数ある事務職の中でも人気の高い職種に学校事務があります。

学校事務に就きたいけど「何だか仕事内容が難しそう」と思われている方も多いでしょう。

勇気をもって新しい道を歩もうとしている女性のために未経験から学校事務へ転職を成功させる秘訣を解説します。

Contents

女性が学校事務に未経験で転職する方法を解説

パソコンと女性

学校事務はその名前の通り「学校」で働く事務職です。

学校と一言でいっても小学校から大学、さらには専門学校なども「学校」に含まれます。

私立や公立といった違いの他にも、学校の規模によって学校事務の仕事内容は異なります。

予備校なども含まれるため、学校事務として働く場所は多く、挑戦するチャンスも多いでしょう。

そしてその求人の中には未経験でもチャレンジできるものもあります。

人気の高い学校事務に未経験で転職する方法を解説します。

学校事務の主な仕事内容

ノートパソコンを操作する女性

学校事務は学校の規模や形態によって仕事内容は異なります。

企業の求人情報には、全てではなく一部の仕事内容しか掲載されていないでしょう。

運営する学校法人によって仕事内容は異なります。

一般的に事務職が行うことの多い電話取次や対応・伝票処理・窓口業務など以外に学校ならでは仕事もあります。

それが願書の受付・定期試験の事前準備などです。

これらは入試や在校生の成績にも関わるため、特に丁寧かつ適切に処理できることが求められます。

学校の規模によってどの程度担当するかは変わりますが、小規模な学校ではほとんどを担当することもあるでしょう。

また奨学金の手続きなども事務職が行うため学生・教員・保護者と接する機会が多くあります。

大学のように「学生支援課」や「教務課」など課が分けてあれば、課ごとに事務仕事が細分化されています。

 

ワンポイント
応募する前に学校の規模も確認することで担当する業務がある程度想定できる。

学校事務の転職状況を知ろう

転職活動を成功させるために、学校事務の求人状況を把握しましょう。

未経験で転職を希望する人が多い

面接

学校事務は未経験で転職を希望する人が多い職種です。

その理由としては必須の資格やスキルがないという特徴があげられます。

未経験可の求人も多く、事務経験がなくても挑戦しやすいのです。

さらに小規模な学校であれば、大規模なところでは細分化されている人事や経理なども担当することになります。

そのため幅広い分野の事務経験や知識を習得することができます。

また、大規模なところでは担当分野の専門性を高めることができるでしょう。

学校が勤務先なので求人が多い

先述した通り「学校」とは小学校や中学校など以外に、専門学校や大学なども含まれます。

さらに幼稚園なども「学校」に分類されるため、勤務先が圧倒的に多いのです。

これらの「学校」が学校事務を必要としているため求人数も多くなります。

例えば小学校だけにしぼっても多くの学校に挑戦できるため、未経験でも内定を獲得できる可能性があります。

これだけ多くの求人があるのは学校事務の特徴であるといえるでしょう。

学校事務の未経験転職に役立つ資格

転職活動と同時にして欲しいことは、学校事務の転職に有利になるであろう資格を勉強しておくことです。

未経験であるということは、経験者と比べた時にスタートラインが違うということです。

少しでもスタートラインを縮める為に、経験者に近付く手段として資格取得が有効です。

学校事務で役立つ資格は様々あります。その中でも、代表的な資格を4つご紹介致します。

MOS

パソコンと女性

まずは、パソコンのスキルで評価される資格がMOSです。

MOSはExcelやWordなどのパソコン業務では欠かせないマイクロソフトの利用スキルとして証明をすることができる資格です。

ExcelやWordは、MOSを勉強していなくても自己流で使うことができます。

しかし、自己流では間違った使い方をしていたり、機能を正確に把握していないために効率の悪い資料作成になりがちです。

MOSの資格を勉強するとより効率的に日々の業務に活かすことができます。

限られた時間により良い資料を作るためにも資格取得をおすすめします。

日商簿記検定

日商簿記検定も事務職として取得をしておくと有利になる資格です。

大企業でも中小企業でも、日々の経営活動を記録・計算・整理して、経営成績と財政状態を管理することが必要です。

それらの技能ができることを証明する資格として日商簿記検定があります。

学校の規模によっては経理関係の仕事を担当することがあるため、取得していると大きなアピールポイントになるでしょう。

秘書検定

オフィスワークの女性

秘書検定とは、オフィスマナーを身につけていることを評価する検定です。

相手に「感じがよい」という印象を与えられるよう表情・態度・振る舞いを学ぶことができます。

また、相手とコミュニケーションをとる職種では、言葉遣い話し方なども非常に重要です。

学校事務は学生や保護者の対応をすることもあり、その際には丁寧な対応が求められます。

この資格があればマナーが身についていることをアピールできるでしょう。

ビジネス実務マナー検定

ビジネス実務マナー検定は、ビジネス社会の基本ルールを学び、身につけていることを評価できる検定です。

ビジネス社会では知っているつもりでも意外と知らないルールやマナーがあります。

それらを身につけているということで、安心して企業の顔である窓口業務を任せることができることに繋がるのです。

学校事務は電話対応や対面での窓口対応を行うこともあるため、ビジネスマナーの有無も重視されます。

 

ワンポイント
未経験の場合は資格が大きなアピールポイントになる。

学校事務の未経験転職の志望動機の書き方

続いて未経験で学校事務へ転職する場合の志望動機の書き方を解説します。

志望動機を書く時のポイント

ポイント

志望動機には、なぜその学校を志望するのかを明確に書きましょう。

そして、なぜその学校ではないとダメなのか、その学校の事務職に就きたい強い気持ちがあることが高評価に繋がります。

また、自分の強みをアピールするためには、強みを裏付けるエピソードが必要です。

エピソードと強みを上手く絡ませながら、応募する学校でなければならない理由も明確にすることを心がけましょう。

例文

面接

私は貴校の教育理念に共感し、その教育現場を支える先生方の支えとなりたいと思い志望しました。

貴校は「自らの可能性を知り、自ら行動できる人材の育成」という教育理念を掲げておられます。

学生時代、部活動の顧問だった恩師がよく話してくれていた言葉があります。

それは、自分で自分の限界を決めるのではなく、自分にできることは何かを追求し、実践するということです。

この考えは私の人生の指針となり、今でも困難なことがあれば思い出し、前に進む原動力になっています。

前職では営業窓口を担当しており、時には思わぬトラブルが起こることがあります。

その際にも自分に何ができるのかを考え、自ら解決に向けて行動することを心がけていました。

それにより窓口担当の中でも臨機応変に対応できると評価をいただきました。

恩師の教えは貴校の教育理念にリンクするものであり、この理念のもと指導される先生方をサポートしたいと思い志望しました。

窓口担当として培った言葉遣いや、会社内の社員と連携を取るコミュニケーション能力は学校事務でも活かせると思います。

教員の方々の支えとなれるよう、教育現場を常に把握しながら、学校事務としてサポートができるよう努めて参ります。

NG例

バツ、女性

「貴校を希望した理由は、教育理念である『地域住民と多様な交流を図り、学ぶ意欲を育む』という考えに共感したからです。

学生時代、自ら積極的に学び、様々な視点でモノを見る力を育むことができました。

その経験から、貴校で働きながら多様な視点で学んだ経験が活かせればと思い、志望致しました。

事務作業で必要とするパソコンの経験は、学生生活の中で学んでいます。

貴校に就職の際には学生達が円滑に生活していけるよう、サポートしたいと思っています」

一見全体的に良くできている志望動機のように思われるかもしれません。

しかし、具体的にどのような経験から経験を活かして働きたいと思ったのかが曖昧なところがあります。

具体的な体験談を交えて、どんな経験を活かしたいのかが伝えられるとより良い志望動機となるでしょう。

 

ワンポイント
「なぜ教育業界の事務職なのか」という点も意識して志望動機を考えよう。

学校事務の自己PRをする時のポイント

学校事務へ転職する際、志望動機とともに考えたいのが自己PRです。自己PRのポイントを解説します。

学校の特色や教育方針を調べてアピールしよう

パソコンと女性

学校には学校それぞれに特色教育方針があります。

志望動機や自己PRを考える前に、学校のパンフレットやホームページなどで学校の特色や教育方針をチェックしましょう。

それにより学校側がどのような人材を求めているのかも把握できます。

また、教育方針に自分の考えと共通するところがあれば、それを軸に志望動機や自己PRを考えることもできるでしょう

学校の求める人材や教育方針とずれた自己PRでは、校風にあっていないと判断されてしまいます。

これらを理解した上でのアピールをしましょう。

学校事務は人間性をアピールしよう

学校事務にとって、欠かせないのが人とのコミュニケーションです。

一般事務などと違い、パソコンに向かってひたすら入力するような業務は少なめです。

学生や教員と会話をする機会が多いため、応募者の人間性が学校側にとって大きく影響します。

思いやりや気遣いができるかなども、応募書類や面接でチェックされています。

特に直接対面する面接の中での受け答えや表情などで、人間性をしっかりとアピールしましょう。

学校事務の面接でよく聞かれる質問と回答のポイント

書類選考を通過すれば面接に臨むことになります。

学校事務の面接でよく聞かれる質問と、その回答のポイントを解説します。

面接でよく聞かれること

ミーティングをする女性

学校事務職でも一般企業と同じようなことが面接で聞かれます。

例えば「自己紹介」・「長所や短所」・「仕事において大切にしていること」などがあります。

学校によっては学生時の学校生活についてどのように過ごしていたのかを聞かれることもあります。

自分がどのような学生時代を過ごしたのかをまとめておくと良いでしょう。

回答のポイント

回答を丸暗記する必要はありませんが、回答に詰まって時間を無駄にしてしまうことがないように準備をしましょう。

自分の言葉で回答を考え、実際に声に出して一度練習をしてから臨みましょう。

また、面接時の受け答えのポイントとして、目を見て話を聞き、目を見て話すことを常に意識してください。

目を見て話を聞くだけで、「しっかりと聞いてくれているな」と印象が良くなります。これは話をする時も同様です。

また、学校を出るまでが面接であることを忘れないようにしてください。

面接が終わって、ホッとしてしまう気持ちは分かりますが、学校を出るまでは、気を引き締めましょう。

どこで誰が見ているか分かりません。面接担当者は意外と最後まで見ています。

面接時の身だしなみ

当たり前のことですが、第一印象で失敗するとその後の印象を回復させることが非常に難しいです。

まずは身だしなみを整え、第一印象で面接担当者の心を掴みましょう。

髪型は派手にせずシンプルに、化粧は清楚なメイクを意識し、服装は清潔感のある格好で面接に挑みましょう

また、歩き方やお辞儀の仕方なども意識することも大切です。

 

ワンポイント
社会人経験だけでなく学生時代も含めた自己分析をして面接に備えよう。

未経験学校事務の転職活動で意識すべきこと

学校事務は求人が多く、未経験でも挑戦しやすい職種です。

しかし手当たり次第に挑戦するのでは転職活動の期間が長引くばかりになってしまうでしょう。

学校事務への転職をより効率的に行うために意識したい点を解説します。

転職の時期

スケジュール

求人が多い時期に転職活動をすることで、求人が少ない時期にするよりも早く転職活動を終えることができます。

学校側が求人を多く出している時期は次の2度です。

1度目は2月〜3月に求人情報が増える傾向にあります。

これは新年度を迎える4月より前に新しい人材を受け入れ、万全の体制で新年度を迎えたいと考える学校が多いためです。

2度目の時期は8月〜9月です。

新卒採用者が何らかの理由で辞める最初のタイミングで最も多いのは夏季賞与をもらった後の7月〜8月です。

この穴を埋めるために人員補充のための求人を出す学校が多い傾向にあります。

この2つの時期を狙って転職活動を行うと選べる求人も多いでしょう。

さらに早く人材が欲しい学校側は時給も相場より高く設定していることが多いため、転職者側にもメリットがあります。

ぜひ転職の時期は求人が多い時期を見極めて行いましょう。

未経験者OKの求人情報をチェック

未経験で学校事務に転職するなら「未経験者歓迎」と求人情報に記載のある学校に狙いを定めることです。

学校でも企業でも、採用する側にとって新しい人材を育成するのは時間もコストもかかります。

そのため業務の経験者を優遇しているところがほとんどです。

経験者と同じ土俵で戦うことは非常に不利ですが、未経験同士ならば応募者自身の評価で採用を勝ち取ることができるでしょう。

未経験者の応募が多そうな学校に応募することが採用への近道なのです。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

営業

学校事務は未経験者でも挑戦できるとはいえ、初めて挑戦することには不安はつきものです。

その不安を少しでも軽減したいという人は転職エージェントの利用を検討してみてください。

転職エージェントは応募書類の準備、面接対策や面接の実戦練習などのフォローをしてくれる、転職希望者の頼れる味方です。

さらに非公開求人を教えてもらえることもあるため、より自分の理想に近い求人が見つかる可能性もあります。

職種未経験者にとって有益な情報の提供を行ってくれるため、効率的に転職活動を行うことができます。

転職活動を成功させるためにも、転職エージェントを上手に活用しましょう。

まとめ

オフィスにいる女性

今回は女性が学校事務に未経験で転職する方法を解説しました。

学校事務は求人が多いため未経験者も挑戦しやすい職種です。

その分応募者も多くなりがちなため、その中で自分をアピールし、学校側に選んでもらわなければなりません。

そのために大切なのは、学校の特徴や教育方針を理解した上で志望動機や自己PRを考えることです。

未経験で挑戦する場合は特に学校側への理解を深め、それにあったアピールを心がけましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら