秘書になりたいと転職を考えている人に、どのような方法があるか紹介しましょう。

まずは、秘書の仕事内容、未経験でも秘書の求人があるのかどうかを知らなければなりません。

秘書と一口に言っても、企業の規模などによって求められるスキルは変わってきます。

一般的には社長などの重役のサポート全般が秘書の仕事です。

具体的にはスケジュール管理、来客対応、会食のセッティング、メールの仕分けがあります。

また、出張の手配、文書作成などこまごまとしたことも秘書の仕事です。

一般社員であれば自分でやることですが、重役はそのような暇がありません。

時間をかければ済む仕事をすべて任せられることになります。

それでは、このような大役を未経験の女性ができるのでしょうか。

自分が果たすべき役割をしっかりと認識しておけば、未経験であっても難しい仕事ではありません。

秘書をやることで、確実に自分のスキルアップにつながると考える人もいます。

経営層の情報をいち早く知ることができますし、その選別や判断に立ち会うことができるからです。

秘書になろうと考えるなら、参考にインターネットの求人情報サイトをチェックしてみましょう。

秘書に未経験で転職する方法を解説

女性

未経験の人が秘書に転職する方法を解説しましょう。

まず、未経験であってもこれまでの経験があれば、ある程度の仕事はできるはずです。

そのためには自分の経験を整理してみることが重要です。

社長のサポートだとしても、難しい仕事をしなければならないわけではありません。

スケジュール管理や来客対応、メールの仕分けなどは一般社員でもやっていることです。

自分のことではなく、他の人である社長のサポートという点が違うだけですから難しい内容ではありません。

社会人として、一定レベルの仕事をしてきたと自負しているなら、秘書への転職は十分可能でしょう。

自信を持って求人に応募してください。

秘書の未経験求人例から仕事内容をチェック

メモ

これまでの経験を活かすことができるかを知るために、秘書の仕事内容をチェックしてみてください

求人情報サイトには未経験でも、秘書として雇用する企業がたくさん掲載されています。

報酬額は決して安くありませんから、それだけ企業は秘書の役割を重要視しているのです。

転職者に何を求めているかを考えることが大切です。新人ではないスキルを持っていなければなりません。

即戦力として役立つことや社長の片腕としての活躍を期待していることでしょう。

いくつかの情報例を紹介しましょう。

もちろん、これらは例にすぎません。転職を目指すためには詳細な情報を確認しなければなりません。

東京都心の企業の秘書では、週休2日、基本的に残業なしで、年収400万円程度です。

残業がないのですから、難しい仕事を指示されることはないと考えていいでしょう。

会食のセッティングも秘書の仕事ですが、時には社長と一緒にパーティーに出席する場合もあります。

もちろん、費用を払う必要はありませんが、社交的な人でなければ難しいかもしれません。

キャリアパス

都内の別の企業での就業時間は朝9時から18時までの8時間です。

前例と同じように残業なし、週休二日です。そして月収は40万円程度です。

転職先としては非常に魅力的でしょう。

また、将来の幹部候補としていろいろなことを学んでもらう必要があります。

社長の出張に同行する場合もあり、国内だけではなく海外出張もあります。

心構えが大切になります。

別の企業の求人です。

就業場所は東京ですが、単なる社長のサポート役では終わりません。

時には社長に対してアドバイスをする役割です。

つまり、社長と一緒にいる時間が長いですから、それだけ情報を共有しているはずです。

社長の判断の参考となる意見を述べることが求められるのです。

もちろん、そのためには多くの情報を頭の中で整理して、自分の考えを具体化できるスキルが必要です。

社長の秘書は資料作製や会議への出席、議事録作成、メールチェックなどを行います。

情報は社長以上に目にしていることになるのです。当然ながら、その分だけ給料は高くなります。

ケースによっては1,000万円を超えることもあります。

 

ワンポイント
 秘書の役割は企業によって異なる。

秘書の役割を理解しよう

バインダーを持つ女性

未経験者が秘書として働くためには、秘書の役割を理解しておくことが大切です。

これまでの経験を活かすことができるのは、一般的な企業の業務の流れに沿った部分だけです。

社長の性格や企業内の組織の役割などは、企業ごとに違っています。

同じ秘書でも役割は少しずつ違います。

ただ、秘書を目指している人は、どのような状況でも臨機応変に対応できるスキルを持っています。

組織の役割分担などは理解してしまえば障壁とはなりません。社長が多くを期待している秘書の求人です。

 

ワンポイント
 秘書未経験の女性でも社会人としてのスキルが役に立つ。

秘書未経験の女性に求められるスキルは

女性

秘書の経験がない女性に、企業は何を求めているのでしょうか。

一般的な秘書は企業内の総務部門など、始めから秘書の役割に近い部署の人の場合が多いでしょう。

そのため、転職を希望しても狭き門となっています。

ただ、自分のスキルが秘書として十分やっていけるかどうかを押さえておくことが大切です。

ビジネスマナー

まずはビジネスマナーです。これは秘書だけではなく社会人として知っておくべき重要事項です。

通常と違って、秘書の場合は自分よりも目上の人がほとんどです。

そのための対応をそつなくこなすスキルが求められるでしょう。

コミュニケーション能力

打ち合わせをする女性

社長に同伴する時には、相手も社長レベルです。

話題の内容についていくことが難しくても、適切なコメントができるコミュニケーション能力が重要です。

もちろん、必要以上に発言しない謙虚さも大切です。

秘書が未経験でも、情報収集能力はどのような仕事でも役立ちます。

自分にどれくらいのスキルがあるのかを分析してみましょう。

事務処理能力

オフィスワークの女性

秘書の役割として一番大きいのは事務処理です。

それは単なる伝票処理だけではありません。

パソコンを使ったデータ分析やプレゼンテーション資料の作成を指示されることもあります。

つまり、上司が何を求めているのかを理解することが大切です。

手書き原稿を清書することが文書作成ではありません。

社長の考えを想像して、必要な内容を盛り込むことが大切でしょう。

これは秘書の経験よりも営業や企画部門の経験が役に立ちます。転職したい女性にはチャンスとなります。

秘書への未経験転職で活かせる経験は?

住宅の模型と鉛筆をもつ女性

秘書への未経験転職でもこれまでの経験を活かすことが重要です。

それには、どのような経験があるでしょうか。

まずは文書作成能力です。文書作成能力はいろいろなケースがあります。

社内文書だけではなく、社外への案内文書、お礼状なども文書作成能力が求められます。

コミュニケーション能力では初めて会う目上の人との会話が求められるケースもあります。

いろいろな話題を提供できる経験が役に立つでしょう。

会食の場では企業の顔として社長に同席していますから、その立場を自覚した対応が求められます。

営業の仕事経験があれば、有利となります。

 

ワンポイント
・転職の流れを知る
・資格は必要ない
・自己分析で強みを把握
【無料】dodaに転職相談する

秘書への未経験転職を成功させるポイント

キャリアウーマン

自分が未経験の秘書への転職を目指しているなら、重要なことがあります。

それは、成功のためのポイントをしっかりと押さえておくことです。具体的に重要な点を説明します。

秘書へ転職する流れを知ろう

秘書に転職するための流れを知ることが大切です。

社内で一般社員から秘書になるケースもありますが、転職枠を設けている企業も少なくありません。

求人サイトなどではたくさんの案件があります。

どのようなスキルを秘書として求めているのかを知ることが大切でしょう。

秘書の仕事内容は幅広いですから、始めからすべてを完ぺきにこなせる人はほとんどいません。

ただ、若い秘書を雇用して、スキルアップさせようと考える企業が少なくありません。

つまり、秘書の仕事は短期間で終わるわけではないということです。

資格や検定は必須ではない

秘書になるための資格や検定は、必要でしょうか。

よく知られている検定もありますが、現実的な企業内の仕事では資格などはほとんど役に立ちません。

一般的な知識やスキルだけでは不十分です。

社長の考え方によって秘書の役割は大きく変わってくるからです。

また、検定などのレベルは社会人として持っておくべきスキルに含まれています。

自己分析をして自分の強みを把握しよう

秘書になった時に自分にはどのような強みがあるのかを自己分析しておくことが大切です。

漠然と秘書にあこがれるのではなく、このような仕事で社長の手助けをしたいとイメージしてください。

誰にでもできる業務であれば、それは秘書としての役割を果たしていないことになります。

また、自分の強みを知ることで、それをアピールできるでしょう。

秘書の仕事内容に無理に合わせるのではなく、自分の強みを前面に出して仕事の効率化を考えてください。

秘書への未経験転職のための応募書類

ボードを持つ女性

転職の求人に応募する場合の書類の書き方を考えてみましょう。

履歴書職務経歴書で自分の強みをアピールしなければなりません。

重要なことは秘書の未経験がデメリットではありません。

他の分野の仕事を知っていることがメリットなのだと強調することです。

履歴書のポイント

履歴書にはこれまでやってきた仕事内容を書きましょう。

漠然とした仕事ではなく具体的に書くことがポイントです。

例えば、文書作成ではプレゼンテーション資料などの作成経験です。

自分でデータを分析し、グラフを挿入することも得意ですと書いてみましょう。

これならば、秘書として有能な人材だと期待されます。

職務経歴書のポイント

職務経歴書は経験した職種についてまとめておきましょう。

前職で自分が何を学んできたのか、どのようなスキルアップができたのかを記載します。

そして、そのスキルをどのように伸ばしていきたいと考えているかを書いてください。

やる気を文章の中に織り込むのです。

秘書としてすぐに役立つことがないとしても、多くの経験を積んでいると評価してもらえるでしょう。

人は経験によって仕事のレベルが上がります。さらに上を目指す人は自分の仕事の改善を常に考えます。

職務経歴書にそのような項目を加えることができれば効果的でしょう。

 

ワンポイント
 秘書の求人なら転職サイト・転職エージェントを活用する。

秘書の未経験求人の探し方は?

パソコンと女性

秘書の求人の探し方はどうすればいいでしょうか。

現代においてはインターネットの求人サイトをチェックすることが一般的です。

秘書の未経験で検索してみてください。

求人サイトもたくさんありますから、どこを選ぶかによって具体的な秘書の仕事内容も変わってくるでしょう。

求人情報では給料の面ばかりをチェックするのではなく、掲載された仕事内容もチェックすることが重要です。

自分にそれだけのスキルがあるのか、余裕を持って対応できるのかを判断しなければなりません。

転職サイトをチェックしよう

新人の求人ではなく、転職者向けのサイトをチェックしてください。

秘書に求められるスキルは新人にはないものです。

多くの場合はいろいろな経験が秘書の仕事に活かされます。

企業もそれを期待して転職サイトに求人を掲載しています。

自分には難しいと感じる条件もあるかもしれませんが、詳細な内容をチェックすることをおすすめします。

秘書の未経験は転職しようとする人にとって不利になる条件ではありません。逆に強みと考えましょう。

転職エージェントを活用しよう

転職エージェントの活用もいいでしょう。

転職希望者のためのサイトですから、これまでの経験を有効活用するためのヒントが見つかるでしょう。

テレビドラマなどに出てくる秘書は、キャリアウーマンとして活躍しているイメージが非常に強くなっています。

しかし、現実の秘書はそこまでスキルが高くなくても務まります。

ただ、社長の指示内容をしっかりと把握することだけは抜かりなくやらなければなりません。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

仕事をする女性

あなたが転職で悩んでいるなら転職エージェントに相談してみましょう。

転職エージェントでは秘書への転職だけでありません。

あなたの資質やスキルに合った転職先を紹介してくれるでしょう。

もちろん、秘書を目指しているなら、そのための適切なアドバイスも受けられます。

転職するためには多くの情報の中から、適切な絞り込みが重要です。

一人で悩むよりも、転職エージェントに相談した方が確実な成功につながります。

【無料】dodaに転職相談する

まとめ

通勤

秘書の未経験者でもポイントを知っておくことで、しっかりとした企業に転職することができます。

ただ、そのためには秘書の仕事内容を知ることは当然ですが、自分の強みを把握してください。

それをアピールしなければなりません。求人に応募する時の履歴書や職務経歴書の書き方にも注意が必要です。

秘書の仕事はいつも同じではなく、その時の企業の状況や社長の考えによって変わってきます。

状況に応じて柔軟に対応できるスキルが求められます。

今の自分には不足しているとしても、秘書の仕事を続けていくことでスキルアップができます。

きっと社長の片腕として活躍しているはずです。

そのためには、今自分ができることを一生懸命にやりましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら