インテリアコーディネーターの資格はその名の通りインテリアに関する知識があることを証明するものです。

この資格を取得しようと考えている方の中にはどのように資格を活かしていけば良いか分からないという方もいるのではないでしょうか。

今回はそんな方に向けてインテリアコーディネーターの資格の活かし方を解説していきます。

また、資格の試験についても詳細に解説していくので、資格取得を目指している方は参考にしていただければ嬉しいです。

Contents

インテリアコーディネーターの資格を活かす方法を解説

面談

インテリアコーディネーターの資格はインテリア業界で認知度の高い資格となっています。

そのため、この資格を活かす方法を考えた場合には必然的にインテリア業界で働くこととなるでしょう。

この資格を活かしたいと考えている方は住宅やインテリアメーカー・家具販売店などの仕事に就くと有効活用できます。

特に未経験からインテリア業界に転職しようと考えている方はこの資格を保有しているだけで転職が有利になるでしょう。

資格によってインテリアに関しての専門的な知識を持っていることの証明になるためです。

特に住宅メーカーに転職すればこの資格を1番有効活用しながら仕事ができます。

住宅メーカーでは建築する家のインテリアについてもアドバイスすることとなるため、資格で学んだ知識を活かせるのです。

資格の試験で行うこととなるインテリアの図面製作なども、業務に直接活かせます。

め住宅メーカーへ転職するのが効果的に資格を活かせる方法だといえるでしょう。

インテリアコーディネーター資格の特徴

パソコン作業をする女性

次はインテリアコーディネーターという資格の特徴について解説していきましょう。

この資格の取得を考えている方はここで紹介する資格の特徴を知っておくことで対策に役立てていただければと思います。

資格の特徴

インテリアコーディネーター資格はその名の通りインテリアコーディネーターとして働くために必要な知識を問われる資格です。

この職種ではインテリアの計画作成やインテリアの選択のアドバイスを行うのが主な業務です。

そのため試験ではインテリアに関する幅広い商品知識や商品選択のアドバイス、インテリア計画の作成などについて問われることとなります。

インテリアコーディネーターの資格試験は一次試験と二次試験に分かれており、この資格を取得するためにはその両方への合格が必要です。

次は一次試験と二次試験それぞれの試験内容について解説していきます。

一次試験の内容

一次試験の問題はマークシートによる択一式での出題です。

試験時間は160分となっており、分野は9つに分かれており、インテリアに関しての幅広い知識が問われる試験内容となっています。

出題される分野について、以下に具体的に記載するので確認しておきましょう。

  • インテリアコーディネーターの誕生と誕生背景
  • インテリアコーディネーターの仕事
  • インテリアの歴史
  • インテリアコーディネートの計画
  • インテリアエレメント・関連エレメントについて
  • インテリアの構造・工法・仕上げ
  • 環境と設備
  • インテリアコーディネートの表現
  • インテリア関連法規・規格・制度

これらはどれもインテリアコーディネーターとして働く上では欠かすことのできない知識です。

職種それ自体の成り立ちから、現場で必要とされるインテリアの専門知識まで幅広く問われます。

二次試験の内容

人事の仕事

二次試験ではインテリア計画を図面や着彩によってプレゼンテーションする他、論文により文章でも表現することが求められます。

出された課題の条件を満たすインテリア計画を図面・着彩によるプレゼンテーションと論文による文章で提案するというものです。

二次試験は160分行われるため、その間に与えられた課題に対して自分なりの答えを出す必要があります。

一次試験とは違い、インテリアコーディネーターとしての実際の業務で求められるような知識・能力が問われるものです。

これまでに得た知識を実際に業務に活かせるかどうかを確認するための試験となっています。

ただ単純にインテリア計画を提案すれば良いのではなく、しっかりと課題を汲み取ることが大切です。

 

ワンポイント
・インテリアに関しての幅広い知識が問われる
・一次試験は択一式で9つの分野の問題が出題される
・二次試験はプレゼンテーションと論文で課題の条件を満たすインテリア計画を提案するというもの

インテリアコーディネーターの資格取得者は7割女性?

女性

インテリアコーディネーターの資格試験に合格する割合は例年、女性が7割程度となっており男性は3割程度となっています。

このことからもインテリアコーディネーターの資格は女性に人気であると分かるでしょう。

また、この資格がそれだけ女性の転職に効果を発揮するということだとも思われます。

もし現在住宅業界への転職を考えているという方はインテリアコーディネーターの資格取得に向けて動き出してみてはいかがでしょうか。

女性に取得をおすすめしたい資格となっています。

インテリアコーディネーター資格の難易度や合格率

パソコン作業をする女性

次はインテリアコーディネーター資格の難易度や合格率を具体的に解説していきます。

どれだけの難易度なのかを把握することで資格取得へ向けてどれだけ勉強すれば良いのかも明確になります。

資格取得を目指している方は今のうちに確認しておきましょう。

試験の難易度

インテリアコーディネーターの資格試験では明確に合格ラインがあるわけではなく、他の受験者との相対的な評価で決められています。

そのため合格ラインは受験する年の問題の難しさや他の受験者の成績にも左右されるのです。

一次試験においては正答率が7割〜8割程度あれば合格ラインに到達していると考えて良いでしょう。

しかしながら油断せずになるべく高得点を狙うつもりで対策を行っていく必要があります。

合格率

合格率は20〜25%前後とされているため、試験勉強をしなければ合格は難しいでしょう。

特に二次試験では一次試験で学んだ内容を実際にインテリアコーディネーターとしての業務のような形で実践することとなります。

知識を理解した上で、その知識を活用できる段階まで自分の中に落とし込む必要があるでしょう。

 

ワンポイント
・合格ラインは他の受験者との相対的な評価で決められる
・合格率は20〜25%前後

インテリアコーディネーター資格を取るべき女性

笑顔の女性

次はインテリアコーディネーターの資格をどのような女性が取るべきかを解説していきます。

以下のような方はこの資格を取れば、転職や今後のキャリアに役立てることができるでしょう。

インテリア業界に転職したい人

住宅業界インテリア業界に転職したい方は、この資格を最大限活用できるため取得すると良いでしょう。

こうした業界で働くために必ずこの資格が必要なわけではありませんが転職では大きく役立つと考えられます。

特に未経験の方はこの資格があればインテリアに関する知識があると証明することが可能です。

企業は当然ながら全く知識がない未経験者よりもインテリアに関して理解のある人材の方を高く評価するでしょう。

これからインテリア関連の職種に就こうという方には最適な資格です。

流行に敏感な女性

転職

インテリアには流行り廃りがあり、その移り変わりも激しいため常に流行を気にしておく必要があります。

そのため流行に敏感な女性というのはインテリアに携わる職種に向いているといえるでしょう。

もしトレンドを追うのが得意であったり好きであったりする場合にはインテリアコーディネーターの資格を取得してみてはいかがでしょうか。

転職の幅を広げることができるだけでなく、自身の特性も活かせるのでおすすめです。

インテリアコーディネーター資格の取得メリット

オフィスにいる女性

次はインテリアコーディネーター資格を取得する際のメリットについて解説していきます。

以下のようなメリットがあるということを知っておけば、資格取得のモチベーションにもなるでしょう。

転職に役立つ

ここまででも言及してきましたが、インテリアコーディネーターの資格は転職にも大いに役立ちます。

インテリアコーディネーターという職種に転職する場合、必ずしもこの資格が必要というわけではありません。

中には資格を取得せずに転職を成功させる方もいるでしょう。

インテリア業界や住宅業界において、インテリアコーディネーターというのは人気の職種の1つです。

そのため未経験で転職活動を行う方は資格を取得しておけば有利に進めていくことができるのは間違いありません。

もし転職の成功確率を上げたいという方は資格取得に向けて頑張ってみてはいかがでしょうか。

スキルの証明になる

パソコンと女性

この資格を取得できれば自身のインテリアに関する知識やスキルが一定以上であるということの証明になります。

そのため未経験者が転職しようと思った場合に役立つことでしょう。

自身のスキルを証明したいと思っている方にもインテリアコーディネーターの資格取得はおすすめだといえます。

安心感と信頼感を与えられる

この資格はインテリア業界で働く方にとっては顧客に対応する際にも重宝する資格となるでしょう。

インテリアコーディネーターの資格取得者であることを伝えれば、顧客も安心してインテリア計画を任せてくれるはずです。

顧客がどういったものを求めているかを汲み取る作業において、顧客から信頼してもらえていなければヒアリングも難しくなります。

そのためこの資格を取得しておけば信頼感を与えることができるため、業務もスムーズに行っていけるでしょう。

 

ワンポイント
・資格を取得すればインテリア・住宅業界への転職が有利になる
・資格を取得できればインテリアに関する知識・スキルの証明になる
・インテリア業界で働く際、顧客に安心と信頼を与えることができる

インテリアコーディネーター資格と併せて取得したい資格

キャリアウーマン

インテリアコーディネーターの資格だけでなく、他の資格も併せて取得しておけばより広範なスキルを持っていることの証明になります。

もしキャリアアップを目指したいのであれば他の資格の取得も検討してみてはいかがでしょうか。

以下のような資格は特におすすめです。

インテリアプランナー

更にインテリアに関して学びたいという方にはインテリアプランナー資格の取得がおすすめです。

インテリアプランナーはあらゆる建築物の室内設計から、建築の企画・設計・工事監理までを請け負うインテリアの専門家だといえます。

そのためこの資格でもインテリアプランナーという職種において必要とされる専門知識が問われることとなるでしょう。

建築にまで携わることとなるため、より専門性の高い仕事が可能となります。

宅地建物取引士

通勤

宅地建物取引士の資格は国家資格であるため取得の難易度は上がってしまいますが、不動産業界では大変重宝されるものとなっています。

この資格は不動産の売買や賃貸の斡旋などに必要となるもので、不動産取引の専門家であることを証明するものです。

宅地建物取引士を取得すれば不動産に関して専門知識があることも証明できるため大きな付加価値となります。

キャリアアップも実現できるため、もし不動産業界に興味があるのであればこの資格取得を目指してみても良いでしょう。

二級建築士

二級建築士の資格を取得すれば戸建住宅の建築を行うことができます。

建築というのはとても専門的な分野であり二級建築士の資格取得の難易度は高いと考えて良いでしょう。

しかし資格を取得すれば建築の知識のある人材であると証明することが可能です。

もしインテリアに加えて建築の知識もあるとなれば、それだけ自分の関われる仕事の範囲が広がります。

建築とインテリアの両面から顧客の要望に応えることも可能となるでしょう。

もし建築にも興味があるのであれば、二級建築士の資格取得も目指してみてはいかがでしょうか。

 

ワンポイント
・インテリアプランナー資格を取得すればインテリアの専門知識を更に深められる
・宅地建物取引士の資格は国家資格であり不動産業界で重宝される
・二級建築士は戸建住宅の建築が行える資格

インテリアコーディネーター資格を活かしたいなら

悩む女性

インテリアというのは住生活において必要不可欠なものであり、インテリアコーディネーターも様々な業界で重宝される存在です。

インテリアコーディネーター資格を更に活かしていきたいのであれば、自分が何を専門とするのかを決めると良いでしょう。

住宅メーカー・リフォーム会社・デザイン会社など転職先の選択肢は数多くあります。

そのため、もし資格を十分に活かしたいのであれば何を専門として更に知識を深めていきたいのかを明確にしましょう。

そうすることで今後、その道のプロフェッショナルとしてキャリアを積んでいくことも可能となります。

他の資格取得をすることで更に専門知識を深めていくことも可能でしょう。

これからどのような仕事をしていきたいかを明確にすることが資格を活かす上でも重要だといえます。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

面接を受ける女性

もし転職活動をしていく上で悩みを抱えているのであれば転職エージェントに相談すると良いでしょう。

エージェントは転職対策を行っていく上で大変役立ちます。

時間のかかる転職活動をスムーズに進めていけるようにサポートも行ってくれるでしょう。

理想の転職を成功させるためにも転職の専門家の力を借りてみてはいかがでしょうか。

まとめ

ガッツポーズの女性

今回はインテリアコーディネーターの資格を活かす方法や、資格試験の内容などについて詳しく解説してきました。

インテリアコーディネーター資格はインテリア業界・住宅業界・不動産業界などで重宝されます。

キャリアの幅も広がるため、そうした業界への転職を考えている方は資格取得に向けて頑張ってみてはいかがでしょうか。

また、もし転職活動で悩みを抱えているのであれば転職エージェントを活用してみましょう。

転職の専門家があなたの転職活動を様々な面からサポートしてくれるはずです。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら