インターネットにはさまざまなサイトや記事があり、手軽に情報を集めることができます。

そんなサイトや記事の文章を作成しているのがWebライターです。

Webライターは特別な資格がなくてもできる仕事で、近年人気が高まっています。

この記事では、そんなWebライターについて解説しました。

Webライターになりたい人や興味がある人はぜひお読みください。

Webライターの仕事内容を解説

案内

この記事では、Webライターの仕事内容について解説します。

ライターという名の通り執筆がメインの仕事ですが、それに付随してさまざまな業務をおこないます。

ただ書けばいいというわけでもなく、ポイントを押さえて適した文章を作らなければなりません。

仕事内容や求められていることについて理解することが、その仕事で成功するために大切なことです。

Webライターの仕事の特徴

ポイント

Webライターはその名のとおり文章を書くことが仕事ですが、ただ書けば良いというわけではありません。

Webライターの仕事の特徴について解説します。

SEOを意識したライティングが必要

Webライターは記事を書く際にSEOを意識する必要があります。

SEOとは「検索エンジン最適化(Search Engine Optimization)」のことです。

これは、検索エンジンでキーワードを検索した際に自社のサイトやページが上位に来るようにするためにおこなう調整です。

検索エンジンがページ内容を理解し有用な記事であると評価すれば、検索結果の上位に表示されます。

そのようなページを作るために意識してライティングをおこなうことが必要です。

記事の内容も意識しなければいけない

SEOばかりに気を取られ記事内容がおかしくなってはいけません。

良質な記事をつくるためにも内容を意識する必要があります。

読者が求める情報を含んでいるか、読みやすい文章になっているかなどを意識します。

記事を作って終わりではありません。

読んでもらうこと、もっといえば記事を読むことで何らかのアクションを起こしてもらうことが目的です。

有用な内容の記事となるよう意識して執筆する必要があります。

 

ワンポイント
Webサイトに掲載するのにふさわしい文章を書かなければいけません。

Webライターの働き方

パソコンと女性

それではWebライターの働き方について紹介します。

比較的自由な働き方を選べる仕事です。

企業に勤める

Webライターの働き方のひとつは、企業に勤めるというものです。

自社サイトの記事執筆やクライアントから依頼された記事執筆をします。

企業に勤めるWebライターの場合、執筆量に関わらず給与は一定であることが多いです。

閲覧数やアクション数などによってはインセンティブが付与されることもあります。

フリーランスのライターとなる

Webライターとして働く人は、フリーランスという形態をとっていることも多いです。

企業に属さず自分で仕事を探し、クライアントの意向に沿った記事を作成します。

クライアントと専属契約を結ぶこともあります。

フリーランスのライターに特別な資格は必要なく、誰でもなることが可能です。

 

ワンポイント
自分に合った働き方を選びましょう。

Webライターの役割

パソコン作業をする女性

続いてWebライターの役割を紹介します。

求められている役割について理解することが、仕事の成功に繋がります。

クライアントの意向を汲み取る

Webライターはクライアントの意向を汲み取ることが必要です。

記事執筆の仕事を受ける際に内容や目的・執筆ルールについて指示を受けます。

それらを守ることは当然であり、大切なのはその先、つまりクライアントが何を求めているのかを汲み取ることです。

Webライターはあくまでもクライアントの意向に沿って記事を執筆します。

そのためイメージに合わないものを納品したところで意味がありません。

依頼された案件に対するクライアントの意向を汲み取ります。

正確な情報を収集する

Webライターとして記事を執筆する際、正確な情報を収集することが大切です。

インターネットで記事を閲覧する人は、なんらかの情報を求めていることがほとんどです。

そのため正確な情報を伝える必要があります。

記事の正確性が高いことは好評価につながり、アクセス数や閲覧数のアップが期待できます。

良い記事を作るために正確な情報の収集が大切です。

オリジナリティの高い文章を書く

パソコンを操作する女性

良い記事を書くためには、オリジナリティの高い文章にする必要があります。

別の文章をそのまま使用する「コピペ」と呼ばれる行為は罪に問われる可能性もあるNG行為です。

情報収集はしつつも、実際に執筆する文章はオリジナリティが高いものでなければいけません。

正確性を保ちつつ他にない文章に仕上げる必要があります。

得意分野に関して書く

良い記事を書くためには、得意分野に関して書くことが大切です。

いくらインターネットで情報収集ができるとはいえ、全く知らない分野について記事を書くのは難しいでしょう。

文章としてのクオリティが下がってしまう恐れもあります。

得意分野であればある程度は知識がある状態ですし気持ちも乗りやすいので、スムーズに執筆できます。

得意分野の記事を書くことがおすすめです。

 

ワンポイント
ただ文章を書けば良いわけではなく、ポイントを押さえることが必要です。

Webライターになるメリット

オフィスの女性

Webライターになるメリットを紹介します。Webライターになることで身につくスキルがあります。

論理的思考力が上がる

メリットのひとつは、論理的思考力が上がることです。

Webライターが執筆する記事は、正確な情報を基に作成した伝わりやすい記事である必要があります。

出された結論にしっかりと根拠があり、かつ読みやすく理解しやすい記事でないと価値が低いです。

そのため自然と論理的思考力が高まります。

論理的思考力は日常においても非常に有用なスキルですので、さまざまな場面で役立ちます。

文章力を活かせるようになる

文章力が身につき、それを活かせるようになることも大きなメリットです。

文章は書けば書くほどより良いものになっていきます。

Webライターとしてたくさんの文章を作成するうちに、良い文章が作れるようになるのです。

文章を書く場面は仕事以外にもたくさんありますので、いつでも活かすことができます。

Webマーケティングスキルを身に付けられる

コンサルタント

WebライターはWeb上で見られる、アクションを起こさせるための記事を書く仕事です。

そのため文章に直接関係がないように見えるWebマーケティングスキルも身につきます。

インターネットがもはや生活に欠かせない存在である今、Webでなにかを売る・アピールする力は重要です。

Webライターは文章を書く仕事ですが、マーケティングスキルも身につきます。

将来Webで何らかのビジネスをするにあたってかなり役立つスキルです。

Webライターの平均年収

独学

Webライターの平均年収を紹介します。

企業に属するライターであるか、フリーランスのライターであるかによって大きく異なります。

  • 企業のWebライター 450万から550万
  • フリーランスのWebライター 200万から400万

一般的に、企業に属するライターのほうが収入や記事報酬が高い傾向です。

特に専門性の高い記事やコピーライターの場合は高収入が見込めますし、大企業は昇給ペースも早めです。

Webライターとして安定収入を得たいのであれば企業へ所属するほうが良いでしょう。

一方でフリーランスのWebライターは年収にかなりばらつきがあり、年収200万前後の人も少なくありません。

ですが案件や契約、記事の内容や評価によっては高収入も期待できます。

安定感はありませんが、努力や実績次第でいくらでも高みを目指せるのがフリーランスの特徴です。

Webライターのやりがい

パソコン作業をする女性

Webライターとしてやりがいを感じられる場面を紹介します。

まず、自分の記事がクライアントに評価されたときです。仕事が認められたときは大きな喜びを得られます。

Webライターとして作成する文章は、クライアントの意向に沿ったものでなければなりません。

そのため求められているものを執筆できないとせっかく仕事しても評価につながらないのです。

よって執筆には常に緊張感がともないますが、だからこそ評価を得られたときのやりがいは大きいです。

また、自分の書いた記事が多くの閲覧数を獲得したときにもやりがいを感じられます。

Web記事は人に読んでもらうことではじめて意味を持ちます。閲覧数はすなわち評価を数値化したものです。

多くの閲覧数を獲得したということは自信になりますし、記事を書いたことに対するやりがいを感じられます。

 

ワンポイント
自身の記事に対する評価がわかりやすく、やりがいを感じられる仕事です。

Webライターの将来性やキャリアパス

オーケーを示す笑顔のビジネスウーマン

仕事に就くうえで考えたいのが、将来性やキャリアパスについてです。

そこで、Webライターの将来性やキャリアパスについて解説します。

将来性

Webライターは日々数が増えている仕事ですが、将来性もあるといえます。

その理由のひとつが、需要の高さです。

インターネットで情報収集する人はかなり多く、もはやWeb記事と生活は一体化しているともいえます。

ですがサイトやページが多いため、常に新しい記事を出し続けなければなりません。

専門性の高い有用な記事も必要です。

そのため記事を書くことができるWebライターにはかなりの需要があるのです。

この先インターネットがなくなるという未来は考えにくく、むしろますます必要とされていくのではないでしょうか。

また、Webライターの仕事を通して得たスキルは仕事以外でも役立てることが出来ます。

もしWebライターを辞めたとしても普遍的に活かせる力が手に入るので、活用できる範囲が広いです。

Webライターの需要そのものがこの先も強い見込みであること、活用しやすいスキルが手に入ることから、将来性があります。

キャリアパス

女性

Webライターのキャリアパスとして直接的なものは以下のとおりです。

  • 専門的ライター
  • Web記事ディレクター(編集者)
  • Webサイト責任者
  • Web事業責任者

ライターとして仕事を続けるのであれば、専門性の高い難しい記事が書けるようになります。

またライター経験を活かして記事の編集をする編集者になるのも良いでしょう。

記事執筆経験を通してWebサイトに貢献できるようになれば、責任者登用も考えられます。

Web記事が掲載されているサイトや関連事業においてより責任の高い仕事へキャリアアップ可能です。

もし特定分野の専門性が高まれば、その分野の仕事に就くこともできるでしょう。

ライターとして培った知識を活かすことができれば、ライター以外の仕事でも活躍が期待できます。

転職相談は転職エージェントを活用しよう

相談

Webライターのように就きたいと思う特定の仕事があるなら、適した対策を進めましょう。

仕事に合った対策をすることが転職活動の成功につながります。

ですが具体的な対策方法がわからない人やそもそも自分が就きたい仕事がわからない人もいるでしょう。

そのような悩みを持ったままですと、転職活動がスムーズに進まない可能性があります。

もし転職活動において悩みがあれば、転職エージェントに相談することがおすすめです。

転職エージェントは転職者のサポート経験が豊富なため、より実用的なアドバイスを期待できます。

幅広い仕事に関する知識やノウハウもあるため、仕事ごとの詳しい話を聞くことも可能です。

転職活動は自分ひとりだけの力で進めなければいけないものではありません。

相談したいことがあれば、いつでも転職エージェントを活用してください。

まとめ

パソコン

Webライターの仕事は需要が高く比較的自由な働き方ができるため、人気の仕事です。

ですがただ文章を書けば良いというわけではなく、ポイントを押さえる必要があります。

クライアントが求めている記事、読者の役に立つ記事を作るよう意識します。

Webライターの仕事を通して身につけたライティングスキルや論理的思考力は仕事以外でもかなり活用できます。

Webライターへの転職を考えているのであれば、ぜひポイントを押さえて転職活動をしてください。

もし悩みがあれば転職エージェントに相談しましょう。

スムーズな転職活動成功のために全力でサポートをおこないます。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら