仕事をする上で、本当に今のキャリアでいいのか不安になることも時にはあるでしょう。

現状に不満があるがどうしたらいいかわからない、あるいは、不満はないがどこかしっくりきていないという話もよく耳にします。

この記事では、そのような女性が転職を人生の転機にする方法を解説しています。

転職するタイミング転職の失敗例を踏まえて詳しく解説していますので、是非参考にしてみてください。

転職を人生の転機にしよう

女性

「今の会社の人間関係が辛い」

「社内の仕事にやりがいを感じられない」

このような悩みを持っている女性は多いものです。

転職は、人間関係や給料・仕事内容などが大きく変わり、自分を新たにリセットさせてくれるものでもあります。

これまでの自分を変えたい、もっとやりがいのある仕事をして輝きたいと考える人には、ぜひ転職をおすすめします。

環境を大きく変えることで、新たな自分を発見する手がかりになるでしょう。

転職をするタイミング

指し棒

近年では終身雇用制度が形骸化しつつあり、転職をしていることが当たり前の時代になってきています。

そのような状況の中、転職するのに適切なタイミングというのはあるのでしょうか。

一般的には、よほど劣悪な環境でない限り、入社1年以内の転職は「忍耐力がない」とみなされる可能性があります。

まだ若いうちに未経験分野への転職を考えるなら、入社後3年程度が目安になるようです。

同じ業種や職種でのキャリアアップのための転職であれば、5年程度の経験があったほうがいいでしょう。

女性の場合、職種にもよりますが、30歳を超えると転職が難しくなる傾向があるようです。

しかし管理職候補としての転職や即戦力としての転職であれば、それまで積んできた経験を活かした転職ができるでしょう。

転職をするメリット

ルーペを持つ笑顔の女性

ここからは、転職を考えている女性の方に向けて、転職するメリットを3つの項目で紹介していきます。

年収が増える可能性がある

女性が転職するメリットの1つ目として、今の仕事よりも年収が増える可能性があることが挙げられます。

特に、現在の仕事の年収が業種平均と比較して低すぎるという人であれば、転職することによって年収が上がる可能性が高いです。

また、現在の仕事よりも幅広い業務や責任のある仕事に挑戦する場合は、さらに年収アップが期待できます。

もちろん転職先や職種による部分は大きいですが、転職することによって年収が増える可能性は高いといえるでしょう。

人間関係を新しくつくれる

職場

転職するメリットの2つ目として、人間関係を新しくつくれるということが挙げられます。

理不尽な要求をしてくる上司がいたり、職場の雰囲気が悪かったりすると、仕事に対するモチベーションも下がってしまうでしょう。

そのような場合、転職することで人間関係を新しくつくれることは大きなメリットといえます。

新たな職場で人間関係も1からスタートすれば、仕事に対するモチベーションも高まります。

やりたいことを追求する

転職するメリットの3つ目は、やりたいことを追求できるということです。

自分がどのようなことを仕事で行っていきたいのか、どのようなことに興味があるのか、とことん自己分析を行いましょう。

自己分析することによって仕事の適性が分かり、その結果、自分に向いている仕事や好きな仕事に転職することができます。

やりたいことを追求することで、生き生きと充実した生活を送ることができるでしょう。

 

ワンポイント
転職によって年収が増えたり、新しい人間関係を築いたり、やりたいことを追求できるというメリットがあります。

転職をするデメリット

考える女性の画像

上記では、女性が転職をするメリットを3つ解説してきました。

ここからは、女性が転職する上でのデメリットを2つ解説していきます。

出費が増える

まず1つ目のデメリットとしては、出費が増えるということです。

出費が増える原因としては、応募のための履歴書の購入や送料、面接に行くための交通費などが挙げられます。

もし遠方での面接が続けば、1回の転職活動で数万円の出費になることも。

転職にかかる費用を見越して、会社を辞めるタイミングを考える必要があるでしょう。

また、未経験分野への転職の場合は、進め方によっては長期化する可能性もあります。

転職を視野に入れる場合は、そのための費用を事前に少しずつ準備しておくといいでしょう。

社会的信用が低下する

2つ目は、社会的信用が低下するということが挙げられます。

例えばローンの借り入れなどの際、信用できる人物であることを確認するため勤続年数の記載を求められる場合があります。

勤続年数が長ければそれだけ収入が安定しているとみなされているのです。

もちろん、転職したからといって全く信用されなくなるということはありませんが、勤続年数が途切れてしまうことは事実です。

このように、場面によっては社会的信用が低下してしまう可能性があります。

企業規模ごとの違い

ファイルを持つ女性

転職希望先の企業の規模によって、転職の目指し方や進め方に違いがあります。

大企業・中小企業・ベンチャー企業の3つに分けて具体的に見ていきましょう。

大企業

大企業の中途採用では、より専門性の高い業務を高いスキルで行う人材が求められます。

部署や役割が細分化されていることが多く、また作業量が多いため、一人が扱う業務を狭めて専門性を高めているのです。

よって大企業への転職を考えている場合は、自分のスキルを武器にして専門性をアピールする必要があります。

また、企業が大きくなるにつれてリスクを取らず着実に成果を出せる人を求める可能性が高いです。

そのため、失敗を恐れずに様々なことに挑戦したいという人よりも、やるべきことを着実に行う人のほうが歓迎されやすいといえます。

中小企業

キャリアウーマン

仕事が細分化されている大企業に対し、中小企業では様々な業務や工程を一人で回せる人材の方が高く評価される傾向にあります。

経理や総務を一手に任されたり、営業も事務もどちらもこなせたりと、マルチに活躍できる人材は歓迎されるでしょう。

その分、若いうちから責任のある仕事を任されることもあり、やりがいを感じやすいといえます。

短期間の間に様々な経験を積むことができるため、自分の力を伸ばしていきたいという人にはおすすめです。

ベンチャー企業

ベンチャー企業では仕事の進め方が確立していないことが多く、リスクを取ってでも新しいことに挑戦する姿勢が求められます。

また、時代の変化に対応するため、スピード感をもって仕事をできる人材が歓迎される傾向にあります。

人材も流動的で、成果を出せばすぐに昇進や昇給できることも多いようです。

流行に乗るのがうまく、アンテナの感度の高い人にはおすすめです。

 

ワンポイント
企業規模によって求められる人材像は大きく異なります。

転職を成功させるためには

やる気を見せるキャリアウーマン

転職する際には、自分の満足のいく転職ができるのかどうか不安になることも多いでしょう。

転職を成功させるためには、どのようなことに気を付けて準備を進めたらよいでしょうか。

ここからは、転職を成功させるために必要なことについて3つ紹介していきます。

自分の長所を知る

一番重要なことは、自分の長所を知るということです。

転職では必ず自分の長所をアピールし、企業に「うちにほしい人材だ」と感じてもらう必要があります。

そのためには自分の長所を正確に把握し、それを活かせる仕事や企業を探した方が効率的です。

転職した後も自分の良さを活かして働くことができるため、ストレスが少なく、長く続けやすいでしょう。

人に流されない

人差し指を出す女性

転職を成功させるためには、人に流されないという姿勢も重要です。

例えば他の人がいい職場だと言っていたからという理由でその会社に転職しても、自分にとっても同様にいい職場とは限りません。

また、誰かにすすめられたからという理由で転職活動を進め、もし失敗したとしても、その責任は自分でとるしかありません。

このように、転職の際には人の言うことばかりを鵜吞みにせず、自分で深く考えたうえで行動する必要があります。

一人で転職活動をしない

転職活動を進める際には、一人で進めない姿勢も重要なポイントです。

一人で分からないことにつまずいてしまうと、時間を余計に取られてしまうだけでなく、不安を抱え続けることになります。

また、自分一人の思い込みで間違った方向に進んでしまっても、それに気づくことができません。

プロである転職エージェントに相談してサポートしてもらうことで、一人で進めるよりも転職の成功率は格段にアップします。

また、自己分析についても客観的な意見が聞けるため、より正確に自分の良さを把握できることにもつながります。

 

ワンポイント
転職を成功させるためには自分の長所を知り、人に流されすぎず、また一人で抱え込まない姿勢が重要です。

無理に資格を取る必要はない

キャリアウーマン

転職する場合でも、無理に資格を取る必要はありません。

資格欄に書ける資格がないと不安になる気持ちはわかりますが、資格はあくまでもその人の能力を客観的に証明する道具です。

資格がなくても、今までの経験や培ってきたスキルをしっかりと説明できれば問題はありません。

また、企業側から明示されていない資格については、持っていてもそれほど重視されない可能性が高いのです。

よって、自分の専門とする分野や応募のために必須でない資格については、無理をしてまで取る必要はありません。

転職失敗例

悩む女性

ここからは、転職に関する失敗例をご紹介します。

これから転職を始める方は、同じ失敗をしないように参考にしてみてください。

自己分析が足りなかったAさんの例

友人から充実した職場の話を聞き、憧れを持ったAさん。

自分も同じように輝きたいと思い、思い切って同じ職種に転職を決めました。

未経験でも転職しやすい職種だったこともあり、無事転職はできたのですが、想像以上にハードで過酷な仕事だったのです。

友人から聞いていた話とは待遇も職場の雰囲気も異なり、早くも再転職したい気持ちでいっぱいになっています。

Aさんの場合は、自分が何のために転職したいのか、本当にそれが自分のやりたい仕事なのかをよく考えずに行動してしまいました。

また、人から聞いた話を頭から鵜呑みにしてしまい、真偽を確かめないまま信じてしまったのも失敗した要因です。

しっかりとした自己分析を行い、また業界や職種についての理解を深めておけば、もっと希望に合う転職ができたでしょう。

情報不足で失敗したBさんの例

前職ではやりたい仕事を任せてもらえず、同じ職種で別の会社に転職しようと考えたBさん。

求人情報はよく調べた上で転職したつもりでしたが、面接ではBさんの前職での経験を買われて採用が決まりました。

しかし、その面接の場で自分がやりたい仕事についてうまく説明することができなかったのです。

その結果、転職先でもほとんど同じ仕事を任されることになり、結局やりたい仕事に直接関わることはできていません。

Bさんの場合は、求人情報はしっかりと調べていますが、自分の希望を正確に伝えることができず、後悔の残る転職になりました。

例えば転職エージェントのようなプロに相談していたら、自分の希望を叶えるためのアドバイスを受けることができたでしょう。

 

ワンポイント
転職を成功させるポイントを押さえて、失敗しないように準備を進めましょう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

スマホを使う女性

転職の悩みは転職エージェントに相談するのが一番です。

一人では自分に合う仕事が見つからなかったり、どのような職種に向いているのか気づかなかったりする場合もあります。

転職エージェントを利用することで、自分の希望を丁寧に聞いてもらい、自分に合った転職のサポートを受けることができます。

転職エージェントは無料で利用できますので、積極的に活用して転職を成功させましょう。

まとめ

ガッツポーズ

転職を人生の転機にするためには、入念な準備が必要です。

まずは自分がどのようなキャリアに進みたいのか、しっかりと自己分析を行いましょう。

自分の長所ややりたいことが明確になったら、それを実現できる職種や企業を見極めるために情報収集を行います。

転職エージェントなどプロの力も借りながら、集められるだけの情報を集めましょう。

タイミングを逃さないように、計画的に準備をして、転職を成功させましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら