あなたが希望する転職先へ入社するには面接での印象が重要です。

特に転職に対する熱意が転職成功のポイントとなります。

では具体的にどうすれば面接官へ熱意が伝わるのか、押さえておきたいポイントや面接時の注意点を解説します。

女性が転職面接で熱意を伝える方法を解説

スーツ姿の女性

面接では身だしなみを整え、自然な表情で正しく丁寧な言葉でハッキリ発言することが重要です。

最低限抑えるべきことは意識しましょう。

人は中身が大切といわれますがそれと同じくらい見た目も大切なのです。

そして面接に合格するには、基本的な所作に加えあなたの熱意をアピールすることが必要不可欠。

ではあなたの熱意をしっかり伝えるにはどうすればいいのか解説していきます。

転職面接で熱意が重要視される理由は?

不満

転職面接において志望動機や転職理由と同じくらいあなたの熱意も重要視されています。

ではなぜ面接官は熱意にこだわるのでしょうか。

その理由を2つご紹介します。

入社の意欲を知りたい

面接官はあなたの入社後の意欲をチェックしています。

あなたの人柄を把握し自社にマッチした人材で入社意欲があるのか確認する質問が多くされるのです。

会社側としてはやる気のない人より入社後の意欲が明確に高い人を好むでしょう。

入社の意欲が高いと評価されることが採用されやすいポイントとなるのです。

したがって、面接官は常に入社意欲のレベルを図りながら面接の受け答えをしています。

長く働いてくれるか知りたい

企業としては採用してもすぐ辞めてしまうような人材は採用したいと思わないでしょう。

どれほど優秀な人材でも、自社で長く働いてくれそうでない人ならば採用を見送るのです。

長く働ける人材であるか、自社で活躍できる人材であるか面接官は常にチェックしています。

特に女性は結婚や出産などをきっかけに退社するという例も珍しくありません。

ライフイベントの後も長く会社にいてくれる人なのか会社としては気になるものです。

「結婚しても仕事を続けていこうと思っていますか?」と聞いてくるかもしれませんので、正直に回答しましょう。

 

ワンポイント
入社の意欲や長く働いてくれるかどうかチェックするため熱意が重要視される!

転職面接で熱意を伝えるポイント

案内

面接において「頑張って働きたいです!」という一言だけで熱意を伝えるのは難しいでしょう。

限られた時間の中でうまく熱意を伝えて高評価につなげることがポイントです。

では具体的にどうすれば熱意は伝わるのでしょうか。

転職面接で熱意をしっかり伝えるポイントを3つご紹介します。

志望動機を明確化しよう

面接で一番熱意をアピールできるのは志望動機です。

志望動機ではなぜこの企業を選んだのか?という理由を具体的に述べる必要があります。

その際、自分は熱意をもってこの企業を選んだ理由を伝えると面接官の印象は良くなるでしょう。

しかし、自分の中で志望動機が明確になっていなければ面接の時にうまく伝えることはできません。

面接準備の段階でなぜこの企業でなければいけないのか、なぜこの職種なのかを具体的にまとめましょう。

志望動機は熱意を伝えやすいので、しっかりとした準備が大切です。

将来のビジョンを具体的にしよう

メモ

「採用が決まったら頑張ります。」といった抽象的な考えを伝えるだけでは高評価を得ることは難しいでしょう。

就職希望先で採用後の働き方や考え方について具体的に伝えることがポイントです。

その結果、面接官は熱意を感じあなたに高評価を与えてくれるのです。

具体的な将来のビジョンを考えるには、今までの自分を振り返り自分を見つめなおすことが欠かせません。

過去の自分を再認識しこの企業で自分はどのようになりたいか具体的に話せるよう準備しましょう。

逆質問を有効活用しよう

面接の最後に「何か質問はないですか?」と逆質問されることがあります。

これはあなたの熱意を最後にもう一度アピールするチャンスです。

「特にありません」という回答は、企業に対し興味関心が無いと判断されてしまうかもしれません。

積極的に質問することで熱意があるというアピールにつながるので、できるだけ質問することを心がけましょう。

逆質問するには企業研究や業界研究が必要不可欠です。

熱意をアピールして採用されやすくするためにも、事前準備はしっかり整えておきましょう。

転職面接で熱意を伝える時の注意点

指を差す女性

働きたい熱意をアピールすることだけに集中してしまいうまく思いを伝えられなければ本末転倒です。

マイナスなイメージや低評価を与えられないためにも、熱意を伝える時の注意点を押さえておきましょう。

企業の良さを伝えるだけでは足りない

企業の良さを話すことはプラスの印象を与えることができます。

しかし、企業の良さを伝えるだけで熱意をアピールするのは難しいでしょう。

企業の良さに加え、あなたが共感した点や感銘を受けたことなども話すことでたっぷり熱意が伝わります。

企業の良さという事実だけでなくあなたの率直な気持ちも伝えましょう。

発言だけでなく行動も意識しよう

面談する女性

面接では会話の内容だけが評価の対象ではありません。

身だしなみや姿勢、視線や行動などすべての所作がチェックされています。

意欲のある人は自分の発言に自信を持っているものです。

自信を持っている人は面接官の目を見てハッキリと話せるので好印象につながり、熱意もしっかり伝わるでしょう。

極度の緊張から手足を動かしたり、周りをキョロキョロと見まわしたりする行為は危険です。

面接に集中していない、自信がない人だと悪い印象を与える危険性があります。

熱意を伝えるためにも面接時は堂々とした態度を維持しましょう。

 

ワンポイント
会社に対するあなたの想いを伝えて採用を勝ち取ろう!

転職面接で熱意を伝えられる例

ポイント

面接ではあなたの熱意をしっかり伝えることが転職成功へのポイントです。

では具体的にどうすれば熱意を伝えられるのでしょうか。

面接で熱意を伝えるために確認しておくべきことを2つご紹介します。

事前準備

面接で熱意を伝えるには事前準備が欠かせません。

企業研究や業界研究を徹底的に行いましょう。

また、あなた本来の強みを見つけるために自己分析も丁寧にしてください。

さらに面接の事前練習を忘れてはいけません。

就職を成功させるにはいかに面接官から高評価をもらうかがカギです。

事前準備を入念に行うことで、自信をもって質問へ受け答えできるようになるでしょう。

具体的な目標をもつ

採用後に何を目標として働き、具体的にどう行動するのか伝えることもポイントです。

あなたが目標を達成するために何を考えているのかアピールしましょう。

「入社したら仕事をすぐ覚えられるように頑張ります。」ではありきたりすぎるかもしれません。

「入社1年目は仕事を覚え、2年後には○○ができるようになりたいです。」などと具体的に伝えてください。

どのような質問に対しても具体的に回答するため、目標を掲げてアピールしましょう。

転職面接で熱意を伝えた時のNG例

NG

転職面接で熱意を伝えるには事前準備と入社後の目標をもつことが必要不可欠。

1つ注意したいのは、熱意を伝えることに集中しすぎて逆に低評価を与えられることです。

一度しかない面接のチャンスですので、熱意の伝え方で思わぬ落とし穴にはまらないよう気を付けましょう。

転職面接で気を付けたいNG例を3つご紹介します。

一方通行

自分の熱意を伝えたいがあまり一方通行の話し方になってはいけません。

面接官の会話を遮ったり、自分ばかり喋ったりするとマイナスの評価を与えられるでしょう。

自分の伝えたいことだけで頭の中がいっぱいになることがよくあります。

その時にやりがちなのが面接官の求めている答えではなく自分の熱意ばかり説明してしまうこと。

一方通行の会話はコミュニケーションとはいえません。

熱意を持っているのではなく単に面接を乗り切ろうとしている人、などの悪い印象を与えてしまうかもしれません。

せっかくの就職に対する熱意もうまく伝わらず不採用となってしまうので注意が必要です。

話す時は面接官の反応を見ながら話すことを心がけてください。

「どうぞ」や「~ですか?」と言われた後に一拍おいてから話し始めることを意識しましょう。

誤解される質問

面接の最後で求められる逆質問は熱意を伝えるチャンスです。

しかし、一歩間違えれば合否に直結することもあるので注意しましょう。

たとえば就職希望先の募集要項にある内容など事前に調べたらわかるような内容を質問することが考えられます。

調べればわかるような質問は準備ができていない、他の企業でもいいのではないかと誤解を与える恐れがあるのです。

熱意を伝えるどころか逆効果になってしまうので、逆質問の内容はしっかり準備しておきましょう。

 

ワンポイント
一方的なアピールや誤解を与える逆質問は絶対にNG!

転職面接で熱意を伝えるのに有効な逆質問

働く女性

面接官へ自分の熱意をうまく伝えやすくなるのが逆質問です。

「最後に何かありますか?」と聞かれ「何もありません」と答えるのはNG。

アピールチャンスを逃すことになるので事前に逆質問の内容は準備しておきたいところです。

では具体的にどのような質問内容であれば好印象となるのか効果的な逆質問を2つご紹介します。

就職後の詳細

効果的な逆質問の1つ目は就職後の詳細についてです。

たとえば自分の配属先がどこになるのか、会社にはどのような先輩や上司がいるのかが考えられます。

このような質問ができるとこ会社で働くイメージをもっている人材だと評価されるでしょう。

その結果として熱意がある人材だという評価につながるのです。

入社後のイメージができている人は会社にも好まれるでしょう。

就職後の詳細について積極的に質問してみてください。

就職までの期間について

勉強

効果的な逆質問の2つ目は就職までの期間についての質問です。

内定後から就業開始日までの期間にどんなことを準備すれば良いのか、自分にできることはないのか聞いてみましょう。

企業側は長く働ける人や自社で活躍してくれる人材を求めています。

就業までの期間について考えている人なら本気でこの会社で働きたい人だという印象を与えることができるでしょう。

これもまた熱意が伝えるのに効果的な逆質問なので、積極的に聞いてみてください。

転職面接で熱意を伝えるためには自己分析と企業研究が重要

独学

転職面接で熱意を伝えるには自己分析が欠かせません。

あなたの強みは何か、会社にどう貢献できるかを伝えるには自分自身のことを深く知る必要があります。

自分のことは自分が一番分かっているといわれますが本当にそうでしょうか。

自己分析を丁寧に行うことで新しい発見につながるかもしれません。

あなた本来の強みを再認識するため自己分析はしっかり行いましょう。

そして自己分析と同じくらい企業研究も重要です。

企業研究の深さは志望度の高さと直結します。

何よりあなたが転職を希望する企業について深く知ることは礼儀の1つでもあるのです。

企業研究の深さは志望度の高さや熱意と直結しますから、時間をかけて丁寧に行ってください。

 

ワンポイント
自己分析と企業研究を丁寧に行い転職を成功させよう!

転職の面接対策は転職エージェントを活用しよう

キャリアパス

転職面接の準備で大切なことは第三者の視点で客観的に評価してもらうことです。

学生時代のときのように面接練習をしてくれる相手は簡単に見つからない場合が多いでしょう。

そんなときは転職エージェントを活用してください。

エージェントは転職のプロです。これまで培ってきたノウハウで的確にアドバイスしてくれます。

エージェントの客観的な助言はあなたを転職成功に導いてくれるでしょう。

転職活動は1人で行わなければならないことが多いので、悩みも1人で抱えがちになります。

一度マイナスの感情を抱いてしまうと負の連鎖に陥ってしまうものです。

エージェントとうまく連携して、理想の未来を手に入れましょう。

まとめ

スーツの女性

転職面接ではしっかり熱意を伝えることが採用へのポイントです。

熱意を伝えるには自己分析や企業研究が欠かせません。

あなた自身の強みを深く知ることで、会社にマッチした人材であるとアピールしましょう。

熱意を伝えるうえで注意したいのは一方的に話し続けたり誤解される逆質問をしたりしないこと。

面接対策には客観的な視点による評価が必要不可欠です。

そのために転職エージェントを活用しましょう。

エージェントと二人三脚で転職成功をつかみ取ってください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら