「販売職へ転職したい」と思うものの、「自分に販売職が務まるのか」などと不安を感じる人もいるでしょう。

特に未経験だと「何か資格を持っておいた方が良いのではないか」と思う人もいるのではないでしょうか。

今回は販売職への転職に役立つ資格と、その資格を生かして販売職へ転職する方法を解説していきます。

女性の販売職に資格は必要か解説

エプロンを着た女性二人

業種・職種によっては「資格」というものを必要とする仕事は少なくありません。

それはその仕事に対して「専門性」を重んじる傾向があるからです。

しかしながら、全ての仕事に資格が必要なわけではありません。販売職もその一つです。

何の資格もないからという理由で選考に落とされることはないでしょう。

とはいえ、資格はその人の技術を客観的に示す指標になります。

持っていた方が自分の自信にもなるものです。選考や仕事における「武器」に違いありません。

 

無料転職相談をして販売員の仕事に就こう

 

絶対に必要な資格はない

メガネと英文書

「販売職」の場合は絶対必要な資格というものはありません。

求人募集の要項を見ても「未経験可」という文字はよく見ることでしょう。

基本的には特に目に見えるスキルや資格はなくても良いということです。

事務職などであるような、パソコンの資格やスキルなども必要ありません。

面接においても応募者のやる気熱意が重視されます。

しかしながら、転職の面接の際にただただ「やる気」だけを伝えるのも難易度が高いです。

やる気や熱意だけならどの応募者も似たようなことを言うため、決定的な差別化は図れません。

その場合目に見える資格があると、自分の「頑張り」が直接的に企業側に伝わりやすくなります

ただし、これは一般的な店舗の販売職の話です。医療薬の販売職に就くなら特定の資格が必要になります。

一般的な販売職になるために必要な資格はありませんが、持っていれば選考で有利になるでしょう。

持っていたほうが良い資格は多数あります。

今回は厳選して「販売職に役立つ資格5つ」を解説します。

 

ワンポイント
販売員になるのに必要な資格は基本的にありませんが、医薬品を扱う場合販売員には「登録販売者」という資格が必要です。

販売職に役立つ資格「販売士検定」

オープンのプレートを持つ女性

販売士検定(リテールマーケティング検定)は日本商工会議所が運営している公的な資格です。

その歴史も長く、知名度の高い資格になります。実際多くの大企業でもこの資格の取得を奨励しているほどです。

販売員への転職を希望するなら、是非とも取得したい資格といえます。

販売士検定の資格の特徴

試験には3級~1級と3つのレベルがあります。

普通の販売員以上の知識を得ることができる、いわゆる「販売のプロ」となるための資格です。

各地にある「商工会議所」で試験を受けることになります。

必ずしも3級から受ける必要はなく、受けたい級から試験を受けることが可能です。

とはいえいきなり1級を受けるのも難しいため、初めてなら3級からステップアップしていくことをおすすめします。

2級は管理職レベル、1級は店長・経営者レベルです。そのため内容もかなり高度なものになります。

1級・2級は販売員として働きながら受けると良いでしょう。

注意点として、この資格は5年ごとに更新があるのが特徴です。更新するには講習会や講座を受講する必要があります。

ひとまず「今は一つランクの高い販売員として働きたい」と、考えている人向けに簡単な3級の解説をします。

【販売士検定・3級の問題内容】

  • 接客マナー
  • 商品知識
  • 販売技術
  • 売り場作り

など、販売員として必要な基本的知識が問われます。合格率も70%ほどで、比較的合格しやすい検定です。

どんな仕事で活用できる?

アパレル販売やファッション販売、また百貨店の販売員やスーパー店員など接客・販売に関わるあらゆる仕事に活用できます。

 

ワンポイント
販売員になるにあたって何の資格を取るか迷ったら、販売士検定3級を目指してみると良いでしょう。
 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


販売職に役立つ資格「色彩検定」

色見本

色彩検定協会が実施している「色に関する知識や技能」の検定です。

元々はアパレル系店舗の販売員たちの色彩スキル向上を目的として始められた検定です。

「センスは生まれつきのもの」と考える人もいるでしょう。しかし決してそうではありません。

センスとはすなわち知識を指します。知識のある人はセンスも良いのです。

アパレル業界なら色について学ぶことで、お客様に合ったコーディネートを提案することができます。

色彩検定の資格の特徴

色の使い方・配色の方法など、色彩に関する専門的な知識を身につけられる検定です。

例えば洋服のコーディネートなどが上手な人は「センスがいい」、下手な人は「センスが悪い」で片づけてしまいがちです。

しかしこの「色彩検定」で学習し、色に関する知識を得ることで理論的な判断が出来るようになるのです。

検定は3級~1級の3つのレベルがあります。

どんな仕事で活用できる?

アパレルショップ

ファッションセンスが必要なアパレル販売員ファッション販売員に転職するなら、取得しておいた方が良いでしょう。

色の組み合わせなどお客様に提案するシチュエーションにおいて、理論に裏付けされた提案ができます。

要するにお客様に「自信を持って」提案することができるのです。

その自信はお客様に安心感・信頼感を与えることにもつながります。

 

ワンポイント
色彩検定はアパレル販売員だけでなく、デザイナーや一部クリエイターにも有用な資格です。
販売員以外にもセンスを生かす仕事も合わせて志望するなら取得することをおすすめします。

販売職に役立つ資格「繊維製品品質管理士」

小さく丸めたストッキング

「繊維のプロ」になるための資格です。

「一般社団法人 日本衣料管理協会」が運営をしています。合格率約20%と少々ハードルが高いです。

繊維製品品質管理士の資格の特徴

繊維製品の品質・性能の向上を図り、消費者の利益を保護する目的で作られました。

わかりやすくいえば、「お客様からクレームがないよう」に繊維製品に関する広い知識を必要とする資格です。

つまり繊維製品に何か問題があった場合に、その問題を解決できる知識を得ることができる資格といえます。

問われる知識は以下の通りです。

【繊維に関する一般的な知識】

  • 繊維の種類と性質について
  • 糸、布地などの種類、製造、性質について
  • 染色や加工について

【家庭用繊維製品の製造と品質に関する知識】

  • 衣料品などの企画、設計や製造について
  • 衣料品などの要求項目と消費性能及び試験法について
  • 品質管理と品質保証について

【家庭用繊維製品の流通、消費と消費者問題に関する知識】

  • 消費行動と、その調査方法について
  • 消費者問題と消費者政策について
  • 経済の変化と衣料の流通や消費について
  • 衣料品などの消費と、消費者の苦情や環境の問題について

あまり詳しくない人には効き馴染みのない言葉ばかりではないでしょうか。

しかしながら、「お客様に満足して頂ける」ようにするためには専門の知識・技能が必要です。

そのため特にアパレル業界などでは重要視されている資格なのです。

気をつけなければいけないのは、「販売士検定」と同様に取得して5年経過すると資格が失効してしまうことです。

継続するためには登録更新試験を受ける必要があります。

どんな仕事で活用できる?

繊維製品に関してのスペシャリストの検定です。

そのためデザイナー・パタンナーなどの専門分野からブランド専門店の販売員など、多岐に渡って重要視されています。

販売職に役立つ資格「ファッションビジネス能力検定」

ファッション・女性

その名の通り、ファッションに関わる様々な分野で活躍できる人材を育成するために作られた検定です。

ファッションビジネス能力検定の資格の特徴

「日本ファッション教育振興協会」が主催する民間資格になります。

ファッションに関する造形的知識・技術から流通までの幅広い知識が必要です。

この検定も3級~1級の3つのレベルがあります。

3級は基礎レベルで2級は実務レベルです。

1級はそれらをベースとして企画・戦略にまで関わることが出来るレベルとなります。

ここでは、基礎レベルである3級について重点的に解説します。

3級は基本的なビジネスマナーや知識の他、ファッション業界の流通・マーケティング・ファッション商品の知識が問われます。

この検定の合格率は公開されていませんが、一般的には3級では約70%といわれています。

試験は以下の2科目があります。

【ファッションビジネス知識】

  • ファッションビジネスの定義と特性
  • 消費者行動とファッション行動
  • アパレル産業、・ファッション小売産業の概要
  • ファッションマーケティングの基礎知識・分類方法
  • マーチャンダイジング(商品計画、商品化計画)の基礎知識
  • 流通・ファッション小売企業の仕組みと業務
  • 会社に関する基礎知識、企業の組織

【ファッション造形知識】

  • 衣服の役割・デザイン・デザイン画についての知識
  • ファッションコーディネーションの基礎知識
  • アパレル商品・シルエット・ディテール・サイズの知識
  • 原産国表示・品質マーク・組成表示についての知識

この2科目の両方の合格で3級取得となります。

どんな仕事で活用できる?

オフィスにいるビジネスウーマン

この検定は店舗の売り上げに貢献できますし、ファッションへの理解も深まるものです。

そのためアパレル販売員としては「大きな武器」になる検定といえるでしょう。

販売員のみならず、デザイナーやスタイリストなどファッションに関わるあらゆる仕事に役立ちます。

 

無料転職相談をして自分の資格を生かせる仕事に就こう

 

販売職に役立つ資格「登録販売者」

薬棚の前にいる女性

かぜ薬や鎮痛剤などの一般用医薬品(第2類・第3類)を販売できるための資格です。

各都道府県で運営している公的な資格となります。

薬局など医薬品を販売する店舗の販売員に就くにはこの資格の取得が必須です。

登録販売者の資格の特徴

「薬を売るための資格だから難しそう」というイメージを持つ人もいるのではないでしょうか。

しかし実際は薬剤師ほどの知識などは必要なく、全国合格率の平均も40%~50%でそれほど難関な資格ではありません。

求められる知識は以下の通りです。

  • 医薬品に共通する特性と基本的な知識
  • 人体の働きと医薬品
  • 主な医薬品とその作用
  • 薬事関連の法規と制度
  • 医薬品の適正な使い方と安全対策

どんな仕事で活用できる?

薬を販売するためには、この「登録販売者」の資格は絶対に必要です。

近年、ドラックストアの件数が増えています。

また医薬品は近年ホームセンターやコンビニでも売られるようになりました。

そのため「登録販売者」のニーズは増加し続けているのです。

ニーズが多いなら、比較的転職しやすい資格であるといえます。

アパレル業界など希望しているわけではないものの、販売員として何らかの資格を取得しておきたいならおすすめの資格です。

 

ワンポイント
医薬品は2021年現在薬局以外にも販売される店舗が拡大している状況です。
需要も大きく、応募条件に登録販売者が必須になるケースも増えていくことが予想されます。
販売士検定と同じく、何の資格をとるか迷うなら登録販売者もおすすめです。
 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


資格を活かして販売職に転職する方法をチェック

履歴書

ここからは、資格を活かして販売職に転職する方法について解説していきます。

希望職種と関連した資格なのか確認しよう

前提ではありますが、希望職種と取得しようとしている資格がマッチしているのかはよく確認しておいてください。

アパレル販売員になりたいのに、「登録販売者」の資格を取得しても意味はありません。

「お客様に喜んでもらえる衣服の提案をしたい」なら「色彩検定」や「ファッションビジネス能力検定」を取得するべきです。

「販売士検定」の場合、管理職や経営者になることを目指すわけではないなら、2級や3級を取得する必要はありません。

同じことは他の資格でもいえます。3級~1級と難易度が上がる検定は多数あります。

もちろん1級を取得すれば、かなりのスキルを身につけることになるので自信にもつながるでしょう。

しかし「販売員としてのスキル」を身につけたいだけなら、取っても2級までで十分です。

資格を取得するにはかなりの時間と労力、そして費用もかかります。必要以上の資格の取得はおすすめできません。

まずは3級を取得して現場で働き、その上で必要性を感じたのなら2級・1級と取得する方が良いでしょう。

資格があるだけでは有利にならない

グループ

資格を持っているからといって、簡単に転職できるということにはなりません。

どんな職業においても、採用する側が求めているのは「人柄」です。

特に人と接することが重要な販売業において、人柄は大変重要な要素になります。

「資格」以外に大切なのは以下の3つのスキルです。

  • 観察力
  • 提案力
  • コミュニケーション能力

お客様に気持ちよく買い物してもらうためには適度な距離のコミュニケーションが必要です。

販売員の印象によって、商品を買うか買わないかの判断につながることもあります。

特にコミュニケーション能力は売り上げを左右する、大変重要な能力です。

販売員で大切なことは「人との接し方」です。

いくら素晴らしい資格を持っていたとしても、それだけでは良い仕事ができるとは限りません。

資格と人柄が揃って初めて転職が有利になると考えましょう。

資格のアピール方法がわからない時は?

資格を取ったのはいいものの、どうやってアピールしたら良いのか分からないという人もいるのではないでしょうか。

そんな時は、転職エージェントに相談してみるのが良いでしょう。

資格の有効にアピールする方法や、資格をアピールできる履歴書の書き方などを一緒に考えて提案してくれます。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

女性,スーツ,ビジネス

先に紹介した転職エージェントですが、資格のアピール方法以外にも様々な悩みに答えてくれます。

転職は様々な事情があるだけに不安もつきものです。

そうした悩みに的確に答えてくれるのが転職エージェントになります。

また相談することで自分に合った職場を提案してもらったり、非公開求人を紹介してもらったりすることも可能です。

面接のセッティングや給料の交渉など自分ではなかなかできないこともやってくれます。

登録は基本的に無料のエージェントが多いので、転職するならぜひ活用しましょう。

 

無料転職相談をして転職を成功させよう

 

まとめ

前向きな女性

販売員に資格の必要性の有無と取っておきたいおすすめの資格について解説しました。

食料品や文房具などの販売員なら資格はそれほど必要ありません。しかしアパレル系や医薬品の販売には知識が求められます。

このような店舗で働きたいなら資格を取得しておきましょう。

また、面接を受ける時点で資格を取っていなくても、取得するために勉強していることも十分アピールになります。

「登録販売者」は先に取っておかないと採用は難しいですが、その他の資格なら勉強しながら選考に臨むのも手です。

資格は選考において有効な武器になります。

もちろん資格だけで採用されるわけではありませんが、周りと差をつけるためにも是非とも資格取得を目指してみましょう。

 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために以下のサポートを全て無料で実施いたします。

  • 非公開求人紹介
  • 職務経歴書のフルオーダー作成
  • 応募企業への推薦
  • 面接のフィードバック
  • 模擬面接の実施
  • 内定後の労働条件確認

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!

 

非公開求人紹介

転職エージェントに相談すると、一般に公開されていない非公開求人への紹介が可能です。

非公開求人には大手企業優良企業が多いと言われています。

条件が良い仕事だったり募集人数が少ない場合があるので、一般募集で応募が殺到しないように非公開としているのです。

この非公開求人はエージェントの紹介でしか応募することが出来ません。

キャリアアドバイザーによるヒアリングであなたにピッタリの求人をご紹介いたします。

職務経歴書のフルオーダー作成

応募したい企業が見つかったら先方に提出する職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい職務経歴書の作成を目指しています。

応募企業への推薦

フルオーダーの職務経歴書とともに応募企業への推薦状を作成いたします。

応募推薦状はエージェントに相談した人にしか受けられないサポートです。

模擬面接の実施

コールセンター

ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。

面接のフィードバック

面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

また内定した場合でもフィードバックいたしますので自分がどこを評価されたのかが分かり、入社後のモチベーションにも繋がります。

内定後の労働条件確認

事務

 

企業内定後には労働条件の確認給与の交渉をさせていただきます。

内定承諾書を提出する前に確認しておきたい雇用形態の調整を代わりに行います。

納得して仕事を始めていただけるように最後まで徹底サポートさせていただきます。

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!