英文事務の正社員として転職したいと考えている人もいるでしょう。

英語のスキルを生かして正社員で働くにはどのような転職活動を進めればよいのでしょうか。

英文事務の正社員に転職する方法について解説します。

求められるスキルや面接対策についても紹介しますので参考にしてください。

英文事務へ正社員に転職する方法を解説

働く女性

英文事務の正社員に転職するために求人を探している人もいるでしょう。

英文事務の求人には未経験歓迎の場合と実務経験を求めるものの2種類があります。

未経験歓迎の場合でも英語力は面接で必ず確認されるスキルです。

実務経験者であればなおさらでしょう。

転職先の企業によって求められる英語力は異なります。

ただし正社員の英文事務となるとTOEIC600点以上が最低ラインと考えてよいでしょう。

企業によっては700点以上を求められる場合もあることもあります。

英文事務の正社員求人を検索する場合には自分のスキルをしっかり証明できるようにしておきましょう。

英文事務に正社員として転職するには

働く女性

英文事務の正社員に転職する場合、自分がどのような業務に就きたいかを明確にしておくことが大切になります。

英文事務の業務範囲が幅広いからです。

企業によっては簡単な日常会話レベルですませることができる業務の場合もあります。

逆に専門用語が英語で表現できるレベルのスキルを求められることもあるでしょう。

会話・文書作成・電話対応・翻訳・通訳など正社員として働く上では多くのスキルが求められます。

さらに英文事務である以上は事務のスキルも必要です。

正社員で働く場合には一般企業の事務として就職する場合もあれば、外資系企業や海外部門への配属の可能性もあります。
 
【無料】テンプスタッフに転職相談する  

英文事務への転職で準備するべきこと

ファイルを持つ女性

英文事務の正社員に転職する際に準備しておくとよいことはどんなことでしょうか。

英文事務で必須となる英語力のスキルアップはもちろん必要です。

自分が就職したい企業が求める英語力がどの程度なのかを事前に確認しておくとよいでしょう。

面接ではほかの応募者も英語力についてアピールしてきます。

そのなかで企業が求める英語スキルを明確に証明できるものがあることは大きなメリットです。

転職までにTOEICのスコアを少しでもあげておくことも重要な準備になります。

英語力に加えてほかの人とは違うスキルをアピールできるようにしておくことも重要なポイントです。

事務職であるため事務に関連したスキルをアピールできるように資格を取得しておくのもよいでしょう。

英文事務に求められるスキル

電話をする女性

英文事務の正社員では英語力が求められるのは当然のことです。

英語力については応募先の企業によって求められるスキルが異なる点に注意しましょう。

加えて事務に関わるスキルも求められます。

英文事務に求められるスキルについて解説します。

 英語力

英文事務の正社員に転職するなら英語力は必須です。

希望する企業によって求められるスキルは異なります。

自分が希望している企業が求める英語力がどのレベルなのかは事前にリサーチしておくことをおすすめします。

海外との取引があるのか、海外支社があるのかなどを調べてみるとよいでしょう。

取引企業によって求められる英語のレベルも異なります。

外資系企業や貿易関係の企業であれば高度な英語スキルが求められると考えておきましょう。

コミュニケーション能力

英文事務といっても基本は事務職です。

事務職に求められるスキルのひとつがコミュニケーション能力になります。

英文事務では英語でのコミュニケーションを求められることも多いでしょう。

社内で円滑に仕事を進めるだけでなく対外的にも高いコミュニケーション能力が発揮できる人材が求められます。

対面だけでなく電話やメールなどでの対応もコミュニケーションスキルのひとつです。

事務能力の高さを面接でアピールできれば転職がスムーズに進む可能性が高くなります。

パソコンスキル

キーボードとコーヒー

英文事務では一般事務と同様にパソコンを使った作業も多くあります。

そのためパソコンスキルも求められる能力のひとつです。

パソコンスキルを証明するために保有していると有利な資格は次のとおりです。

  • 日商PC検定
  • MOS
  • パソコン検定

このような資格を保有していることを面接でアピールできればかなりの強みとなります。

さらにパソコン操作ではタイピングのスキルが求められることもあるでしょう。

日本語入力よりも英文入力が多くなるのが英文事務の特徴です。

そのため英文入力でのタイピングスキルを証明できるものがあると有利になります。

 

ワンポイント
英文事務には英語力だけでなく事務スキルも求められます。

英文事務に受かる女性の特徴は?

働く女性

事務職は細かやな業務が求められるため女性を募集する企業も多くあります。

英文事務の採用面接に合格するためにはどのようなアピールをすればよいのでしょうか。

英文事務に受かる女性の特徴について解説します。

会社が求める英語力に対している

英文事務ではやはり英語力は必須です。

とはいえ企業によって求められる英語力のレベルが異なります。

そのため希望している企業がどの程度の英語力を求めているのかを理解して面接に臨むことも大切です。

事前の企業研究では希望先企業の取引先や設置している部署などをチェックしてみましょう。

海外企業との取引がある場合には高い英語力が求められる可能性もあります。

自社に海外支店がある場合も同様に通訳や翻訳を求められることもあるでしょう。

一方で海外との取引実績がさほどなく、海外事業部などもない企業の場合もあります。

この場合には日常会話レベルの英語ができれば問題ないケースもあるでしょう。

いずれにしても英語力が高いことが有利になる職種ではあるため、ある程度のスキルは身につけておくことをおすすめします。

コミュニケーション能力が高い

コーヒーと英文書

事務職といってもデスクワークばかりではありません。

社内のさまざまな人と円滑にやりとりができること、社外の人にも丁寧に対応ができることは企業側が求める条件です。

英文事務ではとくに英語でのコミュニケーションが求められることもあるでしょう。

その場合、会話につまらずにしっかりとビジネスマナーを守りながらコミュニケーションが取れるスキルが必要となります。

単純にコミュニケーション能力が高いというだけでなく、海外の文化なども理解したやり取りができると有利です。

留学経験や海外生活の経験などがあればかなりのアピール材料になるでしょう。

臨機応変に対応できる

英文事務では海外とのやり取りをするシーンも多くあります。

日本と海外では考え方に違いがあったり文化に違いがあったりする点には注意が必要です。

クライアントが海外の場合、クライアントの価値観や文化などを理解したうえでの臨機応変な対応が求められます。

そのため、柔軟に対応することができるスキルについてアピールできるエピソードなどがあるとよいでしょう。

 

ワンポイント
英文事務として採用されるには企業が求める人材であることをアピールすることが大切です。

 
【無料】テンプスタッフに転職相談する  

自分にあった英文事務を選ぼう

パソコンとコーヒー

英文事務の正社員に応募する場合、まずは企業研究をすることをおすすめします。

英文事務の業務内容は企業によって大きく変動することがあるからです。

自分の英語力や希望条件にあった企業かどうかを事前にリサーチしましょう。

事前のリサーチ方法について解説します。

外せない条件を決める

英文事務として働くうえで絶対に外せない条件を決めておくことが大切です。

英文事務の業務は多岐にわたるためどのような仕事がしたいのかを明確にしておきましょう。

海外との直接的なやり取りをしたいのか、営業事務のようなサポート的な仕事がしたいなどの希望を具体化しておきます。

こうすることで自分が働く上で外せない条件がみえてくるでしょう。

雇用条件を確認する

正社員として勤務したいのであれば雇用条件についてもしっかり確認しましょう。

勤務時間や勤務体系などは働くうえで重要なポイントです。

業界によってはかなり高度な専門英語のスキルを求められることもあります。

また海外との時差が関係して残業を余儀なくされることもあるでしょう。

さらには日本が休日であっても海外は休みではないケースもあります。

海外のシフトにあわせると休日出勤が必須になることもあるでしょう。

こうした雇用条件については事前にしっかり確認しておくことが大切です。

給与を確認する

時計と新聞

英文事務の平均年収は316.9万円とされています。

全体の4割が300万円未満、3割が400万円未満です。

400万円以上も全体の3割とされています。

正社員として働くのであればこれらを目安に考えて給与を確認するとよいでしょう。

実務経験を積んでキャリアアップすることで年収アップも見込めます。

 

ワンポイント
英文事務の正社員になるには事前に自分の希望にあった企業を探しておくことが大切です。

英文事務への転職で意識したいこと

メガネと英文書

英文事務に転職する場合、どのような点を意識しておけばよいのでしょうか。

英文事務への転職で意識しておきたいことについて解説します。

英語力を身につけておく

英文事務として働くのであれば英語力があることは必須です。

英語力が乏しいのに英文事務の職についてしまうとかなり苦労することになるでしょう。

最低でもTOEIC600点以上、英検2級以上の英語スキルは必要です。

企業によってはかなり専門的な英語力を求められるケースもあります。

英語力に自信がある場合は問題ありませんが、さほど自信がない場合は先にスキルを身につけておくことも大切です。

働きながら英語力を身につけることももちろんできますが即戦力として働きたい場合は意識しておきましょう。

基本的なPC操作は必須

英文事務は英語を使う事務です。

そのためパソコンを使った作業が多くなる点が特徴になります。

最低でもワードやエクセル、パワーポイント程度は使えるようにしておきましょう。

基本的なパソコン操作のスキルがなければ事務職として働くうえでは苦労することになります。

いくら英語力が高くても事務作業ができなければ即戦力にはなれません。

パソコンのスキルについてもしっかり意識しておくことが大切です。

英文事務への転職を成功させるポイント

イングリッシュの文字

英文事務の正社員への転職を成功させるにはどのような点を重視すればよいのでしょうか。

面接官の印象に残りやすいアピールの方法について解説します。

英文事務に活かせる経験をアピールする

未経験であったとしても英文事務に活かせる経験がある場合はしっかりとアピールしましょう。

たとえば留学経験などは強くアピールすることができる経験です。

英文事務は海外とのやり取りを行うことが多い職種でもあります。

海外の価値観や文化に直接触れる機会となる留学を経験していればコミュニケーションを取る際もスムーズに行えるでしょう。

また海外生活で得たものなどがあればアピールポイントになります。

留学以外にも海外に関連した職業に就いていたことがある場合もアピールできるでしょう。

英語力だけでなく実際に海外とのやり取りをした経験が英文事務では生きてきます。

即戦力として活躍できるという点をしっかりアピールしましょう。

英文事務として働きたい理由を明確に伝える

なぜ英文事務でなければならないのかという点は明確にしておきましょう。

単純に英語を活かして働きたいという理由であるなら、英文事務でなくてもよいのではないかと思われる可能性が高くなります。

英語を使った仕事、しかも英文事務でなければならない理由を明確にしましょう。

英語で事務職をすることに対する意気込みやどのように活躍したいかなどを伝えることが大切です。

面接官にあなたが企業で働いている姿を具体的にイメージさせることができれば採用率が高まるでしょう。

 

ワンポイント
英文事務の正社員に転職したい場合には面接でしっかりアピールしましょう。

 
【無料】テンプスタッフに転職相談する  

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

英語のノート

英文事務の正社員に転職を希望している場合、英語のスキルが求められるのは当然です。

転職の面接では、面接官にアピールできる自分なりの強みを持つことが転職を成功させるポイントになります。

英文事務としてのキャリアアップを目指すならさらに多くのスキルを身につけておくことが大切です。

転職活動をスムーズに進めたい場合は転職エージェントの活用をおすすめします。

転職のプロの客観的な意見を取り入れることで自己分析や能力診断もスムーズに進めることができるでしょう。

まとめ

電話をする女性

英文事務の正社員では英語力と事務スキルの両方が求められます。

英文事務の仕事ではとくに英語のスキルがどの程度が採用不採用を分ける鍵になることもあります。

面接でも英語のスキルをアピールする人が多いでしょう。

そのためできるだけ高い英語力を身につけておくことも大切です。

英語力に自分だけにしかない強みをプラスすることができれば転職活動が有利に進むでしょう。

スムーズな転職活動をしたい場合には転職エージェントの活用がおすすめです。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら