女性に人気の仕事に秘書業務があります。

秘書とは社長や役員などのサポートをする仕事で、世間的には「かっこいい女性」というイメージが強いです。

この記事では秘書を目指す人におすすめできる、取ると有利な資格について解説します。

秘書を目指す女性はぜひお読みください。

秘書を目指す女性におすすめの資格を解説

女性

この記事では、秘書を目指す女性におすすめの資格を解説します。

転職活動にあたって、仕事で役立つ資格を持っていることは大きなアピールポイントにつながります。

そのため強く志望するのであれば、資格取得も視野に入れると良いでしょう。

資格はその分野に関する知識を有していることを証明するものです。

そのため余裕があるなら、なるべく資格を取得できると良いです。

まずは秘書になるには資格が必須なのか、どのような資格があるのかを知りましょう。

 

ワンポイント
秘書への転職を目指すために有利な資格について知っておきましょう。

秘書を目指すのに資格は必須?

電話する女性

秘書を目指すのに資格は必須なのでしょうか。

最初に申し上げておくと、秘書は士業のようないわゆる資格必須の専門職ではないので、資格を持っていなくても働くことは可能です。

資格を有していなくても求められるスキルや役立つ経験があれば、秘書として採用されることもあります。

そのため有利な資格がないからといって諦めなければいけないわけではありません。

ですが、資格を持っていることで専門知識ややる気のアピールにつながることも事実です。

したがって、秘書を目指すには特定の資格が必要なわけではないけれど、資格があるに越したことはないといえます。

 

ワンポイント
転職活動をよりスムーズに進めるために、資格の取得をおすすめします。

秘書を目指すための資格「秘書検定」

前向き

それでは具体的に秘書を目指すのに有利な資格を紹介します。

まずは秘書検定です。こちらは公益財団法人実務技能検定協会が開催している資格で、3級から1級まであります。

それぞれの級位ごとに解説します。

3級

秘書検定3級では、すべての土台となるような基本的な知識を問われます。

基礎的なビジネスマナーや社会常識など、社会人として兼ね備えておかなければならない範囲です。

秘書の仕事そのものというより社会人としての基礎ができているかが見られます。

主な受験層は高校生であり、社会人の転職活動で生かせるレベルとはいえません。

2級

秘書検定2級では、業務の進め方や接客の仕方など、より具体的な場面を想定した問題が増えます。

なかでも特徴的な問題は、業務における優先順位をつけるというものです。

いくつもの仕事を抱えている特定の状況下で、どう優先順位をつけて仕事を進めるかを答えます。

秘書の仕事は上司の業務サポートが中心です。

そのため上司が業務を円滑におこなえるように効率よく仕事を進める必要があり、優先順位の決定が求められます。

実際の秘書業務でもよく遭遇する場面ですので、よりリアリティのある問題といえるでしょう。

ただしきちんと対策すれば独学でも十分に突破できるレベルであり、これまでの知識経験から答えられるものも多いです。

転職活動で活かせるのはこの2級からとなります。

準1級

準1級では2級よりも難易度の高い一般知識や社会常識に関する問題や出題されます。

準1級も秘書業務で実際におこりえる場面における対処法について聞かれる問題が多いです。

2級までの内容に加え、接客の仕方や上司への場面別対応法などを問われます。

また、秘書検定2級までは筆記試験のみですが、準1級からは面接も加わります。

面接は上司へ業務報告をするときの再現という実技試験をおこないます。

面接直前に渡される用紙に記載された内容を暗記し、それを上司に報告するように話します。

ポイントを押さえて伝えることができるか・話し方が適切であるかなどを見られる試験です。

1級

秘書検定のなかでもっとも高難易度の1級は、上級秘書としてふさわしいかを問われます。

上司の仕事を正しく把握・理解することが大前提であり、そのうえで秘書がすべき行動を答えます。

秘書の仕事全般に対する理解や高い判断力が必要です。

1級も面接があり、より実践的かつ高難易度の場面を想定して出題されます。

適切な回答をすることはもちろん、上級秘書らしい冷静で落ち着いた雰囲気を保ちます。

このレベルになると未経験から転職するためいうより、秘書として働く人がスキルアップのために受けることが多いです。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

秘書を目指すための資格「CBS検定」

説明する女性

続いて紹介するのはCBS検定です。CBS検定とは国際秘書検定のことで、秘書としての能力だけでなく英語力も問われます。

グローバル企業での活躍や語学力の活用を希望するのであればおすすめの資格です。

CBS検定には2種類あるのでそれぞれ紹介します。

プライマリー試験

プライマリー試験は準CBSとも呼ばれており、試験内容はビジネス実務とビジネス英語の2科目です。

ビジネス実務の試験は実務場面におけるさまざまな対応について答える試験で、ビジネスの基本的な知識が問われます。

不適切な敬語の修正や記述問題、ビジネスシーンで頻出する熟語の読み方や意味を答える問題などが出題されます。

ビジネス英語はビジネス会話に必要な語彙や文法などの基礎知識、表現法などが問われる試験です。

ビジネスシーンにおいて適切な表現を選ぶなど、実践的な英語力が必要です。

ファイナル試験

CBS検定のファイナル試験を受けるにはプライマリー試験に合格する必要があります。

試験内容はオフィス業務管理・ 経営管理・秘書実務・面接の4科目です。

オフィス業務管理は秘書業務管理、レコードマネジメント、秘書適性、英文表記技法、リスニングが出題されます。

経営管理は秘書業務を超えて、経営や会計・法律の知識が問われる科目です。

秘書実務では、いくつかの秘書業務について優先順位を立てたうえで実際に処理します。そして最後の面接は英語でおこなわれます。

ファイナル試験の認定を得るためには、すべての科目に合格することが必要です。

その他秘書におすすめの資格

事務

秘書を目指すうえでおすすめの資格はほかにもありますので紹介します

資格についての知識をつけて選択肢を広げることが、転職成功へ導くカギのひとつです。

ビジネス実務マナー検定

ビジネス実務マナー検定とはその名のとおりビジネスマナーが問われる検定です。

ビジネスの場面における適切な判断や行動、一般常識などに関する問題が出題されます。

上司のサポート業務が中心である秘書は仕事を円滑に進めさせるためにビジネスマナーが必要不可欠です。

ビジネス実務マナー検定に合格すれば、業務において必要なビジネスマナーが備わっていることを証明できます。

ビジネス接遇検定

女性のビジネスパーソン

サービス接遇検定は、サービス業に対する心構えやふるまい方など、接客に関するあらゆる知識が問われます。

秘書業務で接客する人の多くは、役職持ちである上司のお客様です。

会社の運営に関わるよう重要な取引相手の可能性が高いため、失礼のない対応が求められます。

ビジネス接遇検定は、高い接客スキルを証明できる検定です。

ビジネス電話検定

電話対応が多い秘書にとってビジネス電話のスキルは必須なため、スキルを証明するビジネス電話検定も有用です。

ビジネスにおける電話応対は経験が必要な部分も大きいですが、ある程度ポイントを押さえれば良い応対ができます。

ビジネス電話検定を持っていれば、ビジネス電話で大切なポイントを理解しているとアピール可能です。

資格取得のメリットは?

スーツ、女性

秘書を目指す人が資格を取得するメリットを紹介します。

なぜ資格を取るべきなのかを具体的にイメージできれば、モチベーションアップに繋がるでしょう。

秘書への転職が有利になる

もっとも大きなメリットは、転職活動を有利に進められるということです。

資格はその分野における知識やスキルを証明するものですので、面接官へのアピールにかなり効果的です。

たとえ実務未経験であっても資格があれば、秘書としての適性が高いと判断されます。

熱意を伝えることにもつながりますので転職活動をスムーズに進められます。

仕事を進めるうえで必要な対応が学べる

外を歩く女性

秘書としての仕事を進めるうえで必要な対応が学べることも大きなメリットです。

未経験である以上、秘書の仕事では具体的にどのような能力や対応が求められるのかイメージがしづらいでしょう。

しかし秘書資格の勉強を通して、秘書の仕事について具体的に知ることができます。

実際に業務にあたる前から秘書に必要な対応を学ぶことができるので、ギャップ防止や強固なイメージ作りが可能です。

 

ワンポイント
資格を取ることには肩書だけではない多くのメリットがあります。

 

資格のない人が優先すべき資格は?

女性

今現在秘書への転職に有利な資格を持っていない人は、どの資格を優先すべきなのでしょうか。

おすすめなのは秘書検定2級です。

秘書検定2級は社会人として求められる一般常識や知識だけでなく、秘書として最低限のスキルも問われます。

そのため取得することで秘書業務における基本的な知識をアピールできるようになる資格です。

3級は基礎的すぎて転職でのアピールには繋がらず、準1級以上は未経験者にとっては難易度がやや高めなので2級が無難です。

転職活動で十分使えるレベルですので、秘書への転職を目指すのであればぜひ秘書検定2級を取りましょう。

 

ワンポイント
悩んでいるのであれば、まずは秘書検定2級を目指しましょう。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

資格を秘書への転職に活かす方法とポイント

データ分析の仕事

せっかくの資格を活かすことができなければ、持っていても無意味になってしまいます。

そこで資格を秘書への転職に活かす方法とポイントを紹介します。

資格を活かすなら転職エージェントを活用しよう

資格の活かし方については転職エージェントのアドバイスを受けると安心です。

ひとくちに資格を活かすといっても、志望先の企業や具体的な仕事内容によって方法はさまざまです。

資格を取得しているという事実そのものをアピールするか、取得までの過程について話すかなど内容も重要です。

的確な方法でアピールをするためにも、まずは転職エージェントに相談しましょう。

秘書への転職のポイント

パソコンで仕事をする女性

秘書へ転職するためのポイントとして、自分のスキルや適性をアピールすることが挙げられます。

秘書業務はただ知識があればできる仕事ではなく、ふるまい方や雰囲気も大切な要素です。

そのため知識を証明する資格をアピールするとともに、自身の性質が秘書としてどう活用できるかも話せると良いでしょう。

そもそも秘書を目指すに至った経緯や具体的なエピソード、向いていると判断できるポイントなどを伝えます。

採用することで企業にとってどんなメリットがあるかをイメージさせることができるとかなりの好印象が期待できます。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

案内する女性

スムーズな転職活動のためには、資格の勉強や志望動機の作成などやるべきことが多いです。

ですがそれらすべてがとんとん拍子に進むとは限りません。

転職活動を進めていくうえで多くのトラブルに遭遇するでしょうし、考えることが多く疲れしまう可能性もあります。

このように転職活動では悩みが生まれやすいですが、自分の力だけで解消することは難しいです。

もし転職活動において悩みができてしまったら、転職エージェントに相談しましょう。

転職エージェントは転職サポート経験が豊富であり、転職に関する知識やノウハウを有しています。

そのため具体的かつ実践的なアドバイスをすることが可能です。

何事もプロに相談することが解決の近道ですので、転職活動に関する悩みは転職エージェントに相談すると良いでしょう。

まとめ

働く女性

秘書への転職に有利な資格は多く独学でも十分に合格が狙えるレベルのものもあるので、非常に勉強しやすいです。

有利な資格を持っていることは強いアピールポイントとなるので、未経験でもスムーズな転職活動を実現できます。

秘書への転職を強く志望するのであれば、資格取得を検討してはいかがでしょうか。

もし悩みや不安があれば転職エージェントがサポートしますので気軽にご相談ください。

あなたの転職活動が成功し、素敵な秘書になる未来を楽しみにしています。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら