アパレル業界に転職したいと考えている女性は少なくありません。

ただ、ファッション関係の仕事はかなり幅広く、いろいろなスキルが求められます。

そのような転職希望者に注目されているのが、ファッションビジネス能力検定です。

これはファッションのセンスやデザインセンスといった漠然とした能力を知るための検定ではありません。

アパレル業界でビジネスウーマンとしてやっていけるかを判断されます。

つまり、ファッションビジネス能力検定の難易度はかなり高く、気楽な気持ちでは取得できません。

ただ、この検定はいくつかの級に分かれています。初めてのチャレンジは比較的簡単な級から始められます。

これから転職を考えている人にとって、このファッションビジネス検定取得のメリットは何でしょうか。

どんな活用ができるかを詳しく解説していきましょう。

ファッションビジネス能力検定を活かせる求人情報を解説!

指示棒を持つ女性

ファッションビジネス能力検定の名前を知らない人もいるでしょう。

具体的な試験内容を知るとともに、求人情報で効果的に活用するための方法を理解しておくことが大切です。

アパレル業界の仕事では、デザイナーがデザインを準備します。

しかし準備されるだけで、すぐに商品が出来上がるわけではありません。

もちろん、試作であれば、手先の器用な人がすぐに作ってくれるでしょう。

しかし、これをビジネスとして成り立たせるためには、もっと多くの人の手が必要です。

製作する人、材料を調達する人、調達手段、店頭で販売する人など多くの人の協力です。

また、そのための資金調達も重要です。材料や人手は国内だけではなく、海外に頼る場合もあります。

輸入品なども注目しておかなければなりません。

デザインが優れていても、販売して収益を上げられなければビジネスとして続けることはできません。

優れたデザインと収益性が求められています。

もちろん、それらの商品は多くの消費者に受け入れられて初めて利益となります。

 

ワンポイント
ファッションビジネス能力検定はビジネスの視点が求められる。

ファッションビジネス能力検定の特徴

服を選ぶ女性

ファッションビジネス能力検定の特徴について紹介しましょう。

これからのアパレル業界でリーダーシップが取れるような人を育てるために実施されている検定です。

幅広い分野の問題が出題されており、難易度も高いと考えられます。

ただ、一部はマークシート方式ですから、未経験者でも過去問をベースに勉強しておけば合格できるレベルでしょう。

資格概要

誰でも受験できますが、ファッション関係の用語がたくさん出てきます。

その知識を持っておかなければなりません。

これまで裁縫やデザインの経験がない人は、合格することはできないと考えておいていいでしょう。

実際のファッション関係の仕事をやってきた人を対象とした検定です。

ただ、2級まではペーパーテストですから、独学の勉強だけでも合格している人はいます。

試験の難易度

OKサインを出す女性

検定試験は1級から3級まで分かれており、3級は比較的簡単だと考えられます。

ただ、それでも合格率は70%程度ですから、しっかりと勉強しておかなければ合格できないでしょう。

2級と3級はマークシート方式のペーパーテストだけです。

未経験の人でも勉強さえしておけば合格することは可能です。

ただ、ファッション全般だけではなく、色彩や素材などに関する専門用語や幅広い知識が求められます。

最上位の1級になると、単にファッション関係の知識だけではなく、幅広い視点のスキルが求められます。

マーケティング・マーチャンダイジング・流通などに関する試験内容は、実務経験5年以上が想定されています。

勉強方法

検定にチャンレンジする人に勉強方法を紹介しましょう。

過去問はインターネットなどで購入することができますから、それを購入して解いてみることが確実です。

独学で長期間続けることは容易ではありません。

専門学校などに通いながら実技と知識の両方を習得する道がベストでしょう。

最上位の1級は、専門学校を卒業しただけで合格することは難しいといわれています。

ファッションビジネス能力検定の名称からわかるように、単なるファッションの知識だけはありません。

アパレル業界でのビジネスの仕組みなど経営者視線での知識も求められています。

これらの知識は洋裁の専門学校などでは十分に習うことはできません。

アパレルショップに勤めながら、勉強している人が少なくありません。

ファッションビジネス能力検定は未経験でも大丈夫?

パソコン作業をする女性

アパレル業界で仕事未経験の人でも合格できるでしょうか。

2級と3級は知識を問う問題だけですから、勉強さえしておけば合格できます。

もちろん、合格率は高くありませんから、しっかりと取り組んでおくことが大切です。

洋服販売店などで仕事をしながら、自宅で勉強するパターンがおすすめでしょう。

ファッション関係の仕事をしていると、いろいろな情報が入ってきます。

流行がどのように始まって、それを商品化するために、どうすればいいかを考えられるでしょう。

実体験しながら、それが知識となるのです。未経験でも通用するのは2級までと考えておきましょう。

ファッションビジネス能力検定を取得するメリット

勉強する女性

このように難易度の高いファッションビジネス検定を取得するメリットは何でしょうか。

それはもちろん、ファッションに関する深い知識を持っているとアピールできることです。

ファッションセンスや自分自身のファッションと検定は直接の関係はありません。

ただ、知識を持っていることで、自分がすすめるファッションがお客様に信頼されるものとなります。

単に見た目だけでファッションを判断するのではありません。

素材の良さや流行、どのような仕立て方なのかなどを説明できる店員は店の評判を上げるはずです。

もちろん、転職先の経営者が、そのような人材を求めていることが必要です。

求人情報の具体的な内容をチェックしておくことが大切です。

ファッションビジネス能力検定は転職に有利?

初心者マークを持つ女性

転職する時にはファッション関係の知識を持っている人の方が有利なことは間違いありません。

ただ、高度な知識だけでは不十分です。知識は使うことで初めて役に立ちます。

自信を持ってお客様に説明できることが重要です。

また、コミュニケーション能力や、商品製作を依頼する業者との取引など経営者の視点を持たなければなりません。

1級の検定に合格しているなら、それは十分アピールできることでしょう。

 

ワンポイント
検定合格をアピールすることで転職に有利になる。

ファッションビジネス能力検定を活かせる職種

本を持つ女性

ファッションビジネス能力検定を活かした仕事としては、洋服店の経営者でしょう。

単なる販売員を続けるつもりならば、無駄な知識かもしれません。

しかし、いずれは経営者を目指していると転職時の面接でアピールしてください。

また、大手ファッションメーカーでは多くの職種があります。

この検定はどのような職種の知識でも持っていることを示しています。

自分が希望する職種を具体的に面接で話してもいいでしょう。

洋服は経済状況にかかわらず、必ず必要とされる商品です。

そのため、常にユーザーの好みや流行をチェックしておくことが重要となります。

大手の販売店だけではなく、小さな洋服店でもやらなければならないことは変わりません。

また、ファッションには高級な商品から大量生産の安価品まであります。

どの商品が収益を上げやすいのかを考えることも重要でしょう。

そのような知識を持っているわけですから、職種にこだわる必要はありません。

お客様に喜んでもらえるファッションを提供することがやりがいとなります。

いくつか具体的な職種を紹介しましょう。

ファッションアドバイザー

ファッションアドバイザーは他の人に似合ったファッションを紹介する仕事です。

人前やテレビなどに出ることが多い人のファッションをチェックする人もいます。

もちろん、ファッションを紹介するだけではなく、実際に購入のための手続きなども行わなければなりません。

流通経路や入手しやすさもチェックしているのです。

どれだけデザインが良くても、非常に高価であれば誰も購入できません。

利用者に適したファッションを提供して、満足してもらわなければなりません。

デザイナー

アパレル業界に詳しい人は、どのようなデザインが注目されるかを理解しています。

ファッションビジネス検定ではそのような視点もチェックされています。

自然とデザインセンスが高くなるでしょう。

そして、自分が考えたデザインを気に入ってくれる人が増えてくるのです。

スタイリスト

ヘアモデル

スタイリストは衣服を着こなすセンスが求められます。

モデルの写真撮影などでは必ずスタイリストが付き添っています。

また、一般の人を対象とした職場であれば、結婚式などで服装のチェックをするのもスタイリストです。

転職に活用できるアパレル業界で役立つ資格

女性,スーツ,データ分析

ファッションビジネス検定以外の資格もチェックしておきましょう。

多くの資格は専門学校などでも取得を推奨しています。

色彩検定

色彩検定は色に関する知識を持っている人を対象とした資格です。

実際の衣服の色づくりではなく、色彩の理論や心理的な効果などの知識が必要です。

落ち着いた色、元気が出る色などは目から入ってくることで、心理的かつ肉体的な影響を与えます。

色彩検定の資格を取っておくことで、部屋などの色合いについてもアドバイスができるでしょう。

パーソナルカラリスト検定

化粧品

パーソナルカラリスト検定は色の中でも化粧などに限定した知識が求められます。

服装と化粧の色、ヘアカラーなどのバランスの取り方を学ぶことで、検定に受かりやすくなります。

この資格を持っていなくても、化粧品の販売をすることはできます。

しかし、しっかりと知識を持っているとアピールできますから転職しやすくなるでしょう。

パターンメーキング技術検定

布

パターンメーキング技術検定はアパレル業界の中では素材を製作するメーカーで役に立つ資格です。

パターンメーキングとは布のデザインや室内のデザインなどを行う仕事です。

住宅の外壁デザインなどもパターンメーキングです。

衣服を作る場合には布を準備しなければなりません。

パターンメーキングはアパレル業界における流通のスタートの部分を担うことになります。

商品装飾展示技能検定

商品装飾展示技能検定は、その名からわかるように商品を展示する時の見せ方の技術を評価する資格です。

同じファッションでも光の当て方や空間の開け方などによって、イメージは大きく変わってきます。

一つの洋服を二人の人が着ると、違って見えるのと同じことです。

アパレルショップでは必ず商品装飾展示を行いますから、多くの求人があると考えていいでしょう。

もちろん、独学で学ぶこともできますし、ある程度経験を積んでくると体が覚えるようになります。

未経験の転職を考えている人は持っていると有利になるでしょう。

 

ワンポイント
自分がやりたい職種に合わせて、検定を選ぶ。

アパレル業界で求められる人材

喜ぶ女性

アパレル業界で求められている人材といろいろな資格には関係があるでしょうか。

もちろん、資格を持っていることである程度の知識があると評価されます。

しかし、それだけで転職が成功するわけではありません。

自分が期待されたいと思うなら求められている人材をチェックしておきましょう。

コミュニケーションスキルが高い

コミュニケーションスキルが高い人はアパレル業界で注目されやすいでしょう。

デザインは好みや周りの環境があります。自分の考えを積極的にアピールすることが信頼感を与えます。

もちろん、相手の考えもしっかりと聞いた上で、どうすべきかを判断するスキルがなければなりません。

ファッションが好き

アパレル業界で仕事をするのですから、自分の仕事に誇りを持たなければなりません。

基本的にはファッションが好きな人でしょう。

ただ、販売されている商品を購入して着るだけであれば、それはビジネスになりません。

自分なりのこだわりを持って、創意工夫する意欲が重要です。また技術力があれば、実際に試作できるはずです。

トレンドをキャッチできる

アパレル業界は流行のスピードが速いですから、トレンドを細かくチェックしなければなりません。

ファッションに強い関心があれば、トレンドのキャッチは得意な人になれるでしょう。

インターネットなどを常にチェックする習慣を持ってください。

お客様にトレンドに合わせた適切なアドバイスができます。

 

ワンポイント
・コミュニケーション能力が高い人は相手に信頼感を与えられる
・ファッション好きが自分の誇りになる
・トレンドをチェックしておけば、人にアドバイスできる

転職相談は転職エージェントを活用しよう

ビジネスパーソン

アパレル業界に転職したいと考えていても、どのような検定を受ければいいか迷ってしまうでしょう。

ファッションビジネス能力検定の1級を取る自信があればいいのですが、難しいと感じるかもしれません。

そのような時には転職エージェントに相談してみるといいでしょう。

推奨される検定や転職を目指すための心構えなど気軽に相談してください。

転職エージェントでは多くのスタッフが一人一人の転職相談に答えてくれます。

まとめ

社内

これからアパレル業界に転職したいと考えているなら、いくつかの資格を取得しておくと有利です。

ファッションビジネス能力検定はハイレベルですが、しっかりと勉強すれば合格に手が届くでしょう。

また、未経験者の転職にはハードルが高いと考えられますが、資格を取得することで転職への成功とつながります。

どのような仕事でも自分が好きなことなら、ずっと続けられるはずです。

積極的な行動はコミュニケーションスキルの高さと関連しています。

どのような職種を目指すべきかをしっかりと考えてください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら