Webライターはパソコンひとつで誰でもできる仕事です。

Webライター未経験の人はどうやればライターに転職できるのかわからない人は多いのではないでしょうか。

どうすればWebライター未経験者でも転職できるのか具体的な求人情報をもとに解説して行きます。

転職の悩みや不安を抱える女性の方に転職エージェントの活用方法も紹介しますので是非参考にして下さい。

Contents

Webライターに未経験で転職する方法を解説

女性

Webライターといえば会社勤務の人もいますが、一般的にフリーランスとして自宅で仕事をする人も多くいます。

Webライターは既にかなりいて思ったほど稼げないのではないか、転職なんて難しいのではないかと思っている方必見です。

Webライター未経験者の適性や転職エージェントの活用についても解説するのでチェックしてみて下さい。

Webライターの未経験求人から仕事内容をチェック

ライター

Webライターは参入しやすさから既に飽和状態ではないかと言われていますが、確かに一部ではその傾向があります。

しかし、専門分野などではWebライターが不足していて、専門性を生かせれば単価も高くなり収入も多くなる可能性は十分あります。

結論からいうと専門知識がなくてもWebライターにはなれます。

未経験でも経験を経てWebライターとして活躍している人はたくさんいますので安心して下さい。

Webライターになるためのハードルは決して高くなく、副業としてやる気があれば一般の会社員や主婦でもできる仕事です。

それではいくつか未経験スタートでも応募可能な求人情報を参考にして仕事内容をチェックして行きましょう。

未経験者はやる気と好奇心で勝負

Webライター未経験者でもやる気と好奇心があれば、Webライターとして活躍できる求人情報ばかりなのが特徴です。

福岡県の地域創生応援プロジェクトを通して、福岡県内の町村の魅力をPRする仕事です。

勤務地は都内、未経験者でも応募可能な求人案件で、地域創生に興味があり、福岡が好きな人なら誰でも応募ができます。

具体的な仕事内容は、Webサイトや自治体への問い合わせを通して、町村の特産品や抱えている問題などをリサーチします。

次に集めた情報をもとに記事を週に4〜5本ほど書きますが、アップロードは協力会社が対応するのでWebに関する知識は必要ありません。

またHKT48とのコラボやプロジェクトを手がける企画のプレスリリースの記事も作成します。

そしてプロジェクトの企画マネジメントの経験が積めるチャンスです。

雇用形態は3ヶ月の試用期間後に契約社員として仕事に携わりますが正社員登用もあります。

質の高い記事を書く

女性ならではの求人情報で、若い女性をターゲットにファッションなどの流行に敏感な人たちに文章を書く仕事です。

Webライター未経験からスタートできるので楽しみながらWebライティングのスキルが身につきます。

最初はアルバイトとして勤務して、希望に応じて正社員登録制度が利用可能です。

研修制度が充実していてWebライティングが未経験者でも気軽にライティングの基礎知識が習得できます。

目標はただライティング量をこなすのではなく質の高い記事を書くことを目指します。

SEOを意識する

SEOナンバーワンを目指す企業でWebライターとしてSEO向けライティングを担当する仕事の案件です。

WebライターにとってSEOは今や必須と言われていますが、SEOを意識してライティングができる人は少ないのが現状です。

こちらの求人ではWebライター未経験でもSEOの知識も基礎から学べ、Webに関する知識やノウハウが身につく仕事になっています。

ネットやITに詳しくなりたい、人とのコミュニケーションが好きな人で将来は管理職候補として活躍も可能です。

Webライターに向いている女性の特徴

女性スマホとパソコン

Webライターに向いている女性とはどのような人なのでしょうか?

Webライター未経験であってもWebライターに向いているか、長期的にWebライターとして働きたいのなら適性は確認しましょう。

Webライターに向いている女性の特徴として3つあげられます。

文章を書くのが好き

Webライターは文章を書く仕事なので、書くことが苦だと思わない人が向いているといえます。

例えば日頃からブログ日記を書いている、本を読むのが好き、文章を要約したりまとめたりして人に伝えるのが好きな人です。

好奇心があって書くことに興味があればどんどん自分が追求して行く中でスキルは磨かれますから、文章が上手い下手など関係ありません。

正確に作業できる

Webライターは自分が書きたいことをただ書くのではなく、クライアントが求める企画内容を正確に理解することが大切です。

また自分で書いた文章を読み返して細かな点が気になって自己修正ができる人はWebライターに向いているといえます。

最初から100%ミスのない文章は誰だって書けませんがミスを気にする姿勢が大切なのです。

Webライターは記事の納品期限を守ることも重要です。

将来的に複数の案件を抱えることを考慮すれば時間管理ができる人でなければ厳しいかもしれません。

また、取材に出かける時は相手とのスケジュールを確認してインタビューの設定を行う必要があります。

視野が広く多方面に興味がある

Webライターの中には得意分野を追求してその分野に長けた人もいます。

しかし、未経験者なのですから幅広い分野に興味がある方がいいでしょう。

Webライターは、全く知らない分野でもネットで調べたり、取材やインタビューを重ねて自分の言葉で文章にしなければなりません。

人や物事に対して興味や関心が旺盛なことはWebライターを目指す人には重要なポイントです。

将来的には編集を経てディレクターに昇進することも可能です。

 

ワンポイント
Webライターには好奇心が必要。

Webライターの未経験転職を成功させるポイント

女性ガッツポーズ

テレワークや企業による副業の推進などで、未経験の人が簡単にWebライターを目指す人が増えています。

こうした中でWebライター未経験の人がうまく転職を成功させるための3つのポイントを紹介しましょう。

ポートフォリオを作成しよう

パソコンと女性

ポートフォリオとは客観的に自分を評価してもらうための資料で、履歴書や職歴とは別に自己PR用として提出する書類です。

ポートフォリオを作成する上で注意しておく点は、文章の読みやすさです。

Webライターとして未経験ですから、参考資料として過去に執筆したものはありませんがやる気前向きな姿勢は書きましょう。

未経験者だからといって引け目を感じる必要はありません。

努力して取った資格とか前職で成し遂げたプロジェクトなどありのままの自分を言葉にしてみてください。

応募企業の記事ジャンルを調べよう

パソコンと女性

Webライターとして応募する以上、応募企業の記事のジャンルを調べます。

気になる記事があれば自分のこれまでの経験を交えて感じたことを整理しておきます。

そして、それをWebライターとしてどう生かして文章を書きたいのか面接でアピールしましょう。

応募企業の記事をよく読んでいることはその会社に興味があることですから、採用する方からすれば嬉しいことなのです。

自己分析をして強みを把握しよう

女性

転職を考えるならまず転職する目的スキルキャリアの棚卸し、強みの洗い出しが必要になります。

自己分析は自分の強みと弱みを理解するためのもので、自分がどのような仕事に就きたいか関連づけることが重要になります。

自己分析をする中で自分がどのような仕事がしたいのかは重要なポイントです。

どういう仕事ならいきいきと働けるのか、それが自分の強い志望動機になり面接官へのアピールになります。

Webライターを未経験で目指すために必要なスキル

女性仕事

未経験でWebライターを目指すために必要なスキルについて解説します。

収入を上げて行くためにはスキルが必要になりますが、初めてライティングする人はとにかく書くことから始めましょう。

文章は誰でも書けるものですから気にせず書いてみて、色々な人が書いた記事を読んで自分と何が違うのか比較してみて下さい。

例えば与えられたテーマの記事の内容から逸脱した文章になっていないか確認しましょう。

内容に信憑性があるかどうかはライティングの根幹に関わる重要なポイントです。

丁寧に自分の言葉でわかりやすく表現することが最終的には読者の興味をそそり、商品なら購入してみようと思えるのです。

 

ワンポイント
ライティングのスキルは収入増につながる。

最低限のライティングの知識は身につけよう

女性勉強

Webライターを目指すなら、最低限のライティングの知識は身につけておきましょう。

読者は悩みを抱えていて解決したいから検索してサイトを訪れます。

Webライティングは文章を書く際に起承転結はなく、先ず結論を先に持ってきましょう。

結論が後になると読者は読む気を失い他のサイトへ行ってしまいます。

そのため結論を提示してから、なぜそうなるのか、対策方法など興味を引くキーワードをちりばめて書いて行けばいいのです。

次に必要なライティングの知識としてSEOがあります。

これは検索エンジンの適正化といって、グーグルの検索サイトでいかにして最初の方に表示され、高評価されるがポイントになります。

そのためにはキーワードを多く入れて読者の興味を引くことが求められます。

もちろん文章の構成やわかりやすさなどさまざまな要素も必要です。

しかし、SEOができている文章は読み手にとって読みやすく共感を与えられるのです。

SEOについては本や関連サイトでも紹介されていますが、動画サイトで分かりやすくレクチャーしているものなどがおすすめです。

月収100万円以上稼げるプロのWebライターがレクチャーしている動画サイトなどは初心者にも分かりやすいのでチェックしてみて下さい。

また、ライターを目指すならWordPressの使い方を習得しておくことも大切です。

 

ワンポイント
転職は応募書類がキモ。

Webライターの未経験転職の応募書類

仕事

Webライターの未経験者の転職に必要な応募書類の書き方にはいくつかポイントがありますから説明しましょう。

履歴書のポイント

履歴書に書く志望動機にはWebライターの職業に対するあなたの思いと志望動機をわかりやすく書くことが大切です。

未経験者であってもWebライターを志望するのであれば魅力的な志望動機は書けるようにしておきたいものです。

職務経歴書のポイント

Webライターの経験がある人は、過去の記事のURLを貼りつければ効果的なアピールになります。

しかし、未経験者の場合の職務経歴書はこれまで経験した職種や業務内容をわかりやすく簡潔に書けばいいのです。

面接では、過去の仕事で得た経験が今後のWebライターとしてどう生かせるのかアピールすることも忘れないで下さい。

またブログSNSをやっている人はフォロワー数や記事の内容なども織り込みましょう。

ライターを目指す人はブログは効果的なのでやっていなければ是非やってみて下さい。

自信を持ってどれだけ書くことが好きか熱意を持って面接官に訴えられれば未経験者でもWebライターとしての扉を開けられます。

Webライターの未経験求人の探し方

転職

Webライターの未経験者が求人を探す方法は、2つパターンがあります。

求人サイトをチェック

例えば「未経験者Webライター 求人」で検索すればいくつかの求人広告が出て来るので内容が確認できます。

そのほとんどはWebメディアを運営している会社です。

Webマーケティングやコンサルタント業務を運営する会社、広告会社なども募集しています。

こうした企業に就職すれば幅広い分野の記事に触れられノウハウも学べます。

自分が書いた記事に対するフィードバックもあるのでスキルを向上させることも可能です。

この点はフリーランスのWebライターとは大きな違いです。

未経験者の人は企業に就職してWebライターとしての実績を積むことをおすすめします。

実績を積んでからフリーランスのWebライターとして活躍している人も多いです。

女性の方は結婚して出産を契機にしばらくは自宅にいることもあります。

それまでの経験を活かしてフリーランスでライティングをこなしていけば安定した収入になるでしょう。

転職エージェントを活用しよう

Webライターの未経験者が転職を考えるなら求人サイトのチェックと同時に転職エージェントに登録することをおすすめします。

求人サイトでは求人案件の内容や求められるスキルなどは把握できます。

ただ履歴書職務経歴書の書き方、面接でのポイントなどフォローが全くありません。

転職エージェントなら専門のスタッフがあなたの適性や強みを見出して求人案件の中から最適な就職先企業をアレンジしてくれます。

転職エージェントには大手もあれば中小のエージェントもあります。

大手になると求人案件を探して来る営業マンと転職希望者のコンサルタントはほとんど別の人です。

もちろん大手の転職エージェントは扱う案件も多いので魅力的な企業もあるでしょう。

しかし、中小の転職エージェントはコンサルタントが全てを管理しているケースがほとんどです。

きめ細かいフォローもしてくれるので転職するなら安心です。

また大切な履歴書や職務経歴書のアドバイス、面接の注意点などしっかりフォローしてくれますので自信を持って面接に臨めます。

転職エージェントはクライアント企業とのパイプが強いので条件面での交渉にも長けていて、全面的にバックアップしてくれます。

 

ワンポイント
悩んだら転職エージェントに相談しよう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

女性

Webライターとして未経験で転職するのは難しいことではありませし、業界でもWebライターを求めている企業はたくさんあります。

しかし、個人で求人に応募するよりは転職エージェントを経由して応募する方が断然転職には有利といえます。

クライアント企業は求人を依頼した転職エージェントに信頼をおいています。

そこから紹介された求人希望者は外から応募した人とは温度差があるのは、ある意味仕方ない事です。

また、転職エージェントを利用するメリットは転職の悩みや仕事に対する不安、職場環境など外からは見えない内情も相談にのってくれます。

一人で求人案件に応募するよりは転職エージェントはあなたの強い味方になるのです。

まとめ

転職女性

未経験者でもWebライターとして転職は可能です。

Webライターはこつこつ記事を締め切りまでに間に合わせるように書き上げます。

一見地味な職業に見えるかもしれませんがネット社会では大変重要な情報源です。

Webライターの仕事に興味があるなら転職エージェントにコンタクトしてみましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら