インターネットの使用が日常生活で当たり前となっている今、Web記事の需要がかなり高まっています。

そんなWeb記事の作成をするのが、Webライターです。

Webライターは自分の知識や経験を活かせるほか、文章力の向上も期待できるため人気が高いです。

この記事では、そんなWebライターへ転職する際の志望動機について解説します。

Webライターを志す人の参考になれれば幸いです。

Contents

Webライターの志望動機の書き方を解説

パソコンで作業する女性

この記事では、Webライターへの転職時に使う志望動機の書き方を解説します。

どんな仕事も、適切な志望動機であるかが転職活動成功のカギを握ります。

もしその仕事に合わないような志望動機を作ってしまうと面接官からの印象が悪くなってしまいます。

たとえ熱意がこもっていたもしても、自己本位すぎる志望動機も良くありません。

仕事へのやる気をアピールし、面接官からの評価を高めるために志望動機は大切な役割を持ちます。

ポイントを押さえて良い志望動機を書きましょう。

Webライターの主な仕事内容

仕事をする女性

Webライターの主な仕事内容は以下のとおりです。

  • クライアントの指示に従って文章を書く
  • 記事作成に必要な情報収集をする
  • SEOを意識した内容に調整する

Webライターは文章を書くことが仕事ですが、テーマに合っていればなんでも自由に書けるわけではありません。

表記や温度感・ルールなどクライアントの指示に従って書く必要があります。

また、正確な情報を記載する必要があるので情報収集は必須です。量・質ともに良い情報を集めます。

そしてWeb記事は、人に見つけてもらい読まれなければ意味がありません。

そのため検索エンジンで高い順位に表示されるよう、SEOを意識して執筆します。

Web記事としてふさわしいものを作成することが必要です。

 

ワンポイント
ただの文章ではなく、Web記事ということを意識します。

Webライターの志望動機の書く時のポイント

意欲的な女性

それではWebライターの志望動機を書く時のポイントを紹介します。

少し意識するだけでも良いものが作れます。

志望動機を書く前に

志望動機を書く前に、自分が本当にWebライターになりたいのかを改めて確認が必要です。

Webライターの志望動機を書こうという意識が先行して、本当の気持ちに気付いていない可能性があるからです。

自分はWebライターになりたいのか、それとも志望度そのものはそこまで高くないのかを考えます。

志望動機はポイントさえ押さえれば良いものが作れます。

ですが自分の気持ちに合っていなければ熱意がこもりませんし、もし転職できてもあとで辛い思いをする可能性が高いです。

まずはもう一度自分に向き合うことが必要です。

志望動機の書き方のポイント

打ち合わせの様子

それでは具体的な志望動機の書き方のポイントです。

Webライターに限らず、以下の点を盛り込むように意識します。

  • Webライターになりたいと思った理由(きっかけ)
  • Webライターとして活用できるであろうスキルのアピール
  • 志望するに至ったエピソードの紹介
  • 自分を採用することによる企業側のメリット
  • 将来はWebライターとしてどう活躍したいか

志望動機という名称ですが、動機だけをただ羅列しても響きません。

志望するようになったエピソードを盛り込めると具体性が増します。

また、自分の持つスキルや経験を活かしたいというのも理由のひとつでしょう。

そちらについてもなるべくイメージしやすいように紹介します。

そして志望動機欄で、未来についての話もします。

自分のスキルが企業にとってどうメリットとなるか、自分はどのように活躍したいかというものです。

これらのポイントを押さえることができれば、面接官へのアピールにつながるでしょう。

Webライターの志望動機で意識すべきこと

パソコンで仕事をする女性

転職活動をするのであれば、当然ですが企業所属という形態のWebライターになります。

そこで数ある職種の中でもなぜWebライターなのか、企業に所属する必要があるのかの説明が必要です。

なぜWebライターなのか

Web関連の仕事は多くありますが、なぜライターという仕事を志望したのかを明確にします。

すなわち、Web関連の仕事がしたいというだけでは響かないということです。

ライターという仕事を志望する理由についても触れる必要があります。

フリーランスではなく企業を選んだ理由

Webライターはフリーランスとして働きやすい仕事です。

それなのになぜあえて企業所属という形態を取るのか、こちらについても話せると良いでしょう。

まずは企業所属のWebライターとフリーランスのWebライターの違いについて調べる必要があります。

そのうえで、違いについて触れながら企業所属を選んだ理由を盛り込みます。

具体的な理由をなるべく多く記載することが大切です。

 

ワンポイント
「なぜ」に答えられるような志望動機を作る必要があります。

Webライターの志望動機を書く時の注意点

女性たち

Webライターの志望動機を書く時の注意点を解説します。

どんな仕事であっても、注意点を意識したうえで志望動機を作ることが大切です。

企業が提供している記事をチェックしておこう

企業への熱意を伝えることができるよう、応募する企業の提供する記事をチェックします。

企業の記事についてチェックしているということは熱意をアピールできるエピソードです。

また記事からは企業の色や特徴を掴むことができます。

そのため、自分が本当にその企業に合っているかを確認することにもつながります。

Webライターであればどこの会社でも通用するような志望動機では内容がやや薄いです。

その企業を志望する理由を明確にできるような内容を盛り込むため、提供している記事をチェックします。

内容に具体性を持たせよう

内容に具体性を持たせることが、熱意をアピールできる志望動機につながります。

具体性というのは先述してきたエピソード、「なぜ」の説明、自分の持つスキルや企業のメリットなどです。

誰にでも書けるような薄い内容では志望動機として響きません。

自分だけが持つ具体的な話をできることが良い志望動機につながります。

具体性を持たせられるよう、イメージを助ける内容を盛り込んでいきます。

Webライターへの転職でアピールすべきこと

悩む女性

Webライターへの転職でアピールすべきことを解説します。

適切なアピールは良い印象を与えるのにつながることです。

文章作成が好きなこと

ライターである以上、文章作成が好きなことはアピールしたいです。

Webライターを志望する人のほとんどがアピールする内容ではありますが、だからこそ欠かすことごできません。

文章作成が好きというのは、最低限必要な要素といえます。

文章作成については必ず触れましょう。そのうえで具体性を持たせることが必要です。

多方面に興味関心があること

Webライターの仕事ではさまざまな記事を執筆します。

そのため多方面に興味関心があるほうが仕事がしやすいです。

もし志望する企業が特定の分野を専門としていても、新規展開などで新たな方面の記事に着手する可能性もあります。

得意分野があるというアピールも大切ですが、そのうえで多方面に興味関心があることを伝えます。

そうすることで、いろいろなジャンルの記事を執筆できるチャンスが与えられる可能性が高いです。

 

ワンポイント

最低限触れておきたいポイントです。

Webライターの志望動機の書き方例文

ポイント

それではWebライターの志望動機の例文を紹介します。

あくまで一文・一例ですので、こちらに付随して具体性のあるエピソードを盛り込みましょう。

自分の知識経験を活かして役立つ情報を伝えたいから

Webライターは社会に役立つ情報を伝える仕事です。

そのため、自分の知識経験を活かして役立つ情報を伝えたいというのは大きな志望動機です。

知識経験とはどんなものか、どのように役立てることができるのかを具体的に展開させる必要があります。

もし企業の持つメディアに適した知識経験があればそのアピールを、幅広いジャンルを扱う企業であれば得意分野を伝えます。

知識経験を活かしたいこと、それにつながる具体的なエピソードを盛り込むことが必要です。

Webライターの仕事を通じてスキルを身につけたいから

ステップアップのためにWebライターとしての仕事をしてスキルを身につけたいというのも理由のひとつです。

Webライターのキャリアプランとして、編集者やWebサイト責任者、Webマーケティング担当者などがあります。

将来の夢のためにWebライターとしての経験を積みたいというのはアピールポイントとなります。

ただし、ステップアップのためにいずれ会社をやめる気であるということを匂わせてはいけません。

経験を積んだあとも、別の形で企業に貢献したいという気持ちもアピールします。

文章という形で社会に貢献したいから

女性

文章を書くことが得意な人であれば、得意分野で社会に貢献したいという理由を使うこともできます。

こちらも具体的なエピソードを添えることができるとなお良いです。

たとえば過去に文章でなんらかの評価を得た経験や、将来的な目標などを伝えられるとアピールにつながります。

繰り返しになりますが、大切なのは具体性です。

文章という形で社会に貢献したいと考えるに至った具体的なエピソードを盛り込めると良い志望動機です。

Webライターの志望動機のNG例

注意喚起をする女性

それでは、Webライターの志望動機としてNGな例を紹介します。

良いアピールをするためにもNG例は避けるようにしましょう。

(エピソードを言わず)自分に合っていると思ったから

自分に合っていると思ったというのは志望動機として使いやすいものです。

ただし、それは具体的なエピソードがある場合のみです。

なぜその結論に至ったかを説明できなければ、面接官はあなたが本当にWebライターに合っているか判断できません。

ただ結論をいうだけでなく、理由も添える必要があります。

Webライターの仕事は需要があると思ったから

マルとバツの札をもつ女性

確かに、Webライターの仕事は需要があります。

ですがそれを志望動機にするのは、自分本位すぎると思われてしまう可能性が高いです。

需要が高く参入しやすい仕事が良い、将来安定していそうというのは志望動機といえません。

そのつもりがないとしても、企業側は適当な印象を抱いてしまいます。

自分本位な理由はたとえ本心であっても伝えないことが無難です。

 

ワンポイント
ぼんやりとした内容では良い志望動機といえません。

転職相談は転職エージェントを活用しよう

打ち合わせ中

転職の志望動機作成には意識すべきポイントが多いです。

ですがポイントを押さえれば安心とは言い切れません。自分が作った志望動機に問題がないか不安でしょう。

志望動機の内容や面接での伝え方など、考えなければならないことはかなり多いです。

転職活動中は自分一人で解決するのは難しいことや、他者の意見が欲しい場面がたくさんあります。

そんなときはぜひ転職エージェントに相談しましょう。

転職エージェントは多くの転職者のサポートをしてきた存在です。

転職相談の経験が豊富ですので適切なアドバイスが期待できます。

志望動機の添削を受けることも可能なため、転職活動がスムーズに進みます。

悩みを一人で抱え込んではいけません。何かあればぜひ転職エージェントへ相談しましょう。

まとめ

パソコンと女性

Webライターとして転職をしたいのであれば、適した志望動機を作る必要があります。

やみくもに書けばいいというわけではなく、ポイントを押さえることが大切です。

逆にいえば、いくつか注意点を意識すればそれだけでぐっと良いものにつながるのです。

Webライターになりたいという熱意が伝わる志望動機を、具体的なエピソードを盛り込みながら作成します。

企業側へのメリットについても触れることができるとなお良いでしょう。

誰でも使えるような曖昧でぼんやりした志望動機では面接官に響きません。

あなただけの志望動機を作り上げることが大切です。

もし不安があれば転職エージェントに相談してください。

志望動機の添削やアドバイスはもちろん、転職に関するさまざまなサポートをします。

良い転職を実現させるためにも、妥協することなく志望動機の作成をしましょう。

あなたがWebライターとして活躍する未来が楽しみです。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する