうすることで自分のこれまでの成果を具体的に伝えることができ、入社後の成果を期待してもらうことができます。

自分のこれまでの仕事上の成果に自信がある方はこれをアピールするようにしましょう。

活躍を期待してもらえれば内定を得られる確率も高くなります。

積極的にコミュニケーションをとる

住宅営業では設計担当者や建設関係者などの業者や自分が担当する顧客など、様々な人とやり取りを行うこととなります。

特に顧客に関しては年齢も職種も様々であるため、相手に合ったコミュニケーションを心がける必要があるでしょう。

そのため面接においても、面接官に対して積極的にコミュニケーションをとることによって、住宅営業としての適性をアピールできます。

コミュニケーション能力は業務上必ず必要になるため、面接でも話しやすい相手だと思ってもらえるように意識しましょう。

 

ワンポイント
・過去の成果をアピールすることで入社後の成果を期待してもらえる
・積極的にコミュニケーションをとることで住宅営業としての適性をアピールできる

住宅営業の面接での質問例

面接

次は住宅営業の面接での質問例をご紹介します。

以下のような質問に対してはどのように答えるべきなのかご紹介しますので面接対策の参考にしてください。

なぜ不動産業界を志望したのですか?

このような質問は住宅営業などの仕事に転職する以上避けられないものです。

もしこの質問がされた場合には前向きな回答をするように心がけましょう。

例えば「お客様の一生に一度の買い物をサポートしたい」などというように伝えるとプラスの評価を得られます。

営業にとって1番大事なことは何ですか?

この質問をされた場合には成果を意識した答えをすると良いでしょう。

住宅営業として働くと必ず成果が求められます。

直接的に「成果を挙げることが大切」などと答えなくても問題ありませんが、成果に繋がる答えを意識しましょう。

例えば「目標を意識して営業活動を行うこと」などといった形です。

成果が求められることを理解しているのだと面接官に印象付けられる回答を心がけましょう。

転職の悩みは転職エージェントに相談!

パソコンで作業する女性

転職活動というのは書類選考から面接選考まで様々な面で対策を行わなければなりません。

そのため自分だけでは選考対策にも限界があります。

自分だけではどうすれば良いのか分からないという転職上の悩みも生じることでしょう。

そんな風に迷いが生じた時には転職エージェントへ相談してみてはいかがでしょうか。

自分だけでは難しい転職上の悩みも、転職のプロフェッショナルであるエージェントであれば解決してくれるはずです。

まとめ

パソコンで作業する女性

今回は住宅営業の志望動機の書き方について解説してきました。

具体的な志望動機の例文NG例などもご紹介したので、今回の内容を選考の対策に役立てていただければ嬉しいです。

また、もし転職に関して悩みがあるという方は転職エージェントを活用すれば解決することができるでしょう。

自分だけでは対策が難しい部分も、転職エージェントであれば様々な面からサポートしてくれます。

この機会に是非、転職エージェントの活用を検討してみてください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する