英語を活かした職業に転職を希望している人もいるでしょう。

英文事務は輸出入を行う企業などで海外企業とのやり取りを行う職業です。

女性が英文事務に転職する際にはどのような企業を選べばよいのでしょうか。

転職に向けた活動の方法や求人の探し方について解説します。

転職に役立つスキルや将来性についても紹介しますので参考にしてみてください。

英文事務の求人情報を解説

笑顔の女性

英文事務に転職するために求人を探している人もいるでしょう。

英文事務の求人のなかには未経験歓迎というものもあります。

未経験OKといっても英文事務という仕事柄、英語のスキルは必ず問われる点には注意が必要です。

英語力がどの程度必要かについては就職する企業によって異なります。

そのため、求人情報を検索する場合には自分のスキルにみあった仕事内容であるかをしっかりチェックしましょう。

英文事務の主な仕事内容

電話をかける女性

英文事務とは具体的にどのような仕事をするのでしょうか。

仕事内容は一般事務とさほど変わりがありません。

ただ英語を使うシーンが多いという点が特徴です。

一般事務・営業事務・秘書・受付などの業務に英語のスキルをプラスしたものが英文事務です。

具体的な業務内容は転職先によって異なります。

ただし、一般的には書類作成・電話対応・メール対応・ファイリング・翻訳・通訳などがメインの仕事です。

海外企業との取引が多い企業や海外支社がある企業ではかなりの頻度で海外とのやり取りを行うことがあるでしょう。

また外資系企業や企業の海外部門に配属されることもあります。

英文事務の企業選びのポイントをチェック

メガネとノート

英文事務の実務経験は将来のキャリアアップにも役立ちます。

キャリアアップを目指している場合も含めて転職先の企業の選択は慎重に行うことが大切です。

英文事務の仕事内容は企業によってかなり幅があるといえます。

簡単な日常会話レベルの英語力で対応可能な業務範囲の場合もあるでしょう。

とくに未経験歓迎の企業の場合はこのような場合が多くあります。

専門的な知識を身につけて英語力もスキルアップしたい場合には高度なスキルを求めている企業を選択することがおすすめです。

企業研究をしっかりとして自分が求めている仕事ができそうな企業であるかを見極めましょう。

自分だけでは難しい場合には転職エージェントに相談して企業情報を得るという方法もあります。

英文事務の転職に役立つスキル

パソコン作業をする女性

英文事務に求められるスキルは英語力だけではありません。

英語力についても応募する企業によって求められるレベルが異なるため注意が必要です。

英文事務で求められるスキルについて英語力も含めて解説します。

英語力

英文事務に応募するなら必須となるスキルが英語力です。

英語力については転職先の企業によってどの程度のレベルが求められるかが異なります。

そのため事前のリサーチが重要です。

未経験歓迎という企業であれば日常会話程度のレベルであればよいケースもあります。

資料作成に簡単な英語が理解できればよい、ビジネスメールが英語で打てればよいという場合もあるでしょう。

一方で貿易や海外取引が多い企業では高度なレベルの英語力が求められる可能性が高くなります。

英文事務のほかに国際事務という呼び方をされることもあるのがこの職種の特徴です。

国際事務になると本格的な翻訳や通訳を任されることもあるでしょう。

とくに日常会話にプラスして専門用語が英語で理解できるスキルがあれば転職でも有利です。

その企業が取り扱っている製品やサービスについて英語で説明できる程度の英語力はあったほうがよいでしょう。

自分の英語力を明確に証明できるTOEICのスコアなどをしっかり把握しておくことをおすすめします。

おおよその目安としてTOEIC600以上の英語力があれば業務をスムーズに進めることができるでしょう。

とはいえより専門的な業務を担当する場合にはTOEIC700以上を応募資格に指定している企業もあります。

コミュニケーションスキル

資料整理をする女性

英語力と同時にコミュニケーションスキルは英文事務に求められる必須スキルといえます。

一般事務であっても社内や社外の人とやり取りする機会が多くあるでしょう。

英文事務では対応する相手が海外の人である可能性が高くなります。

そのため求められるのは一般的なコミュニケーションスキルにあわせて英語でのコミュニケーションスキルです。

海外のクライアントや海外支社のスタッフと円滑にコミュニケーションが取れることは企業にとってもプラスのスキルになります。

電話・対面・メールなど丁寧かつスムーズなやり取りが英語でできることが求められるでしょう。

パソコンスキル

一般事務と同様に事務職である以上はパソコンスキルも求められます。

英文事務でも事務スキルは一般事務と同等に求められるスキルです。

保有していると有利な資格としては次の資格があげられます。

  • パソコン検定
  • MOS
  • 日商PC検定

こうしたパソコンスキルを証明する資格は保有していると転職でもアピールすることが可能です。

とくに事務ではエクセルを使用することが多いためエクセルの知識や技術が高いと重宝されます。

英語力にプラスしてパソコンスキルも磨いておくとよいでしょう。

タイピングスキル

パソコン作業をする女性

パソコンスキルのなかでもタイピングスキルはとくに必要とされるスキルです。

英文事務では日本語よりも英文の資料作成やメール作成を行うケースが多くあります。

そのため日本語のタイピングよりも英文のタイピングスキルが求められるでしょう。

日本で取得できるパソコンスキルは日本語タイピングで試験が行われることがほとんどです。

そのため英語でのタイピングスキルの証明にはなりにくいという点があります。

英文でのタイピングスキルについては転職面接の際に自分からアピールすることが大切です。

スキルをわかりやすくするために400文字がどの程度で入力できるなど数値で示してもよいでしょう。

 

ワンポイント
英文事務に転職するために必要なスキルは英語力だけではない点をよく把握しておきましょう。

英文事務の求人の探し方

パソコン作業をする女性

英文事務に転職したい場合、どのように求人を探せばよいか迷う人もいるでしょう。

一言で英文事務といっても業務範囲にバラつきがあります。

そのため自分が求めている業務を任せてもらえる企業であるかを事前にしっかり確認してから応募することが大切です。

英文事務の求人の探し方について解説します。

転職サイト

英文事務の求人を探す方法のひとつに転職サイトの活用があるでしょう。

国内には多くの転職サイトが存在しています。

自分の求めている求人情報が掲載されていそうな転職サイトに登録して求人を探すのもひとつの方法です。

ほとんどの転職サイトが無料で登録できるため複数のサイトに登録している人もいるでしょう。

転職サイトでは自分の希望条件を入力することで求人を検索することが可能です。

気になる求人を見つけたら自分で職務経歴書や履歴書などを作成して応募します。

サイト上のテンプレートを利用して書類を作成してサイト上で応募できる場合もあるでしょう。

転職サイトを活用する場合には、検索条件をしっかりと選抜することがポイントです。

英文事務だけでなく、国際事務・貿易事務などのキーワードでも検索してみましょう。

企業によっては通常の営業職として募集をかけていて、詳細のなかに英文事務であると記載している場合もあります。

そのため希望条件でヒットしない場合は一度通常の事務職で検索をかけてみることもおすすめです。

転職エージェント

パソコン作業をする女性

転職サイト以外には転職エージェントを活用するという方法もあります。

転職エージェントは人材紹介サービスのひとつです。

求職者と企業の間に立ってマッチングを行います。

利用料無料で登録することが可能です。

転職エージェントは人材を探している企業に求職者を紹介して採用が成立することで報酬が発生するシステムになっています。

そのため転職エージェントは多数の企業との取引を行っている点が特徴です。

自分で求人検索をするよりも求人が見つかりやすいでしょう。

場合によっては公開されていない求人を紹介してもらうことも可能です。

求人を紹介してもらうだけでなく転職活動全体をサポートしてもらえるのも転職エージェントの魅力になります。

  • 書類作成
  • 自己分析
  • 面接対策
  • 条件交渉
  • 企業研究
  • 業界研究
  • 各種相談

このようなサポートを無料で受けることができるため転職の際には転職エージェントの活用がおすすめです。

 

ワンポイント
英文事務の求人は転職サイトや転職エージェントを活用して探しましょう。

英文事務の転職を成功させるポイント

メガネと本

英文事務の転職は英文事務の仕事に応募できるだけの英語力があれば可能です。

さらに実務経験があればなお有利になるでしょう。

英文事務への転職を成功させるためのポイントについて解説します。

企業の情報を集めよう

転職活動を行う場合、英文事務を採用している企業について情報を集めるとよいでしょう。

英文事務の業務は企業によって幅広い点が特徴です。

簡単な日常会話ができれば問題ない事務職もあれば、専門的な言葉を英語で表現できるだけのスキルを求める企業もあります。

自分が働きたいスタイルや希望の業務に対応している企業を探しながらさまざまな企業を比較してみましょう。

企業比較をすることで業界全体がみえてくることもあります。

業界のなかでその企業がどのようなポジションにあるかがわかれば転職先の目処もつくでしょう。

企業情報の収集は自分だけでは難しいケースも多いため、転職エージェントの活用もおすすめです。

自分の強みが何かを考えよう

英文事務の転職面接では英語力をアピールする人が多いでしょう。

英文事務である以上は英語力があることは必須条件です。

ほかの応募者と差をつけるためには英語力も具体的な資格をアピールするなど面接官の印象に残るような工夫も必要になります。

さらに事務職であるという点でほかにもアピールできる強みがあれば有利でしょう。

面接前には自分の強みがどこにあるのかをしっかり考えることが大切です。

自己分析をしっかり行おう

マウスとパソコン

どのような職種に転職するにしても自己分析は重要なポイントになります。

英文事務に転職する場合もなぜ自分が英文事務を希望しているのかなどしっかりと分析して具体化しておくことが大切です。

自分だけで自己分析をすることが難しいという人もいるでしょう。

家族や知人など第三者からの意見を参考にすることもひとつです。

客観的な意見を聞くことで今まで気がつかなかった自分の強みに気がつくこともあるでしょう。

無料で登録できる転職エージェントの活用もおすすめです。

転職のプロに自己分析や能力診断をしてもらうことでスムーズに転職を進めることもできるでしょう。

英文事務の将来性やキャリアパスは

メールの文字

英文事務の仕事をしいていくなかで得られるキャリアパスはどのようなものなのでしょうか。

業界として英文事務は将来性がある職業だといえるのでしょうか。

英文事務の将来性やキャリアパスについて解説します。

将来性

英文事務の業務は多岐に渡ります。

企業のグローバル化が進むなかで英文事務の需要は高まっているのが現状です。

自社の支店を海外に進出させる企業もあるでしょう。

海外との取引をスタートする企業もあります。

英語ができるだけでなく事務としてのスキルも同時に身につけることができる点も将来性につながるでしょう。

キャリアパス

英文事務以外でも最近では専門職+英語力が求められることが多くなっています。

そのため英文事務の実務経験はキャリアを積むためには重要です。

英語力があることでキャリアの幅が広がり、自分の市場価値を高めることができるでしょう。

たとえばバイリンガルセクターと呼ばれる英語をメインとする秘書業務に転職することも可能です。

さらに貿易事務・英文経理・通訳・翻訳などキャリアパスはかなり幅広く考えることができます。

 

ワンポイント
英文事務には幅広いキャリアパスがあるため頑張り次第でキャリアアップできる職業です。

英文事務の転職成功事例

リラックスする女性

実際に英文事務としての転職を成功させた人の事例についてみていきましょう。

英文事務未経験からの転職事例

前職は一般事務をしていました。

大学時代に英文科にいたこともあり英語力には自信があり、できれば英語を生かした仕事をしたいと希望していました。

そのため働きながら英会話教室に通うなどして早い段階から転職に向けた活動はしていました。

事務職で培ったスキルと英語力を生かして働ける英文事務に転職しようと思ったのは幅広い業務に携わることができるからです。

海外との取引がある企業で働きたいと考えていたので企業研究はしっかりと行いました。

転職エージェントの力も借りながら求人を探して海外企業との取引が多い企業への転職を勝ち取りました。

自分だけで求人を探しているときはみつけることができなかったであろう企業と出会えたので利用してよかったです。

英文事務は未経験の職種でしたが前職のスキルも生かすことができ、英語力も存分に発揮できるので楽しく働いています。

外資系企業からの転職事例

英文事務として5年ほど勤務してきました。

最初は未経験からのスタートだったため簡単な日常会話やメール作成を行う業務を担当していました。

年数を重ねるなかで自分なりに英語のスキルを磨いていき、徐々に任される業務の幅も広がってきました。

そうしたなかでさらに高度な仕事に挑戦してみたいという気持ちが強くなり転職を決意しました。

転職活動で重視したのは英語力以外にアピールできる自分の強みをみつけることでした。

海外の企業とのやり取りをしたいという希望があったため英語のでコミュニケーション能力はしっかりとアピールしました。

最終的には転職エージェントに相談して自己分析と能力診断をしてもらいました。

その上で、外資系企業の英文事務として転職することができました。

 

ワンポイント
転職の事例を参考にしながら自分の転職プランを考えることも大切です。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

マウスとパソコン

英文事務に転職を希望している場合、英語力があることは大前提です。

その上で面接官にアピールできる自分なりの強みがあれば転職でも有利になるでしょう。

キャリアアップを目指す上でもさまざまなスキルを身につけておくことが大切です。

転職活動をスムーズに進めたい場合は転職エージェントの活用をおすすめします。

転職のプロの客観的な意見を取り入れることで自己分析もスムーズに進めることができるでしょう。

まとめ

メガネと英文書

英文事務は英語力と事務スキルの両方が求められる職業です。

面接では英語力をアピールする人が多いため、英語力を磨いておくことは当然になります。

さらにそこに自分だけにしかない強みをアピールすることができれば転職活動が有利に進むでしょう。

スムーズな転職活動をしたい場合には転職エージェントの活用がおすすめです。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら