キャリアコンサルタントは国家資格であるため転職でも大いに役立ちます。

今回は現在転職準備をしておりキャリアコンサルタント資格の取得を考えている方のために面接対策を解説していきましょう。

国家資格であるため難易度も高くなりますが、その分だけ仕事で役立ちます。

この記事を参考に面接対策を行っていただければ嬉しいです。

Contents

キャリアコンサルタント試験の面接対策を解説!

スマホを使う女性

キャリアコンサルタント試験の面接ではまず職種への適性が問われます。

その職種の性質上、相談者に対してキャリアの専門家としてアドバイスを行わなければならないからです。

そのため、事前にそうした適性があることをはっきりと面接官に対して伝えられるように対策をしていかなければなりません。

今回はキャリアコンサルタント試験の受験を考えている方に向けて、面接対策を解説していきます。

どのような対策を行えばキャリアコンサルタント試験に合格できるのでしょうか。

キャリアコンサルタント試験の特徴

パソコンを持つ女性

まずはキャリアコンサルタント試験の特徴について解説していきます。

この試験がどういったものなのか、理解を深めておくことによって対策も練りやすくなるでしょう。

試験内容についても言及していきます。

学科

学科は、マークシートによる四肢択一形式での試験となります。

問題数は50問で試験時間は100分となっており、1問あたり2分計算で解かなければなりません。

また、学科試験の合格ラインは100点中70点以上となっており、事前に十分に対策を行っておけば合格は難しくないでしょう。

学科試験では以下の内容について出題されます。

  • キャリアコンサルティングを行うために必要な知識
  • キャリアコンサルティングの社会的意義
  • キャリアコンサルティングに必要な技能
  • キャリアコンサルタントの倫理と行動

これらは全てキャリアコンサルタントとして働く上で欠かせないものです。

そのため、出題範囲は広いですが全て満遍なく勉強をしておく必要があるでしょう。

実技

次は実技について解説していきましょう。

実技は受験者がキャリアコンサルタント役となってキャリアコンサルティングを行うロールプレイと面接による口頭試問の形式で行われます。

実技は「キャリアコンサルティングを行うために必要な技能」があるかどうかが問われる試験です。

試験時間はロールプレイが15分、口頭試問が5分で合計20分となっています。

実技は150点満点となっており、90点以上を取れれば合格です。

しかし、口頭試問では配点の40%以上、ロールプレイでは3つの評価軸全てで配点の40%以上を最低でも獲得しなければなりません。

また、実技試験はキャリア・コンサルティング協議会(CC協議会)と日本キャリア開発協会(JCDA)で問題内容が変わります。

内容に若干の差があるため、事前に参考書などで過去問題を調べて自分に合った方を受験すると良いでしょう。

合格率は?

スーツの女性

合格率は学科試験が20〜25%程度、実技試験が60〜70%程度となっており学科試験の難易度の方が高いことが分かります。

実技試験は比較的合格しやすいと考えられますが、学科試験に対してはしっかりと対策が必要となるでしょう。

 

ワンポイント
・学科はマークシートによる四肢択一形式でキャリアコンサルティングに関する幅広い知識が問われる
・実技はロールプレイと口頭試問形式でキャリアコンサルティングを行うために必要な技能が求められる

面接直前にしたほうが良い準備

考える女性

次は面接直前にしておいた方が良い準備について解説していきます。

しっかりと準備しておけば試験にも自信を持って臨むことができるでしょう。

口頭試問対策

口頭試問ではいくつか必ず聞かれる質問があるため、これに対して答えられるように準備しておくと良いでしょう。

しかし口頭試問で聞かれるのはロールプレイに関することも含まれているため、当日になるまでどのように答えれば良いのかは分かりません。

そのため余裕があればロールプレイの段階でどういったことが聞かれるのかを考えながら行うと良いでしょう。

以下、口頭試問で聞かれる質問です。

  • ロールプレイで「できたこと」と「できなかったこと」
  • クライアントの主訴は何か
  • キャリアコンサルタントから見たクライアントの問題点は何か
  • 今後どのように支援していくか

これらのことは基本的に口頭試問で質問されると考えて良いでしょう。

事前に回答を決めて臨むことは難しいですが、これらのことが聞かれるという心構えをしておくと動揺せずに対応できるはずです。

時間感覚を身に付ける

面談

これらの質問について対策を行う中で気をつけなければいけないのが、1つ1つの質問に対しての時間配分です。

口頭試問の時間は5分と決められており、長時間話すと逆に悪い評価に繋がる可能性があります。

短すぎず長すぎず、丁度良い長さを心がけて回答することが大切です。

1問あたり1分程度が丁度良いと考えられるので、事前にどのくらい話すのが妥当か時間感覚を身につけておくと良いでしょう。

 

ワンポイント
・口頭試問ではよく聞かれる質問があるためそれらが聞かれる前提で臨む
・口頭試問の時間は5分と短いため時間感覚を身に付けて臨むと良い

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

キャリアコンサルタントの資格を取得するメリット

打ち合わせをする女性

キャリアコンサルタントの資格を取得すれば、キャリアコンサルタントとして仕事をすることが認可されるというのが最大のメリットです。

また、キャリアの専門家として十分な知識を持っていることの証明になるためキャリアコンサルタント以外への転職にも有利に働きます。

国家資格であるため、クライアントや企業から信頼を得やすくなるというのもメリットの1つです。

この資格のメリットを十分に活かして転職活動を行っていきましょう。

キャリアコンサルタント試験面接時のポイント

ポイント

キャリアコンサルタント試験のロールプレイ面接を行う際には以下のポイントを意識するようにしましょう。

そうすることで面接を有利に進めていくことが可能となります。

筆記よりも実務の方が合格率は高いですが、十分な対策は必要不可欠です。

相手のニーズを意識しよう

ロールプレイでは相手がどういったことを相談し、解決したいのかというニーズを意識すると良いでしょう。

どういったことに悩んでいるのか、どういった気持ちでいるのかを知ることで具体的にどのようなサポートをすれば良いかが分かります。

ロールプレイではありますが、実際のキャリアコンサルタント業務を想定して相談者のキャリア支援を行いましょう。

相手に優先事項を認識してもらうよう意識しよう

ガッツポーズをするビジネスウーマン

キャリアコンサルタントの業務において重要なのが、相談者にどういった価値観や考えを持っているのかを再認識してもらうことです。

価値観や考えによってキャリアにおいて優先すべき事項というのも変わってきます。

まずは相談者がどういった価値観や考えなのかを示し、その上でキャリアにおいて何を優先すべきかを意識してもらいましょう。

こうすることで、どのように解決すべきなのかが明確になっていきます。

ロールプレイではこのように実際のキャリアコンサルタント業務と同じように相談者へ気付きを与えることを意識しましょう。

 

ワンポイント
・相手が何を解決したいのかというニーズを意識して面接を行う
・相手に価値観や考えを再認識してもらいキャリアにおいて何を優先すべきかを意識してもらう

キャリアコンサルタント試験の注意点

働く女性

次はキャリアコンサルタント試験のロールプレイでの注意点について解説していきます。

以下のようなことをすると悪い評価に繋がる可能性があるため注意が必要です。

自分主導にならないように注意

ロールプレイでは自分がキャリアコンサルタント役として、相談者の話を聞くこととなります。

その際にやってしまいがちなのが、自分主導で相談者に対して話をしてしまうということです。

キャリアコンサルタントというのはあくまで相談者の話を聞いて相手のキャリア形成をサポートするのが仕事です。

そのため、自分主導で話を進めてしまうと相手が萎縮して自分のことを話せなくなる可能性があります。

相手が話しやすい環境を作るのも、キャリアコンサルタントの重要な仕事の1つです。

知ったかぶりをしないように注意

ロールプレイの試験時間は15分であるため、相手の話の内容に知ったかぶりをして進めていこうと思う場面もあるかもしれません。

しかし知ったかぶりをしているのが相談者に見透かされてしまうと、相手は嫌な気持ちになるはずです。

そのため、会話の中でよく分からない部分があった場合には「詳しく聞かせてください」などといってしっかりと理解するようにしましょう。

相手の話をきちんと聞いているのだという姿勢をアピールするためにも知ったかぶりには注意が必要です。

 

ワンポイント
・自分主導ではなく相手主導で話しやすい環境を作るように心がける
・相談者の話の中で分からないことがあった場合には知ったかぶりをせずに聞く

面接時の質問例

女性

次はロールプレイ面接時の質問例とそれが効果的である理由を取り上げていきます。

どのような質問をすれば、相談者のキャリア上の悩みを解決できるのでしょうか。

お仕事の内容はどのようなものなのでしょうか?

現在やっている仕事の内容を具体的に尋ねることによって、相談者の状況を把握することができます。

キャリアの悩みを解決する上で現職の状況を把握すれば、相談内容と照らし合わせてどういった方向で解決すべきかが分かるでしょう。

もし現在の仕事への不満が原因である場合は、今後どういったキャリアを構築すれば良いのかの参考にもなります。

仕事内容はしっかりと把握しておくと良いでしょう。

そう考えるようになったきっかけなどはありますか?

相談者がキャリアコンサルタントに相談していることについて掘り下げる上で、そのきっかけというのは重要なポイントです。

相手がどうしてそう考えるようになったのかを知ることによってその人の抱えている不安の原因が分かる可能性があります。

不安の原因を突き止めることができれば、どうすれば悩みの解決に向かえるのかも明確になっていくことでしょう。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

キャリアコンサルタント試験合格のために

笑顔の女性

キャリアコンサルタント試験に合格したい方が気になる点についてここでは解説していきます。

試験合格のために知っておいた方が良いことを今のうちに知っておきましょう。

勉強時間はどの程度?

キャリアコンサルタントに合格するためには厚生労働大臣認可の「キャリアコンサルタント養成講座」を受講するのが良いでしょう。

この講座は全部で通信講座とスクーリングで合計150時間の講習を受けることとなります。

実技についてはこの講座を受講することによって、問題なく対策が行えることでしょう。

しかしこれとは別に学科試験の勉強が必要となります。

学科試験の勉強の目安時間は100〜200時間です。

この時間数を満たせばキャリアコンサルタントへの合格は難しくないでしょう。

資格取得までのスケジュールを組もう

資格取得を目指す方はまず、具体的なスケジュールを組む必要があります。

特にキャリアコンサルタントの資格を転職などに生かそうと考えている方は計画的に資格取得を行う必要があるでしょう。

キャリアコンサルタント資格の取得を目指す場合には勉強時間などを考えて最低でも3ヶ月は必要となります。

キャリアコンサルタントの試験は年に4回行われているため、自分がいつ受験すれば良いのかを明確にしておきましょう。

例えば仕事の繁忙期などと重なる場合は、勉強を十分に行えない可能性があります。

キャリアコンサルタント試験には受験資格があり、キャリアに関係する実務や資格を持っていない場合は講座の受講が必須です。

そのため講座を受講する期間などもしっかりとスケジュールに組み込んでおくようにしましょう。

キャリアコンサルタントの資格を活かすには

スーツ姿の女性

キャリアコンサルタントの資格を活かすためには、やはりキャリアコンサルタントに転職するのが1番良いでしょう。

また、人事・労務といった職種に就くのもおすすめです。

こうした職種は他者のキャリアに携わるため、キャリアコンサルタントの資格は有利に働きます。

もし無事に資格取得を実現してどういった職種に転職すれば良いのか迷った場合には転職エージェントを活用してみましょう。

きっとあなたに合った転職先を見つけるためにアドバイスやサポートを行ってくれるはずです。

この機会に是非、転職エージェントへの相談を検討してみてください。

まとめ

笑顔でこちらを見る女性

今回はキャリアコンサルタント資格の面接対策について詳しく解説してきました。

キャリアコンサルタントというのは、相談者のキャリア形成を手助けする価値ある職種です。

資格を取得することができれば、キャリアコンサルタントとして仕事を行えるため興味がある方は取得を検討してみてはいかがでしょうか。

また、今後転職活動をしていくにあたって不安な部分がある場合には、転職エージェントへの相談がおすすめです。

自分だけでは難しい転職対策などもサポートしてくれるため、心強く思えることでしょう。

転職エージェントを上手に活用して理想の転職を実現していただければと思います。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら