不動産業界は他の業界と比べて安定しているといわれており、収入も高い傾向にあるようです。

そのため転職先の業界としても人気となっていますが業界未経験である場合は経験者よりも転職が難しくなると思われます。

今回は未経験から不動産業界へ転職したいと考えている方に向けて、転職を成功させる方法を解説していきましょう。

Contents

不動産業界への転職を未経験で成功させる方法

面接をする女性

不動産業界では土地や建物に関わる仕事を行うこととなり、それらについての専門知識が求められます。

そのため不動産業界へ転職したいという方はそうした専門知識や実務経験が足りないと思われがちです。

しかしだからといって、転職が成功する可能性が低いというわけではありません。

転職しやすい職種を狙ったり業界について詳しく知っていたりすれば企業からも求められる人材になれるでしょう。

不動産業界で求められるものはコレ!

ポイント

不動産業界では数字が求められるため、実力があり結果を出せる人材は重宝されます。

また、クライアントと交渉する場面が多いため他者から信頼される人は有利になるでしょう。

土地や住宅の購入というのは大きな買い物であるためなかなかすぐに成約が決まるわけではありません。

そのため根気強くクライアントと交渉していける人が求められます。

不動産業界では根気や強い精神力が求められると考えて良いでしょう。

このように不動産業界というのは実力主義の世界であるため、業界への理解や専門知識などが十分であることが求められます。

未経験で不動産業界に転職するなら持っていたほうがいい資格

ガッツポーズをするビジネスウーマン

不動産業界に転職する際に有利となるものの筆頭として挙げられるのが国家資格である宅建(宅地建物取引士)の資格です。

合格率は15%前後と狭き門ですが国家資格の中では易しい部類に入ります。

もし転職前に取得を目指せるのであればこの資格を取得しておけば、不動産業界で必要とされる人材になれるでしょう。

不動産業界ではこの資格を持っている人しか行うことのできない「独占業務」が存在しています。

この独占業務を行えるということは未経験者にとって転職における大きなアドバンテージになるでしょう。

会社によっては入社後に社員に対して資格取得を促すケースもあるため、事前に取得しておくのも手です。

また資格を取得できれば手当が支給される会社もあるため、給与面でもプラスとなることでしょう。

また不動産業界だけなく金融業界でも通用する資格であるためキャリアの幅を広げられます。

 

ワンポイント
宅建の資格を取得することで転職を有利に進められます。

転職する前に知っておきたいこと

外で座るキャリアウーマン

次は転職する前に知っておきたいことを解説していきます。

不動産業界ではどのような仕事を行うことになるのか、また将来性はどうなのかを知り、不安を解消しておきましょう。

主な事業内容

不動産業界の主な事業は以下の4つに分けられます。

  • 不動産開発(ディベロッパー)
  • 不動産仲介・不動産販売
  • 不動産管理
  • 不動産コンサルティング

それぞれ土地や建物に携わる事業であることには変わりありませんが、その仕事内容はそれぞれ異なります。

次はその仕事内容について詳しくご紹介していきましょう。

仕事内容

開発に携わる業者は「ディベロッパー」と呼ばれます。

この事業では土地を取得し、その土地にどのような建物を建てるかを企画・開発するのが主な仕事です。

開発後にはゼネコンなどの業者に建設を依頼し、建物を完成させるというのが業務の流れです。

不動産仲介・不動産販売といった事業では不動産のオーナーと顧客を結び付けるのが主な仕事となります。

不動産仲介は不動産のオーナーと顧客の成約時に仲介手数料を受け取ることで利益を得るというものです。

不動産販売では不動産のオーナーから販売を受託し、広告や販売を行い顧客に売るという営業が主な仕事となります。

管理は不動産の保守や管理を行う事業であり、顧客の満足度向上のためのサービスを行うものです。

他にも不動産に関する問題を解決する不動産コンサルタントという事業もあります。

不動産の売買・投資・管理などに対してのアドバイスを行うのが主な仕事です。

将来性

女性

次は不動産業界の将来性について解説していきます。

不動産業界にとってネックとなるのが国内の人口減少です。

不動産業界は現在まで国内トップレベルの市場規模を維持してきました。

しかし今後はビジネスモデルをどのように変化させていくが課題となります。

人口が減少していく中でどのように顧客を獲得していくのかを考える必要が出てくるでしょう。

しかしながら不動産はこれからも不要になることはありません。

今よりも市場規模が縮小したとしても、変わらず続いていく業界だと考えて良いでしょう。

不動産業界への転職の難易度は

パソコンと女性

次は不動産業界への転職の難易度について解説していきましょう。

会社の事業内容によっても転職の難易度は変わってきます。

そのため、ここではどの事業が転職しやすいかなどもご紹介していきましょう。

不動産仲介の転職難易度は低めである

不動産仲介は転職の難易度が低い傾向にあります。

そのため未経験から不動産業界に転職したいという方にはおすすめの事業です。

この事業では転職求人数も他と比べて多いという点でも有利になっています。

顧客に対しての営業や交渉が主な業務となるため、これまで営業職に就いていた方はスキル・能力的にも問題なく業務を行えるでしょう。

不動産販売は会社規模による

不動産販売は基本的に不動産に関しての専門知識宅建などの資格が必要となります。

そのため未経験からの転職は難しいと考えて良いでしょう。

しかしながら今までに営業経験があるという方であれば、こうした事業に携わることも可能かもしれません。

大手の不動産会社では未経験者の採用を行っていないところも多いため、必然的に中・小企業への転職となるでしょう。

不動産開発の転職難易度は高め

不動産開発(ディベロッパー)の仕事は土地を取得する際に土地の価値に関する専門知識が必要となります。

また、計画の立案なども行う必要があり社内で協力し合いながら業務を行っていくこととなるでしょう。

不動産開発は高い専門知識が必要とされるため、他の事業に比べて転職の難易度が高くなると考えられます。

 

ワンポイント
・不動産仲介業は求人数も多く転職しやすい傾向にある
・不動産販売は土地に関する専門知識が必要となるため転職が難しい
・不動産開発では高度な専門知識が必要とされるため転職の難易度が高くなる

不動産業界への転職で注意したほうが良い点

考え事をするビジネスウーマン

不動産業界へ転職しようと考えている方は以下の点に注意が必要です。

他の業界との違いや働き方の特徴などを押さえておくことで自分が転職後の仕事を満足して行えるかを確認しておきましょう。

景気に左右されやすい

不動産の売買というのは大きな買い物となるため景気の影響を受けやすい傾向にあります。

そのためもし景気が悪いとなるとなかなか成約に漕ぎ着けないということもあるでしょう。

会社によってはノルマが課される場合もあるため、景気が悪い時期にはなかなか結果を出せないということもあり得ます。

その点を十分に理解した上で転職を行うようにしましょう。

横の繋がりが強い

不動産業界は横の繋がりが強い傾向にあります。

そのため、もしトラブルを起こして仕事を辞めた場合に業界内での転職が難しくなる可能性があるのです。

地域内や同じ不動産関係者同士の繋がりが強いため、情報交換が行われやすい土壌が作られています。

トラブルではなくてももし独立を目指して退職する場合、円満退職でなければ関連会社の協力を受けられない可能性も出てくるのです。

そうした関係性に注意して仕事を行っていく必要があるでしょう。

大きなお金が動く

会議

不動産業界というのは1度の成約で大きなお金が動く業界です。

そのため不動産に関する専門知識や法律をきちんと覚えておく必要があります。

もしこれらが不足している状態で業務を行ってしまうと、後から取り返しのつかないことになる可能性もあるでしょう。

責任の大きい仕事であるということを十分に理解した上で転職を行う必要があります。

土日勤務や残業もある

不動産会社は他の業界に比べて土日が営業日である場合が多く、平日休みとなる可能性が高い業種です。

また、繁忙期にはなかなか定時で帰れないということもあるでしょう。

そのため残業に対して抵抗があったり、プライベートを重視したいと考えている方はなかなか難しい業界かもしれません。

事前にそうしたことを理解して、ある程度残業や休日出勤などを覚悟しておく必要があるでしょう。

転職を成功させるためにすべきこと

ビジネスウーマン

次は転職を成功させるためにすべきことを解説していきます。

以下のようなポイントに気をつければ、未経験からでも転職の実現が可能です。

是非参考にしていただければと思います。

キャリアアップを考えて転職活動をする

転職活動をする際に考えなければいけないのは今後のキャリアです。

これから自分がどういったキャリアを積んでいきたいのかを明確にしなければ企業から必要とされる人材にはなれないでしょう。

キャリアアップを実現するために資格の取得や専門知識の習得なども視野に入れる必要があります。

自己分析を行い、今までの経験や習得してきたスキル・能力を活かして今後どのように仕事をしていきたいのかを考えましょう。

そうすることで必然的に今後のキャリアやそれに向けて必要となる知識・スキルにも明確になっていくはずです。

企業は今後の展望がしっかりしている人を好みます。

しっかりとキャリアアップについて考えて転職に臨みましょう。

未経験からの転職なら場数が踏める職場に

電話をする女性

未経験から転職をする場合には業務に慣れるために場数が踏める職場を選ぶと良いでしょう。

最初から大きな案件に携わるのではなく、営業職などの経験を積めるような職種を選ぶことで業界の仕事にも慣れていくことができます。

業界未経験であると業界の雰囲気に慣れるために時間を要するため、そこまで専門知識を求められない職場で場数を踏みましょう。

すぐにキャリアアップを目指すのではなく、しっかりと段階を踏むことで知識を積み重ねていけるはずです。

経験者はキャリアを活かせる職場を探す

経験者は今までのキャリアを活かせる職場を探すことで、給与や待遇のアップを期待できます。

例えば宅建などの資格を持っている場合にはそれを活かせる職場へ転職しましょう。

会社によっては資格を持っていれば手当を支給してもらうこともできます。

そうした制度面での充実なども考慮して、自分が働きやすい職場を探すと良いでしょう。

 

ワンポイント
・どういったキャリアを積んでいきたいのかを明確にすることが大切
・未経験の場合は場数を踏める職場に転職すれば徐々に知識を積み重ねていける
・経験者の場合は今までのキャリアを活かせる職場を見つけることが大切

不動産業界の将来性は?

パソコンと女性

2020年度3月まで不動産業界は市場規模の拡大を続けてきました。

しかしその後、新型コロナウイルス感染症の影響で市場は大きく縮小してしまっています。

しかしながらこれは不動産業界に限った話ではないため、そこまで心配はいらないでしょう。

今後、国内の大きなイベントとして2025年の大阪万博があります。

不動産業界はこうしたイベントの影響を大きく受けやすいためこの影響によりまた更に市場規模が拡大する可能性もあるでしょう。

しかしながら同時に国内の少子高齢化問題が深刻となっており、人口も減少しています。

そのため空き家も増えており、賃貸物件の需要や住宅購入に悪影響を与える可能性もあるでしょう。

不動産業界は様々な要素に景気が左右されるため、今後の動向を注視していく必要があります。

しかしながら不動産業界というのはこれまで堅調に業績をキープしてきました。

すぐに低迷するということはないでしょう。

また、住宅というのは必ず必要となるものであり全く需要がなくなるということはありません。

市場規模は縮小しても一定数必要とされ続けると考えて良いでしょう。

 

ワンポイント
市場規模が今後縮小する可能性は十分にありますが需要がなくなることはないでしょう。

転職相談は転職エージェントを活用しよう

スマホを使う女性

転職を考えている方は転職エージェントの活用を検討してみてはいかがでしょうか。

エージェントは転職のプロフェッショナルとしてあなたの転職活動をサポートしてくれます。

自分だけでは難しい転職対策もプロの力を借りれば効果的に行っていくことができるでしょう。

この機会に転職エージェントに相談してみてはいかがでしょうか。

まとめ

PCで説明するビジネスウーマン

今回は不動産業界へ未経験での転職を考えている方が転職を成功させるための方法をご紹介しました。

不動産業界は土地や建物に関する幅広い事業を担うため、会社の事業によっても転職のしやすさは変わってきます。

自分の経験や能力を活かしやすい仕事を選ぶことで、転職活動も有利に進めていくことができるでしょう。

今回の記事を参考にして、理想の転職を実現させていただければ嬉しいです。

また、未経験の業界への転職で不安を感じているという方はこの機会に転職エージェントを活用してみてはいかがでしょうか。

選考対策を行ってくれるだけでなく、非公開求人を紹介してもらうことも可能です。

転職エージェントを活用することで転職活動をスムーズに進めていきましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら