英文職務経歴書は外資系企業などへの転職で必要となるものです。

日本の応募書類とは様式も書き方も異なるので戸惑う女性も多いのではないでしょうか。

今回はそんな英文職務経歴書の特徴や書き方について詳しくご紹介します。

英文職務履歴書の書き方を解説

ビジネスウーマン

転職して海外へ行きたい、あるいは外資系企業へ転職したいという女性もいるでしょう。

キャリアアップや自分の実力を伸ばすために挑戦したいと思う人もいます。

そんな外資系企業への転職で最初に乗り越えなけれなならないのが応募書類です。

採用担当者は大勢の応募者の英文履歴書に目を通すのでいかに魅力的な書類を作成するかがカギとなるでしょう。

英語の知識があれば外資系企業でも通用しようなイメージをもつ人もいるのではないでしょうか。

しかし英語ができても英文職務経歴書で自己アピールできないと面接にたどり着けないこともあるのです。

それだけ英文職務経歴書は転職活動において重要ということです。

英文職務経歴書の特徴や書き方を押さえて採用担当者の目を引く書類を作成してください。

英文職務経歴書は日本語で書く職務経歴書とは別物

履歴書と職務経歴書

外資系企業への転職でカギとなる英文職務経歴書ですがそもそもどのようなものなのでしょうか。

日本の履歴書や職務経歴書との違いを知りたいという女性もいるでしょう。

英文職務経歴書はレジュメとも呼ばれ日本の履歴書と職務経歴書を合わせたようなものです。

そのため英文職務経歴書は英文履歴書とも呼ばれます。

日本の履歴書と職務経歴書の性質を合わせたようなものですが特徴や転職時の扱いは異なります。

英文履歴書は日本の履歴書・職務経歴書とは別物だと捉えておいた方がいいでしょう。

 

ワンポイント
 日本の履歴書・職務経歴書とは別物と捉えて英文職務経歴書を作成しよう。

英文職務経歴書の特徴は?

パソコンと悩む女性

英文職務経歴書は日本のものとは別物です。

それでは英文職務経歴書にはどのような特徴があるのでしょうか。

日本の履歴書・職務経歴書とは異なる部分が多く驚く人もいるでしょう。

決まったフォーマットがない

日本では履歴書・職務経歴書を購入することができます。

フォーマットがありそこを埋めていく形になっていますね。

しかし英文職務経歴書にはそのような決まったフォーマットがないのです。

決まったフォーマットがないと不安になる女性もいるのではないでしょうか。

基本的に自分で1から作成するので不安になるのも無理はありません。

フォーマットは決まっていないものの書くべき項目や押さえておくポイントがあります。

この後ご紹介するのでぜひ読み進めてくださいね。

職歴や学歴は新しい順で書く

英文職務経歴書には職歴や学歴を記載します。

ここでも日本のものとの違いがあるので注意が必要です。

英文職務経歴書では職歴は新しいものから順に書くという特徴があります。

また学歴は最終学歴のみの記載なので日本のように中学校や高校まで書く必要はありません。

大学院卒の人は、大学で応募する職種に関連することを学んだ場合に大学も記載しましょう。

特技や趣味は書かなくてよい

バツの札をあげる女性

日本の履歴書には「特技・趣味」と書く欄があることも多いでしょう。

プライベートな内容ですが人柄を見たり仕事に役立てたりすることもあるからです。

しかし英文職務経歴書では特技や趣味を書く必要はありません。

英文職務経歴書は仕事上で必要なことをアピールする書類です。

そのためプライベートなことは書かなくてもいいとされています。

英文職務経歴書で書くべき内容

ポイント

ここまでは英文職務経歴書の特徴についてご紹介してきました。

それでは実際にどのようなことを書けばいいのでしょうか。

英文職務経歴書に書くべき内容をご紹介します。

要約

要約は「SUMMARY」と呼ばれる部分当たります。

一般的に自分の今まで経験してきた職歴や所持しているスキルを簡潔に箇条書きで記載しましょう。

冗長な文にならないように気をつけて4~5行程度になるようにしてください。

希望職種

希望職種は「OBJECTIVE」と表記し希望する部署や職種を書きます。

入社したらどのようなことをしたいのか、企業にどのような貢献ができるかについても触れましょう。

ここでも冗長な文にならないよう1~2行程度で書くようにします。

希望する部署や職種が決まっていないという人もいるでしょう。

その場合は得意とするスキルを活かすことや憧れのポジションなど幅をきかせた書き方をします。

職歴や学歴

打ち合わせをする女性

先ほど特徴のところでお伝えした職歴や学歴も英文履歴書に記載します。

職歴・学歴の項目は「WORK EXPERIENCE」と表記し、これまで経験した職種や学歴を書いていきます。

職歴について書くべき内容はこちらです。

  • 会社名
  • 会社の所在地(都道府県まで)
  • 在職期間
  • 職種・仕事内容やポジション

英文履歴書の職歴のポイントは応募する企業・職種に焦点を当てることです。

採用に有利となるようなアピールポイントはしっかりと記載しましょう。

日本のように「一身上の都合により退職」など退職理由は書かなくても大丈夫です。

これまでの職場での功績・達成したこと・受賞歴があれば「ACHIEVEMENTS」として記載しましょう。

学歴について書くべき内容はこちらです。

  • 学校名
  • 所在地
  • 卒業年度(中退の場合は在学期間)
  • 取得学位・専攻学部・学科

取得学位で必要な学位の英文表記の方法もチェックしておきましょう。

  • 学士号:Bachelor of 〇〇
  • 修士号:Master of 〇〇
  • 博士号:Doctor of 〇〇

成績優秀者が要件の奨学金獲得・受賞歴・留学経験があれば学歴のところに書いてアピールします。

個人情報

応募者の基本情報である個人情報「PERSONAL INFORMATION」も英文職務経歴書に記載します。

個人情報として記載すべき内容はこちらです。

  • 氏名
  • 住所
  • 連絡先(電話番号やメールアドレス)

日本の履歴書では「生年月日」「配偶者の有無」「家族構成」「性別」といった内容を書くことが多いでしょう。

しかし英文職務経歴書の場合はこれらの情報は書かなくてもいい内容なのです。

住所の英文表記が間違っていないか、連絡先に入力ミスがないかをしっかり確認することがポイントです。

資格やスキル

電球、考える女性

資格やスキルは「QUALIFICATION/SPECIAL SKILLS」と表記します。

英文職務経歴書に記載する資格やスキルは応募する職種や資格内容に合っているものだけです。

資格をたくさんもっていて全て書いてアピールしたいと思う人もいるでしょう。

もちろん資格やスキルがたくさんあるのはその人の努力の結果です。

しかし英文職務経歴書では仕事に関連したもの以外は書く必要がないとされています。

不要な情報を書かない分、仕事に関連した資格やスキルをアピールできると思ってください。

外資系企業では英語を使う機会が多いのでTOEICもここで記載しましょう。

 

ワンポイント
 英文職務経歴書はフォーマットはないけど書くべき内容は決まっている。

英文職務経歴書を書く時のポイント

パソコン作業をする女性

ここまで読んでいくと英文職務経歴書は日本のものとは違いがたくさんあることがわかりますね。

書く内容が違うということは書く時のコツやポイントも異なるということ。

それでは英文職務経歴書を書く時のポイントを見ていきましょう。

  • 不要な情報は省く
  • 主語は使わない
  • 文章の始まりは動詞から
  • 適切に余白を使い読みやすくする
  • スペルや文法にミスはないか

英文職務経歴書は明瞭かつ簡潔な文章が求められます。

冗長な文にならないように気をつけ、不要な情報は省くようにしましょう。

また英文職務経歴書を書く時の大きなポイントが主語は使わないということです。

「I am~」「I want~」という書き方はせず文章の始まりは動詞にします。

この英文職務経歴書を書いている人は応募者であることは明確なので主語は必要ありません。

むしろ主語をつけるとすると全ての文章に主語が必要となり見にくくなるでしょう。

日本の履歴書・職務経歴書で誤字脱字がないかチェックするようにスペルや文法にミスがないか確認が必要です。

英文職務経歴書でスペルや文法にミスがあると仕事でも同じようなミスをすると評価されることも。

そこで仕事への姿勢が評価されることがあるのでしっかりと確認してから投函しましょう。

「ミスがないか」「見やすいか」というのは作成した自分では気づかないこともあります。

そのため第3者に確認してもらうという方法をおすすめします。

 

ワンポイント
 英文職務経歴書はミスがないか・見やすいかを第3者に確認してもらおう。

英文職務経歴書の書き方の例文をチェック

ポイント

英文職務経歴書の書き方の例文をご紹介します。

ここまでご紹介してきた英文職務経歴書の特徴や書く時のポイントを踏まえてチェックしていきましょう。

「SUMMARY」の例

経歴や自分のスキルを要約したものを書きます。

  • 4 years of selling and planning experience in a department store.
  • Sales expertise to traveler customers including online shops.
  • 3 years of taking care of children at a kinder garden.
  • 2 years of teaching English and researching about English.
  • Gives happiness for engaging customers and advises a wedding.
  • Makes and sales furniture.

「WORK EXPERIENCE」の例

JAPANESE RESTRANT TOKYO .. Tokyo

Service leader, Imported services foods (September 2016-Desember 2018)
・Marketing Research Division. ( Desember 2018-Present)

-Responsible for producing serving yearly.

Achievement:
・Achieved 10 million yen against 2016 Target of 5 million yen.
・Achieved 20 million yen against 2017 Target of 15 million yen.

英文職務経歴書で使える英語表記をチェック

紹介する女性

英文職務経歴書では主語「I」を使用せず動詞から文章を書き始めます。

どのような書き出しをするかで内容を強調できることも多いでしょう。

ここでは英文職務経歴書で使える「Action Verb」の例をご紹介します。

  • Manage 管理する
  • Produce 生み出す
  • Operate 運用する
  • Complete 完成する
  • Direct 指揮する
  • Coordinate 調整する
  • 11, Complete 完成する
  • Participate 参加する
  • Attain 達成する
  • Head 先導する
  • Propose 提案する
  • Resolve 解決する

他にも英文履歴書で使われる英語表記はたくさんありますが、上記のものは比較的使いやすいでしょう。

経歴は過去のことなので過去形で表すことが多いことも併せて押さえておきましょう。

英文職務経歴書を書く時に意識しておくべきこと

鉛筆を持つ女性

英文職務経歴書はその書類だけで見極められる可能性のある重要な書類です。

そのため作成する時には相手が読みやすい・好印象を与えるということが求められるでしょう。

そんな転職を成功に導く英文職務経歴書を作成するために意識することをご紹介します。

手書きではなくPCで作成しよう

パソコン手元

日本で履歴書や職務経歴書を書くというと手書きのイメージをもつ人も多いのではないでしょうか。

しかし英文職務経歴書は手書きではなくPCで作成します。

決まったフォーマットがなく自分でPCで作成して印刷するという方法です。

PCで英文を入力するのに慣れていない人は時間がかかることもあるでしょう。

しかし手書きと違って間違えたら書き直したり字が綺麗に書けず悩んだりする必要はありません。

PCで作成することで「誰が作成しても」「誰が読んでも」わかる英文職務経歴書となるのです。

用紙はA4サイズを使おう

英文職務経歴書は基本的にA4サイズの用紙を使います。

そして明瞭簡潔に書くのがポイントなのでA4サイズ1~2枚程度に収めましょう。

あまりに長文で枚数が多くなると担当者からマイナス評価を受けることもあります。

1~2枚を目安とし枚数が多くなる場合は内容を見直す必要があるでしょう。

もし応募する企業から用紙サイズや枚数の指定があったらそれに従ってください。

フォントや文字のサイズをチェック

最初から自分で作成するのでフォントや文字のサイズに悩む女性も多いのではないでしょうか。

フォントや文字のサイズはこちらを参考にしてください。

  • フォント:Times New Roman、Centuryなど
  • 文字の大きさ:11~12ポイント
  • 見出しの文字の大きさ:本文より2ポイント程度大きくする
  • 文字の色:黒(他の色は使わない)
  • 数字:アラビア数字(1、2、3)

見やすい英文職務経歴書を書くためには全体のバランスが大切です。

文字の大きさをそろえて適切な改行や余白の使用を意識してください。

 

ワンポイント
 英文職務経歴書は見やすいレイアウトに気をつけてA4用紙1~2枚程度で書こう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

悩む女性

外資系企業への転職では英文職務経歴書の提出が求められることが多いです。

魅力的な英文職務経歴書を作成することが転職成功のカギとなるでしょう。

しかし「これでいいか心配」「間違っていないか不安」と思う女性も多いはずです。

そんな転職の不安は転職エージェントに相談しましょう。

転職相談に登録すると転職のプロがあなたの転職をサポートします。

不安を抱きがちな英文職務経歴書のチェックを転職エージェントが行うこともできます。

転職エージェントに相談しながら転職を成功させましょう。

まとめ

ガッツポーズをする女性

今回は英文職務経歴書の特徴や書き方についてご紹介しました。

外資系企業への転職で提出が求められることが多い英文職務経歴書ですが「書き方がわからない」「不安」という女性もいるでしょう。

日本の履歴書や職務経歴書とは特徴もポイントも異なるので不安になるのも無理はありません。

不安だからこそ書き方のポイントや注意点を押さえて「見やすい」「伝わる」英文職務経歴書の作成を目指してください。

転職活動で不安や悩みがあれば転職エージェントに相談することをおすすめします。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら