「ハードルが高くて、年収も高そう…」そんな漠然とイメージを持たれがちなのが秘書の仕事です。

主に上司のサポート業務を行う秘書の平均年収は、実際のところどれくらいなのでしょうか。

本記事では秘書の年収を上げるために必要なスキルや、年収をアップさせる求人の選び方を解説します。

Contents

秘書の雇用形態別の年収事情を解説

お金を手に持つ女性

一般的なマナーや会社の仕組みを知識として活用し、会社の役員と共に責任のある仕事をこなすのが秘書の役割です。

一口に秘書の年収といっても、その平均年収はどのような雇用形態で入社したかによって大きく変わります。

ここでは、雇用形態別の平均年収事情を解説しましょう。

正社員で新卒入社した場合

日系の企業に正社員で入社した場合の平均月収は約24万円で、賞与も合わせた年収では約300~500万円が相場です。

月収を年代別に分けると20代では約20万円、30代では約25万円、40代で役職が付くころには約30万円と推移していきます。

若いうちから活躍してリーダーなど役職を任命されれば、早いうちからの年収アップも可能です。

ただし新卒で秘書の業務を任されることは少なく、ある程度経験を積み、会社のシステムを理解した上で配属される傾向にあります。

正社員で転職した場合

働く女性

転職で秘書の仕事に就く場合、前職での実績や経験が特に重要視されます。

これまでに秘書業務の経験がある場合、高い年収が期待できるでしょう。

未経験の場合は新卒と同程度の給与水準になってしまう場合があるため、注意が必要です。

派遣社員の秘書

派遣社員は雇用条件や業務範囲、雇用期間が定まっており未経験からでもチャレンジしやすいメリットがあります。

派遣社員の場合は時給での換算になりますが、約1,500~2,000円の範囲が一般的です。

重要なポイントとしては、派遣社員は賞与が支給されないため同じ時間働いても正社員と比べ平均年収は劣る傾向にあります。

専門性の高いスキルや語学力によっては時給を大きく上げられる場合もありますので、求人をしっかりチェックすると良いでしょう。

パート・アルバイトの秘書

秘書業務は会社の役員などの上司とともに責任のある仕事をする性質があります。

そのため、パートやアルバイトでの採用があまり行われていない傾向にあることは事実です。

過去に秘書業務経験がある場合、企業によっては募集していることもありますが時給は派遣社員と同程度になります。

基本給以外のものは、どうなっている?

パソコンを操作する女性

基本給以外にも、年収を決める重要な要素があります。

一つ目は昇給です。企業によって幅がありますが、長い目で見た場合には基本給よりも昇給の度合いが年収を分けることが多いです。

求人をチェックする際には、昇給の回数や昇給基準なども確認しておくと良いでしょう。

二つ目は賞与です。正社員として雇用される最大のメリットには賞与が与えられることが挙げられます。

年収の差が大きく開く賞与ですが、会社によっては回数が少なかったり支給されないこともありますので注意が必要です。

必ず求人情報を確認して、基本給と合わせた平均年収を算出しておくようにしましょう。

三つ目は各種手当です。企業によって様々ですが、住宅手当や扶養家族手当など一般社員がもらえる手当も年収を決める要因になります。

 

ワンポイント
基本給以外にも、「昇給・賞与・各種手当」が年収を決める重要な要素です。

秘書の年収はどうやって決まる?

ファイルを持つ女性

一般的に上司のサポート業務をこなす秘書は、企業ごとによって仕事内容に大きな差は無いように感じられます。

では、秘書の年収はどうやって決まっているのでしょうか。ここでは秘書の給料の差を生み出すいくつかの要素をご紹介します。

企業の規模や従業員で決まる

多くの人がイメージしやすいように、小さな企業と大きな企業では給料の差があるのは事実です。

これは秘書においても同様で、会社の規模が大ければ大きいほど給与水準も高くなる傾向があります。

ただ場合によっては中小企業でも福利厚生や手当が充実している場合は、十分に高い年収を目指せることもあるでしょう。

企業の規模感だけのイメージに囚われずに、正しい年収の算出をしておきたいところです。

拘束時間の長さで決まる

秘書の年収を決めるもう一つの要因は拘束時間です。

会社の規定やサポートを担当する上司にもよりますが、業務が規定時間を超えた時は残業代が支払われるのが一般的です。

しかしこの残業代は、初めから一定時間分が固定で含まれている「みなし残業」の制度を採用している場合もあります。

どれくらいの拘束時間を超えると給料が上がるのか、確認してから会社を選ぶようにすると良いでしょう。

キャリアの長さで決まる

お茶を入れる女性

秘書業務においては特に重要視されるのが経験やキャリアです。

秘書としての業務経験が長ければ長いほど価値は上がり、高い給料が支払われると思って良いでしょう。

特に専門的なスキルや資格を持っている場合は、比例して年収は上がる傾向にあります。

しっかりと経験を積み専門スキルを磨けば、秘書としてのキャリアアップも目指せるでしょう。

年収が高い秘書はどういう秘書?

ファイルを持つ女性

ここまでで秘書の年収の特徴を解説してきました。

平均年収は一般的な職種と比べて大きな差は在りませんが、高い人は800万円~1000万円を超える年収を稼ぐ秘書もいます。

一つのポイントは役職を得ることでしょう。そのためには長くキャリアを積んで資格取得やスキルを磨くのが一番の近道です。

秘書の基本的な業務は上司のスケジュール管理などのサポートですが、上司との信頼関係ができればそれだけ高い評価を得やすくなります。

評価が一定の水準を超えれば役職が与えられ、社長クラスの秘書を任せれれば給料の大幅アップも期待できるでしょう。

また外資系の企業の秘書は、平均年収が高い傾向もあります。

日系の企業で実績を積んでから、外資系企業や大企業への転職を狙うというのも一つの方法です。

 

ワンポイント
年収の高い秘書は、長いキャリアを積む中で専門スキルや知識を身に付けています。

年収を上げるためにやるべきこと

ガッツポーズする女性

秘書は高い年収を目指せる仕事であるのは前述の通りですが、具体的にどのようなことに気を付ければ給料アップできるのでしょうか。

ここからは、秘書としての年収を上げるためにやるべきことを解説しましょう。

今の勤務先でできることを考える場合

今の勤務先がどのような仕事内容であっても、秘書の仕事に応用して活かせる業務は必ずあります。

それを探して、少しずつでも自分のスキルアップを実践することが重要です。

秘書業務は、スケジュール管理やパソコンスキルだけではありません。

信頼関係を作るコミュニケーション能力や上司の要望を察知する力一般的なビジネスマナーも秘書には求められます。

現在の仕事でこのような力をしっかりと伸ばしておくように意識しましょう。

また、海外企業とのやり取りなどで英語力が役立つこともあります。

簡単な通訳ができるまでの語学力を身に付けておけば、給料アップの近道となるでしょう。

思い切って転職する場合

一つの会社に長く勤めて地道に経験を積む方法の他に、転職して一気に年収を上げるという方法もあります。

例えば未経験から秘書を目指す時には、いきなり大企業への就職は難しい場合も多いでしょう。

比較的業務の幅が限られている日系の中小企業でキャリアを積んでから、大企業や外資系の秘書にチャレンジする方法が現実的です。

大企業では求められるスキルや業務の幅も広くなりますが、それだけの対価も期待できます。

少しずつ知識や業務スキルを磨いてから、転職を考えると良いでしょう。

年収をアップさせるための求人の選び方はこれ

パソコンの前で悩む女性

前述で年収をアップさせる一般的な方法をご紹介しましたが、実際の給料は会社の基準や規定によってもかなりの差があります。

どのような求人に目を付ければ給料アップが狙えるのか、求人選びのポイントを解説しましょう。

給与相場が今よりも高いところを探す

当然ですが今よりも社員全体の給与相場が高い会社はチェックしましょう。

ただし給料が高いということは、それだけ多くの仕事を求められると考えるべきです。

単に給料の数字だけを追うのではなく、求められる資格や福利厚生面など自分の理想の働き方を踏まえて探すと良いでしょう。

賞与や昇給制度をチェックする

基本給と同等かそれ以上に、賞与や昇給の制度は注意深くチェックする必要があります。

一見高いと思われる給料が記載されていても、賞与が極端に少なかったりすると年収の総額は高くなりません。

昇給も重要です。極端な例では、5年間昇給が無いという会社も中には存在します。

自分が何年この会社にいるのかを考えた上で、総額にどれだけの差が出るのかを基準に求人選びをしましょう。

残業代・休日出勤の手当はちゃんと出るかを調べる

年収アップを目指すには、自分が働いた分の時間をきっちりと効率良くお金に換えるという意識を持つことが大切です。

そのために、残業代や休日出勤の手当の有無は必ず確認しておきましょう。

前述のような「みなし残業制度」を採用しており、残業することが前提になっている会社もあります。

この場合、就業時間を超えての業務でも残業代が入らないことがありますので十分確認が必要です。

また会社によっては休日出勤が必要になることがあります。

時間外の業務でもきちんと対価が支払われる制度になっているかどうかは、事前に確認しておきましょう。

転職エージェントを活用しよう

話をする女性

転職で年収アップを実現させるには、自分の社会における価値をしっかりを見定めることが最も重要です。

それを理解することで初めて、自分の価値に対して最大限に報酬をくれる企業と出会えるのです。

しかし客観的な自分の立ち位置を、自分で把握するのはとても難しい作業でしょう。

そんな時には転職エージェントを活用するのがおすすめです。

自分のプロフィールや経験・スキルなどを考慮して適切な求人をピックアップして紹介をしてくれます。

無料で相談が可能ですので、登録だけでもしておくのが賢い選択でしょう。

年収アップに役立つ資格をチェック

指を差す女性

持っておくことが必須となる資格はありませんが、秘書の年収アップを助けてくれる資格は「秘書技能検定試験」です。

これは秘書に求められる書類のファイリングや会議の知識、一般的なビジネスマナーなどの技能を証明する資格になります。

その他にもパソコンのOfficeソフトの実力を示す「MOS」や英語力の基準となる「TOEIC」なども年収アップに役立つ資格です。

当然、これらの資格は持っているだけで年収がそのまま上がるようなことはありません。

ただ一定水準以上の実力があることを提示できるので、転職などで有利に働くこともあるでしょう。

 

ワンポイント
秘書の年収アップに有利な資格
●秘書技能検定試験
●MOS
●TOEIC

年収アップを目的とした転職の注意点

不安

秘書として年収をアップさせるためには、転職して一気に給料を上げるのも方法も一つです。

ただしそのような転職にも注意点があります。それは単に給料だけで会社を選ばないことです。

確かに高い給与を支給してくれるのは大きなメリットの一つですが、それだけを判断材料にするべきではありません。

社風やビジョンは自分の肌に合っているか、職場環境はどのような雰囲気であるかも重要な判断基準になります。

年収だけですぐに会社を決めてしまっても、仕事の内容や環境が性に合わなければ長く続けることはできません。

確実に年収アップを狙うためには、給料以外にも納得できる会社を選びましょう。

 

ワンポイント
社風やビジョン、職場環境も判断基準に入れて転職先を探しましょう

転職相談は転職エージェントを活用しよう

女性相談

一般的に秘書の求人は、常に豊富には掲載されていません。

また年収以外の部分も含めて、本当に志望したい会社を見つけ出すのはそう簡単ではないでしょう。

そんな問題をすぐに解決する方法は、転職エージェントに相談することです。

自分の希望条件などを細かく伝えることで、一人一人に合わせた適切な求人を探し出して紹介をしてくれます。

忙しくて転職を進められない人も、求人を見逃さずにピックアップしてくれるエージェントを利用すればチャンスを逃す心配はありません。

無料で利用できる転職エージェントを活用して、有意義な転職を成功させましょう!

まとめ

仕事をする女性

専門的な知識やビジネスマナーを求められる秘書ですが、高い年収も目指せることが分かりました。

秘書として給料を上げる方法も詳しく解説してきましたが、年収を上げることに焦る必要はありません。

日々の業務を真面目に着実にこなしていれば、必ず周囲の人は見ていてくれます。

自分の努力は、必ず報酬という形になって返ってくることでしょう。

毎日を着実に歩むことが、年収アップを目指す一番の近道になります。

時には転職エージェントを上手く活用して、気持ち良く働ける仕事を見つけましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する