転職の面接で最近よく聞かれるようになった「ストレス解消法は?」という質問。

近年メンタルケアに対して社会的に敏感になっている中で、転職の面接でもストレスに関する質問が増えてきています。

今回はそんなストレスに関する質問をする面接官の意図や回答方法を考えてみましょう。

またおすすめのストレス解消法についても紹介します。

面接当日に面接官に好印象を残すためにも前もって質問を予想し準備しておくことが大切です。

Contents

転職面接で「ストレス解消法は?」の答え方を解説

スーツ女性

転職面接でストレス解消方法について聞かれた時の回答は人によってさまざまです。

しかし面接官が質問する意図を把握しておくとより良い印象を残す答え方ができるようになります。

昨今パワハラやセクハラなどのハラスメントが社会問題として注目される中で、職場でのストレス耐性も重要視されているからです。

だからこそストレス解消法を聞かれた時は職場のストレスも解消できることが分かる内容にしましょう。

今回はそんなストレスに関する質問について詳しく解説していきます。

この質問に隠された面接官の意図と好印象を与える答え方を把握して転職の面接を有利に進めましょう。

ストレス解消法で面接官が知りたいことは?

ストレスに関する質問を面接官がするのには理由があります。

面接官が「ストレス解消法は?」と投げかける本当の理由は一体なんでしょう。

以下の項目を参考に面接官の質問の意図を把握してください。

業務に必要なコミュニケーション能力があるか

面談中の女性

面接では質問内容にかかわらず採用後業務をするうえで必要なコミュニケーション能力を持っているかを確認しています。

面接官に好感を与えるためにはどんな質問に対しても簡潔にわかりやすく答えることが大切です。

ストレス解消についても面接官にストレスの耐性があることを分かりやすく伝えましょう。

後ほど良い回答例と回答の作り方を紹介するので参考にしながら自分なりの回答を考えみてください。

ストレスによる仕事への影響がないか

働く女性

ストレスによる仕事への影響がないかも面接官が質問を出す意図です。

昨今のストレス社会ではがストレスが原因で仕事を辞める人が増えています。

仕事でストレスを抱えたときにストレスに負けず頑張れる人材なのかも面接官が知りたいポイントです。

またどんなことにストレスを感じやすくどのように解消しているのかもストレス耐性を見極める材料となります。

ストレスに対して自分で上手く対応できない人は職場でも周りに悪影響を及ぼす可能性があるため採用に至りません。

だからこそ面接での質問に回答する際は自分のストレスをマネジメントできることを分かりやすくアピールする必要があります。

まずは自分がどんなことにストレスを感じやすいのかを自己分析して仕事でも使えるストレス解消法を明確にしましょう。

ストレス解消法の回答に望ましくないこと

ストレス解消法は人それぞれですが、面接の場の回答としては相応しくない回答がいくつかあります。

以下の項目を参考に転職面接において面接官にマイナスな印象を与えるストレス解消方法は避けるようにしましょう。

もし自分のストレス解消方法が以下の項目に当てはまっていたら別のストレス解消方法を見つけてください。

お酒

酔った女性

避けた方がよいストレス解消方法として1番代表的なものは「お酒」です。

お酒が好きな人にとっては確かに効果的なストレス解消かもしれません。

しかし面接の場でお酒をストレス解消法として伝えるとお酒に頼る人というマイナスイメージがついてしまいます。

お酒というキーワードは人にマイナスイメージを与えるため注意が必要です。

転職活動の面接ではストレス解消方法としてお酒を選ぶことは避けましょう。

タバコ

煙草をもつスーツ女性

次に面接官に悪印象を与えるのは「タバコ」です。

タバコに関しては社会的にもあまり良い印象にはつながりません。

タバコは百害あって一利無しといわれているくらい多くの人に害のあるものとして認識されています。

タバコをストレス解消方法として使用する人も多いのは事実ですが、面接の場でストレス解消法にするのは避けましょう。

ギャンブルや散財

買い物袋と女性

もう1つ面接官に悪印象をら与えるのはギャンブルや散財です。

たしかにお金を使うと気分が高揚して気分転換になることもあるでしょう。

しかしストレス解消にギャンブルやショッピングをすると伝えるとお金の管理ができない印象につながります。

仕事では金銭の管理能力が求められることもあるためギャンブルが好きな人は信用されません。

ストレス解消としてパチンコや競馬をする人は面接で正直に回答するのは避けましょう。

また、たくさん買い物をすることがストレス解消方法の人は伝え方を工夫することが大切です。

面接間に散財のイメージをもたれないように言葉を変えて伝えると回答のイメージが変わります。

例えば「新しい洋服を身につけてオシャレを楽しむことがストレス発散につながります。」

上記のように直接買い物のイメージを持たせない伝え方も1つのテクニックです。

 

ワンポイント

面接での回答では社会的にイメージが良くないものを題材にするのはおすすめできません。

あくまで自己PRにつなげることを意識して回答するようにしましょう。

ストレス解消方法の回答におすすめなのは?

では実際面接官に好感を持たれるにはどのようなストレス解消方法を答えれば良いのでしょうか。

以下の項目を参考に転職面接のシミュレーションを具体的にしていきましょう。

自分の趣味に関係すること

走る夫婦

自分の趣味でストレス発散ができるという回答は模範回答の1つです。

趣味で自分のメンタルのコントロールできているというアピールにつながります。

さらに自分の趣味について語るきっかけになるので自己PRにもつながりより効果的です。

スポーツや温泉旅行など健康的で好感が持てる趣味を伝えてみましょう。

独特な少し変わったストレス解消法

子持ち女性

他の人と差をつけるなら自分独自のユニークなストレス解消方法を伝えるのもおすすめです。

ユニークな内容ほど面接官の印象に残りやすいメリットがあります。

ストレスが解消につながる話であればどんな些細なことでもかまいません。

「動物園で動物に癒されることでストレスを解消」など少しオリジナリティのある回答を考えましょう。

最近はストレス解消グッズもたくさんあるためお気に入りのアイテムを紹介するのも1つのアイデアです。

「ストレス解消法は?」の回答のポイント

「ストレス解消法は?」の回答の仕方にはポイントがあります。

1番大切なのはどんなストレスも自分で解消できるということを伝えることです。

面接官は応募社のストレス解消法に興味があるのではなく、応募社の仕事に対するストレスの耐性を測ろうとしています。

以下の項目を参考に職場でのストレスにも負けない自己PRをしましょう。

ストレス解消ができる理由を伝えよう

笑顔でスーツの女性

ストレス解消法を聞かれたら解消方法をこたえるだけではなくその理由も具体的に伝えましょう。

面接官の質問の意図としては自分でメンタルケアができているかや職場でのストレス耐性を確認することにあります。

ストレスを解消ができる理由を明確にすることで面接官に説得力を与えることが可能です。

また内容が具体的であればあるほど自己管理ができるイメージを与えられるため好印象につながります。

頻度やエピソードを話そう

指示棒を持つ女性

ストレス解消方法を実践する頻度やエピソードも交えると信憑性が高まります。

面接官の印象に残る回答をするためにも具体的なエピソードを盛り込みましょう。

ストレス解消方法を実践する頻度を伝えることでストレスを自己管理できていると好印象を与えることもできます。

ストレスを抱えやすい人は面接官の印象にのこるエピソードを準備しておきましょう。

「ストレス解消法は?」の好印象を与える回答例

では次に面接官に好印象を与える具体的な回答例を紹介します。

以下の例を参考に自分なりのストレス解消法の回答を考えましょう。

アイテムを使用したストレス解消法の回答例

入浴する女性

私のストレス解消方法は入浴剤を入れてゆっくり湯船につかることです。

私は寝不足が続くとストレスが溜まりやすいと自覚しています。

仕事で疲れた日は入浴剤を湯舟に入れてリラックスすることを心がけた結果睡眠不足が解消されました。

好きな香りに囲まれてゆっくりお風呂に入ることで気持ちがリラックスするので疲れも吹き飛びます。

また入浴後は眠りにつきやすいため翌日の仕事にストレスを持ち込むことが無くなりました。

人をつかったストレス解消法の回答例

笑顔で働く女性

私のストレス解消方法は友達や頼れる上司に相談することです。

仕事でストレスを感じるときはあえて身近な人と会話をしながら楽しい時間を共有することでストレスを発散しています。

楽しい時間がストレスを忘れさせてくれてリフレッシュした気持ちにさせてくれるからです。

また過去ストレスを感じた時は疲れた心の内を友人に相談すことで気持ちをすっきりさせることもありました。

しかし友人にはあまり仕事の詳しい話はできないので、最近は仕事での悩みや相談は身近な上司や同僚に随時相談するようにしています。

その結果悩みがすぐ解決されるようになり仕事でのストレスを感じることがなくなりました。

 

ワンポイント

ストレスについて聞かれたときは自分がストレスコントロールのできる人間であることをアピールすることが大切です。

面接官の質問意図を考えて好感を与える回答を自分なりに作成しましょう。

「ストレス解消法は?」の回答する時の注意点

ここまでストレス解消法についての回答の仕方を確認してきましたが、ストレス解消法の回答にもいくつか注意点があります。

以下の項目を参考にストレス解消法のNG発言は避けるようにしましょう。

「ストレス解消法はありません」はNG

注意喚起をする女性

普段あまりストレスを感じていない人も「ストレス解消法がない」という回答は避けましょう。

ストレスを感じにくい人は無意識のうちにストレス解消を自己完結できている可能性が高いです。

自分の生活をよく振り返って自己分析をすることで自分が何にストレスを感じてどのように解決しているのかを明確にしましょう。

ストレス解消法がないという回答をすると面接官が応募者のストレス耐性や自己管理能力を測ることができません。

面接官の質問の意図を考えて自分がストレス管理ができる人物であることをアピールできるようにすることが大切です。

「ストレスを感じません」はNG

眼鏡で首をかしげる女性

「ストレスを感じません」という回答もNG発言です。

ストレスを感じない人は存在しないためよっぽど鈍感な人か自己分析が出来ていない人と思われ好印象につながりません。

仕事をするうえで大なり小なりストレスを感じる場面は非常に多いです。

ストレスを感じませんと答えてしまうとストレスの対処法も知らない人として判断されてしまいます。

また無自覚なストレスが溜まっている人という印象も与えかねません。

どんな些細なことでもいいので自分のストレスに気づいて自分なりのストレス解消法を探すようにしましょう。

 

ワンポイント

面接官の質問にたいして具体的な回答がないと自己PRのチャンスを逃してしまいます。

題材がどんなものであっても回答することが自己PRにつながると信じて具体的な発言を心がけましょう。

ストレス解消法が見つからない時は?

ポイント

ではストレス解消法が見つからない時はどうしたらよいのでしょうか。

普段ストレスをあまり感じない人は自分のストレス解消方法やこだわりを簡潔に伝えることが難しい場合があります。

しかしストレスの解消を意識していなくてもストレス解消につながる行動を必ずしているはずです。

ストレス解消方法が見つからない時は自分の普段の行動をリスト化してみましょう。

何か壁にぶつかっている時に繰り返し実践していることなどが実はストレス解消につながっていたりします。

 

ワンポイント

自分では意識していなくてもジムやスポーツを定期的に行っている人は運動でストレス解消している可能性が高いです。

まずは自分の普段の行動を具体的に振り返るようにしましょう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

スーツ、女性

今回はストレスに関する質問について取り扱ってきましたが転職の悩みや相談は転職エージェントを活用するのをおすすめします。

転職エージェントでは転職の悩みがすぐに解決する可能性が高いです。

また様々なサポートを受けながら転職活動をすることができ転職を効率よく進められます。

現在転職活動を検討している人はまずは転職エージェントに登録することからはじめてみましょう。

まとめ

パソコンを持つ女性

転職の面接でよく聞かれる「ストレス解消法は?」という質問の回答方法は参考になりましたか。

面接間の質問に応える際は質問に隠された面接官の意図を把握することが大切です。

転職活動の面接当日にしっかりと好印象を残すために前もって質問を予測して回答の準備をしておきましょう。

少しでも不安なことがあればぜひ転職エージェントへご相談ください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら