アパレル販売員の志望動機はさまざまですが、多くの転職者の中では志望動機の書き方ひとつが採用不採用を分けます。

女性がアパレル販売員に応募する際、志望動機はどのように書けばより効果的か例を挙げて紹介しています。

効果的に志望動機を作成し、アパレル販売員への転職を成功させるためにぜひ参考にして下さい。

アパレル販売員の志望動機の作成方法を解説

考える

アパレル販売員の志望動機はどのように書くのがより効果的なのでしょうか。アパレル販売員の適性から考えてみましょう。

アパレル販売員に向いている人は明るい人・人が好き・おしゃれが好き・人の為に何かをすることが好きといった人です。

このような適性から自分はアパレル販売員を志望したと伝えるのも一つの作成方法です。

また仕事内容のコーディネイトを勉強したので、そのスキルを活かしたいなども志望動機になります。

人と話すことが好きで、接客を通じてお客様の役に立てるような提案をしていきたいと入社後の希望も交えるとよいでしょう。

あいまいな伝え方ではなくはっきりと具体的に伝えるようにしましょう。あれこれ書き連ねるのではなく的を絞ることが大切です。

実際に志望動機の例をいくつか挙げて効果的な書き方をお話ししますが、その前にアパレル販売員の仕事内容を確認しておきましょう。

アパレル販売員の主な仕事内容

アパレル

アパレル販売は本来は洋服を販売することをいうのですが、今は帽子や靴などもトータルで扱う店舗が多いです。

さまざまな洋服や小物がアパレル店員の手でコーディネイトされ、店舗に並べられます。もちろんこれも重要な仕事のひとつです。

アパレル販売員の主な仕事は接客です。コーディネイトされた洋服を勧めてお客様に合わせて洋服を選び販売します。

お手本になるように、自分自身もコーディネイトした洋服を身に付ける必要があります。

センスを磨き多くの自社商品を購入してもらうように、アドバイスするのもアパレル販売員の大切な仕事です。

季節ごとの店舗のレイアウトもショップスタッフの手で行われます。季節感のある商品は購買意欲を誘います。

また商品の管理もアパレル販売員の仕事です。バックヤードから商品を店舗に補充し豊富な品揃えにします。

始終商品が品薄となっていないかをチェックし、いつでもお客様のニーズに応えられるようにしておく必要があります。

商品に不備はないか、汚れや傷がないかをチェックするのも大切な仕事です。商品管理はお客様の満足につながります。

アパレル販売員の仕事についておわかりいただけたでしょうか。それでは仕事内容をふまえて志望動機の書き方をお話ししましょう。

 

ワンポイント
アパレル販売員の仕事は接客や店舗のレイアウトなどです。仕事内容は志望動機につながります。

採用される志望動機の書き方

履歴書

志望動機は自分自身をアピールする為に重要なものです。書き方ひとつで採用担当者にその思いが伝わるかどうかが決まります。

思いが伝わればその人に会ってもう少し詳しく話が聞きたいと思ってもらえるのです。

志望動機は最初に採用するかどうかの鍵となるものなのです。できるだけ素直に熱く自分の思いを伝えましょう。

アパレル販売員の仕事内容で自分の志望動機と重なることがあれば動機にしましょう。店舗のレイアウトが好きということなどです。

スキルや資格がある場合には、それを活かしたいと理由の中に組み込んで志望動機の作成を行うのも効果的です。

アパレル業界を選んだ理由を明確に

 

 

アパレル

なぜアパレル業界を志望したのか、理由を明確にする必要があります。多くの理由があるでしょうがポイントを絞りましょう。

アパレル業界の華やかさやファッションという一面だけでの志望動機では弱いです。

ファッションを通じてこのように貢献したい、このようなところに魅力を感じたと具体的に伝えるようにしてください。

ブランドを選んだ理由を具体的に

 

説明

店舗が扱うブランドやブランドメーカーを選んだ理由も志望動機となります。どうしてこのブランドを選んだのか伝えます。

いつも好きで利用しているブランドで、お客様にも商品の良さを伝えやすいなど具体的に志望動機を伝えるようにすると効果的です。

入社後にどうなりたいか

志望動機に入社後の目標を書き加えるのも効果的な志望動機の作成方法となります。入社後のキャリアパスを明確に伝えましょう

具体的に店舗に貢献するためにしたいこと、どのようなキャリアを積みたいと考えているかなどを具体的に書くとよいでしょう。

入社後に取得したい資格を挙げて前向きな気持ちをアピールするのもよいでしょう。

アパレル販売員の志望動機でアピールすべきことは?

 

ガッツポーズする女性

志望動機を書く上で最もアピールしたい点は自分がこの会社でどのように貢献できるか、どのように強い気持ちで志望したかです。

例を挙げてこういうスキルがあるのでそれを活かしたいと、はっきりと明確に書きましょう。

志望動機で採用担当者の心をつかむことが書類選考を突破する第一条件で、その後の採用合否に大きく関わります。

アパレル販売員として入社後はどのようになりたいのか、どのようなキャリアを積んでいきたいのかも伝えるようにしましょう。

アパレル販売員の好印象を与える志望動機の例

印象

アパレル販売員の志望動機にはどのようなものがあるのか、いくつか例を挙げてみましょう。

女性の志望動機では性格がアパレル販売員に向いている、持っているスキルを活かしたいなどの志望動機が効果的です。

書き方にも工夫が必要です。ただ単に洋服が好きだけでは動機としては弱いです。

洋服が好きでファッションの勉強をして資格を取ったのでそれを活かしたいなど、強い動機を加えるようにしてください。

志望動機例1

「多くのお客様に接客し提案して購入に導くという仕事は、人と接する事や役に立つことが好きな私に合うと感じ応募いたしました」

「洋服やファッションの知識を深めたい事と、語学力を活かし外国のお客様にも提案できるのでは思い貴社を志望いたしました」

「前職のレストランで働いた経験から、接客スキルを活かせ好きなファッションの仕事が出来る貴社を志望しました。」

アパレル販売員にとって接客することは一番大切な仕事です。人と接することや提案して購入に導くことは大きなアピール点です。

ファッションについてより深い知識を得たい、お客様の為にその知識を使いたいことを伝えると効果的です。

志望動機例2

履歴書

「お客様の見本となるように、常に自分自身のセンスを磨きたいと思い志望いたしました」

「ファッション雑誌が好きで、コーディネイトを取り入れ個性を活かすファッションセンスを活かせる貴社に応募しました」

「モデルのアルバイトをしたことがあり、コーディネイトの大切さや楽しさを活かしたいと思い志望しました」

常にファッションの最先端で働いているという意識の強さを強調することも志望動機には必要です。

アパレル業界では、個性的であることも一つのアピールポイントになります。個性を活かしたいと素直に書くのも効果的です。

志望動機例3

「貴社のブランドを以前から大好きで、好きな商品の良さを多くのお客様に紹介し勧めることができればと思い志望しました」

「ファンである商品だからわかるコーディネイトや使い方を、より多くのお客様に伝えたくて貴社を志望いたしました」

商品が好きなブランドの場合、より強く商品の良さをアピールできる、好きなものに関わって働きたいなども強い動機となります。

 

ワンポイント
志望動機はスキルを活かしたいなど、具体的で好印象な書き方を工夫しましょう。

アパレル販売員の志望動機のNG例

NG

アパレル業界のような華やかな場所で販売の仕事がしたい、というだけでは胸に響く志望動機にはなりません

続いて志望動機でこれはNGという例を挙げてみましょう。

内容が伝わらない

「人と接するのが好きで、洋服がすきなので販売に向いていると思い応募しました」

「アパレル業界で働きたいと前から思っていたので御社に応募しました」

単刀直入に書くことは大切ですが、省略しすぎては内容がまったく心に響きません。

なぜ好きなのか、どうして働きたいと思ったのかを書き加える必要があります。

「人と接するのが好きで洋服を選ぶことやコーディネイトする事が好きなので、アパレル販売員に適していると思い応募しました」

「アパレル業界で以前から働きたいと思っており接客のスキルを磨きました。接客スキルを販売にも活かせると感じ志望しました」

ほんの少し言葉を足すことで、採用担当者の受ける印象はずいぶん違うものになります。

自分の意思が感じられない

「ショップで働いている人が楽しそうで、活気があるので一緒に働きたいと思い応募しました」

自分がその中でどのような働きをしたいのかが伝わりません。自分の強い思いを加える必要があります。

「ショップで買い物をした時とても丁寧に応対していただき、私もこのようにお客様の役に立てる接客をしたいと思い志望しました」

自分なりに感じたことを伝え、入社後どう活かしたいのかを伝えるとよいでしょう。

アパレル販売員の面接で人事が見ているのは?

面接をする女性

アパレル販売員の場合志望動機ももちろん重要なのですが、面接で特に採用担当者が確認するのは面接者の雰囲気です。

アパレル販売員に求められるのはファッションリーダーとしてのファッションセンスです。

あくまでも面接の場に相応しいもので、落ち着いた中にもファッションセンスの感じられる服装で面接に臨みましょう。

ファッションセンス

服装は全体的に上品にまとまっているか。どこかに光るセンスがあるかなどをチェックします。

ファッションリーダーといっても面接です。奇抜な服装はもちろんNGですがファッションセンスはきらりと光るものです。

また会話を通じて感じられるのは、面接者のコミュニケーション能力です。

コミュニケーション能力

面接官は面接者に質問することで、その答えそのものと質問の内容をどれだけ理解できているかを確認します。

まとの外れたことを答えると、コミュニケーション能力がないと見なされかねません。内容をしっかりと聞き答えることが大切です。

このことについてどう思いますか?と質問された時にも、自分の考えをまとめてわかるように回答する必要があるのです。

アパレル販売員の面接ではどのような質問をされることが多いのか、いくつか質問例を挙げましょう。

 

ワンポイント
アパレル販売員の面接ではファッションセンスとコミュニケーション能力を確認されます。

アパレル販売員の面接でよく聞かれる質問

面接

アパレル販売員の面接に限らず面接でよく聞かれる質問は志望動機・経験の有無・スキル資格を取得しているかなどです。

どのように質問され、どのように答えるとよいのか例をみていきましょう。

志望動機

志望動機については履歴書にも記載していますが、再度聞かれることが多いのです。

「志望動機を教えて下さい」「志望動機はコーディネイトに興味があるからとありますが、詳しく教えて下さい」などと聞かれます。

この時志望動機を教えて下さいと聞かれた場合には、履歴書に書いてあってもすべての志望動機を答えて下さい。

コーディネイトに関して詳しく教えて下さいと聞かれたなら、コーディネイトの勉強をしていることを答えるようにします。

しっかりと人の話しを聞いているか、面接官は回答によって判断するのです。

少しの内容の違いにもしっかりと耳を傾けて適切な回答をすることで、コミュニケーション能力があると判断されます。

前職と経験の有無

「前職はどのような仕事でしたか」「前職では接客の経験がありますか」と聞かれることもあります。

前職の仕事の内容を答えるのか、前職では接客の経験があるかどうかを答えるのか、小さな違いが落とし穴になることもあります。

資格やスキルの有無

「何かアパレル販売で役立つ資格を持っていますか」「前職で培ったスキルはありますか」などと聞かれた場合も注意が必要です。

資格は取得していませんが、今後必要な資格は取得したいと思っています。

前職では接客マナーを身に着けました。このスキルを御社での接客に役立てたいと思っています。

有るか無いかだけでなくこのように付け加えて答えると、面接官はコミュニケーション能力ありと評価するでしょう。

 

ワンポイント
面接での質問には間違いのない的を射た回答を返しましょう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

OKサイン、ヘッドセットの女性

アパレル販売員の志望動機についてお話ししました。志望動機は応募者がなぜその会社を志望したのかを知る以上に重要なものです。

志望動機を読むとその人物像がつかめます。志望動機の書き方一つで採用か不採用かが決まることもあるのです。

志望動機の書き方に迷ったら転職エージェントに相談しましょう。さまざまな例から適切なアドバイスが期待できます。

まとめ

オフィスにいる女性

アパレル販売員に限らず志望動機は採用不採用の決めてになるほど重要です。書き方一つで受ける感じがまったく違ってきます。

単に好きだからという動機ではなく、このような性格を役立てたい培ったスキルを活かしたいと明確に伝えることが大切です。

志望動機は具体的にそしてわかりやすく書くことです。そして入社した後どのようにキャリアを積んでいきたいのかも伝えましょう。

不安を感じたら転職エージェントに即相談!転職成功までしっかりとフォローしてもらえます。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら