Webアナリストとはアクセス解析ツールを駆使してWebサイトの改善施策を提案する仕事です。

欧米では認知度が高く需要も高い高収入な仕事ですが、日本ではまだ認知度が低くようやく企業の求人案件が増えて来ました。

ここではWebアナリストの仕事内容、適性、年収、スキルや将来性について解説します。

 

ワンポイント
 Webアナリストの仕事は多岐に渡る。

Webアナリストの仕事内容を解説

仕事をする女性

Webアナリストの仕事は、アクセス解析ツールでユーザーによるWebサイトの使われ方をデータ解析するプロです。

解析ツールにはさまざまなものがあって、多面的な角度からデータを分析してコンテンツの課題や改善施策を提案するのが仕事です。

解析ツールの選定

Webアナリストが利用する解析ツールの定番といえば、Googleアナリティクスでしょう。

Googleアカウントさえあれば誰でも無料で利用できる優れたツールで、上場企業の約6割以上は使っています。

解析は一日のWebサイトの流入数、どこから来たのか、どんな商品が購入されたか、会員登録数の増減、地域別ユーザー件数などです。

次にGoogleサーチコンソールも人気のツールとなります。

こちらはWebサイトがGoogleからどう評価されているかを解析するもので、Googleアナリティクスを補完するツールです。

Googleサーチコンソールを使えば、ユーザーがどういう言葉で検索してサイトにアクセスしたかがわかります。

その他には検索結果の順位やクリックされた回数も把握できます。

特にSEO対策を考えるならGoogleサーチコンソールは必須アイテムです。

また人工知能を駆使したAIアナリストもGoogleアナリティクスと併用すれば相乗効果があります。

Googleアナリティクスと併用することで自動でデータ集計ができたり、解析結果から改善案を言葉で説明できます。

また、改善案に基づいた成果の検証なども可能です。

このように解析ツールはいくつかを利用することでより精緻なデータを導き出すことができます。

KPIの作成

Webマーケティングする際に重要なのがKPI(重要業績評価指数)です。

Webサイトを運営する会社がアクセス数を増やして売り上げを伸ばしたいとします。

Webアナリストは解析したデータから改善提案を策定し、いつごろまでに売り上げを何パーセント増やすか目標を設定します。

KPIの作成とはこの目標を設定するための中間目標となる指標で、KPIに対してKGIは最終目標となる指数です。

Webアナリストは、KGIを最終的に達成するためにどれくらいの期間、どのような過程であればKPIをクリアできるのか検証します。

検証するのは検索エンジンからのアクセス、広告ディスプレーからのアクセス、検索エンジンからのCVRなどです。

CVR(コンバージョンレート)は、検索エンジンからアクセスして実際に購入した成果の数値です。

KPIはKGIからブレイクダウンした過程を考え中間目標として設定します。

Webアナリストは検証した解析データからより現実的なKPIを導き出し、過程が想定通りに進まなければ問題点を一つずつ解決します。

KPIの達成状況を常に把握してWebサイトを運営することで最終目標達成までの細かな対策が打てるのです。

それではKPIの作成方法について見て行きましょう。

先ずKGIのイメージがなければKPIの作成は難しいので、KGI達成のためには何が必要か考えます。

つまり企業側の意見と専門家としての見地から実現可能な評価できるKPIを決めて行きます。

適切なKPIを設定することでWebサイトの運営が円滑になって目標に着実に近づけるのです。

アクセス解析

Webアナリストはさまざまな部署が抱えているWebサイト問題に取り組みます。

あらゆる角度からアプローチして問題解決しますが、その際にアクセス解析が重要になります。

アクセス解析にはいくつかの解析ツールを利用しますが、Excelも使いこなせなければなりません。

Webサイトにアクセスする人の年齢や性別の傾向、他社とのアクセス件数の違い、どのようなコンテンツが見られるかなどを解析します。

Webマーケティングにかかわるデータを解析する時に、数理学や統計学などの高度な解析技術も必要です。

アクセス解析が終わるとExcelを使い解析結果のとりまとめ、グラフや図解で誰が見てもわかりやすいように作成します。

そして、解析結果にもとづくプレゼンテーション、ロジカルシンキング、新たなソリューション導入の提案も行います。

Webアナリストはデータ解析だけでなくコミュニケーション能力も問われる重要な仕事です。

改善策の提案

Webアナリストの仕事でアクセス解析の次に重要な仕事がクライアントへの改善施策の提案です。

改善施策のポイントは、収益モデルの確立リピーター新規顧客の獲得顧客単価を上げることです。

また広告のクリック率やメルマガの開封率向上、ソーシャルメディアのエンゲージメント率を上げたりブランド知名度アップも図ります。

また、アクセス解析から導き出されたさまざまな改善案をExcelや資料を作成して関連する担当者へ説明します。

PDCAを繰り返すことでより確実性の高いものにすることがWebアナリストの仕事になります。

Webアナリストの役割

打ち合わせの様子

メディア・広告代理店・ゲーム業界・金融・ECなどで需要が高まっているWebアナリストですが、その役割も多岐に渡ります。

Webアナリストの役割はアクセス解析を通じてユーザー動向を探り、運営する企業の収益向上を目指すものです。

具体的には、アクセス解析から見えたサイトのマーケティングの問題点を提供し改善施策を提示します。

その改善案が目標のKPIとどれくらい乖離があるのか、あれば問題を見つけ出し解決して想定範囲に近づけます。

最終的なゴールに着地するまでがWebアナリストの役割です。

Webアナリストに向いている女性の特徴は?

データ分析の仕事

Webアナリストに向いている女性の特徴について解説します。

適性があれば未経験者でもスキルを磨くことでWebアナリストになる事も可能です。

ただ数字が苦手、Excelは使ったことがない、コミュニケーションが苦手な人は厳しいと思われます。

論理的思考ができる

ポイント

Webアナリストとは、サイトを通じて得られるデータを収集・分析する仕事です。

分析してもたらされた結果と因果関係について論理的思考ができなければなりません。

論理的な思考ができるかどうかはWebアナリストを志す上で大切な要素になります。

なぜこうなったのか論理的に粘り強く考えるのが好きな女性にはおすすめです。

情報収集や分析が得意

考える女性

データ解析する場合、解析ツールだけでなく市場の動向や時にはインタビューして情報収集します。

同業他社の情報収集も欠かせない大切な仕事です。

地道にかき集めた情報をあらゆる面から分析して数値を導き出すWebアナリストは分析が好きな人、まとめるのが得意な人がいいでしょう。

また常に最新の情報をキャッチするのが好きな、探究心や好奇心がある女性ならおすすめの仕事でしょう。

ポジティブな考え方ができる、問題が発生しても冷静に対処できて時間管理できることも大切です。

コミュニケーション能力が高い

コミュニケーション

クライアントの要望に応えるために、チームで動くケースが多いのもWebアナリストの特徴です。

Webサイトの現場ではWebディレクターやデザイナー、エンジニア、Webマーケターなど多くの人と仕事します。

時には意見の相違もありますが、そういう時こそコミュニケ―ション能力が必要なのです。

言うべき時は言う、折れる時は折れるなど状況に応じた対応に迫られます。

意見を述べ合いながら落としどころを見出せることもWebアナリストの適性といえるでしょう。

また、改善提案する際には誰が聞いても分かりやすい言葉でプレゼンテーションできる能力も必要です。

Webアナリストの1日のスケジュール

ファイルを持つ女性

Webアナリストはオフィス内でデスクワークが中心の仕事です。

自分で時間管理するのが一般的で仕事のフェーズによっては残業もあります。

また、社内ミーティングで進捗状況の確認や情報のシェアなどをして認識に相違ないか確認することも大切です。

一日中、アクセス解析する日もあれば、書類作成情報収集することもあります。

Webアナリストは自分でスケジュールを組み立てるのでやりやすいでしょう。

Webアナリストのやりがい

スーツ姿の女性

Webアナリストはユーザーの動向をデータから知ることができます。

例えば週単位で見るとある一定の曜日のこの時間帯だけが突出してアクセス件数が多いとします。

逆にこの時間帯は極端に少ないなど、データを見ているだけでいろいろ想像できます。

その原因を追究するのもおもしろくてやりがいがある仕事ではないでしょうか。

さまざまな解析ツールを駆使するからこそ見えてくるはユーザーの動向です。

それを分析して販売戦略を練ることで売り上げが倍増することもあるかもしれません。

それこそがWebアナリストのやりがいといえるでしょう。

 

ワンポイント
 Webアナリストは市場動向を把握してクライアントの期待に応える。

Webアナリストはどのようなツールを使うの?

笑顔でこちらを見る女性

Webアナリストが解析に利用するツールはいくつかあります。

いくつかを組み合わせて使うことでより正確な数字が把握できます。

そのため相乗効果を狙って作成されたツールはWebアナリスト必須のアイテムです。

代表的な無料で誰でもアカウントがあれば使えるツールを紹介します。

Google Analytics

Google Analyticsの登場はアクセス解析には大きな衝撃でした。

Googleが提供する無料ツールでサイトを訪れるユーザー像が正確に把握できます。

また会社のマーケティングコンテンツ成果を客観的に評価できます。

分析することで自分のサイトの問題点も見えて来るので、改善施策が策定しやすくなりました。

またアクセスしたユーザーが何を見ていたのかを知ることができます。

メニューにある集客・行動・コンバージョンを数値化することでExcelにデータを落とし込んでプレゼンテーションに使えます。

目に見える形で消費者動向が把握できるので改善策も作成しやすくなりました。

おすすめは「AIアナリスト」と併用することです。

AIアナリストは、Google Analyticsのデータを自動でレポート化して分析までこなします。

Google Search Console

Google Search ConsoleはサイトをGoogleがどのように評価しているか、ユーザーが検索に使ったキーワードもわかります。

また、自社サイトは検索結果で何番目に表示されているのかもわかるので、SEO対策にも良いとされています。

サイト運用者ならGoogle AnalyticsとGoogle Search Consoleは必須のアプリです。

 

ワンポイント
 Webアナリストはスキルと資格で年収が増やせる。

Webアナリストの年収事情

パソコン作業をする女性

Webアナリストの年収は他のWeb系に比べ年収は約1.3~1.6倍になるといわれています。

経験有る無しで年収は違いますが、10年以上の経験があれば転職して年収400~500万円からスタートといったところです。

欧米に比べてまだ年収的には低いイメージですが、大手広告会社やWeb運営会社から高額の年収で募集もあります。

平均年収

Webアナリストの平均年収は507万円だといわれています。

詳細は20代で404万円、30代で520万円、40代で642万円といったところです。

年収を上げるためには?

Webアナリストの年収を上げるなら経験はもちろんですが資格取得も必要です。

Webアナリストは解析ツールやExcelを駆使して分析データをまとめるためにPCの知識も必要です。

統計学やWeb作成経験があれば転職に有利ですが、業界団体が作る資格も魅力があります。

Webアナリスト検定・ウェブ解析士・Googleアナリティクス個人認定資格・Excel表計算処理技能認定試験などです。

またセミナーや講習会も開催されているのでチェックしてみて下さい。

Webアナリストの将来性やキャリアパス

働く女性

以前に比べてIoT・ビッグデータ・AIの活用でWebアナリストの求人も増えて来ています。

今後もこの流れはかわらないでしょう。

そこに転職の大きなチャンスがあるのです。

Webアナリストの将来性やキャリアパスについて考察してみましょう。

将来性

データの手法も複雑化し専門性が問われる時代で、Webアナリストの将来性は明るいといえるでしょう。

日本には欧米のような専門性を持ったWebアナリストが少ないため、この分野で転職できれば収入もアップします。

キャリアパス

Webアナリストとしてキャリアパスを考えるなら大変有望な仕事です。

データ収集、解析さらに改善提案までこなせるようになればキャリアパスとして大きな武器になります。

Webサイトの企画全体を任されたり、ITコンサルタントに転職するなど道は開けるでしょう。

 

ワンポイント
 Webアナリストを目指すなら転職エージェントに相談してみよう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

転職相談

転職したいが何から始めればいいのか、履歴書や職務経歴書の書き方や面接対策はどうしたらいいか分からない方におすすめがあります。

そういった不安を抱えている方は転職エージェントに相談しましょう。

専門のキャリアアドバイザーが年収・希望職種・今後のキャリアパスの相談にのります。

また未経験でもWebアナリストに興味があるなら最新情報とベストなソリューションを提示します。

まずは相談だけでもいかがでしょう。

まとめ

ガッツポーズする女性

Webアナリストの仕事はこれから需要が高まると予想されます。

適性もよくわからないという方もいらっしゃるでしょう。

自分のキャリアアップを考えるなら悩まずに転職エージェントに問い合わせてみましょう。

大切なあなたのキャリアを一緒に考えてくれます。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら