インテリアなどが好きな方ならば、インテリアデザイナーは憧れの職業ではないでしょうか?

大好きなインテリアに関わることができる仕事に就いてみたい、そう思う人は多いはずです。

憧れのインテリアデザイナーを未経験から目指す際に、必要となる情報を今回はご紹介します。

Contents

未経験からインテリアデザイナーを目指す方法を解説

メモ インテリア

インテリアデザイナーは、家具や照明などといった内装全般の企画・設計などに関わる仕事です。

個人宅やオフィスやホテルに美術館や学校など、様々な空間のトータルプロデュースが主な仕事になります。

最近はリフォームやイノベーションなどの需要で、多方面から注目されている職業です。

センスが良く最先端の情報を取り入れての仕事になります。

インテリア好きな女性やオシャレに関心のある人などが注目しているようです。

年齢制限も特に設けていない場合が多いため、転職してインテリアデザイナーを目指すケースも数多くあります。

そして、未経験からの転職でもチャレンジが可能な職業です。

様々なスキルとセンスを必要とするインテリアデザイナー。

未経験から目指すための方法にはどのようなものがあるのかお伝えします。

インテリアデザイナーの未経験求人から仕事内容をチェック

働く女性

インテリアデザイナーを実際に目指す時、最初に確認をするのは求人情報です。

求人がなければ応募することもできません。

ここではインテリアデザイナーの未経験者求人の内容についてチェックしてみましょう。

例1.デザイン事務所(東京都)

仕事内容:レストランやカフェ、マンションのリノベーション、建物全体のリノベーションなど。
資格:VectorWorks,Illustrator,Photoshop使用できる方、経験者優遇。未経験者についても考慮いたします

例2.建築会社(埼玉県)

仕事内容:マンション、戸建てのリノベーションを提案する仕事
資格:未経験者、第二新卒、即卒可。住まいに興味のある方。インテリアコーディネーター有資格者尚可。建築系学科卒尚可。

例3.リフォーム関連(新潟県)

仕事内容:問い合わせがあったお客様へのリフォーム提案。住空間デザインの提案をしていきます。
資格:デザイン等経験者優遇、建築系資格取得者優遇、業界未経験者、第2新卒者歓迎

 

求人検索 「未経験 OK インテリアデザイナー」にて検索しましたが、多くの求人で「未経験OK」の記載を確認できます。

リフォームやリノベーションをする人が増えていることもあり、デザイン・建築・リフォーム関係からの求人が多く見られました。

同時に有資格者・経験者優遇の文字も見られました。

資格等は持っているほうがより有利に就職・転職活動を進められそうです。

インテリアデザイナーの求人をご紹介しました。

インテリアコーディネーター・インテリアプランナー、デザイナーなど名称になっている場合もあります。

インテリアと記載があった場合は仕事内容を確認し、インテリアデザイナーと思われる内容であれば問い合わせしてみましょう。

インテリアデザイナーのやりがい

時計の前でガッツポーズをする女性

インテリアデザイナーは、初期の段階から完成するまで向き合う仕事がほとんどです。

短い場合は数か月、長いと数年にも及ぶことがあります。

長い時間向き合うため様々な苦労もあります。

無事に完成し引き渡しを迎えられた時は安堵と同時に喜びを感じるでしょう。

クライアントや個人のお客様の笑顔で、また次の仕事を頑張ろうと思えます。

やりがいに直結した仕事であると言えます。

自分が中心となり動くことの多いインテリアデザイナーではありますが、この仕事は1人でできるような仕事ではありません

クライアントをはじめ、建築士や大工、現場監督、多くの人々が様々な分野で仕事をする。

チームワークがあってできる仕事です。

数多くの人が仕事に関わり、仕事を通じて出会うことで絆とやりがいもとても感じるでしょう

ワンポイント
 長く関わる仕事が多いので、人と人の繋がりとチームワークを感じられる仕事

インテリアデザイナーに求められる人物像

働く女性

インテリアデザイナーという言葉も一般的になり、インテリアデザイナーを目指す人も増えてきています。

インテリアデザイナーに求められる人物像にはどのようなイメージを持たれているでしょうか。

インテリア好き、オシャレ、内装装飾に興味がある、何かを作ることが好き…

インテリアが好きであると言うことはもちろん大前提ではありますが、他にはどのようなものが求められているのでしょうか?

インテリアデザイナーとして様々なスキルも必要ではあります。

それに加えて行動力と好奇心、何より1つのことを続ける継続力が大事になります。

クライアントが求めるものを把握して具現化するために、色々なものへアンテナを張り巡らせて敏感にキャッチできることが必要です。

インテリアデザイナーは経験を積むことが大事であるので、続けていくことができる人がインテリアデザイナーの条件と言えま。

好きだけではインテリアデザイナーにはなれない、好き+努力、があってできる仕事になります。

インテリアデザイナーに求められるスキル

仕事自体が多岐に渡るため、様々なスキルを必要とするインテリアデザイナーですが、その中でも特に重要なスキルについてご説明します。

コミュニケーション能力

コミュニケーション

クライアントや完成までに関わる様々な人々と円滑な関係が重要になります。

常に誰かと話し合い、仕事を進めているような形になることも少なくありません。

クライアントの求める内容を理解して具現化し、納得のいくもの引き渡すためには必要になります。

作業効率を上げて仕事を進めることも大事なので、コミュニケーション能力は必要不可欠です。

デザインスキル

オシャレなデスク

インテリアデザイナーの仕事をするにあたり、なくてはならないのがデザインスキルです。

基本ではありますが、デザインスキルを持っていなければ仕事をすすめることもままなりません。

クライアントの求めるものを理解してデザインを作ることがとても重要なので、デザインスキルのレベルは高いほうが良いでしょう。

プレゼンテーション能力

プレゼン

時にはクライアントが自分以外にも依頼をしていることがあります。

その場合はクライアントに対してプレゼンテーションを行い、決めてもらうことになります。

その時にいかに自分の作品を上手にアピールすることができるかが重要であり、採用の決め手となります。

プレゼンテーション能力の高さはとても重要です。

インテリア分野の知識

空間

コミュニケーション能力・デザインセンス・デザインスキルがある。

持ち合わせたスキルを活かす知識がなくては意味がありません。

未経験でも十分に活躍することは可能なインテリアデザイナーです。

仕事をする上ではインテリア分野の知識は持っておくべきものだと思います。

ワンポイント
 コミュニケーション能力・デザイン能力・プレゼンテーション能力・インテリア知識は必要

インテリア分野を学ぶ方法

勉強

インテリアデザイナーですから、インテリアの分野の知識は必要です。

インテリアデザイナーを目指すのであれば、美大などの専門学部やインテリア関連の専門学校を卒業するのが一般的です。

それ以外には方法はないのでしょうか?

センスも大事ではありますが、基礎知識も必要です。

必要な資格などを取得するために勉強をしてインテリアデザイナーを目指してみるのもおすすめです。

インテリアデザイナーについて学ぶ方法を見ていきましょう。

専門学校や美術系の大学

専門学校や美術系の大学にはインテリアデザイン科があり、インテリアに特化した技術などを身につけることができます。

卒業するまでには年数もかかりますし、受験をして合格をしなければ通うことはできません。

しっかりとした知識や技術を身につけることができますので、卒業後も即戦力となることが可能です。

通信講座

最近は通信講座でもインテリアデザインを学ぶことができます。

仕事を続けながらインテリアの知識を身につけることができ、資格取得と共に就職活動を行うことができます。

通信講座なので受験などはありません。

専門学校や美術系の大学のような、実践的な技術を身につけることは難しいかもしれません。

時間の短縮や仕事をしながらの資格取得が可能であることが最大の魅力です。

アシスタントとして経験を積む

未経験可の企業へ入社し、現場経験を積みながらインテリアデザイナーの知識を得ていきます。

未経験なので覚えるまでは大変かもしれませんが、学校や通信教育では得ることので出来ない経験を得ることができます。

現場の経験を積みながら給与を得られる環境となります。

ワンポイント
 自分の条件に合った方法で知識を得るて、就職・転職を有利にしよう

インテリアデザイナーのアシスタントは?

勉強

様々な方法で資格やスキルを習得して就職をしても、最初はアシスタントとして先輩などのサポートをしながら仕事を覚えていきます。

内装全般をトータルプロデュースするのがインテリアデザイナーの仕事になるので、様々な知識が必要になり現場経験も重要になります。

仕事内容も量も1人では抱えきれない量になることもあります。

その時に陰から支えてくれるのがアシスタントであり、インテリアデザイナーにとってはとても大事な存在になります。

アシスタントを経験することに抵抗があるかもしれませんが、どの職種にもアシスタントは存在します。

補助・サポート、アシスタントという意味のようにインテリアデザイナーを支える存在です。

様々な物事を一手に引き受けるインテリアデザイナーではありますが、1人では仕事はできません。

仕事を共にする人々の他にアシスタントという自分の補佐的な人がいることで仕事をすることができるのです。

アシスタントとして経験することは、インテリアデザイナーとしての活動の幅を広げることに繋がります。

そして生きた経験として今後の活動の幅を広げてくれます。

アシスタントだからと思ってしまうかもしれませんが、根気強く続けることがインテリアデザイナーへの近道だと思ってください。

ワンポイント
 アシスタントは活動の幅を広げる経験を与えてくれます

インテリアデザイナーに活かせる資格

勉強

インテリアデザイナーには必須的な資格はありません。

インテリアデザイナーとして活動する上で、必要となる資格は色々とあります。

取得していなくてもインテリアデザイナーにはなれますが、取得しておけば活動の幅が広がりますし、他の職種でも生かすことができます。

インテリアデザイナー

必須ではありませんが、インテリアデザイナーを目指している人、現在インテリアデザイナーとして活動されている人へおすすめの資格です。

インテリア設計士

インテリアに関する計画・設計、生産・加工・管理技術を必要とする資格。

カラーコーディネーター

センスの一部でもある色彩についての実践的な知識を学ぶことができる資格、ただのセンスが活かせるセンスと変わります。

すべての資格を取得しての就活や転職が有利です。

どれか1つでも持っていると、インテリアデザイナーとしての仕事の幅を広げ自分の強みとなる資格ばかりです

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

キャリアパス

インテリアデザイナーは未経験からでも目指せる職業ですが、どのようにアピールをしていべきか、悩んでしまう事も多いはずです。

そのような様々な不安を一緒になって解決してくれる頼もしい存在として「転職エージェント」がいるのをご存じでしょうか?

インテリアデザイナーのような分野でも有利に転職ができるように、親身になってくれるあなたのパートナーです。

自分にぴったりな求人や希望する求人を紹介してくれます。

さまざまな状況に合ったアドバイスや、転職成功しやすい履歴書や職務経歴書の書き方なども指導してくれます。

インテリアデザイナー目指すあなたを転職エージェントがお手伝いをしていきます。

まとめ

オフィスの女性

女性がインテリアデザイナーを目指すために、必要なことがお分かりになりましたでしょうか?

リフォームやリノベーションなどの需要と共にインテリアデザイナーの活躍の場も増えており、求人としても増えています。

未経験でもチャンスはありますが転職エージェント活用することで就活・転職を成功させましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら