「もうこの仕事は辞めたい」「人間関係がしんどい」「ストレスで精神的に辛い」

このような気持ちで仕事をされている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

他にも仕事を辞めたいと感じる様々な理由があります。

もしそうなのであれば一度立ち止まって考えてみてください。

「会社を辞めたい」と思った時これから先どう行動していけばよいのかやるべきことを解説していきます。

対処法や退職の判断基準も紹介しますので参考にしてください。

Contents

仕事を辞めたいと思ったらやるべきことを解説!

不安

それでは「会社を辞めたい」「仕事を辞めたい」と思ったらやるべきことをご紹介していきます。

「会社を辞めたい」という気持ちがあってもどう行動すればよいのか分からないという方もいらっしゃるかもしれません。

そんな方へまずは何をすべきか確認していきましょう。

仕事を辞めたくなったらまず最初にすること

不安

なぜ会社を辞めたいのかその理由をより明確に鮮明にしていきましょう。

そうすることにより自分の気持ちがハッキリ見えてきます。

他にも「こんな理由があったなんて」と気づくことも多くあるでしょう。まずは紙とペンを用意してください。

なぜ辞めたいと思うのか気持ちを書き出す

メモ

会社を辞めたい理由を正直に書いていきましょう。

「人間関係が辛い」「仕事内容が気に入らない」「労働時間が長い」「給料が低い」など思いつくままに書き出してください。

ここでは「自分の気持ちに正直に何でも書く」という事が大切です。誰かに見せるわけではないので緊張せずにたくさん書きましょう。

書き出した気持ちを並べ替えてみる

パソコンと女性

会社を辞めたい理由が書き終わりましたら次は整理です。

自分が会社を辞めたい理由が可視化されたことにより以下のようなことが分かります。

  • 自分がどのような価値観を持っているのか
  • どのような環境を求めているのか

転職活動をする際にもとても大切なことになりますのでしっかり整理しておいてください。

 

ワンポイント
なぜ辞めたいのか理由を書き出して明確にしよう。

自分で解決できることとできないことを分けて考えよう

メモ

会社を辞めたい理由が分かってきたところで、それが自分で解決できることなのか解決できないことなのかを考えてみましょう。

例えば「労働時間が長い」「給料が低い」ということは現在の会社にいて自分で解決できる問題でしょうか。

答えは「NO」です。なぜなら労働時間を短くできるのであればすでに行動して解決しているはずです。

仮に労働時間を短くできたとしても次は「給料が低い」という問題がさらに深刻化していくでしょう。

「労働時間が長い」「給料が低い」という問題は自分では解決できないということになります。

このようにその問題は自分で解決できることなのかどうかを考えていきましょう。

自分の状況を確認してから行動しよう

腕組

辞めたいと思ったら衝動的に行動するのではなく自分の状況を確認してください。

もしかしたら現状を改善するヒントが見つかるかもしれません。

能力不足の場合はもう少し努力をする

ガッツポーズ

自分の能力不足で仕事について行けないという場合は少しだけでいいので努力する方法があります。

ただガムシャラに努力するのではなく今までやってなかったことを試してみましょう。

以下のような方法がおすすめです。

  • やり方を改めてみる
  • 同僚や上司に話を聞いてみる
  • 勉強してみる

体調を崩している場合は休暇を取る

休憩

「会社を休むのは社会人としてなってない」「自己管理もロクにできていない」と聞いたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ですが体調が悪いのに無理して会社に行くことが本当に良いことなのかどうかは分かりません。

回復までに時間がかかったり仕事の効率が下がったりかえってマイナスになることもあるでしょう。

しっかり休んで回復してから仕事をした方が効率も良く周りの人に迷惑をかける期間も短く済みます。

体調を崩してしいる方は休暇をとりましょう。健康な体があってこその仕事です。

自分で解決できない悩みはエージェントに相談する

相談

どうしても自分では解決できない悩みは思い切って転職エージェントに相談しましょう。

エージェントによる「客観的な目線」「プロからの目線」によって自分自身を知る事ができます。

自分だけで判断して後悔しないようにするためにもプロにお願いするというのも非常に大事な選択肢です。

 

ワンポイント
自分の状況をしっかり確認してみよう。

仕事を辞めて後悔しないために

ポイント

仕事を辞めて後悔しないようにするために少しずつでもいいので考えてから行動を始めましょう。

  • 勢いで会社を辞めたけど、これからどうしよう
  • 短期間で職場を転々としてしまい信用が下がってしまった
  • 転職したのはいいけど、前の会社の方が良かったのでは?

このような後悔をする方は非常に多いです。しっかりと考えてから行動をしましょう。

短期間で離職を繰り返している人

考える

その時の感情や勢いですぐに辞めてしまうのではなく一度立ち止まって考え直しましょう。

同じことを繰り返していくと状況がさらに悪化してしまう可能性もあります。

社会人としての信用も下がってしまうでしょう。社会人としての信用が下がれば転職も難しくなります。

もう一度自分自身としっかり向き合って考えるのが得策です。

仕事に対しての「価値観」や「考え方」を見直せば自分に合う会社に出会える確率も高まります。

うつの人は休職を考える

  • 憂鬱な気分
  • 眠れない
  • 疲れがとれない
  • 落ち着かないし不安な気分

このような症状が続いている方はもしかすると「うつ」になってしまっている可能性があります。

精神的なところから体調不良につながることもあるでしょう。

心当たりがある方は一度病院で相談してみてください。「うつ」は素人判断で対処をして良いものではありません。

無理はせず休職することをしっかり考えておくことです。

転職についてビジョンがない場合は?

メモ

  • 転職をしようと考えてみたのはいいものの、次の仕事について全くビジョンが浮かばない
  • 何をしたらいいのか、どうすればいいのか分からない

転職についてビジョンがない場合はこのような悩みが生まれます。

このような場合はまず情報を集めてみましょう。

「今の自分の状態や能力」「今の会社の待遇」「転職先の待遇」これらを比較して考えてみてください。

今の会社の待遇は他の会社に比べると意外と良かったという発見があるかもしれません。

自分だけで情報収集して考えるのが不安な場合は「転職エージェント」を利用するのもおすすめです。

プロの方の意見を直接聞くことによって安心して転職先を決めていくことができます。

迷ったら積極的に利用していきましょう。

転職のプロによるアドバイスを受けて転職を成功させてください。

 

ワンポイント
会社を辞めて後悔しないために自分と向き合おう。

ケース別対処法

ポイント

  • 労働に内容のわりに給料が少ない
  • 職場の人間関係が良くならない
  • なんとなく働きたくない

仕事を辞めたい理由としてこのようなことを考える方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

すぐに会社を辞めるわけにはいかないのでなんとかして対処したい場合はケース別に対処法を探るのも手です。

この章ではケース別の対処法を紹介します。

お金

計算

しっかり働いているのに給料が少ないということに悩んでいる女性は多いです。

仕事内容のわりに給料が低いと感じているのだけれど簡単に会社を辞めるわけにもいかないというジレンマがあります。

この場合は「もっと効率よく仕事ができないか」と考えてみるのも良いでしょう。

仕事の見方や考え方・方法を変えるだけで、もっと楽に仕事ができる方法が見つかるかもしれません。

「省略できる所は省略する」「ムダな所・いらない所は無くす」ということを意識して仕事をしてみましょう。

人間関係

悩み

「あの上司とは合わない」「もうちょっと言い方を考えてほしい」こういった人間関係の悩みは特に多い問題です。

その人が居るから自分が会社を辞めなければいけないのも納得できないという女性も多くいます。

この場合はできるだけその人と会わないように工夫したり言われた言葉のとらえ方を変えたりするしかないでしょう。

相手の人を変えることはできないので自分が変わるしかないこともあります。人との付き合い方を本で勉強するのも良いでしょう。

どうしても対処できない場合は信頼できる人や上司に相談をするのも手です。

人間関係が原因で好きな仕事を辞めなくても済むようにしましょう。

働きたくない

パソコンと女性

「特に理由は無いがなんとなく働きたくない」という気持ちになったことがある方もいらっしゃるかもしれません。

やる気が起きなかったりやりがいを感じなかったりと理由もさまざまなことがあるでしょう。

この場合は少し休んでみるのも手です。勢いで会社を辞めてしまうのはあまり得策ではありません。

仕事に対して自分がどう思っているのかそれを考える時間が必要です。

一度休んで考え直してみると同じ会社でも楽しさややりがいが芽生える可能性も十分にあります。

なんとなく働きたくないから勢いで辞めるという行動はしないようにしましょう。

退職の判断基準

虫眼鏡

退職をした方がいいのかしない方がいいのか何を基準にして判断すればいいのか分からないという方もいらっしゃるかもしれません。

その場合の判断基準を3つ挙げます。

  • どうしても解決できない人間関係
  • 会社の方針が合わない
  • ブラック企業に勤めている

これらに該当する方は退職を前向きに考えたほうが良いかもしれません。

自分ではどうすることもできない環境の中で仕事を続けることは人生において良くない影響を及ぼします。

辛い境遇から体調を壊したり精神が疲弊したりする前に退職を視野に入れてください。

どうしても解決できない人間関係

悩み

どのようにしても自分とは合わない人というのは必ず存在します。

いくら自分が頑張っても相手の人を変えるというのは不可能なことです。

どうしても解決できない人間関係を自分一人でどうにかすることは大変難しいことになります。

周りの人に相談してみたけど何も変わらないなど辛い経験をするかもしれません。

このようにどうしても解決できない人間関係がある場合は退職の判断基準として非常に大きな要素になります。

会社の方針が合わない

不満

会社が掲げているビジョン・理念・やり方・方針に全く共感できないという気持ちは退職する判断基準として良いでしょう。

自分の考えとは明らかに違うことをするというのは楽しさやりがいも持てないはずです。

「どうしても自分の意見を聞いてもらえない」「提案をさせてもらえない」という場合は状況を変えることも難しいでしょう。

「これ以上はついて行けない」というところまで感情が膨れ上がったら退職を考えてみてください。

ブラック企業に勤めている

労働環境に問題のあるようなブラック企業に勤めている方は退職を検討することをおすすめします。

労働環境も労働時間も過酷な状態では人生の満足度も大幅に下がってしまうかもしれません。

貴重な自分の時間を「ブラック企業」に使うのではなく次の会社に行く準備に使ってください。

 

ワンポイント
退職の判断基準
・解決できない人間関係
・会社の方針とどうしても合わない
・ブラック企業に勤めている

仕事を辞める前に試してみたいこと

電話

仕事を辞める前にはまず「情報を集める」「転職エージェントに相談する」この2つを試してみましょう。

自分だけで求人情報を集めていくのも良いですがそれだけでは不安も出てくるかもしれません。

そのような場合は転職エージェントにご相談ください。

転職のプロからのアドバイスによって自分の市場価値やキャリアプラン・適正があるかどうかなどを詳しく知ることができます。

転職での不安はエージェントに相談しよう

笑顔

転職はこれから自分の人生を変えるかもしれない重要なポイントです。

自分だけで決定するのが不安な方もいらっしゃるかもしれません。

転職エージェントは転職のプロです。転職エージェントに相談すると実際にプロの意見を聞きながら会社選びや仕事選びができます。

不安なまま過ごすのではなく安心して転職活動をすることが可能です。

漠然とした不安を解決して転職を成功させてください。

まとめ

案内

辞めたいと思った時に衝動的に止めるのではなく一度立ち止まって状況を整理してみましょう。

会社を辞めたいと思ったらなぜ辞めたいのかを明確にしてください。

会社を辞めたい理由が明確になったら自分の状況を確認して行動しましょう。

行動する時に不安を感じたら転職エージェントを積極的に利用するのも一つの方法です。

転職についての不安を解決して安心して転職活動に取り組んでください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら