外資系企業への転職では英文履歴書の提出が必要です。

しかし日本の履歴書とは異なる部分が多く「これでいいか心配」「そもそもどう書けばいい?」と不安な女性もいるでしょう。

今回はそんな英文履歴書の書き方やポイントを詳しくご紹介します。

好印象を与える英文履歴書の書き方を解説

ペンを持つ女性とパソコン

企業の採用担当者は多くの応募者の履歴書をチェックしています。

これは外資系企業でも日系企業でも同じことがいえるでしょう。

大勢の応募者の英文履歴書(レジュメ)を読んでいるからこそ好印象を与えるのが転職成功のカギとなります。

しかし慣れない英文履歴書に戸惑う女性も多いのではないでしょうか。

英文履歴書は日本の履歴書とは異なる部分があり不安になるのも無理はありません。

ぜひこの記事を読み進めて英文履歴書の書き方やポイントを押さえてください。

好印象を与える英文履歴書を作成して採用担当者にアピールしましょう。

 

ワンポイント
 英文履歴書は日本の履歴書とは異なることが多いのでポイントや注意点を押させておこう。

英文履歴書の3つの書き方

紙をもって説明する女性

英文履歴書には3つの書き方があります。

まずは自分が応募する企業が何を求めているのかを把握しておきましょう。

そして自分をアピールするのに最適な形式で英文履歴書を作成してください。

Chronological Resume

学歴・職歴を時系列にまとめたものをChronological Resume(クロノロジカル・レジュメ)といいます。

同業界や同職種への転職の場合に経歴をアピールしやすいのがメリットです。

しかし業績やスキルのような自分の成果をアピールするのには適していません。

時系列で職歴をまとめるため空白期間があると目立ってしまいます。

また転職回数が多い場合はそれが強調されることもあるので注意してください。

Functional Resume

今までの経験や業績、スキルや資格などを中心にまとめたものをFunctional Resume(ファンクショナル・レジュメ)といいます。

専門職への転職の場合に専門分野での知識・スキル・資格、業績といった職務経験をアピールできるのがポイントです。

特にSEや技術職、管理職が長い方のような特定のスキルや職務経験を持つ方に向いているでしょう。

また時系列ではないので空白期間や転職回数が気になる人にもおすすめの書き方です。

Combination Resume

自分の業績・スキルをまずまとめ、次に学歴・職歴を記載するのがCombination Resume(コンビネーション・レジュメ)です。

これは先ほどお伝えしたChronological ResumeとFunctional Resumeの特徴を合わせた形式となっています。

今までと同業界・同業種だけでなく異業界・異業種への転職にも向いている書き方です。

自分の業績やスキルといった職務経験を全体的にアピールすることができるでしょう。

どの書き方がいいか迷ったらCombination Resumeを書いてみることをおすすめします。

英文履歴書に書くべき必要項目

checkの文字と女性

英文履歴書の書き方の次は書くべき必須項目をご紹介します。

日本の履歴書とは異なる部分も多いので気をつけて書きましょう。

個人情報

英文履歴書は日本の履歴書を同じように個人情報を書きます。

「PERSONAL INFORMATION」と表記し氏名・住所・連絡先の順に記載しましょう。

誰の英文履歴書か一目でわかるように氏名は他よりも大きいフォントを使います。

また英文なので住所の書く方も日本と異なるため注意が必要です。

番地・市区町村・都道府県・郵便番号・国名の順に書きましょう。

連絡の取れる電話番号やメールアドレスが複数ある場合は、それぞれ1番連絡が取れるものを記載します。

職歴

書類、女性

英文履歴書の要となるのが職歴(WORK EXPERIENCE)です。

転職では即戦力のある人材や未経験でも能力が期待される人材が求められるもの。

そのためあなたの職歴をアピールすることも転職成功のカギとなるでしょう。

職歴は日本の履歴書とは順番が異なり新しい順に記載します。

またすべての職歴を記載する必要はありません。

転職を希望する業界や職種に関係するものだけでいいのです。

在籍期間はもちろんのこと、異動や役職があればそれぞれに期間を記載するのがポイントです。

その仕事で達成したことや社長賞などの受賞歴があればここでアピールしましょう。

学歴

英文履歴書に書くべき必須項目の3つ目は学歴(EDUCATION)です。

学歴の記載は中学校・高校などは必要なく最終学歴のみ記載します。

学校名・所在地・卒業年度(中退の場合は在学期間)・取得学位・専攻学部・学科を書きましょう。

学位の表記の仕方はこちらを参考にしてください。

  • 学士号:Bachelor of  〇〇
  • 修士号:Master of 〇〇
  • 博士号:Doctor of 〇〇

ただし最終学歴が大学院卒の場合、希望する仕事内容に関連する学歴があればそちらを記載して構いません。

修士号や博士号はレジュメの冒頭にも記載すると相手に伝わりやすくなります。

企業が選考基準として重きを置いている場合にプラス評価になる可能性があるでしょう。

在学中に学会やコンクールなどで受賞歴や留学経験があれば学歴に記載します。

資格やスキル(QUALIFICATION)

資格やスキルの記載も英文履歴書に必要な項目です。

もっている資格をたくさん書くのではなく、希望職種に関連した資格やスキルを記載するのがポイントです。

TOEICのような語学スキルもここに書きましょう。

この資格やスキルの項目は転職後にどのような戦力になれるかのアピールにつながります。

英文履歴書を書く時のポイント

指さしで示す女性

ここまでは英文履歴書を書くために必要な形式や項目についてご紹介しました。

それでは好印象を与える履歴書を書くにはどうすればいいのでしょうか。

英文履歴書を書く時のポイントを見ていきましょう。

無駄な情報は省こう

学歴・資格・職歴など履歴書に書きたいことがたくさんある人もいるのではないでしょうか。

日本の履歴書ならもっている資格をすべて書いても大丈夫ですが英文履歴書では注意が必要です。

なぜなら英文履歴書では「仕事に関連すること」だけを必要があるからです。

そのため無駄な情報は省くことを意識してください。

応募する企業・仕事内容で求める資格・スキルを把握して記載内容を考えておきましょう。

仕事に関連する学歴・職歴・資格はしっかりとアピールしてくださいね。

職歴や学歴は新しい順で書こう

英文履歴書を書く時は職歴や学歴は新しい順で書きましょう。

日本の履歴書は職歴・学歴ともに古い順に書くのが基本です。

そのため最初は違和感があったり間違えてしまったりすることがあるかもしれません。

しかしこのルールを守らなければ採用担当者が読んだときに好印象を与えることはできないでしょう。

書き方をわかっていない応募者だと思われマイナス評価になる可能性があるので注意してください。

見やすいフォーマットを意識しよう

女性,書類,確認

企業の採用担当者は多くの応募者の履歴書に目を通します。

そんな中で「見にくい」と思われる英文履歴書は内容が入ってこないこともあるでしょう。

つまり見やすいフォーマットを意識し、しっかり読んでもらうことが大切です。

適切なフォントサイズで冗長な文章でないことを意識してください。

どこに何が書いてあるかわかること、行間が適切であることも確認しましょう。

相手が「見やすい」「読みやすい」と思えることが好印象を与えるポイントなのです。

 

ワンポイント
 不要な情報を省き、書く順番に注意して見やすい英文履歴書を作成しよう。

英文履歴書の一般的な用紙サイズやフォントは?

パソコンと女性

英文履歴書は日本の履歴書のようにフォーマットが決まっているわけではありません。

販売されている履歴書を埋めていく方法ではない分「用紙はどうする?」「文字の大きさは?」と不安になることも。

ここでは英文履歴書を作成する時の用紙やフォントについてご紹介します。

  • 用紙サイズ:A4サイズ
  • フォント:Times New Roman・Arial・Centuryなど
  • フォントサイズ:10~12ポイント
  • 見出しのフォントサイズ:本文より2ポイント程度大きくする

英文履歴書はA4サイズ1枚程度にまとめるようにします。

しかしキャリアが長く書くべき職歴やスキルが多いという人もいるのではないでしょうか。

その場合は2枚以内にまとめるようにし冗長にならないように注意してください。

またフォントやフォントサイズは相手が読みやすいということを基準にしましょう。

用紙は白かアイボリー、文字の色は黒が基本です。

強調したい部分があっても色を変えたり下線を引く必要はありません。

英文履歴書の例文をチェック

やる気を見せるキャリアウーマン

ここまでご紹介してきた書き方やポイントを押さえて英文履歴書を書いてみましょう。

TARO SATO
1-2-34 Shibuya, Shibuya-ku, Tokyo, Japan 000-0000
Phone:(+81)-90-123-6543
E-mail:taro@tensyoku.ne.jp
Japanease-native,English-fluent

OBJECTIVE
Seeking a Markething Manager position which will require my communication skill and media relations experience to help accomplish the company’s goal.

SUMMARY
・Strong branding knowledge and experience across various categories
・Successful management of brand management teams

WORK EXPERIENCE
Company 1, Tokyo, Japan Oct 2011 – Present
Company Description, 450 employees in Japan. Global IT company
(Dec 2013 – Present)

Central HR Department
Human Resource Development
Senior Manager
・Responsible for experienced and campus hiring

EDUCATION
Apr 1997 – Mar 2001 XXXXX University, Japan Bachelor of Economics

QUALIFICATION
TOEIC 810 (2021)

こちらが英文履歴書の例文です。

簡潔かつ伝わる内容であることを意識して書いてくださいね。

英文履歴書の注意点は?

スマホを使って悩む女性

英文履歴書を書く時にはどのようなことに注意が必要なのでしょうか。

注意点を押さえて好印象を与える英文履歴書を作成してください。

英文履歴書を書く上での注意点はこちらです。

  • 手書きではなくパソコン入力
  • 書き始めは動詞になっているか
  • 簡潔でわかりやすく書かれているか
  • 不要な情報が書かれていないか
  • つまらないミスをしていないか

日本の履歴書は手書きで作成しているという女性も多いのではないでしょうか。

しかし英文履歴書は手書きではなくパソコン入力だということを押させておきましょう。

文章は動詞から書き始めるのが英文履歴書の基本です。

「I am~」や「I was~」のように主語を入れる必要はありません。

英文履歴書に書かれた内容の主語はあなたであることは明らかです。

むしろ主語をつけるとしたら、すべてにつけることとなり見にくくなります。

先ほどお伝えしたように英文履歴書では不要な情報を省くのが基本です。

日本の履歴書のように生年月日や配偶者の有無は書かなくてもいいことを知っておきましょう。

また慣れない英文履歴書だからこそつまらないミスをしていないか気をつけてください。

特にスぺルや文法のミスには注意が必要です。

転職の時に履歴書の作成はとても重要なものです。

そんな履歴書の作成でつまらないミスをすると仕事でも同じようなミスをすると思われることも。

仕事への姿勢を疑われることがないよう、作成後はしっかりと確認をしましょう。

しかし自分が作成した英文履歴書はなかなかミスに気づけないこともあります。

そんな時は第3者にスぺルミスがないか、全体的に見やすいかなどを確認してもらうことをおすすめします。

 

ワンポイント
 英文履歴書を作成したら第3者に確認してもらおう。

英文履歴書にカバーレターを添えよう

笑顔で説明をする女性

英文履歴書にはカバーレターを添えましょう。

カバーレターとは添え状や送付状のことでビジネスマナーとして必要なものなのです。

ここでは英文履歴書に添えるカバーレターについてご紹介します。

カバーレターは必ず添えよう

カバーレターは添え状のことですが日本とは異なる意味があることを知っておきましょう。

まず英文履歴書のカバーレターは転職の選考材料になります。

担当者は最初にカバーレターに目を通すためここで「履歴書を読みたい」と思わせるかが大切です。

英文履歴書は一生懸命書いたけどカバーレターをつけなかったというのはマイナス評価になりかねないということ。

必ず添えるものとしてカバーレターの作成ポイントも押させておきましょう。

カバーレターに書く内容

カバーレターにはどのようなことを書けばいいのでしょうか。

まずはカバーレターに書く内容をご紹介します。

  • 氏名・住所・連絡先などの個人情報
  • 提出(投函)する日付
  • 宛名・宛先(採用担当者の部署やポジション)
  • 担当者名
  • 応募職種(希望する経緯や理由)
  • 志望動機と自己PR
  • お礼の言葉
  • 結びの言葉
  • 署名
  • 同封書類の案内

カバーレターは添え状とはいってもこれだけのことを書く必要があります。

お礼の言葉はカバーレターを読むために時間を割いてくれたことへの感謝を伝えましょう。

ここで面接を受けたいという意思を伝えることも大切です。

日本でいう「敬具」と同じ結びの言葉は「Your sincerely」や「Cordially」を使います。

また自筆のサインは印鑑と同じような意味をもつので、自分が書いたという証明のために記載します。

カバーレターに関する注意点

ルーペを持つ女性

カバーレターは単なるお礼文ではない意味をもつので慎重に作成したいという人も多いでしょう。

それではカバーレターを書く時にはどのようなことに注意が必要なのでしょうか。

  • 英文履歴書の内容と合っているか
  • 自己PR・志望動機に説得力があるか
  • 文法やスぺルが合っているか
  • 1パラグラフあたり2~3行になっているか

採用担当者はカバーレターを読んでから英文履歴書に目を通します。

ここで内容が合っていないと書かれていること自体疑われてしまうでしょう。

そのためカバーレターと英文履歴書の両方に書かれている内容に整合性があるか確認します。

また英文履歴書と違いカバーレターは文章で書くのがポイントです。

文章が冗長にならないように1パラグラフあたり2~3行程度になるよう意識しましょう。

 

ワンポイント
 カバーレターを必ず添えて担当者にアピールしよう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

パソコン作業で悩む女性

外資系企業への転職はキャリアアップを目指す女性にとって憧れといえるでしょう。

しかし転職成功の要となる英文履歴書の作成に苦戦する女性もいるのではないでしょうか。

「これで大丈夫か?」「伝わる履歴書になっているか?」「スぺルミスはないか?」など不安はつきものです。

そんな転職活動の悩みは転職エージェントに相談してください。

悩みがちな英文履歴書の作成や確認・アドバイスなどを行うことができます。

転職エージェントに相談しながら転職を成功させましょう。

まとめ

笑顔の女性

今回は好印象を与える英文履歴書の書き方について解説しました。

日本の履歴書とは異なる部分も多く不安な女性も多いでしょう。

そんな時はぜひこの記事を参考に書き方やポイントを押さえてください。

作成した英文履歴書の確認は第3者に行ってもらうことでミスの発見や見やすいかどうかの判断ができるでしょう。

英文履歴書の書き方や転職活動に不安がある人は転職相談に登録することをおすすめします。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する