店舗開発がどのような仕事を担っているか知っていますか?

多岐にわたっている仕事を行う店舗開発職。

ここでは店舗開発職の仕事内容を徹底的に解説していきます。

店舗開発職の仕事内容をはじめ、やりがいや年収も気になる方もいるでしょう。

店舗開発職になりたいときに必要なスキルや資格はあるのでしょうか?

また、店舗開発職に向いている女性の特徴もまとめています。

自分が店舗開発職に向いているか考えながらチェックしてみてください。

店舗開発職の仕事内容を解説

女性

店舗開発職とは、小売業や飲食業において出店するまでの調査や準備、管理を行う仕事のことをいいます。

どこにお店を構えるか物件の調査をはじめ、どういった店舗にするかの企画や設計など、仕事が多岐にわたっているのが特徴です。

小売業や飲食業はお店をどこに開くか、どういった層をターゲットにするのかによって収益も大きく変動します。

お店の場所を決めて、店舗の設計を担う店舗開発職はとても重要な仕事を担っているといえるでしょう。

店舗開発の仕事の特徴をチェック

最初に、店舗開発職の仕事の特徴を細かくチェックしていきましょう。

店舗開発職はつらい?

女性

店舗開発職を経験した人の中には、店舗開発の仕事が辛いと感じている意見もいくつか見られるようです。

先ほども紹介した通り、店舗開発職の仕事は多岐にわたっています。

一つのお店を出店するまでに数ヶ月から数年かけて行っていく仕事もあるでしょう。

設計士や管理者など、社外の人との関わりも多いことから、衝突する場面があることも想像できます。

長い時間をかけて行う仕事や多くの人との関わりが生まれる仕事が苦手という方もいるでしょう。

そのような方は、店舗開発職の仕事は辛いと思ってしまう可能性もあるかもしれません。

未経験でも仕事に就ける?

女性

店舗開発職は、未経験でも仕事に就けることはできます。

営業職や事務職の仕事に従事していた方でも、店舗開発職にキャリア変更したという方もいるでしょう。

一方で資金調達方法やお店のデザインの仕事もするため、経営やデザイン系の経験や資格があると有利になるかもしれません。

会社によっても必要としている経験の有無は異なるため、募集要項や応募要件などをしっかり確認しておいてください。

男女比をチェック

握手

店舗開発職の男女比はどのようになっているのでしょうか?

店舗開発職においては、アパレルやスーパーなどの小売業や飲食業があります。

その業種によって男女比が異なることがほとんどでしょう。

アパレルは女性比率の方が多いという特徴がありますが、小売業はその扱う商品によっても男女比が異なるのが事実です。

店舗開発職は男女比がこれと決まったものはなく、扱う商品や業種によって異なると覚えておくと良いかもしれません。

 

ワンポイント
・長い時間をかける仕事が苦手な方は辛いと感じる可能性もある
・店舗開発職は未経験でも可能

店舗開発の仕事の流れ

次に、店舗開発職の仕事の流れを細かく確認してみましょう。

こんな仕事までしているの?と驚かれる方もいるかもしれません。

物件の調査・開発

打ち合わせする女性

店舗開発職の大きな仕事といえば、物件の調査や開発でしょう。

店舗を出す際には、どの場所に建てるのかはもっとも重要なポイントです。

まず、店舗を開きたい場所を決めるためにターゲット層を決め、そのターゲットが訪れる場所の調査を行います。

ビルのひとつの部屋を借りるのか、独立した店舗にするのかなど選択肢は様々です。

また、その際は物件の賃貸料や周辺の環境など、あらゆる項目でのチェックを行う必要があります。

クライアントによっては、ターゲットや出店したいエリアも決まっていないこともあるでしょう。

そういったクライアントに対しては、提案したり開発したりすることもあります。

このように、物件の調査ひとつとっても幅広い仕事があることがわかるのではないでしょうか。

アイディアで店舗企画

面接

物件の場所を決めたあとは、どういったコンセプトでお店を出すのかを提案していく必要があります。

店舗のイメージがしっかりできているクライアントももちろんいます。

しかし、一方で何も考えられていないこともあるかもしれません。

扱う商品によって、店舗のイメージやコンセプトがその後の売り上げに大きく影響することは予想できるでしょう。

そのため、クライアントに変わって企画を提案する必要があります。

どういったイメージでお店を出すか?売上を伸ばすためにどうするか?などを考える必要があるでしょう。

このように、こちらからアイディアを出して、店舗企画を行うことも大切な仕事なのです。

店舗の設計・デザイン

仕事

店舗開発職の大きな仕事のひとつといえば、店舗の設計やデザインでしょう。

物件を決定し、店舗のコンセプトが決まった後は店舗の設計とデザインが必要になります。

設計士とも相談しながら、店舗のデザインを考えることも重要な仕事でしょう。

ターゲットにした層が好むデザインや雰囲気を調査し、アドバイスを行いながらデザインをしていきます。

店内の広さやディスプレイはもちろん、装飾デザインやインテリアなど、考えるべき内容は多岐にわたっているのが特徴です。

 

ワンポイント
・店舗開発職は物件の調査がはじめに行う仕事
・アイディアを出す企画や設計、デザインなど仕事は多岐にわたる

店舗開発職は稼げる?

お金を手に持つ女性

店舗開発職の年収はどのくらいなのでしょうか?

一般的に、店舗開発職の年収は400万円程度といわれています。

大企業の店舗開発になるとその年収も変わってくる可能性もあるでしょう。

一般的には400万円程度と考えておくとよいかもしれません。

経験を積み、実績を残していくと年収はさらに上がることも考えられるでしょう。

他の職種よりは年収も高く、仕事も安定しているので人気の職業といえるかもしれません。

店舗開発職のやりがい

女性

店舗開発職はこれまで紹介してきたとおり、多岐にわたる幅広い仕事があるのが特徴です。

長い時間をかけて自分が手掛けた店舗が無事にオープンした際に、大きなやりがいを感じられるでしょう。

また、たくさんの人とやり取りを行いクライアントに寄り添って仕事を行うことにやりがいを感じる方もいるかもしれません。

仕事も単調ではないので、飽きっぽい人にもおすすめの仕事ともいわれています。

達成感や充実感を得られることが、店舗開発職の大きなやりがいだといえるでしょう。

店舗開発職に必要なスキル

店舗開発職は未経験でも仕事ができると説明しましたが、一方で持っていると有利なスキルもあります。

店舗開発職に必要なスキルにはどのようなものがあるのでしょうか?

マーケティングの知識

店舗開発職の仕事は、最初の物件探しが大切な仕事であると説明しました。

ターゲット層はどうするか、目標にしたターゲット層が好むエリアを探す際などはマーケティングが必要となるでしょう。

物件だけではなく、店舗のイメージやコンセプトを決めるときにもマーケティングを行います。

そして、求められるお店を作っていかなければいけません。

マーケティングの知識があれば、効率的に調査できるので仕事もやりやすいといえます。

コミュニケーション能力

打ち合わせ

どんな仕事でも大切になりますが、店舗開発職で特に求められるのがコミュニケーション能力です。

個人のお客様と関わることはないものの、クライアントをはじめ、設計士や地主など多くの人と関わります。

毎日たくさんの人と関わる上、工程ごとに関わりを深める人も増えていくのが特徴です。

その都度、笑顔で接するという最低限のコミュニケーション能力だけではもちろん必要ではないでしょうか。

また、どんな人に対しても、分かりやすく説明する能力なども大切でしょう。

お客様だけではない、社外の人間ともうまくやりとりができる能力があると店舗開発職に向いているといえます。

プレゼンテーションのスキル

営業

店舗開発職は、お店を立ち上げるために企画や提案を行うと説明しました。

マーケティング結果をもとに、お店を出す場所やコンセプトなどを提案していきます。

その際には、クライアントに対してプレゼンテーションを行う必要があり、わかりやすく説明するスキルが求められるでしょう。

プレゼンテーションの資料作りをはじめ、初心者にもわかりやすい言葉で説明できるかなどは重要なポイントになります。

店舗開発職にはプレゼンテーション能力も必要なスキルであるといえるでしょう。

 

ワンポイント
・物件の調査にはマーケティングスキルがあると良い
・コミュニケーション能力やプレゼンテーションのスキルも必要

店舗開発職に向いている女性の特徴

店舗開発職に興味が出てきた方もいるでしょう。

次に、店舗開発職に向いている女性の特徴を紹介していきます。

自由な発想力

人差し指を出す女性

お店のイメージやコンセプトを提案する上では、自由な発想力が求められます。

既存のお店に似たようなものを作ったり、真似をしたりすることは店舗開発職においてはあってはいけません。

固定観念にとらわれずに、新たな企画ができることが必要でしょう。

斬新な発想で提案できれば、クライアントからも喜ばれるかもしれません。

自由な発想力をするのが得意という方は、店舗開発職に向いているといえるでしょう。

計画を立てるのが好き

笑顔の女性

店舗開発職においては、長いスパンで一つの店舗と関わっていくことが考えられます。

数カ月単位から、長ければ数年単位で一つの仕事を請け負っていくこともあるでしょう。

長い時間の中でだらだらと仕事をするのではなく、計画を立ててひとつひとつ仕事を積み上げていく必要があります。

計画を立てることにわくわくしたり、計画通りに実行したりすることが好きな方は店舗開発職向きであるといえるでしょう。

 

ワンポイント
・マーケティングスキルがあると物件調査に有利
・自由な発想力や計画を立てることが好きな人は店舗開発職向き

店舗開発の職探しのポイント

店舗開発職に興味が出てきて仕事を探したいけれど、どうやって探したら良いかわからないという方もいるかもしれません。

ここでは、店舗開発の職探しのポイントをまとめています。

業界ごとの違い

オッケーサインを出す女性

店舗開発職の募集と検索をかけるとたくさんの案内がヒットするでしょう。

また、その職種が様々にあることにも気づかれる方も多いかもしれません。

飲食店をはじめ、アパレルやスーパーなど小売業でもその募集は多岐にわたっています。

自分の入りたい業界が決まっている場合には、業界を絞って検索すると良いでしょう。

逆に業界は決まっておらず、店舗開発職ができるならどこでも良いという方は職種を絞って検索するのがおすすめです。

業界によって年収や勤務形態、お店の内容も大きく異なります。

募集要項をよく読み込んでから、志望するようにしてください。

入社の難易度は高い?

はてなマークの女性

店舗開発職は未経験でも可能と記載がある会社もある一方で、経験者を優遇するといったこともあります。

また、最初は別の店舗で仕事を覚えてから、店舗開発職に異動できるといった形をとっていることもあるでしょう。

いきなり店舗開発職の業務に携われる求人は人気があるため、難易度が高いといえるかもしれません。

遠回りに感じても、経験を積んでから店舗開発職ができれば良いと考えることも必要です。

長いスパンで自分がどういった仕事をしていきたいのか、しっかり考えてから志望すると良いでしょう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

胸に手を当てる女性

店舗開発職に興味があるけれども、自分にあっているのかわからないといった方もいるかもしれません。

また、求人の探し方がわからないという方もいるでしょう。

そのようなときは転職エージェントに相談してみてください。

転職エージェントは求人を探すことから相談にのってくれます。

プロの視点からのアドバイスももらえるので、自分が店舗開発職に向いているかどうかも聞けるでしょう。

自分で職を探すのには限界があるのも事実。

プロの転職エージェントに相談して、転職活動を成功させてください。

まとめ

ピースサインの女性

店舗開発職について解説してきました。

店舗開発職は物件探しや店舗のデザイン、企画などその仕事は多岐にわたっています。

接客業ではないものの、社外の人とのやり取りも多いです。

そのため、マニュアル通りに行かない場面も多くあるので辛いと感じる方もいるかもしれません。

店舗開発職は、一つのお店が出来上がるまで粘り強く寄り添う必要があります。

計画を立てて実行する力がある方にはぴったりの仕事だといえるでしょう。

自由な発想力があり、計画を立てることが好きな方には特におすすめの仕事です。

マーケティング能力やコミュニケーション能力があると有利といえます。

また、仕事をしていく中でも必然と身に付いていくでしょう。

店舗開発職の仕事が少しでも気になる方は自分があっているか、転職エージェントに相談してみることから始めてみてください。

自分にあった求人や知らなかった業界に出会えるチャンスかもしれません。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら