インターネットが普及しWebを介して多くのことができるようになりました。

Webは日常生活や仕事をするでなくてはならない存在という人も多いのではないでしょうか。

今回はそんなWeb業界を構成する様々な職種についてご紹介します。

Web業界の職種を解説

パソコンをもって仕事をする女性

Web業界と聞くとどのようなイメージをもつでしょうか。

日常生活の中ではインターネットで調べ物をしたり動画を見たりということを思い浮かべる人もいるでしょう。

また仕事ではメールによる連絡ツールだけでなくWeb会議が普及しています。

これらにはすべてWeb業界が関わっていて業界内は多くの職種で構成されています。

そんな日常生活や仕事でなくてはならないWeb業界に転職したいという女性も多いのではないでしょうか。

今回はWeb業界の職種について詳しく解説していきます。

Web業界にも多くの職種があり大きく以下のようにわけることができます。

  • Web制作指揮系
  • Web制作作業系
  • Web解析系

これだけ見ても多様な職種があるのがわかります。

この後それぞれの職種についてご説明するのでぜひ読み進めてくださいね。

Web制作指揮系の職種

Web業界で活躍する女性

Web業界にはまとめ役となる指揮系の職種があります。

何かを作り上げるには指揮をとる人が必要になるからです。

それぞれのWeb指揮系の職種について見ていきましょう。

Webディレクター

Webディレクターの仕事は制作に関する指揮・管理です。

クライアントとの打ち合わせからプロジェクトの立ち上げ・管理までの責任を担います。

プロジェクトの計画に基づいてスケジュールを決めるのもWebディレクターの仕事の1つ。

必要なメンバーの選定も行いプロジェクトメンバーのまとめ役にもなります。

Web制作における現場監督のような仕事ととらえることができるでしょう。

Webプロデューサー

Webプロデューサーはプロジェクトの立ち上げ・計画立案・進行といった一連の業務の責任者です。

先ほどお伝えしたWebディレクターと同じように感じる人も多いのではないでしょうか。

仕事内容は似ているように感じますがWebディレクターの上のポジションにWebプロデューサーがいると捉えてください。

Webプロデューサーはプロジェクトの責任者であり総監督のような存在なのです。

Webプランナー

Web制作のプランニングを行うのがWebプランナーの仕事です。

クライアントの希望をヒアリングしそれに基づいてサイト設計を行います。

サイト設計をもとにプロジェクトが進むのでWeb制作の知識が求められるでしょう。

このWebプランナーが専任でいる企業もあればWebディレクターが兼任する場合もあります。

 

ワンポイント
 Webサービスのプランニングや制作指揮に関わるならWeb制作指揮系の職種を目指そう。

Web制作作業系の職種

パソコン作業をする女性

Web制作には実際に作業をする職種が必要です。

現場系とも呼ばれるWeb制作作業系の職種をご紹介します。

Webデザイナー

Webサイトのデザインを担当するのがWebデザイナーの仕事です。

配色・背景・レイアウト・文字のフォントなどWebサイトごとに特徴があるもの。

多くの人にサイトを訪問してもらうためには見た目だけでなくユーザービリティーを考えたデザインが必要です。

Webデザイナーは「Photoshop」「lllustrator」などのデザインツールを使って集客力のあるサイトを作りあげます。

また画像や動画の編集、コーディング力といったスキルも求められるでしょう。

Webエンジニア

Web系業界ではエンジニアは必要不可欠な存在といえるでしょう。

そんなWebエンジニアの主な仕事は設計・開発・保守です。

フロント開発ではJavaScriptを用いることが多くこれを使うためのスキルが求められるでしょう。

またサーバーサイドの開発ではPHPやRubyを用いて業務を行います。

Webエンジニアは実際どのようなものを制作しているの?と疑問にもう人も多いのではないでしょうか。

例えばSNSや動画配信サービスはWebエンジニアがシステム設計・開発に関わっています。

またそのWebサービスが快適使えるようにしたり不備があれば対応するのもエンジニアの役割なのです。

Webライター

キーボードを打つ女性

Webサイトには多くの情報が掲載されています。

この文章の執筆・校正・編集といった作業を行うのがWebライターの仕事です。

WebライターはWeb業界の中でも需要が高まっている職種の1つなので聞いたことがある女性も多いでしょう。

それでは雑誌や新聞に掲載している文章とWebサイトの文章とでは何が違うのでしょうか。

相手が読みやすい文章を執筆するのは同じですがWebサイトの文章はSEOを意識しなければなりません。

Webサイトはいかに訪問者を増やすのかが大切なので適切なキーワードを文章に入れるというものです。

インターネットで調べ事をする時は検索エンジンにキーワードを入れる方が多いのではないでしょうか。

適切なキーワードを文章の中に入れることで検索時に上位に上がり、サイト訪問者を増やすことができるのです。

Webプログラマー

先ほどお伝えしたWebエンジニアと似た職種にWebプログラマーがあります。

Webプログラマーはプログラム言語を用いてサイトやアプリの設計・構築を行う職種です。

Webエンジニアの仕事と似ているのでその違いは何?と思う人もいるでしょう。

この2つの職種は企業によって定義が異なることが多いです。

Webエンジニアとしてプログラミングを行う企業もあれば、Webプログラマーの職種をおいている企業もあります。

そのため転職の際は求人情報の職種や仕事内容を確認しておきましょう。

 

ワンポイント
 Web制作作業系の職種でWeb制作の経験を積み上げよう。

Web解析系の職種

データ分析の仕事

多くの人がインターネットを使う現代だからこそ解析する職種が必要です。

Web解析をすることで課題の把握をしよりよいサービスの提供につながるでしょう。

ここではそんなWeb解析系の職種をご紹介します。

Webマーケター

オフラインとオンラインではプロモーション活動のポイントが異なることはご存じの女性も多いでしょう。

WebマーケターはWebサービスを介したプロモーション活動を行う職種です。

製品やサービスを多くの人に周知してもらうためにはWebサイトへの訪問者を増やすことがカギとなります。

そのために必要なSEO対策を行うのがWebマーケターの仕事の1つ。

しかしWebサイトの訪問者を増やすだけでは足りない部分もあるでしょう。

サイトの滞在時間を増やすことや興味をもってもらうことが重要となります。

Webサイトへのアクセスからサービス契約や商品購入に結び付けるところまで考えなければなりません。

またSNSが普及した現代ではSNSを活用した宣伝を行うことも多いです。

Webアナリスト

先ほどお伝えしたようにWebサイトの訪問者数やサイト滞在時間はプロモーション活動をする上で大切な情報です。

Webアナリストの仕事はその情報を解析しプロモーション活動に活かすことです。

Webアナリストは多くの情報から課題を見出し解決方法を考える力が必要となるでしょう。

そのためデータ分析や論理的思考において高い能力が求められるのです。

どういうスキルが身に付くのか

オフィスにいる女性

仕事をする上でどのようなスキルが身に付くのか気になるという女性は多いのではないでしょうか。

ここではそれぞれの職種ごとに身に付くスキルをご紹介します。

まずWebディレクターをはじめとする「Web制作指揮系」の職種で身に付けられるスキルはこちらです。

  • コミュニケーション能力
  • 管理能力(スケジュールや人材など)
  • 発想力
  • Web制作に必要な知識
  • プレゼン力

次に「Web制作作業系」の職種で身に付くスキルを見ていきましょう。

  • それぞれの職種で行うWeb制作に必要な知識と技術
  • 論理的な思考
  • コミュニケーション能力

最後に「Web解析系」の職種についてご紹介します。

  • 情報処理能力
  • 論理的思考
  • Webマーケティングに関する知識
  • コミュニケーション能力
  • SEO施策
  • Web制作に関する知識

どの職種でもWeb制作に関する知識やコミュニケーション能力が身に付きます。

Web業界は1人で何かを制作するのではなく複数の職種で成り立つことが多いです。

そのためコミュニケーションを取りあっていくことが求められるでしょう。

未経験から始めるのに最適な職種は?

初心者マークを持つ女性

インターネットは私たちの生活になくてはならないものです。

そのWebサービスに関わる仕事がしたいという女性もいるのではないでしょうか。

しかし「Web業界って何となく難しそう」「未経験だと転職できない?」と不安に思う人もいるでしょう。

ここでは未経験から転職できるWeb業界の職種をご紹介します。

まず今回ご紹介したWeb業界の職種の中に「この資格が必須」というものはありません。

そのため未経験でも転職の可能性があるということです。

中でもWeb制作作業系の職種は未経験でも転職できる可能性が高いでしょう。

プログラミングやシステム開発に必要な知識・技術は未経験でも身に付けることができます。

またWebデザイナーに必要なツールも独学で学ぶことができるのです。

Webライターに関してもパソコンで文章を書くのに特別な技術はいらないですね。

未経験でWeb業界への転職を目指すのならまずはWeb制作作業系の職種を検討してみてはいかがでしょうか。

 

ワンポイント
 未経験でWeb業界へ転職するならWeb制作作業系の職種がおすすめ。

Web業界の将来性やキャリアパス

スーツ姿の笑顔の女性

転職を検討する時にその職種の将来性が気になる女性もいるでしょう。

また転職後にどのようなキャリアパスを描けばいいか悩むこともあるはずです。

ここではWeb業界の将来性やキャリアパスについてご紹介します。

将来性

インターネットの普及とともにWeb業界も発展してきました。

Webサービスは現代の日常生活でも仕事でもなくてはならないものです。

インターネットで調べ物をする・動画を見る・SNSに投稿するなど日常的にWebサービスを利用する人は多いでしょう。

また仕事では社内の連絡ツールやWeb会議など活用の幅がどんどん広がっています。

インターネットが普及した頃と比べて多くのことができるようになりました。

今後インターネットがなくならない限りWeb業界は発展し続けることが期待できるでしょう。

そしてWeb業界を構成する多くの職種がそれを支えているのです。

キャリアパス

パソコンを見る女性

今後も発展が期待されるWeb業界ですがどのようなキャリアパスがあるのでしょうか。

先ほど未経験からの転職はWeb制作作業系がおすすめだとご紹介しました。

それは現場を知ることでよりキャリアアップを目指すことができるからです。

Webエンジニアで経験を積めばディレクターやプロデューサーのような責任者になれる可能性があります。

またWebデザイナーからWebプランナーやディレクターになるというキャリアパスもあります。

Webライターなら執筆活動から校正・編集をやるようになり、制作ディレクターというキャリアを積むことができます。

このようにWeb業界は未経験で転職しても経験を積むことで着実にキャリアアップを目指せるのです。

 

ワンポイント
Web業界でキャリアパスを考える時は 制作作業系で経験を積んでキャリアアップを目指そう。

Web業界への転職事情は

考える女性

未経験でも転職可能なWeb業界ですがどのような求人があるのでしょうか。

ここではWeb業界の転職事情についてご紹介します。

求人はどれくらいある?

Web業界の求人は他の業界と比べても高い水準といわれています。

それはWeb業界の需要拡大だけでなく人手不足も理由の1つです。

特に制作作業系の職種は人手を多く求めている企業が多いでしょう。

自分に合った求人を見つけるには?

パソコンで調べ物をする女性

求人が多いとはいっても自分に合った求人がわからないという女性もいるのではないでしょうか。

やりたい職種があってもその企業が自分に合っているか不安になる人もいるでしょう。

Web業界の求人を探す方法はこちらです。

  • ハローワーク
  • 転職サイト
  • 転職エージェント

転職エージェントや転職サイトはサイトから求人を検索できるので仕事で忙しい女性も安心です。

未経験者は「未経験歓迎」・「未経験可」としている求人を探してくださいね。

転職相談は転職エージェントに相談しよう

手帳を見て悩む女性

転職には悩みや不安がつきものです。

どのような求人が自分に合っているのか、面接対策はどうすればいいのかなど不安を抱える人も多いでしょう。

そんな時は転職エージェントを活用することをおすすめします。

先ほどお伝えした転職サイトは求人検索をして応募・面接の日程調整などすべて自分で行わなければなりません。

しかし転職エージェントは希望に合った求人を紹介し、スケジュール調整も行うことができるのです。

また履歴書・職務経歴書の書き方や面接対策の相談を受けることもできますよ。

転職エージェントに相談しながらWeb業界への転職を目指しましょう。

まとめ

パソコン作業をするキャリアウーマン

今回はWeb業界の職種や未経験女性が始めるのにおすすめの職種をご紹介しました。

Webサービスは私たちの生活になくてはならないものです。

そんなWeb業界への転職を未経験で目指すならWeb制作作業系の職種を検討しましょう。

そこで経験を積めばキャリアアップを目指すこともできます。

Web業界への転職で悩みや不安があれば転職相談に登録することをおすすめします。

転職のプロである転職エージェントに相談しながら転職を成功させましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら