保険業界は女性が活躍しやすい業種なため女性に大変人気があります。

保険業界も生命保険や損害保険そして自動車保険など取り扱い商品はさまざまです。

職種も営業職や事務職など幅広いため自分に合った働き方を選びやすいのではないでしょうか。

今回は保険業界を目指す女性のために面接対策や志望動機作成のポイントを紹介します。

Contents

保険業界の面接で女性が知っておきたいことを解説

チェックを指さす女性

保険業界への転職を目指すのであればいくつか知っておくべきポイントがあります。

まず応募する企業の取り扱い商品については事前に調べて把握しておくことが大切です。

そして数多く存在する保険商品のなかで「なぜその会社で働きたいのか」を明確にするようにしましょう。

保険業界は類似商品も多々存在するため競合他社もたくさん存在します。

保険の種類や仕組みなどの保険についての最低限の知識は勉強しておくことがおすすめです。

他社にはない応募先企業の魅力を伝えられると入社意欲が採用担当者に伝わり内定への近道となるでしょう。

また応募先保険会社の働き方についても事前に調べておくことが大切です。

保険業界は職種によって勤務時間や働き方が変わります。

営業職では飛び込み営業など体力と精神力を必要とする職種も多いのが特徴です。

転職で成功するためにも自分に合った企業選びに力をいれるようにしましょう。

生命保険業界の特徴

人差し指を上げる女性

保険商品の中でも代表的な商品は生命保険です。

生命保険業界では「人」を保険対象にすることが特徴です。

生命保険会社は保険契約者の予定死亡率と実際の死亡率の差から発生する利益で収益を得ていることは把握しておく必要があります。

基本的に定額給付となるため契約者が長生きすることでより利益を増やすことが可能です。

しかし人の生存や死亡に関して保険金をはらうだけが生命保険業界の仕事ではありません。

上記以外にも保険契約時に契約者に提示する予定低利率と自社で収益運用をした際の利率との差から発生する利益なども収入減です。

保険商品も医療保険や介護保険、そしてがん保険など多岐にわたるため幅広い知識が求められます。

働き方も直接訪問営業や代理店営業、そして法人営業などさまざまです。

 

ワンポイント
保険会社に転職する際は応募先企業の雇用形態や取り扱い商品を事前に調べて自分にあった会社選びをするようにしましょう。

損害保険業界の特徴

車を持つ女性

損害保険会社は主に交通事故や火災などに関する保険商品を扱っています。

生命保険業界とは異なり「人」ではなく「物」に対して保障するのが損害保険業界の特徴です。

自己や災害の発生率と被害額を過去データから割り出し保険料の設定を設定し、保険収益と支払額の差額で利益を得ています。

保険商品が自動車保険や地震保険、そしてペット保険などへと広がっているのも特徴です。

働き方も生命保険業界と同様で多岐にわたります。

最近ではインターネットを利用した保険の直接販売の比率も増加傾向です。

生命保険業界違いは生命保険が契約時に提示した金額を給付するのに対して損害保険は損害分だけを補償します。

 

ワンポイント
損害保険業界へ就職する際は生命保険業界との対象領域の差や保険給付対象額の差を区別できるようにしておきましょう。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

志望動機のポイントを紹介

転職をする際に必ず応募先企業から聞かれるのが志望動機です。

志望動機なしでは転職の成功はありえないといっても過言ではないでしょう。

転職で成功するためにも志望動機の基本的な考え方と伝え方を把握することは非常に大切です。

以下の項目を参考に保険業界へ転職する際の志望動機を考えてみましょう。

志望動機の考え方

スマホをもって考える女性

まず志望動機は応募先企業で働きたい理由採用後に成し遂げたいことを応募先企業に伝えるものです。

そして自分がどのような考えを持ちどのような行動ができる人間なのかを採用担当者にアピールすることもできます。

書類選考や面接の限られた枠や時間のなかで採用担当者に気に入ってもらうためには魅力的な志望動機を作ることが大切です。

採用担当者も志望動機を通して応募者の人柄やスキル、そして応募職種への適性を見極めようとします。

志望動機を作成する時は自分がその企業へ応募した理由と採用担当者が採用したくなる自己PRを簡潔に分かりやすくまとめましょう。

志望動機を簡潔に伝えるためには結論や要点から伝えることが良いとされています。

文章をまとめる際は結論から伝えてその後に具体的な動機や理由を述べるようにすると効果的です。

業界に対する志望動機

ガッツポーズの女性

志望動機は応募先企業への志望動機だけではなくその業界に対する志望動機を明確にすることも重要です。

保険会社へ応募するのであれば何故保険業界に興味を持ったのかを具体的に分かりやすく説明できるようにしておきましょう。

そのためには保険に対する最低限の知識を身につける必要があります。

保険業界には商品開発から営業までさまざまな職種が存在するため、各職種に対しての志望動機を考えるのも1つの方法です。

自分の加入している保険や家族の加入している保険から保険のメリットとデメリットはしっかりと把握して業界知識を身につけましょう。

企業に対する志望動機

グーサインの女性

先ほども説明しましたが「なぜその企業を志望するのか」という理由も志望動機には欠かせません。

競合他社の多い保険業界だからこそ採用担当者も応募者がなぜその企業を選んだのかは知りたいポイントです。

業界に対する志望動機を明確にした後は応募先企業を志望する理由も分かりやすく伝えられるように準備しましょう。

そのためには企業の特徴や取り扱い商品について勉強しておく必要があります。

応募先企業ならではの強みを分析して志望動機に活かせるようにすることが大切です。

これから保険業界へ転職する人は企業研究を怠らないようにしてください。

志望動機を作成する時に注意すること

では次に志望動機を作成する際に注意するポイントを紹介します。

採用担当者の印象に残る志望動機を作成するためにも以下の項目を参考にしてみましょう。

採用後のビジョンを具体的に伝える

仕事をする女性

志望動機の作成で大切なことは単に志望動機を伝えることだけでなく採用後のビジョンを具体的に盛り込むことです。

採用後のビジョンや働き方を具体的に説明できると採用担当者に入社意欲だけでなく一緒に働くイメージを伝えることができます。

「なぜ志望したのか」という動機と「入社後に何をしたいのか」を具体的に志望動機に盛り込むことを意識してください。

特に採用後のビジョンを伝える際は自分の強みを活かして実現可能なビジョンを伝えるようにしましょう。

具体的な説明を入れることで関節的に自己PRにつながる内容を盛り込むこともできます。

志望動機を自己PRのツールだと意識して採用担当者を魅了できる内容に仕上げましょう。

志望動機を自分の経験と繋げる

やる気溢れる新人女性

志望動機に自分の経験を結びつけて説明することもテクニックの1つです。

具体的な実績や経験と結びつけて説明することで志望動機の信憑性が高まり採用担当者の印象に残りやすくなります。

また志望動機を利用して自己PRができるため非常に効果的です。

採用担当者の目に留まりやすいよう結論から述べる文章構成で自分にしか語れない志望動機を作成することを心がけましょう。

 

ワンポイント

志望動機作成のポイントを押さえるだけで面接で効果的にアピールすることが可能になります。

面接官に好印象を与えるためにも志望動機は妥協せずにじっくりと作成しておきましょう。

面接官がチェックしているポイント

面接官は志望動機を通して応募者に採用見込みがあるかどうかを判断します。

特に以下の項目は面接官がチェックしているポイントです。

面接官が知りたいポイントを把握しておくと採用担当者の求める人物像に自分を近づけることができます。

以下の項目を参考に面接感がチェックしているポイントも押さえましょう。

広い知識の習得意欲があるかどうか

STUDYの文字

保険業界では幅広い知識が求められるため、応募者が見識の広い人物なのかどうかはチェックされるポイントです。

また業界の知識が浅くても積極的に学ぶ姿勢があるのかも確認されています。

事前に余裕のある人はファイナンシャルプランナーの資格などを取得しておくと転職を有利に進められるでしょう。

保険に関する知識や経験が浅い人は具体的にどのような方法で知識やスキルを習得できるのかをアピールできることが大切です。

コミュニケーション能力があるかどうか

会話する女性

コミュニケーション能力も保険業界で必ず求められるスキルであり面接官がチェックしているポイントです。

保険業界は人の生活を保障する商品を扱っているため相手の懐に入って顧客のニーズを引き出すコミュニケーション力が求められます。

特に営業職では顧客の経済力や健康情報まで詳細にしる必要があるため高いコミュニケーション能力が必要です。

コミュニケーション力は面接での受け答えや立ち振る舞いなどからも判断されますが志望動機の書き方も影響します。

書類で志望動機を書く際は採用担当者が読みやすいよう丁寧に分かりやすく記載することでコミュニケーション力をアピールしましょう。

生命保険業界によくある質問と回答例

生命保険業界に転職する際の面接でよくある質問と回答例も確認しておきましょう。

以下の例は生命保険会社での面接でよく聞かれる質問です。

予測できる質問は事前に回答の準備をしておくことで面接を成功させましょう。

「なぜうちの会社を志望しているのですか?」と聞かれたら

考える女性

志望動機は1番聞かれる質問の1つです。

業界の志望動機と応募先企業を選んだ理由を簡潔に分かりやすく伝えるようにしましょう。

<回答例>

御社の柱となる3つの保険商品が他社と比較してより充実した内容だったことと、対面営業を徹底した営業スタイルに魅力を感じました。

保険商品のオンライン化も加速していますが、本当に必要な商品は1人1人と対面してヒアリングを行うからこそ提案できると考えます。

私は前職で3年間エステ会社のカウンセラーとして顧客の要望に耳を傾け顧客からの信頼を得ることで売り上げを立ててきました。

保険商品も目に見えない未来に対する保障を販売するという点で顧客の信頼を得ることが非常に大切です。

御社の商品は顧客の立場にたって考えられた商品が多いため自信を持って営業販売ができると思います。

前職のカウンセラースキルを活かして世の中の多くの人に安心をお届けし社会を豊かにすることに貢献したいです。

「うちと〇〇生命保険会社との違いはなんだと思いますか?」と聞かれたら

首をかしげる女性

競合他社の多い業界では業界知識が備わっているかの確認であえて他社を比較対象にした質問もよくあります。

応募先企業の研究だけでなく競合他社の企業研究も入念にして臨むことが大切です。

<回答例>

御社と〇〇生命保険会社の違いは取り扱い商品数と内容の質にあると考えます。

御社の商品は〇〇生命にくらべ取り扱い商品数が少ないですがその分1つ1つの商品の内容が充実しており幅広い顧客への提案が可能です。

私は「量より質」が大切だと考えるタイプなのでより品質にこだわった商品提案ができる御社に志望いたしました。

「他社の選考状況はどうですか。他にはどのような業界を見ていますか?」と聞かれたら

女性、スーツ

保険業界を志望する人は他の会社も平行して応募している人が多いためその他選考状況を聞かれることがあります。

他社の選考状況を聞かれたら正直に答えつつも必ず応募先企業が第1志望だと伝わる回答をしましょう。

<回答例>

現在保険業界で他1社選考に進んでおりますが他の業界は検討していません。

御社が第1志望ではありますが保険業界についての知識を深めるためにも同業他社にも目を向けておりました。

御社にて内定をいただけましたら速やかに辞退する予定です。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

損害保険業界によくある質問と回答例

次に損害保険業界によくある質問と回答例も確認しておきましょう。

以下の項目を参考に面接対策に役立ててください。

「なぜ生命保険ではなく損害保険会社を希望するのですか?」と聞かれたら

指をさす人

同じ保険業界でも生命保険と損害保険は対象が大きく異なります

面接官は応募者の業界知識レベルを判断するためにもこれらの質問をすることが多いです。

企業と業界の差をしっかりと区別して対応できるようにしましょう。

回答する際に応募先企業の魅力なども添えると効果的です。

<回答例>

私には「人」を対象にするよりも「物」を対象にしたサービスの方が向いていると思いました。

損害保険会社の商品は実損を保障する商品が多いためお客さまに感謝される機会が多いです。

生命保険も魅力的な商品ですが実際に保険金を支払う時にお客さまの死や病気と向き合うため素直に喜べないと考えます。

また損害保険会社の中でも御社ではペット保険など幅広い保険を提案していることに魅力を感じました。

「あなたの考える損害保険のキャッチコピーはなんですか?」と聞かれたら

ハートマーク

このような質問は応募者の対応能力やコミュニケーション力そして業界に対するイメージを把握するために出されます。

落ち着いて分かりやすく応えられるように意識しておきましょう。

<回答例>

私の考える損害保険のキャッチコピーは「心の精神安定剤」です。

損害保険の商品は予測できない未来の事故や災害に対して金銭面での補償を提供します。

損害保険に加入することで得られるものは予測できないことへの不安を解消することだと考えます。

人の不安を取り除き心を落ちつかせる効果があることから「心の精神安定剤」を考えました。

「うちの損害保険を利用したことがありますか?」と聞かれたら

考える人

この質問も応募者の企業知識や柔軟性、そしてコミュニケーション力を判断する意図で出されます。

保険は加入していても応募先企業の保険じゃなかったり利用する機会がなかった人も多いのではないでしょうか。

このような質問が出されたら保険を利用したことがない人は今後利用したい商品を回答するようにしましょう。

<回答例>

損害保険業界への転職を希望していながら大変恐縮ですが現在私は損害保険に加入しておりません。

しかし私の家族が御社の自動車保険にお世話になったことがあります。

四輪車同士の接触事故でしたが幸いけが人は出ず、お互いに保険に加入していたことで車体の修理も自己負担なくできたそうです。

私はこの話を聞いた時このような事故は避けるべきだと思いながらも保険の必要性を感実感させられました。

私には車がないため自動車保険の加入はできませんが将来的には御社の提供する〇〇保険に興味があるので加入使用と思います。

 

ワンポイント

面接官はさまざまな意図をもって時には難しい質問も出します。

どんな質問に対しても落ち着いて分かりやすい回答を心がけるようにしましょう。

回答が思いつかない場合は無言になるのではなく「考える時間が欲しい」などを伝えて臨機応変に対応することが大切です。

面接の不安は転職エージェントに相談しよう

転職エージェント

転職の不安や悩みは転職エージェントを活用するのがおすすめです。

転職エージェントを利用するメリットはアドバイスがもらえるだけではありません。

未公開求人なども取り扱っているため転職サイトではみつけられない求人情報を得ることも可能です。

また提出書類の添削や面接対策のアドバイスまで幅広くフォローしてもらえることも特徴です。

効率よく転職の成功を目指す人は是非転職エージェントを活用してみましょう。

まとめ

手をあげる女性

保険業界に転職する際の志望動機の考え方や面接の回答例は参考になりましたか。

志望動機の考え方は保険業界だけでなくても活用できますのでポイントをしっかりと押さえておきましょう。

人気の業界ほど書類選考や面接において質の高い回答が求められます。

企業分析と自己分析をしっかりと行うことで応募先企業へ質の高いアピールをできるようにしましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら