最適な住環境を演出するインテリアコーディネーターの業務についての特集です。

一般的な仕事の進行や内容についてを中心に、そのやりがいや将来性についても言及していきます。

また、インテリアコーディネーターにとってのキャリアパスについても解説する流れです。

Contents

インテリアコーディネーターの仕事内容を解説

リビングの画像

自分の住環境を住みやすく好みにしたいという気持ちは誰にでもあります。

とくに新しい家を建てようとする時や公共施設を建てる場合には、最適なインテリアを設置したいと考えるはずです。

その期待に応えるために、住宅空間のアレンジを提供するのがインテリアコーディネーターです。

顧客と現場との意見の間にて、最も快適な空間を考える仕事といえるでしょう。

要望をヒアリングしながら建築物でのインテリアを専門にアドバイスする業務です。

今回は、インテリアコーディネーターの業務内容を詳しく解説していきます。

インテリアコーディネーターの役割を知ろう

キッチンの画像

インテリアコーディネーターは、さまざまなインテリアの中から顧客の要望などに合わせて商品を選ぶ役割を持っています。

自分が知り得ているインテリアの膨大な知識の中から、顧客目線を大切にしながらコーディネートをしていく仕事です。

住みよい環境作りに欠かせない重要な役目を担っているといえるでしょう。

ではその役割を果たすのに、どのようなポイントを押さえながら仕事を進行するのかを解説していきましょう。

インテリアの専門家

インテリアの提案をするという以上は、インテリアについての専門的で幅広い知識を持っている必要性があります。

その中から顧客のリクエストや施工業者の意見を聞いた上で、最適なチョイスをしていく専門家です。

かなりプロフェッショナルな仕事だといえるでしょう。

仕事の流れは?

ファイルを見る女性の画像

インテリアコーディネーターの一般的な仕事には一定の流れがあります。

まず顧客の希望や予算をヒアリングし、その結果をもとにインテリアのイメージを考えます

図面や写真など見ながら具体的なイメージを膨らませていく作業です。その次に、イメージと合致するような商品選びをします。

これは、カタログやサンプルの提示・ショールームへの同行などを通じてインテリア選びのサポート業務です。

その際には見積書を作成しながら予算とのすり合わせを進行させます。

やがて商品が決定し見積金額の承諾を得たら契約締結へと進みます。

商品発注をして着工後にも現場と顧客間の調整をし、着工後の不具合の確認をまで行うのも役目です。

また、住宅設備メーカーの場合、自社製品を中心にコーディネートをすることが原則となっています。

インテリアコーディネーターはどんな場所で働くの?

綺麗なリビングの画像

インテリアコーディネーターが業務を行なう場所は広範囲にわたります。

中でも一般的なのは建築会社・設計事務所の中で勤務することです。

ではさらに、具体的なインテリアコーディネーターの活躍の場を紹介していきましょう。

不動産会社

インテリアコーディネーターの職場として主流なのが不動産関連会社・建築関連会社です。

ほとんどが大手企業のリフォーム関連の会社となり、設計デザイン事務所に勤務する場合もあります。

新築を建てる風潮よりも、空いている中古物件の見直しが需要として増えている中で、主に個人の受注に応える内容です。

また、大手のハウスメーカーなどの場合には、自社のモデルルーム内のコーディネートの提案を任されることもよくあります。

住宅メーカー

建築関連の女性の画像

インテリアコーディネーターは、家具や住宅設備メーカーでの勤務も考えられます。

最新家具や内装・照明器具メーカーでは、自社製品についての知識が豊富なインテリアコーディネーターを求めています。

インテリアコーディネーターのセンスを参考にして、商品選びを行っていることがほとんどです。

建築関連の会社

インテリアコーディネーターの仕事の多くは、建築関連会社の業務に携わることも多いようです。

それは、個人として建てる戸建住宅だけに限ってはいません。

レストラン・カフェ・ホテル・オフィス・ショップなどの商業施設なども視野に入れています。

そして学校・病院・介護施設・地域コミュニティーといった公共施設にまで至って展開しているのです。

大手企業になればなるほど、あらゆる建築物へのインテリアコーディネートの機会があるといえるでしょう。

 

ワンポイント
インテリアコーディネーターの職場は建築関連の多義にわたっている。

インテリアコーディネーターのやりがいは?

ベッドルームの画像

顧客のリクエストに応えながら、理想的な住空間を演出するのがインテリアコーディネーターの役目です。

その成果によってやりがいを実感できることは言うまでもありません。

何よりも、自分が手がけた仕事が目に見える成果として実現してくれます。

では、インテリアコーディネーターが味わえる、主なやりがいとは何かについて解説していきましょう。

お客様に喜んでもらえる

喜ぶ女性の画像

インテリアコーディネーターのやりがいの中でも、お客様に感謝され喜ばれることが一番といえるでしょう。

現役のインテリアコーディネーターの多くが実感し、何よりも代えがたいという声が多いようです。

自分のコーディネートが受け入れられて生活に密着することは、生涯にわたって顧客へ奉仕するようなものではないでしょうか?

これこそが、インテリアコーディネーターが仕事をした実感だといえます。

お客様の信頼を積み重ねていけるインテリアコーディネーターなら、仕事の依頼が増えていき充実していくことでしょう。

インテリアについての知識が身につく

インテリアに関係した仕事のほとんどが専門的内容です。

インテリアコーディネーターも専門知識と経験を積み重ねていく職業といえます。

この職に就くまでにも、大学などでインテリアを学んでいるはずです。

しかし、その後も経験を積めば積むほど知識は増えていくというやりがいが待っています。

そのため、定年後でも現役で続けている人も珍しくはありません。一生の仕事として活躍できる場なのです。

インテリアコーディネーターの大変なところ

広い空間の画像

いつも華やかなインテリアに囲まれてきらびやかなイメージなのが、インテリアコーディネーターという仕事です。

しかし実際はとても大変な仕事でもあります。

顧客と現場の間を取り持つ立場であることから、さまざまな苦労に直面するからです。

では、インテリアコーディネーターの大変さについて詳しく見ていきましょう。

勤務時間が不規則

インテリアコーディネーターの仕事は勤務が不規則になりがちです。基本的には顧客の都合にあわせながら動くことになります。

希望ともなれば時間外・休日などの出勤も普通にあり得ます。

また、デパート・ショールームなどへの勤務の場合、週末や祝日に休むことが少ない仕事です。

現場での業者との打ち合わせも夕方以降が多く、帰宅時間が遅くなりがちというのが実態といえるでしょう。

現場の職人に要望を取り合ってもらえないことも

インテリアコーディネーターは、常に顧客と現場とのコミュニケーションを図ることも仕事です。

基本的には顧客の要望に合わせた施工をしていきます。

ところが、その内容によっては現場の職人の方針と合致せずに意見が交錯してしまうことも発生しがちです。

そうなると、現場と顧客との立場の板挟みに悩まされてしまう状況があります。

周囲の人々への気遣いが多いため、精神的に疲弊しやすいのがデメリットといえるでしょう。

 

ワンポイント
インテリアコーディネーターの仕事は不規則になることが多い。

インテリアコーディネーターの年収は?

広いキッチンの画像

華やかな印象とは違ったインテリアコーディネーターの仕事の実態ですが、給与や年収はどのくらい貰えるのでしょうか?

所属する企業にもよりますが、その平均年収は経験に応じて額が変動していきます。

また、実力次第で大幅なアップも期待できる点は魅力といえるでしょう。

では、詳しくインテリアコーディネーターの収入について解説していきます。

平均年収

インテリアコーディネーターに特化した大きな給与調査は行われた経緯がありません。

ただし、厚生労働省の賃金構造基本統計調査から算出した結果があります。

それによると、企業に勤めるインテリアコーディネーターの平均年収は約380万円です。

月額に換算した場合には約24万となり、ボーナスは年約90万円前後が標準だろうとされています。

年収を上げるには?

インテリアコーディネーターは、その後の実力次第で収入アップを図れるのが魅力です。

その方法の1つとしては、インテリアコーディネーターの資格を取得することがあげられます。

資格所持者は一般社員よりも優遇する企業が多い傾向です。

また、さらに一歩深くインテリアに携われる設計業務の仕事を積めば、専門性が認められて高収入が期待できます。

インテリアコーディネーターは未経験でも目指せるの?

モダンなフロアの画像

インテリアコーディネーターとは顧客に信頼されるために専門性を磨く必要があります。

それ以外にも、さまざまな人々との関係性を築くことが欠かせません。

そのため、特別な資格や経験がない人物をインテリアコーディネーターとして採用する企業は少ないと思ったほうがよいでしょう。

20代ならば未経験者でも今後の活躍を期待して採用する確率は高いのですが、30代以降での未経験は狭き門となります。

それでもインテリアコーディネーターに興味があって目指したいのであれば不可能とは言い切れません。

インテリアコーディネーター関連の資格を取得して、努力したことをアピールするのも方法の1つです。

あるいは、インテリア関連の販売職などの仕事に就くといった近づける努力をすれば、可能性が広がるかもしれません。

 

ワンポイント
未経験でインテリアコーディネーターになるのは狭き門である。

インテリアコーディネーターの将来性やキャリアパス

書斎の画像

インテリアコーディネーターは人気のある花型な職業です。

その知名度も高いことから、若い世代が目指している理想の職業にあげる傾向が見受けられます。

多くケースとしては、専門学校や建築関連の学科がある大学などで学んで、新卒で就職を決めるパターンです。

中途採用の場合には、それまでの実務経験での成果などが問われます。

実務は厳しい側面がありながらも安定した仕事といえるでしょう。

では、インテリアコーディネターが思い描くキャリアパスについて解説していきましょう。

将来性

インテリアデザイナーの将来的キャリアには、どのようなルートがあるのでしょうか?

多くは、内装デザイン会社や建築関連会社に入社後キャリアを積みながら昇格していくのが典型です。

大手に一旦就職してしまうと、転職していく人のほうが少ないといわれています。

そのまま社内でスキルを学び経験を積みながら、地位や収入をアップさせていくのが普通です。

キャリアパス

インテリアコーディネーターは大変な仕事でありつつ、ある程度の知名度もあるので安定した需要がある仕事です。

一度就いたら一生やっていく人も多いといえるでしょう。

その中でも新しいチャレンジを目指す人は、コーディネートに留まりません。

自分が理想とするインテリアを作りたいと思い描いて、インテリア設計の技師になっていく進路もあり得ます。

他にも、顧客との折衝に自信がついてコネクションができれば、独立して事務所を構えるといったキャリアパスを描く人もいます。

 

ワンポイント
インテリアコーディネーターのキャリアパスは昇進でも独立でも成立する。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

キャリアアドバイザーの画像

転職したいけど、自分が目指したい分野ではハードルが高いのではと悩むことがあるのではないでしょうか?

しかし入念な準備と考え方次第で転職活動を上手に展開させることも夢ではありません。

そこでおすすめしたいのが転職エージェントの活用です。

転職エージェントに登録して利用すれば、自分にマッチした転職先が見えてきます。

悩み事についても担当アドバイザーからの適切な回答が期待できるでしょう。

転職についての悩みは転職エージェントに相談するのが近道といえます。

まとめ

微笑む女性の画像

現代は少子高齢化が進んでいるため、新築の住宅が売れにくいという問題を抱えています。

住宅や不動産の世界は従来のしきたりなどを見直すところまで来ているのです。

とくに最近ではリフォーム業界のほうが活性化しています。

中古住宅を中心とした不動産会社で賃貸や売買物件のインテリアコーディネートを行うケースが増えている傾向です。

時代が変化しても、インテリアコーディネーターの需要は安定しているのでおすすめといえます。

なかなか未経験から採用してくれる業界ではありません。

しかし、資格を取得を目指す努力やインテリア関連の知識を増やして生かせる行動を取れば、狭き門を広げることも可能です。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら