Web業界へ転職を成功させるには面接対策が欠かせません。

しかし具体的にどのような対策をすればいいのか迷う方もいらっしゃるでしょう。

そこで当記事では、女性が面接前に準備すべきことや転職を成功させるポイントをご紹介します。

Contents

Web業界の面接対策を解説

独学

一言でWeb業界といっても、WebデザイナーやWebクリエイター、Webディレクターなどさまざまな職種があります。

どの職種を目指すかによって対策方法は変わってくるもの。

しかし、Web業界の面接対策で共通して抑えておきたいポイントがあるのも事実です。

それは具体的にどのようなことなのでしょうか。

女性がWeb業界で活躍するためにチェックしておきたいことをみていきましょう。

女性が面接前に準備すべきこと

パソコン作業をする女性

女性が面接前に準備するものはポートフォリオです。

Web業界ではポートフォリオをもとに面接が進められる場合が多いでしょう。

ポートフォリオはあなたのスキルをアピールできる大切なデータです。

また、これまで手掛けたWebデザインやコーディングなど実績もアピールすることができます。

面接官としてもポートフォリオをチェックして話を膨らませていくのです。

ポートフォリオなくしてWeb業界への転職は成功しないでしょう。

どの職種においてもあなたのスキルを証明するためポートフォリオは必要不可欠です。

スキルやこれまでの実績をアピールするため、ポートフォリオは面接前に必ず準備しましょう。

 

ワンポイント
ポートフォリオを準備してスキルや実績を正確に伝えよう!

求人例からWeb業界の主な仕事内容をチェック

笑顔の女性

Web業界にはWebデザイナーやWebクリエイター、Webディレクターといった様々な職種があります。

それぞれどのような仕事を担っているのでしょうか。具体的にみていきましょう。

Webデザイナー

Webデザイナーは主にWebサイトのデザイン作成を担当します。

サイト全体の構成やレイアウトを軸に、ユーザー目線でサイトのデザインを作成するのです。

そこからコーディングを行いクライアントの依頼通りにWebサイトを作成して完成となります。

Webデザイナーは黙々と1人で作業をするイメージがあるでしょう。

しかし、クライアントの要望に応えるためコミュニケーションスキルが欠かせません。

言われた通りデザインするだけでは物足りないでしょう。

クライアントが抱えている潜在的な悩みや課題、ニーズを引き出した上でWebサイトを作成することが求められます。

Webクリエイター

WebクリエイターはWebサイト作成を始めWebコンテンツに関係する制作すべてを担当します。

Webデザイナーと似ていますが、Webクリエイターが担当する仕事の方がより広範囲にわたっているのです。

Webコンテンツ作成にはクライアントとのコミュニケーションが欠かせません。

また、コンテンツを作成して終わりではなく検索エンジン最適化も意識する必要があります。

担当する仕事内容が多い分、仕事に対する大きなやりがいや充実感も得られるでしょう。

Webディレクター

WebディレクターはWebコンテンツ作成を管理したり指示を出したりします。

ディレクターに「指揮者」という意味があるように、責任者としてWebコンテンツ作成に携わるのです。

具体的にはWebコンテンツ作成のスケジュール管理や品質管理などの管理業務を担当します。

また、クライアントとWebクリエイターやWebデザイナーとの間に入って調整する役割を担うこともあるでしょう。

WebディレクターはWebコンテンツ作成のカギを握っていると言っても過言ではありません。

大きな責任感が伴う分、仕事のやりがいも大きくなるでしょう。

 

ワンポイント
WebデザイナーやWebクリエイター、Webディレクターなど職種はさまざま!

面接でよくある質問例をご紹介

オフィスにいる女性

Web業界での面接は具体的にどのようなことを聞かれるのでしょうか。

あらかじめ質問内容を想定しておくことで、本番でスムーズに答えられるようしっかりと準備できます。

Web業界の面接でよくある質問例を4つご紹介します。

今後のキャリアプラン

Web業界の面接ではよく今後のキャリアプランについて質問されます。

キャリアプランを質問する理由はあなたの成長性や意欲をチェックするためです。

企業側としては今後成長が見込める人材を欲しがっています。

また、「なんとなく」という気持ちではなく熱意をもっている人を積極的に採用したいと思うでしょう。

したがって、将来のビジョンをどの程度見据えているか把握するためキャリアプランについて質問するのです。

具体的に先のことまで考えているならば、そのことをしっかり伝えて高評価を獲得しましょう。

もし将来のビジョンが不透明であれば、抽象的な内容でもいいので何かしら答えるようにしてください。

チームで働く上で大事にしていること

男女のビジネスパーソン

Web業界の面接ではチームで働く上で大事にしていることを質問します。

その理由はWeb業界で働くにはコミュニケーション能力が欠かせないからです。

Web業界は1人で黙々とパソコンに向かっているイメージがあるかもしれません。

しかし意外にもWeb業界は外部との関わりや内部における意思疎通のタイミングが多いのです。

WebデザイナーやWebクリエイターとして働くのであればクライアントとのコミュニケーションが欠かせません。

また、あなた1人だけでWebコンテンツを作成するわけではなく、内部でほかの人と協力する場面が出てきます。

Web業界は個人ではなくチームで働くということを意識しましょう。

そしてチームとして働く上で大事にしていることを答えられれば高評価につながります。

会社を選ぶ上で大事にしていること

Web業界の面接では会社を選ぶ上で大事にしていることが質問されます。

その理由は会社で長く働き、会社に貢献できる人材かチェックするためです。

Web業界といっても会社ごとに規模が違います。

また、任される仕事の範囲もクライアントも違うので、場合によってはあなたのスキルが活きないかもしれません。

したがってあなたが会社を選ぶ時に何を基準にしているのか把握したいのです。

加えて、Web業界で働くことができるのであればどの会社でもいいというような気持では採用されないでしょう。

なぜこの会社がいいのか、その理由を具体的に述べることがポイントです。

強みと弱み

Web業界の面接ではあなたの強みと弱みについて質問されます。

強みと弱みを把握することで配属先や担当してもらう仕事内容を考えているのです。

あなたが得意としていることはしっかり伝えてください。

逆に苦手なことは苦手であると正直に言うことも大切です。

嘘をついてしまっては仮に転職が成功してもミスマッチが起こってしまいます。

自分の弱みをさらけ出すのに勇気がいるかもしれません。

しかし、弱みを正直に伝えることで「素直な人」という評価につながるかもしれないのです。

Web業界であなたのスキルを存分に活かすため、強みと弱みは正直に伝えましょう。

面接で緊張しないための備え

オーケーを示す笑顔のビジネスウーマン

Web業界の面接で緊張しないためにはしっかりと準備することです。

何も準備をせず本番の面接に臨んだとしても、採用されることは非常に難しいでしょう。

準備としては企業研究自己分析が考えられます。

企業研究をしっかり行うことでその会社を志望する理由がみえてくるでしょう。

逆に企業研究をおろそかにすれば、あなたのスキルを活かすことができないかもしれません。

企業研究の深さは志望度の高さと直結するので、時間をかけて行ってください。

また、自己分析はあなたの強みや弱みを知るうえで重要です。

自分のことは自分が一番分かっているといわれますが、本当にそうでしょうか。

自己分析を丁寧に行うことであなた本来の強みがみつかるかもしれません。

面接前にもう一度自分を見つめ直してみてください。

準備が整っていれば面接本番で緊張することはほとんどなくなるでしょう。

転職を成功させるためにも、事前準備は入念に行ってください。

 

ワンポイント
面接で緊張しないよう企業研究や自己分析を行い準備を整えよう!

好印象を与える志望動機のポイント

女性

Web業界の面接で好印象を与えるためには、どのような志望動機が効果的なのでしょうか。

志望動機で意識したいことを2つご紹介します。

なぜWeb業界なのか明確にしよう

志望動機にはなぜWeb業界で働きたいのか明確に表現しましょう。

あなたがWeb業界にこだわる理由があるはずです。それをそのまま面接官に伝えてください。

とりあえず転職できればどの業界でもいいという人は、会社としても積極的に採用したいとは思わないでしょう。

Web業界で働きたいという意欲や熱意をみせることが転職成功のポイントです。

なぜWeb業界を選んだのか、Web業界でしかできないことは何か、具体的に述べてください。

入社後にやりたいことやどう活躍するかを具体的にしよう

ルーペを持つ笑顔の女性

入社後にやりたいことを表現するのも大切です。

転職が成功すればいいという考え方では、面接官としても熱意を感じ取ってくれないでしょう。

入社後にやりたいことを伝えることで意欲が高い人という評価につながります。

また、やりたいことに加えあなたが活躍する場面も伝えるとさらに高評価です。

具体的なビジョンがみえているということは成長が期待できる人材ということ。

面接官としてもあなたに一目置くでしょうから、入社後のビジョンはしっかり伝えてください。

Web業界の面接で有効な逆質問例

デスクでノートパソコンを触るビジネスウーマン

Web業界の面接では、一通り質問が終わった後に「何か質問はありますか?」と聞かれることがあります。

これは「逆質問」と呼ばれるもので、最後にもう一度あなたの意欲や熱意をアピールする絶好のチャンスです。

したがって「何もありません」という回答だけは避けてください。

逆質問がくることを想定して、あらかじめ質問する内容を準備しておきましょう。

具体的に有効な逆質問の例を2つご紹介します。

入社日までやっておくことについて質問

「御社に採用が決まった場合、入社日までやっておくことはありますか?

学んでおくべきことなどございましたらご教示ください。」

仮に採用されたとして入社する日まで勉強しておくことを質問します。

これは働く意欲や会社に貢献したいという熱意を伝える上で有効な質問です。

自分から積極的に学ぼうとする姿勢は高く評価されるでしょう。

配属先のメンバー構成について質問

「配属先にはどのような職種の方が何名ずついらっしゃいますか?また、男女比も一緒にご教示ください。」

あなたが所属する予定の部署におけるメンバー構成や男女比は気になるものです。

職場環境を知ろうとする姿勢は大切でしょう。

また、この質問により会社がどれだけ案件を抱えているか、大まかな業務量を把握することにつながります。

どの程度忙しいのか、この会社で仕事を続けていけそうかどうかみえてくるでしょう。

 

ワンポイント
効果的な逆質問をして意欲や熱意をアピールしよう!

転職面接を成功させるポイント

オフィスにいる女性

Web業界の転職面接を成功させるにはどのようなことを意識すればいいのでしょうか。

事前準備の段階で抑えておきたいポイントを2つご紹介します。

自己分析をして自分の強みを把握しよう

女性

転職面接を成功させるには自己分析が欠かせません。

意外と自分自身のことでも知らないことが多いものです。

自己分析を丁寧に行うことであなたの隠された魅力など新たな発見があるでしょう。

また、自分のことを詳しく知っていると想定していなかった質問にも落ち着いて対処できます。

予想外の事態が起きたときこそあなたの本心が現れるため、自己分析を丁寧に行いもう一度自分を見つめ直してください。

業界研究や企業研究を徹底しよう

転職面接を成功させるには業界研究や企業研究が欠かせません。

あなたが転職しようとしている業界や会社を深く知ることが大切です。

業界研究や企業研究の深さは志望度の高さと直結します。

ここをおろそかにしてしまうと面接官に見抜かれてしまうでしょう。

最悪の場合「意欲がない人」という悪い評価につながりますから、業界研究や企業研究は欠かさず行ってください。

転職相談は転職エージェントを活用しよう

打ち合わせをする女性

転職活動は基本的に1人で行うので孤独を感じやすくなります。

学生の就職活動とは違い気軽に相談できる相手はいないことが多いものです。

困難に直面したとき1人で乗り越えるのは大変かもしれません。

そこで、転職の相談は転職エージェントを活用してみてください。

エージェントは転職のプロなので、あなたの転職が成功するよう適切にアドバイスしてくれます。

エージェントと二人三脚で理想の未来を手に入れましょう。

まとめ

女性

Web業界の面接を成功させるには企業研究や自己分析が欠かせません。

なぜWeb業界で働きたいのか、なぜこの会社を選んだのか理由を明確にしましょう。

また、面接を突破するには事前準備が大切です。

その場の思い付きで乗り切れるほど面接は簡単ではないので、準備は入念に行いましょう。

準備の段階でつまずいた場合は、転職エージェントに相談してみてください。

エージェントを活用して転職を成功させましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら