顧客の快適な住環境を演出するインテリアコーディネーターへの転職面接での対策を解説していきます。

転職面接時によく聞かれる質問事項と、面接を突破するための攻略ポイントについても言及していく特集です。

人気のインテリアコーディネーターへ転職を成功させるコツを紹介します。

Contents

インテリアコーディネーターの面接対策を解説

シンプルな机の画像

インテリアコーディネーターは社会的にも知名度があり、憧れの職業の1つとしてあげられることがあります。

住宅関連の演出をする華やかなイメージがあり、高い収入が期待できそうだという理由からです。

しかし、本来は一般的な接客業や業者との折衝など含めて、かなりマルチタスクで重労働でもあります。

生半可な気持ちでは務まらない職業でもあるインテリアコーディネーターの面接対策について解説していきましょう。

インテリアコーディネーターの主な仕事内容

ガーデンの画像

インテリアコーディネーターの仕事は、あらゆる建造物内でのインテリア全般にかかわる業務です。

住宅・商業施設・オフィス・公共施設などの建築物全般のインテリアについてコーディネートを受け持ちます

その内容は、顧客の希望と自身の知識やセンスを掛け合わせながら実現させていく流れです。

最適な住宅空間を作り上げるための、一連の作業を行なう役目があります。

インテリアに関する深い知識はもちろん必須となり、それは仕事を続ける上でアップデートをし続けなければなりません。

それとは別に、顧客とのコミュニケーションや業者との付き合いなどへの気遣いも仕事の一環です。

インテリアを通じて住環境を編集していく業務といえばよいでしょう。

インテリアコーディネーターの面接で知っておくべきこと

ソファの画像

インテリアコーディネーターは、戸建住宅に限らず公共施設やオフィス内の家具や調度品のコーディネートも任されます。

そのため、インテリアに関するさまざまな要望に応えつつ、時には顧客との間で妥当な部分を提案する能力が必要です。

インテリアの広い知識と洞察力だけに留まりません。

インテリアコーディネーターの面接試験を受けるのであれば、事前にこれだけは認識しておいて欲しい項目を紹介します。

インテリア業界を理解しているか

インテリアコーディネーターとして、商品知識や業界のことを理解しているのかが採用基準に影響してきます。

例えば、インテリアコーディネーターの場合には、大手メーカーなどの部署の一部へ就職する可能性もあり得るでしょう。

その企業で扱う商品知識をしっかり持ち得ていることがマストといえます。

できる限り、世の中に市販されているインテリア関連商品について関心を持って勉強していることが重要です。

他にも最新トレンドへの興味や、長く使える普遍的デザインなどインテリアの造形が深い人ほど可能性が広がります。

ポートフォリオを求められる場合も

ファイルの画像

インテリアコーディネーターの仕事は、ある意味ではクリエイティブな仕事です。

そのため芸術や美術などと一緒で、作品制作という感覚で評価される場面も多くあります。

転職面接もその1つといえるでしょう。

応募する企業によっては、応募書類の他にポートフォリオの持参を求めることがあります。

ポートフォリオとは作品集のことを指します。

企業によっては持参する必要がない場合もありますが、基本的には一冊作って持参しておくほうが無難です。

過去の実績をアルバムなどのようにファイリングして、第三者が作品として観られるような形式にしておきましょう。

未経験者の場合も、自分なりにポートフォリオ作りに挑戦することをおすすめします。

 

ワンポイント
インテリアコーディネーターの面接では過去の成果物や知識が問われることもある。

インテリアコーディネーターの転職面接でアピールすべきこと

ダイニングボードの画像

インテリアコーディネーターの業界は、ある意味では専門性の高い場所です。

そのことを踏まえながら転職面接を受ける場合には、自分をアピールする材料を見つけておく必要があります。

過去の実績などから、どのように自分の強みが生かされるのかなどを、面接官に伝わるよう工夫することが大切です。

では、インテリアコーディネーターとして転職面接を受ける際の、アピールしておきたいポイントを解説しましょう。

コミュニケーション能力

インテリアコーディネーターには専門的知識が必要と前述しました。

それと同じくらい重要なスキルなのが対人でのコミュニケーション能力です。

インテリアコーディネーターはさまざまな人々とかかわる仕事といえます。

そのため、顧客との対話や接客・プレゼンテーションは必須です。

他にも施工業者との折り合いも考えていかなければならないので、意外と人との接点が多いのが特徴です。

上手に周囲の人々と意見交換をすることや、折衝を重ねる術も心得ておかなければなりません。

営業経験

営業女性の画像

未経験でインテリアコーディネーターを志望するのであれば、営業の経験をアピールすると好印象となることがあります。

これも先述した内容と一緒で、インテリアコーディネーターは人とのかかわりが重要な職業です。

納得のいく成果が出せるか否かは、顧客や業者との間でどこまで調整が取れるかにかかっています。

異業種でも営業経験がある人のほうが何かと有利だといえるでしょう。

インテリアコーディネーターの面接攻略のポイントをチェック

椅子の画像

インテリアコーディネーターへの転職事情は、どちらかといえば実務経験者が優遇される傾向があります。

未経験者では無理だとも言い切れませんが、どうしても業界の習わしで経験のある人物が選ばれていきます。

そのような渦中に挑むことになるので、面接試験への攻略方法をしっかり押さえておく必要があります。

では、インテリアコーディネーターの面接攻略ポイントを解説しましょう。

自己分析をして強みを把握する

面接試験の基本ともいえるでしょう。未経験者であれば尚更やっておいて欲しいことは、自己分析をする作業です。

意外と自分がどのような人間なのかは分かっていないものです。そのため、客観的に自己分析をする必要が出てきます。

その方法はいろいろありますので、ネット上などで検索してみればヒットします。

自分がどのような人間で、仕事に対してどのような価値観を持っているのかを把握しておきましょう。

その企業を選んだ理由をアピールするのと一緒に、自分がこれからどう貢献できるのかを具体的に述べることです。

自分をプレゼンテーションすることが前提となります。

企業研究や業界研究を徹底する

パソコン検索する画像

インテリアや建設業界に限っていることではないのですが、面接を受ける以上は徹底しておくことがあります。

その企業の特色や方針・企業が属している業界の仕組みや概要などは、しっかりと頭の中に入れておくのは大前提です。

何となく転職したいからと応募するような企業では、絶対に足元を見られてしまいます。

なぜその業界でなくてはならないのかを考えておくことです。

数ある企業の中でどうしてその会社を選んだのか明確な理由を説明できるようにしておきましょう。

 

ワンポイント
インテリアコーディネーターの面接準備でも自己分析や企業研究は必須だと見なそう。

インテリアコーディネーターの転職面接でよくある質問は?

カレンダーの画像

インテリアコーディネーターへの転職も、企業の中の一員になることに変わりがありません。

企業側としても、一緒に働く仲間を探すために面接を行います。

お互いの将来を占う意味でも、面接ではよく交わされる質問事項があることを念頭に入れて臨むようにしましょう。

ここでは、よく聞かれる質問について紹介します。

インテリア業界の知識について

転職は中途採用なので即戦力になる人材を求めるのが通常です。

インテリアコーディネーターの業界ならなおさらその傾向が強いといえます。

インテリアの世界についての知識と経験を裏付けできるような質問をしてくるはずです。

業界未経験だとしても、異業種での実務経験をどうインテリア業界で生かせるのかを説明できるようにしておきましょう。

応募者の性格や能力について

業界知識も大切ですが、やはり根本的な人物像を評価するのが面接でしょう。

自分の能力や性格・強みについての回答を準備しておくことが大切です。

とくにインテリアコーディネーターの職種は顧客重視な側面があります。

そのためにコミュニケーション能力があるかないかは評価対象になるでしょう。

面接にて聞かれた質問へ適切に回答できてこそです。

想定される質問例

キッチンの画像

インテリアコーディネーターの転職面接では、ある程度の質問事項が定番化されています。

まずはその内容をあらかじめ研究しておくことが肝心です。

ただし、インテリア業界に特化した内容というよりも、一般的な転職面接の基本を押さえておくことがポイントになります。

インテリアコーディネーターの転職面接だけにいえることではなく、すべての面接試験で必ず聞いてくる質問です。

それは、「なぜ当社を志望したのか?」という内容ではないでしょうか?

世の中に無数に存在する会社の中で、何かの縁で見つけた応募企業です。

なぜその会社に転職しようと思っているのかは、面接官も興味を持って聞いておきたいのではないでしょうか?

その内容にどのくらいの説得力があるかで、その後の面接の進行も違ってくることでしょう。

インテリアコーディネーターというのは、専門性の高い職種でもあります。

その専門性に関心や興味があるからこその応募であることは明白です。

そこで面接官は、「ご自身なりの判断で、当社の強みと課題点は何だと思いますか?」という質問をすることがあります。

もちろんまだ入社していない会社の課題など正確に分かるはずもありません。

あくまでも企業研究や下調べをした段階での見解で、自分なりな意見を正直に伝えることが大切でしょう。

これは、応募者の提案力は発想力を判断するための質問だからです。

インテリアコーディネーターの仕事は、インテリアの専門性が問われるものではありますが、それよりも大切なのが顧客です。

そのために、「お客様の信頼を得るために何が大切でしょうか?」という質問をされるかもしれません。

いくら高い専門スキルを得ていても、顧客が望むコーディネートができなくては意味がないのです。

もちろん100%顧客の言いなりになれという意味ではありません。

相手を納得させる提案をいかにできるのかを、この質問から判断しようとしています。

 

ワンポイント
面接で想定される質問はオーソドックスなことのほうが多い。

インテリアコーディネーターの面接で有効な逆質問例

面接室の画像

インテリアコーディネーターの面接時にも逆質問の時間があることでしょう。

逆質問とは、応募者から面接官に対して不明点や疑問をぶつけてもよい時間です。

この方式を取る企業はとても多いので、ぜひ逆質問についてもあらかじめ念頭に入れて臨んでおきましょう。

では、転職面接時での主な逆質問について例文に則って解説します。

面接での自己PRにもつながることです。

自分がこの企業に入社したいというやる気を見せるための逆質問を考えておくとよいでしょう。

例えば、自分が入社したと仮定します。

「これだけは覚悟したほうがよいというポイントがあれば教えてください」という内容がよいでしょう。

それだけで、この人物は覚悟を決めて入社してくれそうだと、好印象を持ってくれるはずです。

逆質問の目的は、応募者の積極性と発想力を問うことにあります。

ただし露骨に自己PRするというよりも、自分の良さを生かしたいという思いをさり気なく伝えることが大切です。

例えば、さまざまな人々と交流をすることが得意で、入社したら他の部署とも関係性を築きたいと思っているとします。

そこで、「御社では、部署をこえた交流を図る機会はあるのでしょうか?」といった質問をするとよいでしょう。

コミュニケーションスキルのある応募者かもしれないという印象を与えることができます。

 

ワンポイント
インテリアコーディネーターの逆質問も積極的に行なおう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

アドバイザーの画像

転職活動を充実させるためにも転職エージェントへの登録をおすすめします。

担当アドバイザーに相談ができて、疑問点や不安があればアドバイスを受けることができます。

自分には即戦力があるかどうかなど気軽に聞いてみてもよいでしょう。

転職エージェントは転職に関する専門家です。転職についてのノウハウを熟知したスタッフが存在します。

まとめ

仕事をする女性の画像

インテリアへの関心と知識を普段から意識して学ぶことは大前提と思ってください。

当然、インテリアが好きでなくては務まらない世界です。

しかし、面接そのものでは、スキルや経験・志望動機などの定番な質問に対して自分らしい回答を準備しておきましょう。

他にも、志望した会社の指針やビジョンなども研究し、自分の強みや得意分野とマッチした内容にしておくことが大切です。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら