キャリアコンサルタントはキャリアの専門家ともいえる職種であり、多くの求職者のキャリア形成を助ける存在です。

そのため志望動機もこれまでのキャリアをまとめて人事担当者にわかりやすく説明することが求められるでしょう。

今回はキャリアコンサルタントへの転職を考えている方に向けて志望動機の書き方をご紹介します。

Contents

キャリアコンサルタントの志望動機の書き方を解説!

オフィスにいるビジネスウーマン

転職しようとしている方が必ず考えなければいけないのが志望動機です。

志望動機というのは自分がなぜその企業に応募したのかを伝えるためのものでこれが明確でなければ転職の成功は難しくなります。

特にキャリアコンサルタントという職種は、キャリアの支援を行うこととなる職種です。

そのためキャリアコンサルタントの志望動機には高い完成度が求められると考えて良いでしょう。

今回はキャリアコンサルタントの志望動機の書き方について詳しく解説していきます。

まずはキャリアコンサルタントという仕事はどういったものなのかを解説していきましょう。

キャリアコンサルタントの仕事内容

電話をかける女性

次はキャリアコンサルタントの仕事内容について詳しくご紹介します。

キャリアの相談を受け、アドバイスを行うキャリアコンサルタントという職種が具体的にどのような業務を行うのか知っておきましょう。

求職者への対応

キャリアコンサルタントはキャリアに関して悩みを持っている相談者に対して面談を行い、適切なアドバイスを行うのが仕事です。

もし相談者が求職者であった場合には、その求職者に対してキャリア実現に向けたサポートを行うこととなります。

どのような職種に就きたいのかをヒアリングし、その人材に合った仕事を紹介するのもキャリアコンサルタントの業務に含まれます。

こうして求職者に合っているキャリアを提案する上で欠かせないのが業界への理解です。

様々な業界についての知識が無ければ的確な転職先を紹介するのは難しいでしょう。

求人者への対応

女性

求人を出している企業に対しては採用担当者とやり取りをし、求人案件を貰います。

また、採用担当者とは密にやり取りをして信頼関係を築き、継続的に求人案件獲得を目指すことも必要です。

また、求人者と求職者の仲介を行うのも重要な仕事だといえます。

面接日や入社日などの調整などをコンサルタントが行うこともあるでしょう。

その際は企業の採用担当者とやり取りして求人者が求める様々な条件面での交渉なども行うこととなります。

交渉力やコミュニケーションが必要となる職種だといえるでしょう。

 

ワンポイント
・求職者の求めるキャリア実現に向けたサポートを行う
・求人者からは求人案件を貰い、求職者を紹介するなど両者の仲介を行う

キャリアコンサルタントがアピールすべきポイント

ポイント

キャリアコンサルタントという職種の性質上、ヒューマンスキルを積極的にアピールすると良いでしょう。

この職種では人の資質を見極めてどういった企業が合っているかを提案する必要があります。

そのため観察力・問題解決能力・提案力などといったヒューマンスキルが大切になるのです。

また、資格取得の勉強を行っているなどということをアピールすれば転職も有利になるでしょう。

キャリア系・カウンセラー系などの資格は特にこの職種と直接的に関係するものであるため効果的です。

そうした資格を取得できていれば、キャリアコンサルタントとして仕事をしていく上でも大変役立つはずです。

 

ワンポイント
キャリアコンサルタントでは観察力や問題解決能力などのヒューマンスキルが重要となる

志望動機を書く時のポイント

オーケーを示す笑顔のビジネスウーマン

次は志望動機を書く時に意識すべきポイントについて解説していきます。

以下のようなポイントに対して十分に気をつければ、人事担当者により高い評価をもらえることでしょう。

自分の過去の経験を使う

志望動機を書く際にはこれまでに仕事で経験してきたこと志望する理由を繋げることがポイントです。

こうすることによって人事担当者に自分がどういった人材であるかを具体的に伝えやすくなるでしょう。

キャリアコンサルタントは求職者のキャリアのアドバイスを行う職種であるため自分のキャリアについても自覚的でなければなりません。

そのため自分が何故キャリアコンサルタントを志したのかという部分を過去のキャリアと関連付けて説明できるようにしておくと良いでしょう。

「自身のキャリアを活かしていきたい」という気持ちを伝えることで人事担当者に好印象を与えられるはずです。

人材派遣会社と教育機関で使い分ける

働く女性

キャリアコンサルタントとして転職をする場合は自分の勤め先に合わせた志望動機を考えるようにしましょう。

例えば人材派遣会社と教育機関ではキャリアコンサルタントとして相手をする人も大きく変わってきます。

人材派遣会社ではその多くが社会人として働いている人が相手になりますが、教育機関では社会に出る前の学生が大半です。

こういった自分が働いてからの環境によっても、企業が求める人物像というのは変化します。

勤める場所に応じて、その場所でどういった人材が求められるかを意識して志望動機を考えると良いでしょう。

人の役に立ちたいことをアピールする

キャリアコンサルタントというのは求職者のために今後のキャリアについてアドバイスを行う職種です。

そのため、誰かの役に立ちたいという気持ちをアピールすると良いでしょう。

誰かをサポートするのが好きだと伝えれば、企業からもこの職種に適性があると思ってもらうことができます。

 

ワンポイント
・過去の経験と志望動機を関連付けると好印象
・人材派遣会社や教育機関など、転職先によって志望動機を考える
・人の役に立ちたい気持ちをアピールすることでキャリアコンサルタントとしての適性をアピールできる

キャリアコンサルタントの志望動機の例文

考える女性

次はキャリアコンサルタントの志望動機の具体的な例文をご紹介していきます。

以下のような志望動機は企業からも興味を持ってもらいやすいため是非参考にしてください。

人の役に立ちたいことをアピールする場合の例文

私が貴社を志望するのは、誰かがキャリアを考える際にその手助けをしたいからです。

以前私もキャリアに関して悩んだ時期があり、その際に貴社のキャリアコンサルタントを利用しました。

今後どういったキャリアを形成していけば良いのか悩んでいた私に親身にアドバイスをしてくれて、結果的に進みたい道が見つかったのです。

この経験が自分にとって大変大きく、自分もそのように誰かのキャリア形成の手助けをしたいという気持ちを持つようになりました。

今後は自分がキャリアの専門家の立場から相談者の可能性を引き出せるようなサポートを行っていきたい所存です。

前職の経験を活かしたい場合の例文

前職ではIT業界で5年間人事を行っており、採用担当として書類選考や面接などに携わってきました。

私はその経験を通してヒアリング力観察力を培い、今ではその2つが自分にとって大きな強みとなっております。

人事として仕事をしていく中でもっと多くの人の転職や採用をサポートしていきたいという気持ちが大きくなって参りました。

そこで今回、貴社のキャリアコンサルタント職に応募させて頂いた次第です。

貴社はIT業界の人材派遣会社として大きな存在感を持っており、私もそこでコンサルタントとして腕を磨きたいと考えました。

私のこれまでの経験を活かすことによって、キャリアコンサルタントとしてIT業界を志す方々のキャリア形成に貢献したいと思っています。

人の人生を豊かにしたい場合の例文

外回りをする女性

仕事というのは人生の大部分を担うこととなる大切なものです。

そのため多くの人にとってキャリアを考えるというのは人生を豊かにする上で欠かすことができないものだと思っております。

私は前職では販売職としてアパレル企業に勤めており、売り場でお客様の好みや嗜好に合う商品の提案をさせて頂いておりました。

そうして働くうちに更に誰かの人生を豊かにできるような提案を行うことのできる職種に就きたいという気持ちが強くなったのです。

貴社のキャリアコンサルタント職として働き、今まで培ってきたコミュニケーション能力で人の人生を豊かにしたいと思っております。

履歴書を書く時に気を付けるポイント

案内

履歴書を書く際には、自身のこれまでの業績や経験などを必ず具体的に書くようにしましょう。

キャリアコンサルタントとして働く人材を決める際、企業はどのような業界や精通しているのかを注目するのです。

また、これまでの業務でどのような業績を残したのかを確認することでどういったキャリアを積んできたのかも確認します。

相談者のキャリア形成を手伝うためにはこれまでにどういった経験をしているかというのは重要なポイントです。

必ず自分のこれまで経験した職種や業務を明確に書くようにしましょう。

キャリアコンサルタントの志望動機のNG例

NGジェスチャー

次はキャリアコンサルタントの志望動機のNG例を解説していきます。

曖昧であったり、誰もが思っているであろうことを志望動機にしたりするのはNGです。

以下のような志望動機は企業に良い印象を与えることができないため注意しましょう。

志望動機が曖昧な場合

私が貴社のキャリアコンサルタント職を志望した理由は、その業務を通して人々の役に立ちたいと思ったからです。

前職では人事として働いており、人材の採用を担当しておりました。

その前職での経験を活かして、求職者などの相談に対して的確なアドバイスを行っていきたいと思っております。

現在の仕事への不満を志望動機とした場合

バツを出す女性

私が貴社を志望したのは、現職の仕事に対して不満を持っているためです。

現職では営業職に就いておりますが社内目標を達成しても待遇の向上が望めず、上司に相談しても改善される気配がありません。

そのため営業職として培ってきた提案力を活かしたいと貴社のキャリアコンサルタント職に応募した次第です。

「キャリアコンサルタントに興味がある」を志望動機とした場合

私が貴社のキャリアコンサルタント職を志望したのは、キャリアコンサルタントという職種に興味があるためです。

この職種では求職者のキャリアのサポートが行えるということで、自身のこれまでのキャリア経験を活かすことができると考えております。

キャリアコンサルタントとして求職者の相談に対して答えを出して、キャリア形成をサポートしていきたいです。

面接でのポイントは?

腕組

次はキャリアコンサルタント職への転職面接でどのようなことをアピールすれば良いのかを解説していきます。

以下のポイントを押さえれば、面接官から興味を持ってもらうことができるでしょう。

コミュニケーション力をアピールする

キャリアコンサルタントという職種では相談者の話をヒアリングしてそこから的確なアドバイスをする能力が求められます。

そうしたアドバイスをするまでの過程で必要不可欠なのがコミュニケーション能力です。

特にどういったキャリアを望んでいるのかを聞き出す過程では、信頼してもらうためにも円滑なコミュニケーションが必須だといえます。

そのため転職面接では自身のコミュニケーション能力の高さをアピールすることが大切となるでしょう。

これまでの職務経験で自分のコミュニケーション能力の高さを裏付けるエピソードがあれば、披露するとより効果的です。

洞察力の良さをアピールする

これも前述した内容に関係する部分ではありますが、洞察力・観察力というのはアドバイスする上で欠かすことができない能力です。

その人がどういった人物で、どういったことに適性があるのかを見極めなければキャリア形成のサポートをするのは難しいでしょう。

見極めるためには洞察力・観察力が重要となります。

転職面接ではそうした能力をアピールすることで、キャリアコンサルタントとして活躍してくれると期待してもらうことができるはずです。

相談の答えを出すために必須となる能力であるため、積極的にアピールしていきましょう。

 

ワンポイント
・キャリアコンサルタントの業務ではコミュニケーション能力が必須
・洞察力・観察力はキャリアコンサルタントとしてアドバイスする上で欠かすことのできない能力

転職の悩みは転職エージェントに相談!

指を差す女性

転職活動というのは自分だけでは限界があるため、より完成度の高い対策を行いたい方は転職エージェントに相談すると良いでしょう。

特にキャリアコンサルタントのような職種では、これまでのキャリアに対して企業から詳細に聞かれる可能性があります。

面接対策や選考書類の作成に時間をかける必要があるでしょう。

もし転職で悩みがあるという方は、エージェントに相談することで悩みの解消に繋がると思われます。

十分な転職対策を行うことによって、安心して転職活動を行える環境を構築していきましょう。

まとめ

メモ

今回はキャリアコンサルタントの志望動機の書き方について解説してきました。

キャリアコンサルタントは相談者のキャリア形成に大きな影響を与える職種であるため、採用のハードルも高くなると考えられます。

志望動機は今までの自分の経験を通してどうして入社したいのかを伝えるためのものです。

自分の入社への意欲や熱意を伝えることで、転職を成功させましょう。

今回の記事を参考にして理想の転職を実現してもらえれば嬉しいです。

もし転職に関する悩みがある場合には、転職エージェントへ相談してみましょう。

転職のプロフェッショナルの立場からあなたのことを万全の態勢でサポートしてくれるはずです。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら