秘書という仕事は上司がやるべき仕事をスムーズにできるようサポートする仕事です。

「スケジュール管理」や「電話・メール対応」など基本業務の他に、担当上司に合わせた仕事のサポートもします。

当記事では「秘書はどのような人に向いているのか」「どのようにキャリアアップをしていくのか」など秘書業務について詳しく解説していきます。

秘書を目指したい人はぜひ参考にしてください。

Contents

秘書のキャリアプランを解説

仕事をする女性

秘書という仕事はコミュニケーション能力をはじめ、事務処理力、スケジュール管理能力など様々な能力が求められます。

そのため新卒で秘書に採用されることはほとんどありません。

未経験からの場合は総務や経理などの事務職を経て、秘書へとステップアップするのが一般的です。

正しい言葉遣いやビジネスマナーが必要なので、自信のない方は習得しておくと良いでしょう。

また秘書技能検定資格を取得するとその点もアピールできます。

一般企業秘書から弁護士や医師、政治家といった専門職の個人秘書へステップアップすることも可能です。

将来的にどういうキャリアを築きたいかどんな方面で活躍したいか考えてみましょう。

目標に沿って語学力など必要なスキルを身に付けていくと計画的にステップアップできます。

秘書の主な仕事内容

秘書にとって最も重要な仕事は上司が本来果たすべき役割に専念できるように補佐することです。

秘書の主な仕事は基本業務と担当上司に合わせた業務に大別されます。ここでは基本業務について解説します。

<スケジュール管理>

スケジュール管理の目的は上司の最も大切な資産である時間を確保し、仕事の生産性を最大化することです。

社内外の会議や会合のスケジュール管理、出張の手配なども行います。上司の体調も考慮しながら細やかな対応が必要になります。

予定が変更になることも珍しくありません。そんな時は重要度と緊急度を考慮してスケジュールを組み直します。

スケジュール管理は秘書にとって一番大変な仕事です。思うようにいかないことがあっても冷静に対処しましょう。

<電話・メール対応>

上司宛ての大量のメールや電話を選別し内容に応じて処理します。上司の指示に従い電話は必要なものだけを取り次ぎます。

メールは内容を確認して不要なものは報告しないなど、上司のスタイルに合わせた対応を行います。

送られてきたLINEやメールは即対応を心掛けましょう。

<来客対応>

訪問希望者のアポイントメントの受付と来客時の案内も大事な仕事です。秘書は上司より先に訪問者に会うため第一印象がとても大切です。

訪問者が上司に対して抱く印象が秘書によって左右されることがあるからです。

その後の仕事への影響も考えられるため正しいマナーで迎える必要があります。

また訪問者とのやりとりを補佐するために、会議への同席を求められることもあります。

<資料・文書作成>

資料・文書作成といっても以下の通りさまざまなものがあります。

  • 会議・会合・商談のための資料
  • 上司の名前で出す社内文書
  • お中元・お歳暮のお礼状

ビジネスのお付き合いで重要視される儀礼文書は、しきたりやルールを重んじて礼儀正しく書く必要があります。

慶弔などの情報を得た時は事実確認とともに、お祝いやお悔やみを適切なタイミングで出すことが大切です。

また上司が作成した文書の体裁を整えたり、手書きしたものをパソコンで清書したりすることもあります。

ワードやエクセルはもちろんですが、パワーポイントやブラインドタッチなどパソコンのスキルを磨きましょう。

秘書のキャリアアップ方法

ステップアップ

秘書としてキャリアアップするためにはどのような方法があるのでしょうか。

ここで詳しく解説します。

社内でステップアップ

秘書は高度なビジネスマナーが求められるためあまり新卒採用はしません。一般事務から入社し経験を積んで秘書室に移ることが一般的です。

同一組織内であれば秘書アシスタントから部長秘書、役員秘書をして社長秘書へとステップアップしていきます。

秘書の仕事は上司の役職が上がるにつれて求められるレベルも高度になっていきます。

ビジネスマナー・コミュニケーションスキル・パソコンスキル・英語力など秘書にとって必要なスキルの向上を目指すことが大切です。

英語スキルを磨いて「バイリンガルセクレタリー」を目指す

TOEIC

バイリンガルセクレタリーは2ヶ国の言葉を使って仕事をします。

近年は外資系企業だけでなく国内企業もグローバル展開しているところが飛躍的に増えています。

そのためバイリンガルセクレタリーはビジネスシーンになくてはならない存在となりつつあります。

そのような組織で働く秘書には当然外国語の能力が必須です。

業務にもよりますが一般的にTOEIC®800点以上の英語力が必要だといわれています。

言葉だけではなく異文化への理解を深め、積極的に取り込む姿勢が求められます。

上司が外国人の場合、通訳や翻訳スキルが求められるケースも少なくありません。

当然ですが一般的秘書業務能力も必要になります。

一番忘れてならないのは日本人として日本の習慣・文化の知識・美しい日本語を使いこなせることです。

外国の方に日本のことを聞かれて答えられないようでは秘書は務まりません。

バイリンガルセクレタリーを目指すなら、まずは秘書としての経験を積むこと。

そして外国語のみならず日本のことをしっかり知りましょう。

 

ワンポイント
・秘書アシスタントから部長秘書・役員秘書・社長秘書へとステップアップしていく
・英語のスキルをみがいてバイリンガルセクレタリーを目指すことも可能

女性秘書が目指せるキャリアパス

名刺交換

キャリアパスを考える第一歩は自分がどんな秘書になりたいのか、どうスキルを活かしたいかを具体的にイメージすることです。

転職の場合、担当者は企業のキャリアパスと一致するかどうかを確認しています。

ここでは秘書のキャリアパスの3つのステップを紹介します。

秘書アシスタント

秘書業務が未経験の場合、秘書アシスタントから始めましょう。

秘書アシスタントの主な仕事内容は基本業務で、基本スキルを身につけることです。

  • 電話・メール対応
  • 予算管理
  • 社外向けの資料作成

などが主な仕事です。

資料の和訳・英訳ができる、そしてメール・電話対応ができるレベルの英語力を持っていると望ましいでしょう。

役員秘書

基本スキルを身につけたら次は役員秘書を目指します。

経営会議資料の作成やとりまとめ・広報・メディア対応などさらにレベルの高い業務を担当します。

  • スケジュール管理・社内外調整業務
  • 出張の手配
  • メール対応・郵便物の処理
  • 情報収集・資料作成
  • 名刺管理やさまざまなリストの作成・管理
  • 会食・接待などの手配

などが主な仕事になります。もちろん電話対応や来客対応もあります。

役員に代わって対応する場合もありますので丁寧な対応はもちろんのこと英語力も必要です。

役員クラスの秘書の間違いは会社の印象に大きく影響します。

お茶を出す順番ひとつにしても間違えることがないようしっかり対応しましょう。

社長秘書

企業内秘書として最終的に目指したいのは社長秘書です。社長秘書になると基本業務はもちろんですがより高度なスキルが求められます。

  • VIP対応の代行
  • 会社が主催するイベントの運営
  • 出張やパーティーなど社外行事のアテンド
  • 契約を詰める、社外でのなどの外部折衝

以上が主な仕事で社外で活躍する機会が増えます

会社によってはグローバル会議の運営や海外出張のアレンジなど、高い英語力を求められる場合もあるでしょう。

社長秘書になると業務内容も機密度が高く、社外の重要なポストにいる人との接点が多くなります。

 

ワンポイント
 ・自分が「どんな秘書になりたいのか」具体的にイメージしてみよう

秘書のキャリアアップに必要なスキル

秘書としてキャリアアップをする上で必要とされるスキルはどのようなものでしょうか。

どんどんキャリアアップしたいと考える人に知っておいてほしいことを解説します。

体調も考慮したスケジュールを組める

体調管理

業務を円滑に進めるためには上司の体調管理も秘書の重要な仕事です。

そのためには

  • スケジュールを過密にしない
  • 日常の健康状態の把握、体調の変化に気を配る
  • かかりつけの病院や主治医を知っておく

このようなことに気を配ります。

ランチや休憩時間をしっかり確保することで、効率が落ち悪循環に陥るのを防ぎやすくなります。

また風邪気味の時は、普段飲んでいるコーヒーをレモン水に変えるなどの配慮があると良いでしょう。

上司の体調が悪そうな様子が見えた時はスケジュールの変更が必要がどうか確認し、変更が必要な場合は早めに調整しましょう。

上司の体調不良は社内外に大きな影響を与えます。どこまで連絡するかは上司としっかり相談しましょう。

単なる風邪が重病だという内容になったりしないような配慮が必要です。

先周りの気遣いができる

指示されたことをこなすだけではキャリアアップは難しいでしょう。

基本業務のように共通の仕事はありますが、それ以外の業務は仕える上司によってさまざまです。

踏み込む範囲や距離感も人によってさまざまで、なかなかマニュアル化できるものではありません。

「相手の視点に立つ」とよくいいますが、実際には難しいことです。

どうすれば上司が快適に働けるのかを、自然と考えられることが重要です。

普段から他人に対し細かい気遣いができる人でなければ、秘書業務の遂行は難しいでしょう。

不測の事態に備えて、あらかじめいくつかの代替案を準備しておくなど、「先周りの気遣い」があると良いキャリアを築けます。

どのような状況にも動じない心と体力が必要といえるでしょう。

マルチタスクをこなせる

秘書の仕事は広範囲に渡り、上司が必要とする情報を集めておいたり、先回りして仕事を行ったりなど自主的な行動が求められます。

同時に複数の仕事をこなすためには高いスキルが必要です。

マルチタスクに向いているのは、コミュニケーション能力に長けている人です。

立場や性別が異なる人たちと過不足なくコミュニケーションを取れる人は、秘書業務をする上で仕事のできる人です。

すべての仕事に優先順位をつけ、効率よくスピーディに業務をこなせるようになれば理想的です。

一方で、急な割り込み仕事にも柔軟に対応できるゆとり(バッファ)を持つことも大切です。

これらを当たり前のようにこなすことができるのが優秀な秘書なのです。

 

ワンポイント
・「体調管理」や「気遣いができること」もキャリアアップに必要なスキル

秘書としてのキャリアプランを描く上で意識すべきこと

考える女性

秘書としてのキャリアプランを描く上で意識すべきことを解説します。

サポートするだけではない

秘書の仕事は指示されたことをするだけではありません。常に上司の仕事が円滑に進むよう考えながら調整するのが仕事です。

場面場面に応じて機転を利かせたり、上司が必要としていることを読み取って配慮したりします。

自分で考えて独自の工夫をプラスアルファすることで、上司に頼られる存在になることが出来ます。

評価されるような工夫ができるとワンランク上の仕事も任せてもらえるようになり、信頼も獲得できるでしょう。

資格や検定はあくまで資格

秘書は資格がないとできない仕事ではありません。とはいえ秘書の仕事は多岐にわたるので、現場で一から学ぶには無理があります。

そのためビジネスマナーや秘書業の基本を学べる「秘書検定」などの資格を取得しておくと有利でしょう。

勉強することで秘書に求められるマナーや知識が身につきアピールポイントになります。

秘書の仕事においては「上司を適切にサポートできるか」という点がもっとも重要なポイントです。

能力や適性があれば検定等に合格している必要はありません。

「秘書」という仕事にこだわりすぎない

秘書を目指す場合、最初から秘書という仕事のみに狙いを定めて転職活動を行わないことが大切です。

なぜなら未経験の場合、総務や経理などの事務からの移動が多いからです。

また秘書と言っても、役員や社長のサポートだけでなく本部長や部門長の秘書もあります。

一人の上司に秘書一人で対応するものや、複数の役員を一人でサポートする場合もあります。
秘書の定義は会社によってさまざまなのです。

営業事務で部署のあらゆるサポートをしている方が活躍することもあります。

あるいは総務部門でアドミ業務をしていた方がステップアップすることもあり、秘書の仕事に就く方法はさまざまです。

 

ワンポイント
 ・秘書は資格がないと出来ない仕事ではないが持っていると有利です

女性の結婚後の秘書のキャリア

パソコンを操作するお母さん

女性にとって転機となるのが結婚や出産です。

結婚や出産後の秘書のキャリアについて解説します。

結婚後の働き方や雇用形態は?

秘書は転勤や出張が少ないので、その点では続けやすい仕事といえます。

ですが基本的に上司のスケジュールに合わせて働かなければなりません。

結婚後も働き続けることができるかどうかは、その組織の考え方や仕組みによるところが大きいでしょう。

複数人の秘書がチームとして活躍しているような場合は、相互にフォローしやすいはずです。

しかし現実問題、そのような企業はあまり多くはありません。

そのため、労働時間が決められている派遣社員として働く方法を選ぶ人もいます。

子育てしながら秘書を続けられる?

正直なところ子育てしながら働くのは難しいでしょう。

秘書は残業が多く、休日でも急な仕事が入るなどスケジュール通りにいかないことが多いからです。

女性の場合出産・育児中は独身時代のように仕事中心の生活がしづらい環境になります。

子供の急な発熱や学校行事などで休むことも増えるでしょう。

女性が多い理解のある職場も多いですが、そうでない場合は一般事務などに転職するケースが多いようです。

女性は秘書として働き続けられる?

スタート・ゴール

事務などのキャリアを積んでから秘書になることがほとんどなので、新卒から定年まで働く人はほぼいません。

結婚や子育てで一時秘書から離れる人も少なくないのが実情です。

しかし秘書として身につけた知識やスキルは、様々な仕事で生かすことができます。

また子育てが一段落した後で秘書への復職も視野に入れられるでしょう。

秘書として働き続けるためには、自分がどのような働き方をしたいのかをしっかり考えることが必要です。

転職の悩みは転職エージェントに相談しようは

面談する女性

転職エージェントでは応募や面接対策など、プロの助けを得ながら転職活動を進めていくことが出来ます。

内定率や書類通過率が高く面倒な作業を代行してくれるのが特徴です。

一般求人よりも、エージェント経由のみで募集している直接雇用ポジションが多く見受けられるのが大きなメリットです。

また、企業の内情やどういう人材が求められているのかを知ることもできます。

未経験者をいきなり秘書として採用する企業はほぼありません。

もし転職エージェントなどで紹介された仕事が秘書ではなく総務や人事だったとしても、すぐに断らずじっくりと話を聞くことをおすすめします。

人事や総務での経験が、きっと秘書として活躍する糧になるでしょう。

自身の経歴の中に、秘書に適するスキルや経験があるかどうかを知るためにも、一度転職エージェントに相談してみてください。

まとめ

この記事では、秘書のキャリアパスを考える上で重要な考え方や知っておきたいことを紹介してきました。

業務は多岐に渡るため、幅広い能力やスキルが求められます。

その分コミュニケーション能力や交渉力・事務処理能力などがどんどん身に付きます。

これらの能力は秘書の仕事ばかりでなく、人生にも役立つものです。

秘書は女性が活躍している職場で、さまざまなスキルが身に付く将来性ある職業といえるでしょう。

この記事が秘書という仕事を理解する上で少しでもお役に立てたら幸いです。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら