転職面接で怖いことのひとつに、思わぬミスを犯してしまうことがあります。

ただでさえ緊張する転職面接において、大きなミスをしてしまうと焦ってしまうでしょう。

焦りはパニックにつながります、そうなると落ち着いた面接どころではなくなります。

そのような事態を防ぐためには事前に面接時に起こり得るミスについて知っておき、対策をとる必要があります。

この記事では転職面接で起こり得るミスのうち、履歴書を忘れるというミスについて解説します。

ミスを防ぐ方法についても触れているので、転職面接を控えている人はぜひお読みください。

Contents

女性が転職面接で履歴書を忘れた時の対処法を解説

スーツの女性

転職活動時のように重要な場面では、時として信じられないミスが発生します。

そのうちのひとつが、転職面接の日に履歴書を忘れるというものです。

「履歴書を忘れる人がいるなんているの?」「私は絶対忘れないのに」と思っていませんか。

確かに通常であれば考えにくいミスですが、実際に起きてしまった事例は少なくありません。

常に多くの可能性を考慮したうえで対策について頭に入れておくことが必要です。

また、実際に忘れてしまって慌ててこの記事をご覧になっている人もいるかもしれません。

そのような人はぜひ解説されている対処法を実行してください。

ひとつのミスで全てを諦めることはありません。まずは落ち着くことが大切です。

履歴書を忘れたことは選考に影響する?

眼鏡の女性

面接当日に履歴書を忘れてしまうと選考に影響を与えますが、必ずしも悪影響とは限りません

大切なのはその後の対応です。

履歴書を忘れるというのは、いわば突発的なトラブルです。

そのような事態で冷静かつ適切な対応をすることができれば、トラブルに強いという印象を与えることが出来ます。

仕事をするうえでミスを完全に防ぐことは出来ません。

そのためここでミスへの対応力を見せることができれば、逆に好印象につながる可能性もあります。

慌てず諦めず、冷静さを保ちながらできる対策をとりましょう。

履歴書を忘れたことに気づいたら取るべき行動

案内する女性

履歴書を忘れたことに気づいたら取るべき行動を解説します。

繰り返しになりますが、履歴書を忘れてしまったことが全てを決定づけるわけではありません。

大切なのはその後の対応です。

正直に忘れたことを伝えよう

なによりも大切なのは、なるべく早い段階で履歴書を忘れたことを正直に伝えることです。

履歴書を忘れたことを隠すことはできません。後になってバレてしまっては悪印象となります。

まずは忘れたことを正直に伝える必要があります。

その後の対応方法を聞こう

履歴書を忘れてしまったことを伝えたら、その後の対応について確認をとります。

履歴書は面接で使用するものですので、進行に影響がある可能性が高いです。

そのため何らかの指示が与えられるはずですので、そちらに従います。

対応力や素直さを見せるという意味でも、ここで受けた指示は確実に守る必要があります。

謝罪は忘れずに

女性

履歴書を忘れるということは、残念ながら相手にとって迷惑となる行為です。

そのため誠意をもって謝罪しましょう。

どんなに良い対応ができたとしても、謝罪が欠けていては台無しです。

反省の気持ちを示す、そして基本的なコミュニケーション能力があるとアピールするためにもしっかり謝罪しましょう。

口先だけの謝罪ではなく、気持ちを込めることが大切です。

 

ワンポイント
はっきり伝える、指示に従うといった基本的なことをこなします。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

面接の時間までに余裕がある場合は?

女性

面接の時間までに余裕がある状態で履歴書を忘れたことに気づいた時は対策をとることが可能です。

このときにするべき行動を紹介します。

面接会場の近くで作成する

面接の時間までにある程度余裕があれば、面接会場の近くで履歴書を購入し急いで作成しましょう。

履歴書はコンビニに売っていますし、証明写真ボックスも至るところに点在するので時間さえあれば作れます。

また、もし履歴書データが手元にあって印刷できる状態ならば、そちらで用意することも可能です。

時間に余裕があるならば、履歴書をいちから作成し直すことができます。

面接会場の近くで作成する時の注意点

面接会場の近くで履歴書を作成するときの注意点は以下のとおりです。

  • 企業の人に見られてしまう可能性がある
  • 焦るあまり書き損じを起こしてしまう可能性がある
  • 個人情報の取り扱いに注意する

面接会場近くのカフェなどで作成するのであれば、その様子を企業の人に見られてしまう可能性があります。

選考に大きな影響はないと思われますが、企業の人の目に入る可能性については頭に入れておきましょう。

また、ミスしてしまったことや面接時間が迫っているということで焦ってしまう可能性があります。

仕方のないことではありますが、焦りは書き損じにつながりますのでなるべく冷静さを保つよう注意が必要です。

そして他の人もいる公共の場ということで、個人情報の取り扱いには十分注意しましょう。

履歴書を忘れたことに気づいた時のNG行動

バツ、女性

履歴書を忘れたことに気づいた時にとってはいけない行動を解説します。

以下のような行動は絶対におこなってはいけません。

  • 連絡をせずに面接へ行くのをやめる
  • ウソや言い訳をする
  • 履歴書を忘れたことをごまかそうとする

一番いけないことは面接へ行くのをやめることです。

企業へ迷惑をかけてしまうのはもちろんのこと、選考通過の可能性も限りなく0に近くなってしまいます。

面接に行くのをやめるということはないようにしましょう。

ウソや言い訳、ごまかしなどの不誠実な行為も厳禁です。

正直に伝えるのは怖いことですが、実はそれが一番印象を上げることにつながります。

履歴書を忘れてしまったことをはっきりと伝え、無駄なことは言わないようにしましょう。

 

ワンポイント
逃げるような行為を取らないようにしましょう。

履歴書を後日郵送する場合のポイント

女性

面接時に履歴書を忘れた場合、後日郵送するように指示されることがあります。

そのようなときに押さえるポイントについて解説します。

当日に速達で郵送しよう

面接が終わったらなるべく早めに郵送しましょう。もっとも良いのは当日に速達で送ることです。

もし郵便局の時間的に厳しければ、翌日の朝イチで送ります。

履歴書を忘れるということは本来渡すべき日から遅れてしまうことを意味しますので、速く届けることが必要です。

また素早い対応は良い評価につながる可能性もあります。

なるべく早めに、可能であれば当日に速達で郵送しましょう。

届いたか確認したい人は「特定記録郵便」を利用しよう

やる気を見せるキャリアウーマン

履歴書が届いたことを確実に確認するために、特定記録郵便を利用することがおすすめです。

履歴書が問題なく届いたかがわからなければ、いつまでも不安にさいなまれることになります。

ストレスになってしまい、転職活動に悪影響を与える可能性も高いです。

特定記録郵便で発送をし、郵送状況を確認するようにします。

郵便窓口とポストに投函どちらが良い?

履歴書の郵送は郵便窓口とポストに投函のどちらが良いのでしょうか。

履歴書は大事な書類ですので可能な限り郵便窓口を利用することをおすすめします。

郵便窓口であれば確実に受理されたと確認ができますし、配達予定日を聞くことも可能です。

そもそも特定記録郵便を利用するのであれば郵便窓口での手続きが必要です。

確実性を高めるために郵便窓口で発送するようにしましょう。

 

ワンポイント
 確実に届けること、できる限り速く対応することが大切です。

履歴書送付のマナーと注意点

女性

それでは、履歴書送付のマナーと注意点について解説します。

面接官へ与える印象を左右するポイントですのでしっかり頭に入れましょう。

履歴書送付のマナー

履歴書送付のマナーとして以下が挙げられます。

  • 履歴書を1回よりも多く折らない
  • クリアファイル等に入れる
  • 送付状をつける

履歴書に折り目がたくさんついていると読みづらくなってしまいます。

半分に折るだけにとどめておき、大きな封筒を使うようにしましょう。

また雨や汚れ、折れ曲がりを防ぐためにもクリアファイルに入れると良いです。

印象を上げるためには送付状の添付も大切です。簡単なものでも良いので作りましょう。

履歴書送付の注意点

履歴書送付の注意点は以下の3点です。

  • 正確な住所を記載し誤字脱字を起こさない
  • 担当者名まで記載する
  • 封筒に「履歴書在中」と記載する

住所に誤りがあると正しく届かない可能性が高いですし、誤字脱字は良い印象を与えません。記載内容には十分に注意します。

また、担当者名がわかるのであれば名前まで記載しましょう。

もしわからなくても「面接担当者様」「人事部御中」などと書くことで、書類の分別がしやすくなります。

内容がわかるようにするためにも、封筒に履歴書在中の旨を記載することもおすすめです。

 

ワンポイント
ポイントを押さえて履歴書の送付をしよう。

 

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

履歴書を忘れないための対策方法は?

仕事をする女性

履歴書を忘れてしまったときの対策をお話してきましたが、もちろん忘れないに越したことはありません。

そこで、履歴書を忘れないようにするための対策方法を紹介します。

前日に荷物チェックをしよう

忘れ物を防ぐために前日のうちに荷物を準備し、チェックをおこないましょう。

忘れ物のほとんどは事前のチェックさえできていれば防ぐことが出来ます。

そこまでする必要がない、という気の緩みが思わぬミスにつながるのです。

慌てないように前日のうちに準備をし、その場で持ち物チェックをしましょう。

履歴書のデータを持っておこう

履歴書を紙だけでなくデータでも用意しておくとより確実です。

USBメモリに保存しておく、クラウド上にデータ保存をしておくなどの対策をとります。

そして履歴書データが入ったメモリは常に携帯しましょう。

そうすることで、もし紙の履歴書を忘れてしまっても近場のコンビニ等で印刷ができます。

転職活動時は予備の履歴書をカバンに入れておこう

外回りの女性

もしものことがあっても対応できるように、転職活動をしている間は常に予備の履歴書をカバンに入れておきましょう。

用意していた履歴書を忘れてしまっても予備があれば安心です。

志望動機欄は会社によって内容が異なりますので空欄にしておき、必要になったら記入します。

それ以外の部分については基本的に共通であるため、記載して問題ないです。

もちろん予備があるから忘れても大丈夫と安心してはいけません。

履歴書は毎回用意をし、万が一忘れてしまったときに使うようにしましょう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

女性

履歴書を忘れるというミスは滅多に起こらないとはいえ、確率はゼロと言えません。

他にも転職活動において考えられるミスはたくさんあります。

もしミスしてしまったら…と思うと不安ですよね。それでなくても転職活動には悩みがつきものです。

不安な気持ちや悩みを一人で抱え込んではストレスになってしまいますし、スムーズな転職活動になりません。

そのような事態を防ぐために、転職活動に関して悩みが生まれたら転職エージェントに相談しましょう。

転職エージェントは転職に関するさまざまなノウハウを持っています。

転職活動のサポート実績が豊富なため、具体的かつ適切なアドバイスを提供します。

もし悩みがあっても、転職エージェントに相談すればきっと解決するでしょう。

転職活動をスムーズに進めるためにも、転職エージェントのサービスを活用することをおすすめします。

まとめ

会社員の女性

もし履歴書を忘れるというミスをしてしまったら焦ってしまうでしょう。

企業からの悪印象を恐れるあまり、言い訳やウソを言ったり、面接そのものから逃げたくなることもあります。

ですが大切なのは誠実な対応をすることです。

履歴書を忘れたというミスだけで転職活動がダメになってしまうわけではありません。

むしろトラブルへの対応力を見せるチャンスともいえます。

まずは落ち着くこと、それから必要な対応をとることが大切です。

とはいえミスを起こさないに越したことはありません。

事前に準備や対策をしっかりしてミスを防ぐようにしましょう。

転職エージェントは、転職活動で考えられるミスやその対策法についてもアドバイスをします。

不安があればなんでも相談してください。

あなたの転職活動が上手くいくようサポートをします。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら