住宅営業はハウスメーカーなどに勤めて、個人の顧客に対して住宅の営業を行う仕事です。

住宅というのはとても大きな買い物であるため、住宅営業の責任は大きいですがそれだけやりがいのある仕事であるともいえます。

今回はそんな住宅営業の仕事内容について解説していきましょう。

住宅営業の仕事内容を解説!

パソコンを持つ女性

住宅営業というのはハウスメーカーなどに勤務して顧客の要望に沿った住宅を顧客に提案する仕事です。

家を建てる・買うというのは人生においてとても大きな出来事であるためそれだけ住宅営業が担う責任も大きくなります。

顧客に満足してもらえるように住宅に関しての専門知識を持っていることが求められる仕事です。

今回はそんな住宅営業の仕事内容について詳しく解説し、この職種の魅力を伝えていきます。

また、この仕事に向いている人の特徴などについても同時にご紹介していきますので転職の参考にしていただければ嬉しいです。

住宅営業と不動産営業の関連性

働く女性

住宅営業という言葉と似たものに不動産営業という言葉があります。

住宅営業というのはハウスメーカーなどで住宅を顧客の要望に合わせて作り上げるというものです。

しかし不動産営業というのはもっと広義な意味を持つ言葉であり、住宅営業もその中に含まれる形となっています。

不動産に関する営業職全てを含むのが不動産営業という言葉だと考えると良いでしょう。

また、不動産営業の中には住宅営業の他に不動産仲介営業なども含まれます。

不動産仲介営業では売り手と買い手の仲介を行い、取引を手伝うのが仕事です。

建売住宅や中古物件の販売を担当するのがこの不動産仲介営業という職種となっています。

不動産営業と一括りにしても、住宅営業と不動産仲介営業ではその仕事内容は大きく変わってくるのです。

 

ワンポイント
・住宅営業は不動産営業の中に含まれる
・不動産営業の中には不動産仲介営業なども含まれる

住宅営業は主にどんな業務をするの?

笑顔の女性

この項目では住宅営業が具体的にどういった業務を行うのかを解説していきます。

住宅営業への転職を考えている方は入社後に行うこととなる業務を知り、自分に適性があるのかを確認しておきましょう。

見込み客の集客をする

見込み顧客を集客するためには個人顧客に向けて広告を打つことも住宅営業の仕事に含まれます。

チラシ・雑誌・インターネットなどの広告によって個人顧客が自社に興味を持ってもらえるようにするのが目的です。

その後、それらの広告を見た顧客からの問い合わせやモデルハウス見学を経て、興味を持った人に対して商談を始めることとなります。

商談のきっかけとなるのが広告であるため、大変重要な業務の1つだといえるでしょう。

商談

相談

商談では顧客の要望に応えるため、どういった家にしたいかをヒアリングして住宅や予算を提案することとなるでしょう。

その際には住宅の専門家として様々な相談に乗ったりアドバイスを行ったりして住宅選びをサポートします。

顧客は多くの場合、他の不動産会社も訪れて比較しながら契約先を選ぶため、他企業に負けないように信頼を得ることが重要です。

住宅の購入というのは金額が大きくなるため親密な関係を築くことによって商談成立まで漕ぎ着けるように努力しましょう。

契約後のフォロー

契約が成立したからといって住宅営業の仕事が終わるわけではありません。

契約してからも住宅を引き渡すまで、顧客と打ち合わせをしたり様々な相談に乗ったりと長い付き合いになるでしょう。

住宅を引き渡してからも10年間は修理・補修などのアフターケアを行うことが法律で義務付けられています。

そのため住宅を引き渡してからも、住宅営業は顧客と関わることとなるでしょう。

商談で築いてきた信頼関係を契約後も維持していくことが大切です。

 

ワンポイント
・チラシ・雑誌・インターネットなどで広告を打って集客を行う
・広告を見て問い合わせたりモデルハウス見学に訪れたりした顧客に対して商談を行う
・契約が成立してからも顧客とコミュニケーションを取ったりアフターケアを行ったりする

住宅営業の種類

仕事をする女性

次は住宅営業の種類について解説していきます。

住宅営業という言葉で一括りにしても種類によって業務内容は少し変わってくるためここで確認しておきましょう。

住宅営業への転職を考えている方は参考にしていただければと思います。

注文住宅営業

注文住宅営業は顧客からどういった住宅にしたいのかの要望を受けてその要望に沿った住宅を設計することが主な仕事です。

この職種では設計から工事までの工程全てを顧客と共に行っていくこととなるため、必然的に決めることが多くなります。

設計や工事の担当者とも打ち合わせを行いつつ、顧客が考える予算で要望に応えつつ住宅の専門家として最適なものを提案する仕事です。

建売住宅営業

建売住宅営業では既に設計済みの物件を紹介するため、間取りや設備などは事前に決まっています。

住宅を売るタイミングは完成後と建築中どちらもありますが、注文住宅とは違い既に設計が行われているためコストを抑えることが可能です。

事前にどういった住宅であるかというのが決まっているため、営業側からしてもプレゼンがしやすいという側面もあります。

土地や住宅が事前に決まっているため、顧客もそれを承知であるケースが多く契約に繋がりやすいのもメリットです。

リフォーム営業

リフォーム営業はその名の通り、顧客の住宅のリフォームの提案を行う職種です。

リフォームでは住まいの修理や設備の入れ替えなどを行い、現在の住宅をより良い環境とする手助けを行います。

建売や注文住宅などと異なりコストがリフォーム代だけであるというのが顧客側のメリットです。

 

ワンポイント
・注文住宅営業は顧客の要望に沿って住宅の設計から工事までを行う職種
・建売住宅営業は設計・工事済みの住宅を売る職種
・リフォーム営業は顧客の住宅のリフォームの提案を行う職種

住宅営業の年収は

パソコン作業をする女性

住宅営業の平均年収は380万円程度となっています。

しかし住宅営業は営業職であるため基本給にプラスして歩合給も給与に含まれるケースが多いでしょう。

歩合給は営業成績によって大きく変化するため、もし成果を挙げられればその分だけ給与も高くなります。

年収は400〜500万円程度が多いようですが、営業成績が優秀である場合はそれ以上にもらうことも可能となるでしょう。

住宅営業の魅力

意欲的な女性

次は住宅営業として働くことの魅力を解説していきます。

住宅営業への転職を考えている方はどういったことがこの職種におけるメリットであるのかを確認しておきましょう。

自分のモチベーションになるものがあったら、思い切って転職を決断しても良いのではないでしょうか。

成果主義な点

住宅営業は成果主義の営業職であるため、営業成績が良ければそれだけ評価も高くなります。

多くの場合、給与の算出に歩合制を取り入れているため成果を挙げられれば直接的に給与にも良い影響があるでしょう。

もし成果主義の会社で働きたいと考えているのであれば、住宅営業というのは良い選択肢となると思われます。

成果主義であるため、未経験であっても成果さえ出せば認められやすいのも住宅営業の魅力だといえるでしょう。

営業方法を自分で工夫できる

パソコンで仕事をする女性

住宅営業は営業方法を自分で工夫することによって、より顧客に信頼してもらいやすくなります。

この仕事では顧客からの信頼が何よりも大切です。

そのため自分で工夫しながら顧客との信頼関係を築いていくことに喜びを感じる方には魅力的に感じられるでしょう。

どのように営業すれば相手が自社の住宅に興味を持ってくれるかを工夫することで営業成績にも良い影響を与えるはずです。

未経験歓迎の求人が多い

住宅営業では未経験歓迎の求人が多い点も魅力です。

未経験歓迎の求人が多いということはそれだけ未経験者の受け入れ態勢が整っているということだといえます。

もし未経験から住宅営業に転職したいと考えている方はこの魅力を大きなメリットだと感じられることでしょう。

住宅営業に向いている人の特徴

面接を受ける女性

次は住宅営業に向いている人について解説していきます。

ここで紹介するような特徴を持っている方は住宅営業に向いているといえます。

結果を求めて行動できる人

住宅営業という職種は、売るのが住宅であるため契約まで漕ぎ着けるのが難しくなかなか結果を出しにくい面があります。

しかしながらそれでも根気強く営業を続けられる人はこの職種に向いているといえるでしょう。

契約に漕ぎ着けるまで前向きに仕事をしていける人というのは積極的に営業をすることができます。

積極性ばかりではいけませんが、それでも結果を求めて試行錯誤を行うことは最終的により良い営業方法の確立にも繋がるでしょう。

結果を求めて行動できる人は住宅営業として適性があるといえます。

コミュニケーションが得意で押しが強い人

住宅というのは大きな買い物であるため、多くの顧客は不動産会社を多数回って悩んでいる状況です。

そのため、ある程度押しが強くなければそうして悩んでいる顧客を自社で契約させることは難しいでしょう。

また、顧客から信頼されるためにはコミュニケーションが何よりも大切です。

コミュニケーション能力が高い方は顧客からも信頼されやすいため、契約まで漕ぎ着けやすくなるでしょう。

また、もし営業をしてその場では契約に至らなかったとしても、後日自分から再度連絡するなどの積極性も重要です。

顧客によっては契約理由が「営業担当者の人柄が気に入ったため」という場合もあるため信頼を勝ち取るのは大変重要だといえます。

住宅営業の将来性やキャリアパス

白いスーツの女性

次は住宅営業の将来性キャリアパスの2点について、具体的に解説をしていきます。

転職を考えている方にとって将来の見通しというのは大変重要です。

将来性

住宅営業の仕事はこれからどのように変化していくのでしょうか。

様々な仕事でAIの導入が進んでいますが、住宅営業の仕事はまだしばらくAIに取って代わられることはないでしょう。

営業職というのは人と人のコミュニケーションが大切となる職種です。

そのためまだAIが人の相手をして営業を行うというのは難しいでしょう。

しかしそれに対して、住宅営業にとって少子化の影響は大きいと考えられます。

将来的に人口減少が進んでいけば、それだけ住宅も余るため住宅営業の需要縮小に繋がるでしょう。

しかしだからと言って住宅が完全に不要になるわけではありません。

住宅を建築したり購入したりする人は今後もゼロになることはないでしょう。

そのため業界規模は縮小したとしても需要はあり続けるはずです。

キャリアパス

働く女性

住宅営業のキャリアパスとしては入社5年後あたりから、役職に就くというのが一般的です。

5年目で課長、10年目で支店長などといったようなキャリアパスが考えられるでしょう。

また、それ以降になると人によっては役員になることも可能です。

しかしながら住宅営業は成果主義であるため、成果を出せない方はこのような形でキャリアアップしていくのは難しいでしょう。

 

ワンポイント
・住宅業界の規模が縮小する可能性はあるが需要が無くなることはない
・成果を出せている場合は入社5年後から役職に就ける可能性がある

転職の悩みは転職エージェントに相談!

電話をする女性

もし現在転職に関して悩みを抱えている場合には転職エージェントへ相談を行ってみてはいかがでしょうか。

エージェントはあなたに合った求人を紹介してくれたり選考対策を行ってくれたりするため、安心して転職活動を行っていくことができます。

また、模擬面接も実施してもらえるためフィードバックを受けることで自分では気がつけない点も指摘してもらうことが可能です。

転職をしていく上で不安を抱えていると本来のパフォーマンスを発揮できない可能性もあります。

選考にベストな状態で臨めるように、転職エージェントの手を借りてみてはいかがでしょうか。

まとめ

外回りをする女性

今回は住宅営業の仕事内容について解説をしてきました。

住宅営業は顧客にとって人生で1番ともいえる大きな買い物である住宅の購入をサポートする職種です。

契約した顧客に満足してもらうことができれば、大きな達成感と喜びを感じることができるでしょう。

人の役に立つ仕事をしたいと考えている方にとって、そんな一生物の買い物をサポートする住宅営業は最適な仕事だといえます。

転職を考えている方は今回の記事を参考にしていただければ嬉しいです。

また、もし転職で悩みがある場合には転職エージェントを活用してみましょう。

様々なサポートを受けながら転職活動をスムーズに行っていけるようになるはずです。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら