リモートワークという働き方が広がり、インターネットを使った仕事に注目が集まっています。

Web上の文章を書くWebライターという仕事に、チャレンジしてみようと考えている方も多いのではないでしょうか。

Webライターに求められるスキル・仕事内容・必要なスキルをご紹介します。

これからWebライターとして、働きたいと考えられている方はぜひ参考にしてみて下さい。

Webライターに求められるスキルを解説

スーツ、女性

Webライターと聞いても、イメージできるのはWeb上の文章を書く仕事ということだけ。

Webライターとして働くには、どういったスキルが必要なのか。

チャレンジしてみたいけど、どういった仕事内容なのか分からない。

そんな疑問を解決するために、Webライターに求められるスキルや仕事内容を解説します。

Webライターの主な仕事内容

資料を眺める

一口にWebライターと言っても、仕事の内容はさまざまです。

記事を書くという仕事以外に、どんな仕事があるのでしょうか。

Webライター仕事内容を解説します。

Webライターの仕事

Webライターの仕事は、パソコンを使ってWeb上の文章を書くことです。

クライアントから依頼されたテーマに沿って、記事を作成します。

依頼には、テーマ・文字数・文章の書き方などが指定されている場合があります。

主に、

  • 読者の悩みを解決する記事作成
  • 商品紹介記事
  • アフィリエイト商品紹介記事
  • インタビュー記事
  • 体験談記事

などがあり、作成する記事内容は多岐にわたります。

紙媒体ライターとの関連性は?

Webライターも雑誌や小説などの紙媒体ライターも、どちらも文章を書く仕事という点は同じです。

文章を書くという点は同じですが、Webライターと紙媒体ライターは大きく異なるのです。

紙媒体では、記載できるスペースが決まっているため、掲載できる文字数や画像の枚数に制限があります。

しかし、文章をどこから読むかを読者が選択できます。

基本的に、テーマや内容に興味をもっている人が読む場合が多いです。

Webライターは、Web上に記事を記載するため掲載スペースに制限がありません。

そのため、クライアントから指定されている文字数から多少増えてしまっても問題がありません。

記事を公開してからも、かんたんに編集することができます。

Web記事は、上から表示され読者がスクロールして読み進めるため、最後まで記事を読んでもらえるための工夫が必要になります。

 

ワンポイント
 同じ文章を書く仕事でも、紙媒体とWebライターは大きく異なる。

Webライターの役割

考え事

WebライターがWeb上で文章を書く理由は、

  • Web上で行っているサービスや事業への集客
  • 検索してページに訪れたユーザーの問題解決

などです。

基本的には、読者の問題解決をするためにクライアントから依頼された文章を執筆しています。

Webライターに必要な基本的なスキル

パソコン、手元

Webライターに必要な資格はありません。

記事を書き始めた日から、Webライターと名乗れることができます。

ですが、Webライターとして活動するには必要なスキルがあります。

どういったスキルが必要なのか、基本的なスキルを3つご紹介します。

ライティングスキル

Webライターは、Web上のメディアで文章を執筆する仕事です。

文章を書く上で、文章の表現方法や敬語の使い方など正しい日本語を使用しなければなりません。

そのため、正しい日本語を使用できるライティングスキルが必要となります。

読者を意識したライティング

女性とパソコン

Webライターは、サイトを訪れた読者の悩みや、ニーズを文章で解決しなければなりません。

読者に分かりやすく、読みやすい文章を書くライティングスキルが必要となります。

Web上に記事が公開されるので、小さな子供から大人が記事を読む可能性があるからです。

回りくどい表現や難しい漢字を使用した文章では、読者の悩み解決ができないばかりか内容が伝わらない可能性があります。

読者を意識した、分かりやすい文章のライティングが求められます。

インタビュースキル

Webライターの情報収集方法は主に、Web上であったり本などの文献です。

中には、取材やインタビューを行って記事を仕上げる必要があります。

そのため、Webライターはインタビュースキルが求められる場合があります。

インタビューで、どんな質問をして話の進め方はどうしたらいいのか。

どのようにしたら、相手から話を引き出せるのかを考える必要があります。

また、インタビューした内容を差異なくまとめるというスキルも求められます。

人と人との対話なので、相手の気持ちを理解をするコミュニケーション能力が必須となるのです。

インタビュースキルが求められる仕事は、コミュニケーション能力が必要と言えるでしょう。

 

ワンポイント
 Webライターには、ライティングスキル・読者を意識したライティング・インタビュースキルが必要です。

キャリアアップするために必要なスキル

女性とパソコン

Webライターをこれから目指して、キャリアアップするにはどういったスキルが必要なのか。

キャリアアップを目指すために必要なスキルを3つご紹介します。

スケジュール管理スキル

Webライターは、仕事の発注から納品まで一人で行う仕事です。

いつ働いても、休んでも依頼内容と納期を守れば良いのです。

しかし、スケジュールが自由な分、自分でスケジュールを全て管理しなければなりません。

納期が守れないと、クライアントからの信頼を失ってしまい次の発注に繋がりません。

そのため、仕事が無くなってしまう危険性があります。

スケジュール管理は、Webライターとして活動するにはとても重要なスキルと言えるでしょう。

リサーチスキル

悩む女性

Webライターは、Web上の情報や文献などから情報を収集してまとめるリサーチスキルが必須です。

自分の執筆した記事がWeb上に公開されると、多くの人の目に触れることになります。

記事を読んだ人が、問題解決のために正しい知識を得られるために、リサーチの時から正しい情報なのかを注意しておかなければなりません。

自分の知っているジャンルの記事を執筆する際は、ある程度知識があるので自分の持っている知識で執筆ができるかもしれません。

しかし、自分が全く知らなく知識のないジャンルのテーマを執筆しなければならない場合もあります。

そういった時には、Web上や文献で情報を集める必要があります。

Webライターは、リサーチスキルが必須と言えます。

SEOの知識

SEOとは、検索エンジン最適化という意味です。

せっかくWeb上で記事を公開しても、読者に記事を読んでもらわないと意味がありません。

多くの人は検索をした時、検索上位にあるサイトを訪問します。

訪問したサイトで、悩みが解決すればその他のサイトに訪問することはありません。

そのため、サイトを検索上位に表示させる必要があります。

検索上位に表示させるには、SEOの知識が必要となります。

SEOの知識を持っていれば、Webライターとして活躍できクライアントからも重宝される存在になれるのです。

 

ワンポイント
 キャリアアップには、スケジュール管理スキル・リサーチスキル・SEOの知識が必要です。

その他身につけておきたいスキル

パソコンで作業

Webライターに必要なスキルを3つ紹介しました。

スケジュール管理スキル・リサーチスキル・SEOの知識、その他にも身につけておいた方が良いスキルがあります。

そんなスキルを2つご紹介します。

画像作成能力

Webライターは、Web上の文章を書く仕事です。

クライアントによっては、画像作成を必須としている場合があります。

画像作成が必須でない案件の場合でも、画像選定を含む案件もあります。

アイキャッチ画像や、グラフや表を作成を求められる場合もあります。

クライアントの求める画像を作成できたり、簡単な画像作成なら可能です。

と、こちらから提案することができれば、クライアントからの評価も確実に上がります。

また、他のWebライターとも差別化することができます。

スケジュール管理スキル・リサーチスキル・SEOの知識を取得したのちに、画像作成能力を身につけると良いでしょう。

HTMLやCSSの知識

Webライターは、文章を書く仕事なので文章を執筆できれば問題ありません。

しかし、HTLMやCSSの知識があればクライアントへ単価交渉も可能です。

Webページを作成するには、HTMLやCSSの知識が必要です。

多くの場合、発注側のクライアントが執筆以外の作業を行っています。

HTMLやCSSの知識があれば、クライアントの負担を軽くすることができるのです。

そのため、単価交渉をする時の武器に使用できます。

HTLMやCSSを理解していると、より高度なSEOライティングが可能です。

Webライターとしての価値が高まるので、ぜひ取得しておきたいスキルです。

 

ワンポイント
 身につけておきたいスキルは、画像作成能力・HTMLやCSSの知識です。

Webライターが意識しておくべきこと

パソコンで作業

Web上の記事を書く時に、ただ文章を執筆すればいいというわけではありません。

Webライターが、記事を書くときに意識しておくべきことを3つご紹介します。

Web記事のレイアウトを意識しよう

Web記事は、大まかなレイアウトが決まっています。

流れとしては、

  • タイトル
  • アイキャッチ画像
  • 導入文
  • 大見出し
  • 小見出し
  • まとめ

といったレイアウトです。

本や紙面の記事は、自分の読みたい部分から自由に読み始めることができます。

Web記事は、上からスクロールして記事を読み進めます。

そのため、Web記事のレイアウトを意識した記事作成が必要とされるのです。

Web記事の特徴を把握しよう

パソコンと女性

Web記事の主な特徴は、

  • 文字数制限がない
  • 写真を文章中に挿入する
  • グラフや表を使って説明できる
  • 関連情報はリンクを貼ることができる

などです。

記載できる文字に制限がないため、情報量を削る必要がありません。

記載できる文字に制限はありませんが、あまりに文字ばかりだと読者にストレスがかかってしまいページ離脱の原因になってしまいます。

そのため、文章の途中に写真や画像を挿入して、読者のストレスを軽減させる必要があります。

文章で分かりにくい表現は、写真やグラフを使用して説明することができます。

関連情報は、別のページのリンクを貼ることができるので、1つのページで全てを説明する必要がありません。

Web記事には、このような特徴があります。

Web記事用の文章作成のポイント

読者は、悩みを解決するためにWeb記事を検索しています。

多くの読者はスマートフォンで、何かを食べながら・電車に乗りながら記事を読んでいます。

つまり、読者は時間がなく小さな画面で記事をながら読みしているのです。

Web記事は上から順番に記事が表示されます。

そのため、起承転結ではなく結論を一番先に書く必要があります。

すぐに結論が分からないと読者は、求めている答えがすぐに得られないと思い別のWebページへ離脱してしまうのです。

Webライターとしての市場価値を上げよう

スーツ、女性

Webライターとして市場価値を上げれば、クライアントに単価交渉がしやすくなります。

単価交渉を行い、単価を上げることができれば収入もアップすることができます。

Webライターとして市場価値を上げるには、

  • SEOの知識
  • HTML・CSSの知識
  • 画像作成能力

を高め、他のWebライターと差別化をはかりましょう。

転職相談は転職エージェントを活用しよう

男女のビジネスパーソン

転職がうまくいくか分からない。

転職するのが不安だ。

という悩みを抱えて、転職という一歩を踏み出せないでいる方も多いかもしれません。

そんな時には、転職エージェントを活用しましょう。

転職のプロが、あなたの転職を全力でサポートします。

今まで自分では気づかなかったスキルや、適している職種を見つけることができるかもしれません。

転職エージェントを活用して、新たな一歩を踏み出しましょう。

まとめ

グッドポーズ

Webライターは、紙媒体と同じ文章を書く仕事です。

しかし、Web上に掲載するため執筆する時は、Web記事の特徴を理解して記事を書く必要があります。

Web記事の特徴としては、

  • 文字数制限がない
  • 写真を挿入する
  • 図やグラフを用いて説明する
  • 関連情報はリンクを貼ることができる

といった特徴がありました。

Webライターとして希少価値を高めることができれば、クライアントに単価交渉することができます。

単価交渉をすることができれば、収入面も期待することができます。

転職に不安な場合は、転職エージェントを活用しましょう。

転職のプロが、あなたの転職を二人三脚でサポートしてくれます。

新たな一歩を踏み出し、転職を成功させましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する