以前の職場でモラハラを受けて辞めた際の転職活動についてを解説していきます。

モラハラの事実を面接官に話すべきか、あるいは他の退職理由を考えたほうがよいのかなどを考えていく特集です。

また、退職理由のポイントと回答例も併せて紹介していきます。

Contents

モラハラが退職理由の上手な伝え方を解説

面接の画像

言葉や態度による精神的な嫌がらせや暴力を意味するモラル・ハラスメント(略してモラハラ)は、社会的な問題でもあります。

パワハラと混同しやすいのですが、職場だけではなくプライベートな場所でも該当する被害です。

いつ自分もその被害に遭うかは分かりません。

今回は、モラハラによって転職をする際の主なポイントと注意点について解説していきます。

なぜ企業は退職理由を確認するのか

パソコンを触る画像

転職を希望する応募先企業は、面接時に必ず退職理由を質問するでしょう。なぜ前職を辞めた理由についてこだわるのでしょうか?

これは、応募者の資質を表面上でも確認しておきたいからです。

退職をするというのは、何かしら不満やマイナス的な事情があることは分かっています。

過去の細かい事情を追求するというよりも、将来的に同じような理由で辞めてしまわないか懸念しているのです。

できるだけ面接の段階で判断しておきたいことが理由といえます。

もちろん何が起こるかは誰にもわからないことです。

しかし、同じことは2度3度引き起こしやすいというイメージは払しょくできません。

企業としても、安心して働いてくれる人材が欲しいのが本音だからです。

 
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

面接でモラハラが退職理由と伝えるべき?

パソコンで仕事をする画像

モラハラを受けて退職した場合、どうしても前職に対する不満や憤りは残るはずです。

それを抱えたまま転職活動をすることに変わりはありません。

では、その憤りや不満を転職時の理由として、面接官に話してもよいものなのでしょうか?

むしろ、本当のことなので話しておきたいという人もいるかもしれません。転職時での対応について解説していきましょう。

必ずしも伝えなくてよい

NGを上げる画像

原則として、あえてモラハラの事実を話す必要はありません

面接試験では嘘をつくのはNGですが、事実を1から話さなくてはいけないルールもありません。

人にはそれぞれ事情があり、話すべきことと話す必要のないことは誰にだってあるはずです。

忌まわし過去について、自分から話す必要などないので、その点は安心して面接に臨んでみてください。

伝える場合は慎重に

できれば、モラハラで転職するという本当の理由については面接官に話さないほうが無難です。

しかしどうしても話したいという場合などは、伝え方を慎重に考えてから発言するようにしましょう。

なぜなら応募先企業の面接官は、その時に偶々面接を担当したにすぎません。そして採用するかしないかは未来に向けた話です。

過去の個人的な事情を淡々と話されるとその場が重い雰囲気になり、かえってマイナス印象になってしまうでしょう。

 

ワンポイント
原則としてモラハラの退職理由をあえて伝える必要はない。

モラハラが転職理由であると伝えるデメリット

リモートワークの画像

モラハラの被害受けた側としては、いろいろ言いたいことがあるでしょう。

もしどうしても許せないというのであれば、民事として訴える手段を取るしかありません。

しかし、前職のことは忘れて心機一転したいという転職活動ならば、モラハラを理由にするのは賢明な判断ではないといえます。

モラハラを理由に転職すると、多少なりともデメリットが生じやすくなるからです。

会社ではなく個人に問題があるのではないかと思われる

担当する面接官にもよりますが、その被害は当人に問題があったのではないかとも判断されてしまいます。

本当は会社側が悪かったとしても、それを確証する事実がない限りは、第三者での判断は難しいからです。

当然、目の前にいる面接官はそのモラハラ現場にいたわけではありません。

面接官が憶測で色々なことを考えてしまうのは仕方がないことです。

であれば、最初からモラハラについては話さないほうがよいでしょう。

すぐに辞めてしまうのではないかと思われる

面接中の画像

面接官も1人の人間です。考え方もそれぞれあり性格の違いもあります。

客観的に判断しようと思っていてもそれさえレベルの差があって、正しい判断をしているかどうかは誰にもわかりません。

中には、前職への不満についてモラハラを言い訳にして退職したのではないかと解釈する人もいるかもしれないのです。

きっと入社しても気に入らないことがあればすぐ辞めてしまう人ではないかと思われかねません。

人生でたった1度会うかどうか分からない面接官に対して、自分の言いにくいことをわざわざさらけ出す必要などありません。

それよりも、なぜその会社に転職して将来を委ねたいのかを、建設的に考えて理由にするほうが好印象です。

モラハラを転職理由にする場合の注意点

仕事をする女性の画像

自分からはあえてモラハラの事実を話す必要はないのですが、つい話してしまったりすることも考えられます。

どうしてもモラハラについての理由を話さなくてはならない状況になったら、その際の話し方に気をつけておくようにしましょう。

ここでは、モラハラの転職理由にする場合に、どのような点を注意すべきかを解説します。

事実を簡潔に伝える

モラハラの理由を自分から話し出すことは、かえってNGだと思っておくことです。

しかし転職面接では、面接官から退職理由は必ず質問されるので、状況に応じて話すこともあり得ます。

その際はパワハラという表現を使って一方的に前職の企業を責めるのではなく、事実を簡潔かつ客観的に伝えることが大切です。

問題解決のため工夫したこと伝える

プレゼンする画像

モラハラがあったことは事実だとして、それに対する解決策は何か行ったのでしょうか?

自分が受けたパワハラの事実へ、どのような働きかけをしてその結果がどうなったのかを話すようにしましょう。

ポイントは第三者へより具体的に伝わるような話しをすることです。

個人の問題ではなく職場全体の問題であったと伝える

パワハラを退職理由として伝えるのであれば、自分だけが対象だとは言わないほうがよいでしょう。

ターゲットとして攻撃を受けていたのは、そのフロア全体だったとするほうが都合がよいからです。

例え事実では自分だけであっても、他の社員も同じ被害を受けていて業務遂行が困難になったという理由のほうが無難に済みます。

なぜなら、面接官は詳細について知りません。面接後にその真相を調べるようなこともしないはずです。

むしろ判断材料が少ない分だけ、被害に遭った個人にも問題があったのではと、余計な解釈をされやすいデメリットが生じます。

勘違いが転職に影響しては手遅れになってしまうかもしれません。

モラハラが事実であったことを伝えているので、その細かいことにまで言及する必要はないでしょう。

 

ワンポイント
モラハラの事実を伝えるのなら簡潔かつ客観的に伝える。

退職理由を上手に伝えるポイント

紅茶とパソコンの画像

モラハラやセクハラなど、あまり触れられたくない事情があって転職をする場合は、その事実をあえて話す必要はありません。

その代わりに、別な転職理由を考えて伝えるようにする必要があります。

ここでは、退職理由をどうすれば上手に伝えられるのか、そのポイントについて解説していきましょう。

ポジティブな内容の話をする

誰しもネガティブな話しには耳を貸したくはありません。それは採用面接の際でも一緒だと思っておきましょう。

つまり面接とは、新しい出会いを求める場です。

将来性のある人材かどうかを見るために設けられている場なので、退職理由もその企業での未来についてをテーマにしましょう。

そこではポジティブな自分でいることが大切ではないでしょうか?

その企業に入ってどのような仕事を展開しているのかを、容易に想像させることができれば成功だといえます。

志望動機とリンクする退職理由を伝える

キャリアプランも含めた志望動機に、転職理由と整合性がとれていることが重要です。

転職の目的はキャリアプランへと近づくためにあります。

簡単言い換えれば、より自分の環境を快適にし向上したい願望があるからです。

モラハラなどの忌まわしい内容や不満を解消することも目的の1つではあります。

しかし採用内定が取れるために努めるのなら、やはり前向きな姿勢を示すべきです。

志望動機と退職理由はポジティブな路線の上で一貫させておくようにしましょう。

面接は自分をアピールする場

転職理由は面接中で最も回答しづらい項目です。状況によっては他人に言いたくないことも伝えなくてはならないでしょう。

しかし人生で多くあることではないので、その時はできるだけ自信のある自分を演出するよう心掛けてください。

顔や態度に自信のなさや憤りが見えてしまうと、マイナス印象になってしまいます。

質問に対して素直に受け止めながら、ひたすら熱意をアピールするように努めることです。

退職理由の回答例

ノートの画像

転職面接では嘘をついてはいけないことになっています。自分について本当のことを伝えるのが暗黙の了解だといえるでしょう。

しかしそれは捉え方次第です。本当のことだとしても、言っていいことと言う必要のないことの分別は付けても構いません。

そこでここでは、退職理由の標準的な伝え方の回答例を紹介します。

例1

前職では毎日7時から夜11時までの超過勤務が恒常化していました。

自分だけではなく他のスタッフも同じ状況で、ある日改善の提案をしてみたのです。

しかし一度恒常化したことを変えるのは好ましくないという判断をされてしまいました。

業界のしきたりなので諦めるようにという結論を突きつけられてしまったのです。

仕事も大事ですが、個人として心身上の健康はもっと大切なのは言うまでもありません。

令和の時代のライフスタイルに改善するのなら今だと感じまして転職を決意しました。

例2

現職での給与水準の低さが転職の主な理由です。

今の月収は平均17万円程度で、今後も大幅な改善見込みがない状況と通達されました。

家族の将来のことを考えたらこのままの状態で働き続けるのは難しいと判断したのがきっかけです。

とくに御社の出来高制によるインセンティブに魅力を感じます。

実力次第で高水準が得られると求人案内にも書かれていたので、経済的困難を克服してキャリアアップを図りたいと考えています。

例3

現在は某メーカーの営業職をしています。

お客さまの声を通じて課題を投げかけられる機会が多く、改善の余地があるものがかなり多いのが現状です。

そのため、上司にプロジェクトの立ち上げを再三提案したのですが、現行のコストや人員の問題から無理だと通達され続けています。

しかも企画書を持参しても読んでもらっていないことが判明しました。

そこで既存のステージではなく新天地での可能性を見出そうと思い転職を決意したのがきっかけです。

顧客ニーズのフィードバックを健全に行なえて商品企画に積極的だという御社のお話を伺えました。

自分もそのチームに加わりたいと願っています。

 

ワンポイント
モラハラの退職理由よりも発展的な理由を考えておく。

 
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

退職理由を伝える際に意識すべきこと

コーヒーの画像

モラハラのような事情で退職するのであれば、わざわざ理由を正直に伝える必要はありません。

ただし退職理由については本音を知りたがっていることも事実です。

その本音の部分をそのまま伝えるというよりも、客観的に整理して発展的な理由があることをメッセージにすることが大切でしょう。

例えネガティブな理由だとしても、客観的で理に適った内容であればマイナスにはなりません。

 

ワンポイント
どのような退職理由でもポジティブな要素を取り入れておく。

転職の悩みは転職エージェントを活用しよう

アドバイザーの画像

転職活動に関するさまざまな悩みや不明点を解消したい場合には、転職エージェントに登録して利用することをおすすめします。

転職エージェントは転職についての専門家です。各担当アドバイザーが登録者の悩みに応じてくれます。

どのように退職理由を考えて伝えればよいのかも客観的に判断し、各個人に合った適切なアドバイスをしてくれるでしょう。

あなたへ最適化された転職活動が期待できるはずです。
 
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

まとめ

安心する女性の画像

モラハラを退職理由とした場合、やはりネガティブで繊細な内容が含まれてきます。

本来ならば言いたくない過去だと思いますので、あえて面接の場で自ら話しだす必要はないと判断しておいてください。

それよりも、モラハラを受けたことで気がついた新しい側面を前向きにとらえて、転職理由に整合性を見出すことがポイントです。

先述したように、言うべきことは言ったほうがよいのですが、言わなくてよい事実だってあるのです。

その点をわきまえた上で転職活動に臨んでみましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら