広告営業への転職を希望する女性が増えています。

頑張った分だけキャリアアップが可能であり、女性が働きやすい環境であることがその理由です。

しかし、その仕事内容や適性については、あまり知られていないのが現状だと言えるでしょう。

とりわけ広告営業への転職を成功させるには、仕事内容や適性を踏まえた上での面接対策が不可欠です。

この記事では、広告営業への転職に興味がある女性に向け、仕事内容や適性、面接対策について紹介します。

Contents

広告営業の転職面接を成功させる方法を解説!

意欲的な女性

広告営業への転職を希望している女性が増えています。消費者の立場になった女性ならではの発想が求められているのがその理由です。

その一方で競争率が高くなっているため、しっかりとした対策が不可欠だと言えるでしょう。

この記事では、広告業界への転職を考えている女性に向けて、その仕事内容や面接を成功させる方法を解説します。

広告営業の主な仕事内容

仕事をする女性たち

広告営業への転職を成功に導くには、その仕事内容を事前に把握しておくことが大切です。

せっかく転職したにもかかわらず、「自分に合わない」と早期退職してしまっては元も子もありません。

これでは採用コストと労力を費やした企業にとっても、不本意な結果になってしまいます。

こういった不幸な事態に陥らないためにも、ここでは広告営業の主な仕事内容を紹介しましょう。

マーケティング

パソコンで仕事する女性

広告営業はマーケティングの手法を取り入れながら、広告を制作するのが主な仕事内容です。単に広告を制作するだけの仕事ではありません。

言い換えれば、広告を通じてクライアントが提供する商品やサービスがヒットするための仕組みを作ることを目的としています。

そのためにはクライアントからの要望に応えつつ、女性ならではの視点・発想力で様々な提案を行っていかなければなりません。

また、1つの広告を制作するためには、デザイナーやコピーライターなど多くの関係者が関わります。

そこで、調整を図ることも広告営業の大きな仕事です。決して簡単な仕事ではありませんが、やりがいは非常に大きいと言えるでしょう。

新規開拓営業

新規開拓営業も広告営業の大切な仕事の1つです。企業経営において、既存のクライアントを大切にすることは基本中の基本です。

しかし、それだけでは企業経営は安定しません。常に、新規開拓営業に取り込むことが重要です。

そのためには、マーケティングスキルを磨くだけではなく、様々な業種に目を向けることが不可欠だと言えるでしょう。

また、新規開拓にあたっては発言力や交渉力が求められる場面が多々あります。

女性ならではのソフトな発言力や柔軟な交渉力は、新規開拓においても力が発揮できるでしょう。

 
無料キャリア相談はこちら  

広告営業に求められる適性

パソコンに向かう女性
広告業界への転職を成功させるためには、求められる適性を事前に理解しておくことが大切です。

転職面接では自身の強みや適性をアピールしますが、単に自身の強みを並べ立てても面接官にアピールできません。

面接官は転職希望者の強みを聞きたいわけではなく、自社の適性に合致する人材であるか否かを見極めていると言えるでしょう。

ここでは、面接で活かせるよう、広告営業に求められる適性について解説します。

フットワーク

広告営業ではフットワークの軽さが求められます。広告を制作するためにはクライアントだけでなく、制作会社等多くの関係者が携わるのが常識です。

したがって広告営業は各関係者のスケジュールを調整し、きめ細かな打ち合わせを行う必要があります。

さらに既存のクライアントだけでなく、新規開拓も広告営業には必要です。

その際メールや電話だけで用件を済ませるようでは、相手からの信頼を得ることはできません。

小さな事案でも相手の下に出向いていくフットワークの軽さこそ、広告営業には不可欠だといえるでしょう。

コミュニケーション能力

打ち合わせする女性

コミュニケーション能力といえば、「人と話すのが好き」「誰とでも仲良くなれる」と誤った認識を持つ方も少なくありません。

広告営業の目的はクライアントの意向に沿った、効果的な広告を作り上げることになります。

そのために必要なコミュニケーション能力は、クライアントや関係者の要望・意見を正確に聞き出す力です。

加えて、相手の真意を正しく汲み取る意味でのコミュニケーション能力も効果的な広告を作るためには不可欠だと言えます。

ワンポイント
広告営業では「フットワーク」「コミュニケーション能力」を養いましょう

 

女性が特にアピールしたいポイント

ポジティブな女性

広告営業は女性に人気の職種であり、競争率が高くなっています。

したがって、広告営業への転職を成功させるには自己分析を丁寧に行い、自身の強みをアピールすることが大切です。

ただし単に強みだけでは成功しません。広告営業にマッチした「女性らしさ」を持った強みが求められていると言えるでしょう。

ここでは、広告営業への転職を有利に進めるため、特に女性がアピールしたいポイントを紹介します。

ポジディブさ

1つの広告を作り上げるには多くの関係者との調整が必要です。思うようにいかないことも多く、根気が求められる仕事だと言えるでしょう。

しかし、広告営業に求められるのは「忍耐」ではなく「ポジティブさ」です。上手くいかないからといって、下を向いていても始まりません。

上手くいかない時ほど、女性らしいポジティブさをもって乗り切れる人材が広告営業には求められていると言えるでしょう。

今までの人脈

広告営業は「人と人」のつながりを大切にする職種です。仕事相手はクライアントだけではありません。

デザイナーやコピーライターなど、様々な関係者との良好な人間関係を構築することが不可欠です。

時には無理なお願いをしなくてはならないこともあります。ここで役立つのが「今までの人脈」だと言えるでしょう。

女性の間で構築される人脈は強固であり、直接的には関係なくとも思わぬ場面で、これらの人脈が役立ちます。

したがって転職で広告営業の世界に飛び込む際には、これまでの人脈が役立つことを忘れてはなりません。
 

ワンポイント
広告営業の転職では「女性ならでは」の強みを活かしましょう

 
無料キャリア相談はこちら  

広告営業における女性のビジョン

頑張る女性

転職を希望数する女性にとって、広告営業は未経験からでも挑戦しやすいことから、非常に人気のある職種です。

一般的には広告代理店に非正規社員として入社し、実績を積み重ねてキャリアアップを図るのが王道だと言えるでしょう。

広告営業は実力を重視する傾向が強いため、短期間で正社員に登用されることも少なくありません。

正社員登用後はさらに実績を積み上げることで管理職への道が開けます。より処遇の高い会社への転職や独立して開業することも可能です。

もちろん、キャリアアップには高いスキルと豊富な経験が必要ですが、実現不可能な夢ではありません。

また広告営業での経験や人脈を足掛かりに、デザイナーやWebディレクター、コピーライターなどの専門職に転身する方もいます。

いずれにしても、実力次第で明るい将来ビジョンが描けるのが広告営業だと言えるでしょう。

面接での受け答えに必要なこと

面接を受ける女性

女性が広告営業に転職するには、面接での受け答えが大きなポイントです。面接官は一つひとつの質問に意図を持たせています。

つまり、様々な角度から転職希望者の適性を見極めているが一般的です。

したがって、面接で高評価を得るには、面接官の意図を正しく汲み取って受け答えすることが不可欠だと言えます。

ここでは、広告営業の転職面接を受けるにあたって、必要な受け答えについて考えてみましょう。

発想力

広告営業では「発想力」を持った人材が不可欠です。魅力のある広告には、誰もがあっと驚くような仕掛けが施されています。

こういった仕掛けを施すには、理論的な思考だけでは不十分です。柔軟な発想力があってこそ可能だと言えます。

したがって、面接本番では自身の発想力について具体的にアピールしましょう。

とりわけ、前職や学生時代の発想力に関するエピソードを盛り込むことで、より具体的にアピールすることが可能です。

営業力

アポを取る女性

広告営業とは文字どおり「広告」を販売する仕事であり、営業力は必要不可欠だと言えるでしょう。

とりわけ、前職で営業に携わっていた方は、取り扱っていた商品やサービスが「広告」でなくとも構いません。

大切なのは商品やサービスを販売するために、どういった努力をしたのか、明確に伝えることです。

また、自身の成功パターンがある方は、実例を交えながら具体的にアピールすることで、面接官の評価は一気に上がるでしょう。

ワンポイント
広告営業の面接では「発想力」「営業力」をアピールしましょう

 

広告営業への転職面接でよく聞かれる質問

質問を受ける女性

広告営業の面接は求職者の適性を見極めるために実施されます。なお、広告営業に求められる適性・人物像には共通する項目が少なくありません。

したがって、面接で聞かれる質問は事前にある程度想定することができます。つまり、事前に質問を想定しておけば慌てることもないでしょう。

ここでは、広告営業の面接において女性に対してよく聞かれる質問をまとめてみました。

「なぜこの会社を選んだのですか」

会社を選んだ理由を問うことで、面接官は転職希望者がどれだけ企業研究を丁寧に行ってきたかを見極めています。

したがって、回答する際には「この会社ならではのメリット・取組み」に着目しましょう。

例えば「御社が推奨する若手リーダー制度に興味を持ち、チャレンジしたいと感じたからです。」とすると良いでしょう。

「チャレンジしたい」と結ぶことで、志望会社の特徴だけでなく自身のやる気もアピールできます。

面接官に「この会社に絶対に入りたい」という想いを具体的に伝えることがポイントだと言えます。

「最近、注目している広告はありますか?」

この質問には転職希望者が、日頃から広告に対して意識を持っているか否かを見極める意図があります。

広告営業で活躍するには、日頃から様々なことに興味を持つことが大切です。

さらに、「自分ならどういった広告を制作するのか」を絶えず意識することが求められます。

そこで「私は〇〇の広告に興味を持ちました。製品の写真が一切掲載されていないのが斬新だと感じたからです。」とすると良いでしょう。

加えて「私なら~する。」と自身の意見を盛り込むと面接官にアピールできます。

「あなたを動物に例えると何だと思いますか?」

一見突飛な質問に感じますが、とても奥深い質問です。この質問では、転職希望者の自己分析の度合いを図ります。

また、柔軟にロジカルな回答ができるか否かを見極めることも意図していると言えるでしょう。

一般的には犬や猫など、自分の好きな動物を答えがちです。しかし、その理由に続く必然性が見出せなければ広告営業ではNGなります。

例えばポピュラーな動物ではなく「ミーアキャット」と答えると、相手の興味を引くことが可能です。

さらに「ミーアキャットは生まれながらの役割を最後まで責任を全うします。」と続ければ、自身の責任感をアピールできるでしょう。

ワンポイント
広告営業の面接では具体的は事例を添えて回答しましょう

 

広告営業への転職に有効な逆質問

質問する女性

面接は単に面接官からの質問に答えるだけでは、自身の強みをしっかりとアピールしきれません。

とりわけ女性の広告営業への転職では「ポジティブさ」が求められますから、ポジティブさをアピールできる逆質問を行うべきです。

ただし、空気が読めていない逆質問は低評価につながりません。そこで、広告営業への面接本番でアピールにつながる有効な逆質問を考えてみましょう。

「御社ではどういったスキルアップの制度がありますか?」

労働条件や処遇に関する逆質問は、1歩間違えると「処遇ばかり気にしている」としてマイナス評価を受けることがあります。

ただし、スキルアップや自己啓発に関する逆質問は「ポジティブさ」「やる気」をアピールすることに繋がるでしょう。

女性の場合「子育てをしながら働き続けることは可能ですか?」も良い質問です。

「育休制度は充実していますか?」だと、休暇制度の有無の質問になってしまいます。

しかし「働き続ける」ことに主体を置けば「やる気」をアピールできるでしょう。

「私はポジティブな性格ですが、積極的に意見交換できる職場環境でしょうか?」

自身の性格をさりげなくアピールしつつ、逆質問するパターンも用意しておくと良いでしょう。この場合、闇雲に自身の強みをアピールすると逆効果です。

大切なのは、自身が会社の適性に合った人材であることが、さりげなくアピールすると良いでしょう。

「現在、○○資格の取得にチャレンジしていますが、その他に取得しておくと良い資格はあるでしょうか?」も良い質問です。

必要な資格を逆質問しつつ、現在努力している点が上手くアピールできている逆質問だと言えるでしょう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

電話する女性

広告営業への転職をしたくとも、どうすればよいかわからない方も多くいます。

とりわけ、広告業界での仕事が未経験の方にとって、不安ばかりが頭を過るのも致し方ありません。

本記事では広告営業へ転職を希望する方に、知っておいていただきたい事項を数多く盛り込んでいます。

しかし、記事だけでは伝えきれないことも少なくありません。また、同じ転職希望者でも、求める労働条件や職場環境は人それぞれだと言えるでしょう。

そこで、広告営業への転職で悩んでいる人におすすめなのが転職エージェントです。

転職エージェントでは、転職希望者の要望に合致する職場を紹介するだけでなく、転職に関する様々な悩みに答えてくれるでしょう。

 
無料キャリア相談はこちら  

まとめ

仕事をする女性

広告営業はクライアントの要望に沿って、魅力的な広告を作る仕事です。転職を希望している女性からも人気を集めています。

広告営業の目的は広告を通じてクライアントの利益につなげることです。

また、広告営業ではデザイナーやコピーライターなど多くの関係者が関わることから、その調整も大切な仕事になります。

広告営業に求められる人材は、フットワークが軽くコミュニケーション能力に長けた方です。

また、女性ならではのポジティブさや前職での人脈も大切だと言えます。

広告営業の面接では、これらのことを踏まえ、女性ならではの柔軟な発想力や営業力をアピールすることを心がけましょう。

加えて、広告営業の面接において多く質問される事例や、逆質問の例を研究しておくことが不可欠です。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する